横浜FCのホームゲームでガイドライン違反、大声の応援やアルコール持ち込みが発覚

2020.07.30 20:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
横浜FCは30日、ホームゲームでのガイドライン違反を報告した。

クラブの発表によると、7月開催のホームゲームにおいて、「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」に基づいて試合運営を実施していたものの、禁止行為としているスタジアムで大声を出す行為やアルコールの持ち込み・飲酒行為が報告されたとのことだ。

この行為は「これは、新型コロナウイルス感染のリスクを最大限に防ぎながらJリーグを再開するという内容に反しており、何よりも周りのお客様への迷惑行為となっています」とクラブは声明を発表している。

横浜FCは、今回の行為を受け「8月以降のホームゲームにおきまして、入場前の周知を強化するとともに、スタジアム内でのアルコール所持または飲酒行為があった場合は、その場でアルコール飲料を回収(返却不可)させていただきます」とのことだ。

また、「スタジアム内での警備体制及び巡回を強化するとともに、横浜FCが定める禁止事項に抵触し、警備スタッフやクラブスタッフの指示に従っていただけない場合は、直ちに退場いただくとともに、今後のホームゲームの入場を禁止させていただくこともございますので予めご了承ください」と注意喚起している。
コメント
関連ニュース
thumb

横浜FM新加入の杉本竜士、横浜FCにレンタル 「全身全霊で頑張る」

横浜FCは10日、横浜F・マリノスに所属するMF杉本竜士(27)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2021年1月31日まで。契約期間中は横浜FMとの全公式戦出場不可となる。 杉本は東京ヴェルディ、FC町田ゼルビア、名古屋グランパスを渡り歩き、2018年途中から徳島ヴォルティスでプレー。昨季の明治安田生命J2リーグで33試合4得点の数字を収め、今季から横浜FM入りしたが、ここまで出場機会がなかった。 本日から横浜FCに合流する杉本は移籍を受け、両クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆横浜FC 「横浜F・マリノスから移籍してきました杉本竜士です。横浜FCの力になれるよう、全身全霊で頑張るのでよろしくお願いします!!」 ◆横浜F・マリノス 「F・マリノスの力になれず悔しい気持ちもありますが、このクラブで得た経験を生かしてチャレンジしてきます。F・マリノスの健闘を祈っています。ありがとうございました」 2020.08.10 10:40 Mon
twitterfacebook
thumb

パトリックが起死回生の後半AT弾! 役者揃ったG大阪が横浜FCに劇的勝利《J1》

明治安田生命J1リーグ第9節のガンバ大阪vs横浜FCが8日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、ホームのG大阪が2-1で勝利した。 前節の川崎フロンターレ戦を落として4連勝がストップした3位G大阪は負傷欠場が続いたアデミウソンが4試合ぶりの先発復帰。先のルヴァンカップで移籍後初出場の昌子も引き続き先発入りして、三浦、キム・ヨングォンと3バックを形成した。一方、リーグ戦4連敗中で5戦未勝利の17位横浜FCは前節から3枚が入れ替わり、G大阪からレンタル加入の一美が契約上の問題で欠場。伊野波、カルフィン・ヨン・ア・ピン、瀬古をスタートからピッチに送り出した。 試合は開幕から9試合目にして、ついに現状のベストメンバーともいえる顔ぶれが先発に出揃ったG大阪が立ち上がりから攻撃の主導権を握る展開で推移。セットプレーのチャンスも生かしながら4分、7分、17分とフィニッシュの形も作り出していったG大阪が守りを固める横浜FC陣内に攻め入る時間を続ける。守りでもハイラインのスペースを突こうとする横浜FCの反攻に対して、昌子が好カバーリングで食い止めるなど、試合巧者に回るが、無得点が続く。 それでも、34分に左サイドから中にドリブルを仕掛けた小野が相手を引きつけ、右方向にパスを供給すると、バイタルエリア中央で反応した小野瀬が迷いなく右足を一閃。これがボールの軌道上にいたアデミウソンに当たり、そのままゴール右に吸い込まれ、G大阪が先制に成功する。均衡を破った後は攻めの姿勢を強めた横浜FCに反撃を許したが、41分の松尾、44分の斉藤が放ったシュートはGK東口が阻止。アデミウソンのゴールで手にしたリードを守る。 1点リードで試合を折り返したG大阪はその勢いのまま追加点を挙げたいところだったが、攻撃のギアを上げ、巻き返した横浜FCが同点に追いつく。60分、左ウィングバックの藤春が自陣深い位置でバックパスを試みるが、当たりが弱く、皆川がボールをかっさらい、GK東口と一対一の構図に。相手GKに間合いを詰められ、シュートチャンスを逸するが、ゴール前の斉藤がこぼれ球を押し込み、相手のミスを生かした横浜FCが試合を振り出しに戻してみせる。 追いつかれてしまったG大阪は62分にパトリックと倉田を投入するが、74分にレアンドロ・ドミンゲスと草野を送り出してきた横浜FCに苦戦する。83分に右サイドからのクロスにパトリックが頭で合わせ、ゴールネットを揺らすが、オフサイドの判定でノーゴール。最後の交代カードで宇佐美を下げて渡邉を送り込み、勝負を仕掛けるが、終盤に転じたパワープレー気味の戦いも精度を欠いて、なかなか決定打を見いだせない。 このまま終了の頭によぎったG大阪だが、左CKのチャンスを獲得した最終盤の後半アディショナルタイム4分にドラマ。キッカーの井手口がインスイングのクロスを上げると、ゴール前のパトリックがヘッドで合わせる。これが豪快にゴールネットに突き刺さり、G大阪が土壇場で勝ち越した。試合はこのままタイムアップ。パトリックの起死回生となる今季リーグ初得点が決勝ゴールとなり、G大阪が2試合ぶりの白星を手にして、上位を追走した。 2020.08.08 21:02 Sat
twitterfacebook
thumb

カズが愛される理由/六川亨の日本サッカー見聞録

新型コロナの感染拡大でサッカー界にも暗い話題が多いなか、久々に注目を集めたのが“キング・カズ"だった。 8月5日のルヴァン杯グループステージC組の鳥栖対横浜FC戦で、カズはキャプテンとしてスタメン出場を果たす。53歳5ヶ月10日での出場は、土屋征夫(当時甲府)の42歳10ヶ月を大幅に更新するリーグカップ最年長出場記録だ。 そして前半30分には右クロスに体を投げ出すようにして合わせ、GK強襲のヘディングシュートを放った。残念ながらほぼ正面だったためゴールとはならなかったが、スタンドを沸かせる「見せ場」を作るあたり、やはり天性のスタープレーヤーと言える。 そんなカズとは長い付き合いではあるが、特に親しいというわけではない。私事で恐縮だが、大学卒業後、サッカー専門誌に入社した翌年の1982年、カズは静岡学園を中退してブラジルに行っていた。その後、84年に兄の泰年氏が静岡学園を卒業すると、弟の後を追ってブラジルに渡る。さらにその翌年、無名の都立高校生が卒業後にブラジルに行ってプロにチャレンジするというので取材したことがあった。 彼の名前は霜田正浩――元JFA(日本サッカー協会)技術委員長で、現在はレノファ山口FCの監督を務めている。 カズは86年から87年にかけて、泰年氏は84年から85年にかけて、そして霜田氏は85年から87年にかけて、いずれもサントスに所属し、海沿いの街で共同生活を送り、苦楽を共にした。 話をカズに戻すと、ブラジルでも成功を収めつつあったが、日本にもJリーグが創設されることになり、90年に帰国すると読売クラブに加入した。国内でのデビュー戦は8月5日に静岡県浜松市の佐鳴湖パークタウンで行われたPJMフューチャーズ(現サガン鳥栖)戦だった。 この試合を取材したのは、現地の新聞くらいだったと記憶している。というのも、試合後に着替えを済ませたカズと泰年氏と3人で長いすに座り、“独占インタビュー"ができたからだ(当時は事前申請の必要もなかった)。プロ化の話が進んでいるとはいえ、まだまだサッカーへの注目度は低いということがお分かりいただけるだろう。 そしてカズと話をしたのはこの時が初めてでもあった。 その後は、クラブが変わっても会えば気軽に話しかけてくれる(かなり回数は限られたが)。そして最後にカズと話したのは、もう6年も前のことだった。 それは14年のブラジルW杯でのこと。6月12日に開幕戦のブラジル対クロアチア戦をサンパウロのコリンチャンス・アレナで取材後、翌日は日本対コートジボワール戦(14日)が行われるレシフェへ移動した。 運悪く週末のため、リゾート地への飛行機は満席だった。離陸してしばらく経ったところ、前方からビシッとスーツを着たサングラスの日本人が歩いてくる。たぶん後方にあるトイレへ行くのだろうと予想しつつ、間近までくると、なんとカズだった。 彼も気付いたようで、サングラスを外して話しかけてきた。お互い立ったままで、昨日のブラジル(ネイマール)の出来や、明日の日本戦について感想を述べる。そして大会中の再会を約束して、つかの間のサッカー談義は終わった。 冒頭にも書いたように、特に親しいわけではない。にもかかわらず、会って時間があれば気軽に話が弾む。それは僕だけに限ったことではないだろう。誰に対しても、常に変わらない姿勢でフレンドリーに接する。これもまた、キング・カズが誰からも愛される理由ではないだろうか。 <div id="cws_ad"><hr>【文・六川亨】</br>1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2020.08.07 17:30 Fri
twitterfacebook
thumb

柏がGS突破! 王者川崎Fは連勝同士の名古屋と決戦へ《YBCルヴァンカップ》

JリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第2節が5日に行われた。 新型コロナウイルスの影響により、大会開催方式に大きな変更が加えられた今季のルヴァンカップ。そして、全3試合(グループBを除く)の総当たり方式に変更となったグループステージが、約半年ぶりに再開となった。 【グループA】大卒ルーキーコンビ躍動の王者・川崎Fと、快勝の名古屋が連勝!<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;" id="cws_ad">©︎J.LEAGUE<hr></div> 連勝を目指す前年王者の川崎フロンターレは県立カシマサッカースタジアムで鹿島アントラーズと対戦。クラブ史上初の7連勝でリーグ首位に立つチームは、この試合でも躍動。序盤からボールを握って優勢に試合を運ぶと、前半終了間際の43分には三笘の右足のカットインシュートがディフレクトする形でゴールネットを揺らし、先制に成功。さらに、後半立ち上がりの47分にはハーフタイム明けに投入された小林と大島のコンビで背番号10が追加点。続く55分には三笘の技ありの左クロスを旗手が冷静に流し込み、試合を決定付けた。その後、互いに積極的に交代カードを切っていく中、ホームの鹿島は途中出場の伊藤が84分、93分に連続ゴールを挙げて追いすがるも試合は3-2のスコアでタイムアップ。 また、IAIスタジアム日本平に乗り込んだ名古屋グランパスは清水エスパルスと対戦。今季初めて3バックを採用したホームチームに対して、相馬、マテウスの両翼を起点に攻勢を見せると、前半終了間際に得たFKの場面でマテウスのブレ球シュートをGKが弾いたところを丸山が押し込んで先制。さらに、54分には山崎のスルーパスに抜け出したマテウスが相手GKをあざ笑うかのような絶妙なループシュートを決めて加点。その後は持ち味の堅守でクリーンシートを目指していく中、後半アディショナルタイムにも山崎にゴールが生まれ、敵地で3-0の勝利となった。この結果、グループAは最終節を前に連敗の鹿島、清水の敗退が決定。連勝の首位川崎Fと2位の名古屋がグループ首位通過を懸けて最終節で激突する。 鹿島アントラーズ 2-3 川崎フロンターレ 清水エスパルス 0-3 名古屋グランパス 【グループB】浦和優勢から一転、C大阪が最終節引き分け以上で首位突破<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;" id="cws_ad">©︎J.LEAGUE<hr></div> レギュレーション変更により、J2リーグの松本山雅FCが不参加となったグループBは、松本戦を残していたベガルタ仙台と浦和レッズには自動で勝ち点3が与えられることになった。 そのため、勝てば首位突破が決まる浦和はセレッソ大阪相手に序盤から攻勢を仕掛ける。5分に木本が負傷するアクシデントに見舞われたC大阪をレオナルドを中心に敵陣に釘付けにするも、なかなかシュートシーンは作れない。ゴールレスで迎えた後半も浦和ペースで進んだが、ネットを揺らしたのは守勢のホームチームだった。82分、敵陣中央でボールを持った西川がドリブルで持ち上がり右に展開。これでボックス右に侵入した豊川が豪快にシュートを突き刺し先制に成功した。途中出場の2人の活躍で劣勢をひっくり返したC大阪は、最終節の仙台戦で引き分け以上で首位突破が決まる。 セレッソ大阪 1-0 浦和レッズ 【グループC】カズ出場の横浜FC、GS突破に望みを繋ぐ勝利! 札幌は単独首位浮上<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;" id="cws_ad">©︎J.LEAGUE<hr></div> 駅前不動産スタジアムではサガン鳥栖と横浜FCが対戦した。今季公式戦初出場の三浦が53歳5カ月10日の歴代最年長出場記録を更新したゲームは30分に決まらなかったものの、その三浦がダイビングヘッド。鳥栖がやや優勢のなかで、レジェンドが果敢にゴールを狙った横浜FCは集中した守りで凌ぎ続ける。すると、後半アディショナルタイム1分に左サイドの志知が上げたクロスに大外から瀬沼がダイビングヘッドで合わせて先制。1-0で勝ち切った横浜FCがグループステージ突破に望みを繋いだ。 札幌厚別公園競技場では北海道コンサドーレ札幌とサンフレッチェ広島が対戦した。白星スタートで切ったチーム同士の一戦は14分に左CKの流れから金子のゴールで札幌が先制したが、22分に広島が一瞬の隙を突いて、浅野が左足シュートでゴールネットを揺らして同点。イーブンで試合を折り返した札幌だったが、61分にドウグラス・オリヴェイラがゴール右隅に蹴り込み、再びリードに成功する。結局、このままタイムアップ。昨季ファイナリストの札幌が広島を退けて連勝を飾り、最終節を残してグループ単独首位に浮上している。 サガン鳥栖 0-1 横浜FC 北海道コンサドーレ札幌 2-1 サンフレッチェ広島 【グループD】柏が2連勝でGS突破! 昨季4強のG大阪は昌子デビュー戦ドローで敗退<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;" id="cws_ad">©︎J.LEAGUE<hr></div> J1リーグ4連勝中の柏レイソルはホームで湘南ベルマーレと対戦した。グループステージ初戦を白星スタートで切ったチーム同士のゲームはアウェイの湘南が勢いで上回る立ち上がりだったが、GK滝本の好守も光り、無失点で切り抜けた柏が徐々に巻き返す展開となると、後半早々の48分に敵陣右サイドで獲得したFKのチャンスから戸嶋がファーサイドにクロスを上げ、呉屋がヘディング。呉屋の一発で先制した柏は交代カードを切りながら攻めの姿勢を強めた湘南に攻め入られるシーンもあったが、GK滝本が要所で好セーブをみせ、1点のリードを維持する。柏は後半こそ攻めがゴールに繋がらなかったが、1-0のままタイムアップ。見事に湘南を下して2連勝を飾った柏が他会場の結果も受け、最終節を残してグループステージ首位を確定させ、プライムステージ進出を果たした。 ガンバ大阪は大分トリニータとアウェイで対戦。勝てなければ敗退となるチーム同士の一戦はG大阪が移籍後初先発の昌子も長短のパスで攻撃にもしっかり絡み、主導権を握ると、29分に佐藤の横パスをバイタルエリア中央でかっさらった井手口を起点に先制。ボックス右でフリーのパトリックが井手口からのパスに右足ダイレクトで合わせ、G大阪が幸先よく先取するが、守勢の大分が35分のカウンターからワンチャンスをモノにする。伊佐のパスをボックス右で受けた三平が中央に折り返すと、ゴール前に猛進の小塚がプッシュして、同点に。後半も大半の時間帯でG大阪ペースとなるが、再三のファインセーブで立ちふさがるGKムン・キョンゴンを崩せず、勝ち越しゴールが遠い。昨季準決勝進出のG大阪だが、引き分けで終了。大分とともにグループステージ敗退が決まった。 柏レイソル 1-0 湘南ベルマーレ 大分トリニータ 1-1 ガンバ大阪 2020.08.05 22:30 Wed
twitterfacebook
thumb

記録を10年以上更新! キング・カズ、53歳5カ月10日で約1年ぶり公式戦先発

5日、YBCルヴァンカップ グループステージ第2節が開催。横浜FCのFW三浦知良が今シーズン初先発を飾った。 駅前不動産スタジアムで行われるサガン鳥栖vs横浜FC。53歳のキング・カズこと三浦知良が今季初めてピッチに立つ。 [4-4-2]と予想される布陣で、カズと2トップを組むのは阪南大学から昨シーズン加入したFW草野侑己(24)。歳の差は29歳のコンビとなる。 カズの先発出場は、2019年8月14日に行われた、天皇杯3回戦の横浜F・マリノス戦以来、約1年ぶり。後半17分にFW斉藤光毅と交代していた。 また、53歳5カ月10日での出場となるカズは、歴代最年長出場記録を更新。これまでの記録は、2017年5月31日のサガン鳥栖戦で出場していたDF土屋征夫(ヴァンフォーレ甲府)の42歳10カ月であり、10年以上も記録を更新したこととなる。 2020.08.05 17:55 Wed
twitterfacebook