サウジ政府企業、交渉決裂でニューカッスル買収から撤退

2020.07.31 06:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サウジアラビアの政府系企業であるPCPキャピタルパートナーズは30日、ニューカッスルの買収から撤退したことを発表した。イギリス『BBC』や『スカイ・スポーツ』が報じている。PCPキャピタルパートナーズは4月に3億ポンド(約400億円)でニューカッスルを買収すると、イギリス複数メディアが報じていたが、その後は続報がない状況だった。

そんな中、30日に出された声明では「予測できないほど長引いた交渉の中で、我々の投資方針を維持することが困難となった。とりわけ、新シーズンが始まる際の状況や、試合、トレーニング、その他のチーム活動に対する新たなルールが明確になっていない中で、投資するという決断を維持することは到底不可能だった」と発表。

新型コロナウイルス感染拡大の影響が、買収から撤退することになった大きな要因だったことを明かした。
コメント
関連ニュース
thumb

エイバルが武藤嘉紀のレンタル移籍を正式発表!乾貴士と共闘、今季ラ・リーガ4人目の日本人に

乾貴士が所属するエイバルは16日、ニューカッスルのFW武藤嘉紀(28)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「12」となる。 2015年7月にFC東京からマインツへと完全移籍し、ヨーロッパの舞台に挑戦した武藤。マインツでは3シーズンを過ごし、公式戦72試合に出場し23ゴール11アシストを記録。2018年8月にニューカッスルへと移籍金1100万ユーロ(約13億8300万円)で完全移籍するも、プレミアリーグに馴染むことを含めて苦しみ、2シーズンで公式戦28試合に出場し2ゴールという結果に終わっていた。 今シーズンは背番号も「13」をボーンマスから加入したFWカラム・ウィルソンに譲り、「27」に変更。さらに、スティーブ・ブルース監督からは「しかし、ヨシ(武藤嘉紀)は我々が考慮しているテーマではない。彼の経歴とは関係ないが、現在のチームのクオリティは攻撃面にある」と言われ、事実上の構想外となっていた。 エイバルは、2019-20シーズンのラ・リーガで39ゴールと得点力不足に悩み、特にFW登録選手によるゴールが「12」と寂しい状況。さらに、チーム2位となる6ゴールを記録していたFWシャルレスが退団。ディナモ・ザグレブからFWダミアン・カジョルを獲得したが、さらなる補強を目指していた。 今シーズンのラ・リーガはMF久保建英(ビジャレアル)、FW岡崎慎司(ウエスカ)、MF乾貴士(エイバル)が既にプレーし、武藤が4人目の参戦となる。 2020.09.16 17:04 Wed
twitterfacebook
thumb

契約延長のグリーリッシュが逆転弾!アストン・ビラやニューカッスルが順当に勝ち上がり《EFLカップ》

EFLカップ2回戦の16試合が15日に行われ、アストン・ビラは3部のバートンとアウェイで対戦し、3-1で勝利した。 開始2分に失点する苦しい立ち上がりとなったビラは、前半のうちにワトキンスのゴールで同点に持ち込むと、後半終盤に主将のエースが決める。同日、ビラとの契約延長を発表したグリーリッシュが88分に逆転ゴールを挙げた。さらに追加タイムにもダメ押し弾が生まれたビラが逆転で3回戦へ勝ち上がっている。 また、ニューカッスルは2部のブラックバーンとホームで対戦し、新戦力のフレイザーの移籍後初弾で1-0の辛勝。エイバルへの移籍が濃厚となっているFW武藤嘉紀はベンチ入りしなかった。 そしてクリスタル・パレスは2部に降格したボーンマスとアウェイで対戦し、劣勢の中90分をゴールレスで終えた後に行われたPK戦を10-11で敗れ、敗退となっている。 2020.09.16 05:56 Wed
twitterfacebook
thumb

構想外のFW武藤嘉紀がエイバル移籍で合意報道、週末のビジャレアル戦で久保、乾と共演の可能性

ニューカッスルは、FW武藤嘉紀(28)の移籍でエイバルと合意に達したようだ。 スペイン『マルカ』によると、買い取りオプション無しの1年間のレンタル移籍でクラブ間合意したとのこと。すぐに武藤はエイバルのメディカルチェックを受け、正式に契約を結ぶことになるようだ。 早ければ15日のトレーニングに参加。週末のビジャレアル戦に出場する可能性もあるといい、久保建英と乾貴士の対決に武藤も加わる可能性があるようだ。 ニューカッスルのスティーブ・ブルース監督はEFLカップのブラックバーン戦に向けた14日の記者会見で、武藤のスペイン行きを明かしていた。 2018年にマインツからニューカッスルに加わり、憧れのプレミアリーグ挑戦を果たした武藤。マインツ時代の公式戦72試合23ゴールという実績を引っさげてイングランドへ上陸したが、ニューカッスルでは公式戦28試合で2ゴールと不本意なシーズンが続いていた。 一方のエイバルは、2019-20シーズンはラ・リーガで39ゴールと得点力不足に悩み、特にFW登録選手によるゴールが「12」と寂しい状況。昨シーズンのチーム2位となる6ゴールを記録していたFWシャルレスが退団しディナモ・ザグレブからFWダミアン・カジョルを獲得したが、さらに補強を行いたいようだ。 2020.09.15 10:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルで構想外のFW武藤嘉紀、新天地は乾貴士が所属するエイバルか

チームで構想外となっているニューカッスルのFW武藤嘉紀(28)だが、新天地はスペインになりそうだ。イギリス『Football Insider』が伝えた。 2018年にマインツからニューカッスルに加わり、憧れのプレミアリーグ挑戦を果たした武藤。マインツ時代の公式戦72試合23ゴールという実績を引っさげてイングランドへ上陸したが、ニューカッスルでは公式戦28試合で2ゴールと不本意なシーズンが続いている。 そんな中、スティーブ・ブルース監督は「ヨシは素晴らしい選手」と武藤を評価しながらも、「彼は思いどおりにいっていないが、究極のプロフェッショナルだ。どこかへ行き、プレーする必要があるだろう。彼が試合に出られないのは健全じゃない」とコメントし、ニューカッスルでは十分な出番がないことを示唆し、移籍を進めていた。 構想外ともとれる監督の発言を受けた武藤だが、新天地はスペインになるとのこと。その移籍先は、MF乾貴士が所属するエイバルが有力だという。 『Football Insider』によれば、エイバルはレンタル移籍で武藤を獲得したい意向とのこと。2019-20シーズンはラ・リーガで39ゴールと得点力不足に悩み、特にFW登録選手によるゴールが「12」と寂しい状況。チームとしてはFWのゴールを増やしたいと考えているようだ。 さらに、昨シーズンのチーム2位となる6ゴールを記録していたFWシャルレスが退団。ディナモ・ザグレブからFWダミアン・カジョルを獲得したが、さらに補強を行いたいようだ。 チームに乾がいることも大きな手助けとなるとなるが、武藤のラ・リーガ挑戦は実現するだろうか。 2020.09.14 10:05 Mon
twitterfacebook
thumb

武藤嘉紀にニューカッスル監督から移籍のススメ 「どこかに行き、プレーする必要がある」

ニューカッスルのスティーブ・ブルース監督が12日に敵地で行われるウェストハムとのプレミアリーグ開幕戦に先駆けた会見で日本代表FW武藤嘉紀(28)の構想外を認めた。イギリス『chroniclelive』が報じている。 2018年にマインツからニューカッスルに加わり、憧れのプレミアリーグ挑戦を果たした武藤。マインツ時代に公式戦72試合23得点の実績を引っさげてのイングランド上陸だったが、ニューカッスル入りから公式戦28試合2得点と不本意なシーズンが続いている。 昨季も公式戦10試合の出場にとどまり、ゴール数も1得点のみという状況を受け、今夏移籍も取り沙汰され、ドイツ復帰の可能性も浮上している。そうしたなか、ブルース監督が武藤に移籍を勧めた。 「ヨシは素晴らしい選手。彼にとって、思いどおりにいっていないが、究極のプロフェッショナルだ。どこかに行き、プレーする必要があるだろう。彼が試合に出られないのは健全じゃない」 2020.09.12 09:30 Sat
twitterfacebook