【J1注目プレビュー|第8節:仙台vs横浜FM】王者に訪れた試練、攻略上手な木山・仙台にどう応じる!?

2020.08.01 12:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第8節】
2020年8月1日(土)
18:00キックオフ
ベガルタ仙台 vs 横浜F・マリノス
[ユアテックスタジアム仙台]

◆攻略上手な指揮官が選ぶ道は【ベガルタ仙台】

今シーズンはここまでわずか1勝と結果の出ていない仙台。5戦未勝利、2連敗中と良いところがないのが現状だ。

前節の柏レイソル戦は押し切られる形で5-1で大敗を喫したが、前後半とも良い攻撃の形を見せていた。第6節の川崎フロンターレ戦(2-3●)、第5節の北海道コンサドーレ札幌戦(2-2△)と勝てていないものの、どちらも2点を先行する試合運びを見せていた。

相手を攻略してこその2点リード、得点や攻撃の形も作れていた中で、相手を押し込む時間帯もある。ただ、それを90分間やりきれないところが課題だ。

今節の相手である王者・横浜FM対策も当然準備しているはず。両サイドバックの裏を仙台のWBが突く形が想像できるが、木山隆之監督が用意しいた策は?

★予想スタメン[4-3-3]
GK:ヤクブ・スウォビィク
DF:蜂須賀孝治、吉野恭平、平岡康裕、柳貴博
MF:道渕諒平、椎橋慧也、関口訓充
FW:ジャーメイン良、長沢駿、西村拓真
監督:木山隆之

◆ミスを減らして自信を取り戻せるか【横浜F・マリノス】

前節は北海道コンサドーレ札幌相手に3-1で完敗。守備陣のミスから失点を繰り返し、不安定な戦いを続けている。

中断明けは、主力の離脱も相次ぎ、万全の戦力で戦っているとは言えないが、過密日程となる今シーズンを考えれば、同じメンバーで戦うことは不可能。さらに10月からはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)も入ってくるため、チーム全体で安定したパフォーマンスを出すことが重要だ。

課題となるのは、相手が完全に攻略法を準備してきていることにある。FC東京(1-3●)、鹿島アントラーズ(4-3●)、札幌(3-1●)と敗れた試合はいずれも失点が多い。特にハイラインを敷き、後方からのビルドアップを行う部分を狙われている格好。個々のミスを誘発させられる場面もある。

中盤でのミスが出ることで強度を失い、最終ラインが準備できない状況でカウンターを受ければ崩壊する。昨シーズンはDFチアゴ・マルチンスに助けられていた部分がかなり大きいが、それがなければ脆いことも証明されつつある。果たして相手の攻略をどう乗り切るのか、それとも自分たちのスタイルを貫き打ち勝つのか。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:梶川裕嗣
DF:松原健、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、高野遼
MF:喜田拓也、天野純、扇原貴宏
FW:水沼宏太、エジガル・ジュニオ、大津祐樹
監督:アンジェ・ポステコグルー
コメント
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第9節:C大阪vsFC東京】ヤンマーで上位対決 FC東京は鬼門攻略なるか

明治安田生命J1リーグ第9節】 2020年8月9日(日) 19:00キックオフ セレッソ大阪 vs FC東京 [ヤンマースタジアム長居] ◆本拠での今カードは06年以来無敗【セレッソ大阪】 開幕から昨季J1最少失点を記録した堅守を生命線に大崩れしない戦いぶりで着実にポイントを積み上げるセレッソ大阪。前節の湘南ベルマーレ戦も今季4度目の無失点勝利で飾り、順位も2位に浮上した。5日に行われたYBCルヴァンカップの浦和レッズ戦も1-0の白星。良い流れをもって、2006年を最後にホームで負けていない相性の良いFC東京との今節に挑めそうだ。 ただ、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)参戦組のFC東京はミッドウィークに試合がなく、コンディションにおいて、C大阪にやや不利な面のある今節に。さらに、木本恭生の負傷離脱も痛いが、ブルーノ・メンデスや都倉賢、西川潤がケガから戻り、攻撃陣に厚みが増す好材料もある。難敵だが、勝ち点5差で首位の川崎フロンターレを追うためにも負けるわけにいかない。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、瀬古歩夢、丸橋祐介 MF:坂元達裕、レアンドロ・デサバト、藤田直之、清武弘嗣 FW:ブルーノ・メンデス、奥埜博亮 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ ◆鬼門で4試合ぶりの白星を目指す戦い【FC東京】 6位のFC東京は2006年を最後に勝ちから遠ざかる難所で4試合ぶりの白星を目指す今節となる。前節は下位に沈むサガン鳥栖とのアウェイゲームに臨み、2-3で敗北。直接FKからゴールを決め、依然好調のレアンドロやJ1初得点の原大智が今後に向けて明るい材料を振りまいたが、開幕からいまだ勝利のない相手に不覚を取り、川崎Fが先頭に立つ上位戦線から一歩後退した。 海外移籍の橋本拳人、負傷離脱の東慶悟が抜けた中盤の再構築も続くなかで、迎える今節は色気を見せず、堅実な攻守でしぶとく勝ち切る戦い方を徹底するC大阪が相手。勝ち点3差で上を行く相手でもあるだけに、上位に追いすがるためにも、是が非でも勝ちたいゲームだ。昨季こそホームで勝利したが、直近7試合は1勝1分け5敗。相性の悪さが顕著だが、鬼門攻略なるか。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:林彰洋 DF:室屋成、渡辺剛、森重真人、小川諒也 MF:三田啓貴、高萩洋次郎、安部柊斗、レアンドロ FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑 監督:長谷川健太 2020.08.08 17:55 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第9節:鹿島vs鳥栖】結果を掴み始めた両者、今季初の連勝を飾るのは?

【明治安田生命J1リーグ第9節】 2020年8月8日(土) 18:30キックオフ 鹿島アントラーズ vs サガン鳥栖 [県立カシマサッカースタジアム] ◆初連勝でシーズンに光明を【鹿島アントラーズ】 第5節の横浜F・マリノス戦でシーズン初勝利を挙げて以降も波に乗れていない鹿島。そんな中、前節はアウェイでの戦いながら大分トリニータ相手に1-4と快勝を収めた。 ミッドウィークに行われた川崎フロンターレ戦は同じメンバーで臨んだものの、3点ビハインドと苦しい試合に。終盤に伊藤翔が2ゴールを奪い粘りを見せたことだけがプラス材料となり、AFCチャンピオンズリーグに続いてYBCルヴァンカップからの敗退も決定した。 今シーズン、天皇杯に出場するにはリーグ戦で上位2つに入らなくてはいけないため、今の鹿島には実質リーグ戦しか残されていない状況。早い所、勝利を重ねていきたい。 2試合連続で同じ11名を起用したことで、鳥栖戦はターンオーバーすることが決定的。その中で、誰を起用し、連勝を収めるか。ザーゴ監督の采配がものを言う。 ポゼッションはできているだけに、あとはフィニッシュの部分が課題。得点も徐々に奪えているだけに、バランスを保って戦えるかがカギとなる。 ★予想スタメン[4-4-1-1] GK:クォン・スンテ DF:小泉慶、関川郁万、町田浩樹、杉岡大暉 MF:土居聖真、三竿健斗、永木亮太、荒木遼太郎 FW:伊藤翔、白崎凌兵 監督:アントニオ・カルロス・ザーゴ ◆手にした結果を繋げる事ができるか【サガン鳥栖】 前節は若手の活躍もあり上位のFC東京相手にアウェイで2-3と勝利。今シーズンの初白星を記録した。これで3戦無敗。徐々に結果を掴み出している。 今シーズンは結果に繋がらないものの、試合内容は悪くなかった。しかし、昨シーズン同様に全くと言っていいほど攻撃陣が結果を残せないと言う事態に陥っていた。 しかし、信じてやってきた事が難敵であるFC東京相手に勝利という結果に繋がった事は大きな自信となるはず。選手たちのメンタル面に与える影響は大きい。 ルヴァンカップではメンバーを入れ替え、疲労回復はある程度見込めるはず。相手は鹿島だが波に乗れていない相手を、前節の勢いを持って制する事ができるか。連勝という結果を掴めれば、この先のシーズンが大きく変わるターニングポイントとなりそうだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:高丘陽平 DF:森下龍矢、原輝綺、エドゥアルド、内田裕斗 MF:原川力、松岡大起、高橋秀人、小屋松知哉 FW:豊田陽平、石井快征 監督:金明輝 2020.08.08 13:55 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第9節:横浜FMvs柏】今季初の連勝を目指す横浜FM、オルンガを止められるか?

【明治安田生命J1リーグ第9節】 2020年8月8日(土) 19:00キックオフ 横浜F・マリノス vs 柏レイソル [日産スタジアム] ◆浮上のキッカケを掴みたい王者【横浜F・マリノス】 前節はベガルタ仙台相手に土壇場のゴールで辛勝した横浜FM。今シーズンはケガ人が相次いだこともあり、チームとして前進することができていなかったが、この勝利は大きな意味をもたらせたと言える。 まず、右手骨折から守護神GK朴一圭が復帰しクリーンシート。さらに右サイドバックが本職の松原健がセンターバックで守備に奮闘。加えて同じく負傷から復帰したマルコス・ジュニオールが貴重な決勝点を後半アディショナルタイムに叩き込んだ。 波に乗り切れないシーズンを過ごしていた横浜FMだが、CBのチアゴ・マルチンス、FWエリキも今節から復帰予定。FW仲川輝人が最大6週間の離脱となったことは痛手だが、このままチームを加速させていきたい。 さらにポルトガルのマリティモでプレーしていたFW前田大然を松本山雅FCから期限付き移籍で獲得。早速選手登録され、今節から起用も可能だ。5枚の交代枠を考えれば、ベンチに入る可能性も高いだろう。まずは今季初の連勝を挙げられるか。強敵・オルンガを封じ込める守備と、最大の防御となる攻撃陣の躍動に注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:朴一圭 DF:松原健、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:水沼宏太、エジガル・ジュニオ、エリキ 監督:アンジェ・ポステコグルー ◆オルンガに率いられ5連勝なるか【柏レイソル】 前節はアウェイで難しい試合となりながら、上位の名古屋グランパスを相手に0-1で勝利。4位浮上に成功していた。 中断明け3連敗と昇格1年目の難しさにぶち当たったかに思えた柏だったが、気がつけば4連勝。その立役者は、間違いなくFWオルンガだ。 この4連勝中は全ての試合でゴールを記録し、4試合で7ゴール。破壊力を見せつけているが、オルンガに気を取られては柏の勢いは止められない。 警戒すべきはMF仲間隼斗とMF江坂任のオルンガを支える2人。仲間は4連勝が始まった第5節の湘南ベルマーレ戦で加入後初先発。そこから3戦連発とチームを牽引し、4試合連続でスタメン起用されている。 そして、その仲間とオルンガを操るのが江坂。これまで全試合に先発しゴールは開幕戦の2つに終わっているが、チームの攻撃をコントロールする能力はピカイチ。攻撃の起点として江坂を抑えられるかが、横浜FMの明暗を分けるだろう。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:中村航輔 DF:古賀太陽、山下達也、大南拓磨、三丸拡 MF:ヒシャルジソン、大谷秀和 MF:瀬川祐輔、江坂任、仲間隼斗 FW:オルンガ 監督:ネルシーニョ 2020.08.08 12:50 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第9節:川崎Fvs大分】8連勝目指す川崎F、4連敗中の大分はどう戦う?

【明治安田生命J1リーグ第9節】 2020年8月8日(土) 19:00キックオフ 川崎フロンターレ vs 大分トリニータ [等々力陸上競技場] ◆準備万端、8連勝なるか【川崎フロンターレ】 再開後6連勝と好調を維持している川崎Fは、前節2位のガンバ大阪とアウェイで対戦。相手に攻め込まれる時間帯もあり難しい試合となったが、大島僚太のゴールを守り切って0-1で勝利を収めた。 連勝を「7」とし、首位独走態勢に入りつつある川崎Fは、爆発力を備えた持ち前の攻撃陣に加え、堅く鍵を掛ける守備陣の奮闘も今シーズンの特徴だ。 ミッドウィーク開催のルヴァンカップの鹿島アントラーズ戦では、終盤に2失点を喫したものの、2-3で打ち勝っていた。メンバーを入れ替えた中での勝利は大きな自信にもなるはずだ。 今節は互いに自分たちの型にハメるスタイルをとるもの同士の対戦。先手を奪うことが8連勝へのカギとなるだろう。 ★予想スタメン[4-1-2-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平 MF:田中碧 MF:脇坂泰斗、大島僚太 FW:家長昭博、小林悠、旗手怜央 監督:鬼木達 ◆産みの苦しみ、連敗脱出へ【大分トリニータ】 一方の大分は打って変わって現在4連敗中。5戦未勝利と苦しい状況に立たされている。 その大きな要因は、片野坂知宏監督のサッカーが浸透しきれていないところにあるだろう。特に前線を任されている知念慶、渡大生は共に新加入。まだまだチームのやり方にフィットしているとは言えない。 試合を通しては良い形を作る場面があるものの、全体が連動してこそのサッカーだけに、ピッチ内で綻びが出ると一気に崩れる可能性を孕んでいる。 その点では、11名全員を入れ替えて臨んだミッドウィークのルヴァンカップ・ガンバ大阪戦ではまずまずのサッカーを見せた。片野坂監督のサッカーを知る選手がピッチに並んだこと、そしてリーグ戦で出場時間が短い選手が良い動きを見せたことは好材料と言える。 今節は首位相手に苦しい戦いが予想されるが、その中でも自分たちのペースにいかに持ち込めるか。片野坂監督がカップ戦からどの程度選手を継続するかも気になるところだが、ガマンの中での光明を見出したい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:高木駿 DF:岩田智輝、鈴木義宜、三竿雄斗 MF:松本怜、島川俊郎、長谷川雄志、香川勇気 FW:三平和司、小塚和季 FW:渡大生 監督:片野坂知宏 ※知念慶は契約上出場不可 2020.08.08 12:25 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第9節:名古屋vs浦和】前節はともに勝ち点を落とした両者、上位に踏み止まるのは?

【明治安田生命J1リーグ第9節】 2020年8月8日(土) 18:00キックオフ 名古屋グランパス vs 浦和レッズ [豊田スタジアム] ◆疲労は懸念も連敗を避けられるか【名古屋グランパス】 前節は柏レイソルを相手に0-1と敗戦。好調のチーム同士拮抗した試合展開となったが、オルンガの一発にやられ、シーズン初黒星となった。 攻撃の形は作れているものの、フィニッシュの部分で不安が残り続けていた名古屋。前々節の大分トリニータ戦も3-0で快勝したが、得点者は守備を主戦場とする3名が挙げたものだった。 前線の選手の得点が伸びない中でここまで勝ち点を積み重ねてきたが、この先はYBCルヴァンカップを含めた大型連戦となるだけに、やはり攻撃陣の得点力が不可欠だ。 ルヴァンカップでは清水エスパルス相手に0-3で勝利。マテウス、山﨑凌吾にゴールが生まれた一方で、主力を休ませきれなかったことは気になる。中2日での試合、どう影響するだろうか。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、ジョアン・シミッチ MF:マテウス、前田直輝、相馬勇紀 FW:金崎夢生 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆今年も問われる勝負強さ【浦和レッズ】 前節は最下位の清水を相手に苦戦。前半は主導権を握られる展開となり防戦一方となった。凌いだ浦和はレオナルドの一瞬の隙をついたゴールで先制。しかし、終盤にセットプレーの流れからゴールを許し、1-1のドローに終わった。 開幕から順調な試合を続けてきた浦和だったが、FC東京(2-0●)、柏(0-4●)と連敗。そして清水には引き分けと、勝負弱さが露呈し始めている。 昨シーズンの大きな課題となったこの勝負弱さは払拭しきれていないが、その要因の1つがフィニッシュ精度と言えるだろう。 今シーズンはレオナルドが4ゴール、興梠慎三が2ゴールを記録しているが、その他の選手に訪れるゴールチャンスがことごとく入らない。良い攻撃を見せていても、ネットを揺らせなければ、勝ち点3を獲ることは難しい。 ルヴァンカップはセレッソ大阪相手にスタメンを8名も変更。しかし、勝ちきることができなかった。今年も問われかねない勝負強さを示すには、格好の相手だろう。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:西川周作 DF:橋岡大樹、トーマス・デン、槙野智章、山中亮輔 MF:関根貴大、エヴェルトン、柴戸海、汰木康介 FW:杉本健勇、レオナルド 監督:大槻毅 2020.08.08 11:35 Sat
twitterfacebook