清水GK梅田透吾がプロA契約締結 「勝たせられる選手に」

2020.08.01 13:25 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
清水エスパルスは1日、GK梅田透吾(20)とのプロA契約締結を発表した。梅田は清水下部組織出身で、2019年にトップチーム昇格。2年目の今季、ブラジル人GKネト・ヴォルピの負傷離脱もあり、7月4日に行われた明治安田生命J1リーグ第2節の名古屋グランパス戦でJ1デビューを果たすと、その一戦を含めて6試合連続のスタメン出場を続けている。

7月22日に行われたJ1リーグ第6節のサガン鳥栖戦でプロA契約締結条件の450分出場をクリアして、プロA契約を勝ち取った梅田はクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。

「中断明けの名古屋戦で運もあってデビューさせてもらい、正直びっくりしました。そこから5試合に出場させてもらいましたが、先輩選手たち、特に外国人選手には言葉が通じないで中でもサポートしてもらいました。まだまだ助けてもらうことが多いですが、これからも試合に出られるように努力し、まずは失点を減らすというチームの課題を克服したいと思います。そしてチームを勝たせられる選手になれるよう頑張ります」
コメント
関連ニュース
thumb

今オフに本気度を示した清水、選手背番号を発表! Jリーグ復帰の日本代表GK権田修一は「37」

清水エスパルスは15日、2021シーズンの選手背番号を発表した。 昨季、明治安田生命J1リーグで例年であれば降格危機の16位に終わった清水。新シーズンからの新指揮官として昨季までセレッソ大阪を率いたミゲル・アンヘル・ロティーナ氏を招き入れたほか、レンタルバック組を含めて総勢14選手を獲得する積極補強で今季に対する本気度を示した。 そのなかで、3年ぶりのJリーグ復帰となる日本代表GK権田修一が「37」を着用するほか、サガン鳥栖から加入の東京五輪世代であるMF原輝綺が「4」に。ギラヴァンツ北九州から移籍のFWディサロ燦シルヴァーノは「19」に決まり、大分トリニータはDF鈴木義宜は「50」を背負う。 また、コリチーバから加入のDFウィリアム・マテウスが「3」、サンタ・クララから入団のFWチアゴ・サンタナが「9」に。なお、既存戦力だと、GK大久保択生が「1」に変更され、高卒2年目のMF鈴木唯人も新たに「23」を背負ってプレーすることが決まった。 ◆選手背番号一覧 GK 1.大久保択生※背番号変更 25.永井堅梧←松本山雅FC/完全 37.権田修一←ポルティモネンセ/期限付き DF 2.立田悠悟 3.ウィリアム・マテウス←コリチーバ(ブラジル)/完全 5.ヴァウド 7.片山瑛一←セレッソ大阪/完全 18.エウシーニョ 21.奥井諒 29.福森直也 34.ノリエガ・エリック←FC町田ゼルビア/復帰 50.鈴木義宜←大分トリニータ/完全 MF 4.原輝綺←サガン鳥栖/完全 6.竹内涼 8.石毛秀樹 11.中山克広←横浜FC/完全 13.宮本航汰 16.西澤健太 17.河井陽介 20.中村慶太 22.ヘナト・アウグスト 23.鈴木唯人※背番号変更 26.滝裕太←カターレ富山/復帰 30.金子翔太 40.成岡輝瑠←清水エスパルスユース/昇格 FW 9.チアゴ・サンタナ←サンタ・クララ(ポルトガル)/完全 10.カルリーニョス・ジュニオ 14.後藤優介 19.ディサロ燦シルヴァーノ←ギラヴァンツ北九州/完全 27.指宿洋史←湘南ベルマーレ/完全 36.栗原イブラヒムジュニア←アスルクラロ沼津/復帰 監督 ミゲル・アンヘル・ロティーナ 2021.01.15 13:40 Fri
twitterfacebook
thumb

清水退団の伊藤研太、新天地は沖縄SVに 「持ち前の明るさと元気で頑張ります」

清水エスパルスは12日、DF伊藤研太(21)が九州サッカーリーグの沖縄SVに完全移籍で加わると発表した。 伊藤は清水下部組織出身で、2018年にトップチーム昇格。ルーキーイヤーこそYBCルヴァンカップ3試合に出場したが、それ以降は出番に恵まれず、2020年も出場機会がないままシーズン終了後の退団が決定した。新天地となる沖縄SVの公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「はじめまして! このたび、清水エスパルスから加入することになりました伊藤研太です。沖縄SVのJFL昇格に貢献できるよう持ち前の明るさと元気で頑張りますので応援よろしくお願いします!」 2021.01.12 13:45 Tue
twitterfacebook
thumb

富山がプロ23年目のGK西部洋平を清水から完全移籍で獲得「少しでも還元出来るように」

カターレ富山は12日、清水エスパルスのGK西部洋平(40)が完全移籍で加入することを発表した。 西部は浦和レッズや鹿島アントラーズ、清水エスパルス、湘南ベルマーレ、川崎フロンターレでプレー。2016年に清水へと復帰していた。 これまでJ1通算313試合、J2通算51試合、リーグカップ通算68試合、天皇杯通算35試合でプレー。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも8試合プレー。2020シーズンは1試合の出場に終わっていた。 西部はクラブを通じてコメントしている。 ◆カターレ富山 「このたび、カターレ富山に加入させて頂きます西部洋平です。22年間プレーして培って来た経験をカターレ富山に少しでも還元出来るように全力で戦います」 「サポーターの皆さん、スポンサーの皆様、カターレ富山に関わる全ての皆様、チームの目標でもあるJ2昇格を目指し、共に戦って下さい」 ◆清水エスパルス 「このたび、清水エスパルスとの契約が満了となり、カターレ富山に移籍することを決断しました。まずは自分の気持ちを整理するのに時間がかかり、報告が遅くなったことをお詫びいたします」 「最後は清水エスパルスで引退したいと思っていた気持ちがありましたが、去年はどうしても不完全燃焼だったこともあり、たくさん悩みました。そして、とにかく完全燃焼して納得して引退したいという気持ちの方が強く、今回の決断に至りました」 「プロに入り22年、その内の半分以上となる12年間を清水エスパルスでプレーさせて頂きありがとうございました。まだまだ足りないところは沢山ありますが、プレーヤーとしてはもちろん、人として成長させて頂いた清水エスパルスには感謝しかありません」 「また、サポーターの皆さんには、どんな時も共に戦って頂きました。皆さんの応援や叱咤激励が自分の成長に繋がり、今があると思っています。本当に本当にありがとうございました」 「チームは離れますが、僕の気持ちが清水エスパルスを離れることはありません。清水エスパルスに関わる全ての皆様、これからも今までと変わらず、清水エスパルスへのご支援、ご声援をよろしくお願いします。 「行ってきます。そしてまた、ただいまと言えるように頑張って来ます。最高に幸せで、最高にワクワクさせてもらった12年間をありがとうございました」 2021.01.12 12:27 Tue
twitterfacebook
thumb

清水、富山で武者修行の滝裕太が復帰 「覚悟を持って1年間戦い続けます!」

清水エスパルスは9日、MF滝裕太(21)の復帰を発表した。 滝裕太は2018年に清水下部組織からトップチーム昇格。2020年8月から育成型期限付き移籍でカターレ富山に加わり、明治安田生命J3リーグ13試合出場の経験を積んだ。 5日に富山から育成型期限付き移籍期間満了が発表され、このたび新シーズンから清水復帰が決定した滝。清水の公式サイトを通じて、意気込みを語っている。 「富山での期限付き移籍を終え、再び清水エスパルスでプレーさせていただくことになりました。昨年はチームの力になれず悔しい思いをしたので、今年は自分の持っている力を全て出し、覚悟を持って1年間戦い続けます! 今年も応援よろしくお願いします!」 2021.01.09 15:01 Sat
twitterfacebook
thumb

清水MF西澤健太が入籍!「どんな時も笑顔溢れる明るい家庭を2人で築いていきたい」

清水エスパルスは9日、MF西澤健太(24)が入籍したことを発表した。 クラブによると入籍日は8日。お相手は愛知県出身の一般女性とのことだ。 昨シーズンの明治安田生命J1リーグではチーム唯一の全34試合出場を果たしていた西澤。結婚の喜びをクラブ公式サイトを通じてコメントしている。 「明けましておめでとうございます。このたび、私事ではございますが、以前よりお付き合いさせていただいている方と1月8日に入籍いたしました。これまでも沢山の困難を隣で支えてくれた彼女と、どんな時も笑顔溢れる、明るい家庭を2人で築いていきたいと思います。引き続き、エスパルスのために戦うことは変わりません。これからも応援よろしくお願いします!」 2021.01.09 13:51 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly