バルセロナ、新アウェイユニフォームはブラック&ゴールド!

2020.08.01 10:55 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
ナイキは7月31日、バルセロナの2020-21アウェイキットを発表した。

今回のアウェイキットは、夜のバルセロナの雰囲気にインスパイア。太陽が沈んだ後、カタルーニャの首都であるバルセロナの通りが活気付き、エネルギーと光が暗い街にもたらさせる様子をイメージしたものとなっている。

◆バルセロナ、新アウェイキットと選手がご対面!

黒のアウェイキットは、2011-12シーズン以来となる。

ジェラール・ピケは「ブラックとゴールドはとてもよく合い、キットは本当にシャープに見える」とコメント。「黒を採用してから数年が経っていたので、戻すことは素晴らしい変更だと思う」ともコメントしている。

なお、この新ユニフォームは7月31日からNike.comで購入可能だ。

コメント
関連ニュース
thumb

パヴァールがリスボンへ出発! バルセロナ戦出場可能に

バイエルンのフランス代表DFバンジャマン・パヴァールがチャンピオンズリーグ(CL)が行われているリスボンに向けて出発した。 パヴァールは先月のトレーニング中に左足にケガを負い、左足根じん帯の損傷と診断されていた。当初は全治4~6週間と言われ、今季中の復帰は難しいと思われていたが、予定よりも早く復帰できたようだ。 バイエルンは13日にツイッターでパヴァールがリスボンへ発つ様子を公開。翌14日に行われるCL準々決勝のバイエルン戦に出場できる見込みとなった。 今シーズンのパヴァールは、ブンデスリーガ32試合、CL7試合など公式戦46試合に出場。CLでは2アシストを記録している。 2020.08.13 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

グリーズマン、バイエルン戦警戒「レヴァンドフスキだけではない、ピンチはどこからでも…」

バルセロナのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、バイエルン戦に向けて意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16でナポリに2戦合計4-2で勝利したバルセロナ。準々決勝ではドイツ王者のバイエルンと激突する。 その一戦に向けて、グリーズマンは準備が整っていると語り、バイエルンのエースであるポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキを含む強力な前線の選手を警戒した。 「僕たちはバイエルン戦を楽しみにしているよ。これまで戦術的に良い戦い方をしてきた。準備は整ってるよ。難しいとわかっているけど、準決勝に勝ち進むためにはその価値を示さなければならない。とても良い試合になるだろうね」 「僕たちは自分たちのクオリティを生かしたいと思っている。調子も良くて勢いもある。良い試合ができると思うよ。前線から後ろまでひとつになり、ボールをできるだけ保持できるように努めたい」 「バイエルンは非常に上手くプレーしていて、素晴らしいストライカーがいる。だけど僕たちだって負けてない。自分たちの強さを見つめて、クオリティを示さないとね」 「彼らはフィジカル的にも優れているけど、ポゼッションも得意としている。そんな彼らを苦しめて、僕たちの展開に持ち込みたい」 「バイエルンはレヴァンドフスキだけではないんだ。ウイングの(トーマス・)ミュラーも(セルジュ・)ニャブリもとても良い選手だ。一番点を決めているのはレヴァンドフスキだけど、ピンチはどこからでもやってくるよ」 2020.08.13 16:59 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル、バルセロナから監督のオファーも拒否か?

かつてアーセナルを率いていたアーセン・ヴェンゲル氏にバルセロナからオファーがあったようだ。フランス『Le 10 Sport』が伝えている。 2017-18シーズンを最後に22年間にわたるアーセナルでの指揮に終止符を打ったヴェンゲル氏。現在は国際サッカー連盟(FIFA)のグローバル・デベロップメント部門のトップとして、世界中のコーチング基準向上や、試合のプレー方法に直接影響を与える領域のルールに関するアドバイスを行っているという。 それでも、まだまだ現場復帰へ意欲を見せるヴェンゲル氏に、『Le 10 Sport』によると複数のクラブがオファー。その中にバルセロナからのオファーもあったようだが、何度か議論を重ねたのち、最終的に拒否したという。 ヴェンゲル氏は以前にも、バイエルンからニコ・コバチ前監督(現モナコ監督)の後任としてアプローチを受けていたものの、具体的な交渉などには発展していなかった。 2020.08.13 15:39 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナのDFトディボが新型コロナウイルス感染を報告、11日のPCR検査で陽性反応

バルセロナのU-20フランス代表DFジャン=クレール・トディボが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染を明かした。 バルセロナは12日、プレシーズンをスタートする9名の選手に対してPCR検査を実施した結果、リザーブチームの選手1人が新型コロナウイルスに感染したことを発表していた。 チームからのリリースでは選手名は明かされていなかったが、トディボが自身のツイッターで感染を報告していた。 「みなさんこんにちは。僕はCOVID-19で陽性反応を示したことを報告します。僕は適切なプロトコルに従い、自宅にいます」 「トレーニングに戻りたいですが、今はウイルスが無くなるまで家にいる時間となります」 「みなさんの励まし、ありがとうございます。そして、同様に経験しているすべての人々に励ましの言葉を」 トディボは2019年1月にトゥールーズからバルセロナに加入。今年1月からはシャルケへレンタル移籍しており、ブンデスリーガで8試合に出場していた。 2020.08.13 10:55 Thu
twitterfacebook
thumb

エース不在でも関係なし!メッシ欠場のエルチェ戦でサンチェスがハットトリックの大暴れ!【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 <div id="cws_ad">◆メッシ不在のバルセロナで、サンチェスがハットトリックの大暴れ!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJnRTEydW5tYSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、インテルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスがバルセロナ時代に決めたハットトリックだ。 2006年に若くしてウディネーゼと契約したサンチェスは、レンタル移籍で南米に留まり経験を積むと、2008年夏にウディネーゼに加入。天才ドリブラーとして欧州トップクラブの注目を集め、2011年にバルセロナに加入し、スリートップの一角として活躍した。 そんなサンチェスは、2014年1月5日に行われた、ラ・リーガ第18節、エルチェ戦では、エース不在の中、ハットトリックを決め、チームを大勝に導いている。 エースのリオネル・メッシをケガで欠くバルセロナは、MFセスク・ファブレガスをスリートップの真ん中に置き、“ゼロトップ”のシステムで試合に臨んだ。 すると、開始早々の7分、カウンターからチャンスを作ったバルセロナは、左サイドを攻略したDFジョルディ・アルバがボックス内に鋭いクロスを入れるとサンチェスがこれを中央で合わせ、見事なゴールで先制する。 さらに、追加点を奪い、2-0として迎えた63分、完璧な崩しからボックスでボールを持ったFWペドロ・ロドリゲスが中で待つサンチェスにラストパスを出す。これをサンチェスが落ち着いて流し込み、3点目を加える。 極め付きは69分、ゴール正面でバルセロナがFKを得ると、これをサンチェスが完璧なFKを叩き込み、見事なハットトリックを達成した。 試合はサンチェスのハットトリックを含む4得点を奪ったバルセロナが、4-0でエースメッシの不在を感じさせない大勝を収めている。 2020.08.13 09:00 Thu
twitterfacebook