かつて“パラグアイのアグエロ”と呼ばれだセルヒオ・ディアスがマドリーからクラブ・アメリカへ移籍

2020.07.30 19:14 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのパラグアイ代表FWセルヒオ・ディアス(22)が29日、メキシコのクラブ・アメリカに移籍した。

セルヒオ・ディアスは母国パラグアイのセロ・ポルテーニョの下部組織出身で16歳でプロデビュー。当時は“パラグアイのアグエロ”と呼ばれる逸材だった。

2016年夏に18歳でマドリーのカスティージャに入団。プレシーズンのチェルシー戦でトップチームで出場したが、その後はスペイン下位リーグのルーゴやコリンチャンス、古巣のセロ・ポルテーニョへのレンタルで経験値を積んだ。

クラブ・アメリカによると、今回の契約は買い取りオプションが付随したレンタル移籍とのことで、現地メディアは期間は6カ月と見込んでいる。
コメント
関連ニュース
thumb

ビッグクラブを渡り歩くモラタがレアル・マドリー時代に決めたハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタがレアル・マドリー時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆モラタがレアル・マドリー時代に決めたハットトリック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJIeFVGNU5xQiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> レアル・マドリー下部組織出身のモラタは、2014年に7月にユベントスへ移籍すると、得点力が開花して2シーズン連続2桁ゴールを記録。2016年6月にマドリーに復帰すると、シーズン20ゴールの活躍を見せた。 2017年4月5日に行われたラ・リーガ第30節のレガネス戦では見事ハットトリックも達成している。 この試合で、マドリーは残留圏内ぎりぎりの17位に位置していたレガネスに対し、主力を温存する。 それでも15分に先制すると、さらに18分、右CKからDFナチョがヘディングで合わせてファーに流れると、ゴールエリア左のモラタがふわりと浮かせたヘディングシュートでうまくゴールへ流し込み、追加点を奪った。 勢いの止まらないマドリーは続く23分にはMFマテオ・コバチッチのスルーパスをボックス中央で受けたモラタがダイレクトでシュートを流し込み、一気に3-0とした。 その後2点を返されたマドリーだが、迎えた後半開始3分に左サイドのMFハメス・ロドリゲスのFKにモラタが頭で合わせたシュートがDFに当たってゴールに吸い込まれ、試合を決定付けた。 結果を残したモラタだったが、2017年からはチェルシーへ移籍しプレミアリーグ初挑戦。2019年1月からはアトレティコ・マドリーでプレーし、 スペイン、イタリア、イングランドのビッグクラブを渡り歩いている。 2020.08.13 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ソシエダがウーデゴールのレアル・マドリー復帰を発表!

レアル・ソシエダは12日、ノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(21)が所属元であるレアル・マドリーに復帰することを発表した。 今シーズンからソシエダに2年間のレンタルで加入したウーデゴールは、攻撃の中心選手として公式戦36試合に出場して7ゴール9アシストを記録するなど、センセーショナルな活躍を披露。ソシエダを2シーズンぶりのヨーロッパリーグ出場に導いていた。 マドリーへの復帰が決まったウーデゴールに対して、ソシエダは公式サイトで以下のような感謝の声明を発表した。 「短い間だったが、マルティン・ウーデゴールはチームに貢献してくれた。彼はレアル・マドリーに復帰するために私たちのもとを去ることになったが、彼が楽しませてくれたシーズンのすべてを忘れることはないだろう。彼のゴール、サッカー、性格、努力、そして謙虚さによって、マルティンはクラブのファミリーにとって決して忘れられない存在になった。我々は彼の今後の活躍を願っている」 2020.08.13 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

セバージョスはマドリー復帰? 最終的判断はジダン監督次第

2019-20シーズンはアーセナルでプレーしたスペイン代表MFダニ・セバージョス(24)に関して、レアル・マドリー復帰の可能性が浮上した。スペイン『マルカ』が報じた。 昨夏、出場機会を求めてアーセナルに活躍の場を移したセバージョス。負傷による離脱もあったが、公式戦37試合で2ゴール2アシストの成績を収め、クラブのFAカップ制覇に貢献。しかし、買取オプションが付随していないこともあり、マドリー復帰が既定路線となっている。 しかし、ジネディーヌ・ジダン監督が戦力に含めていないことから3500万ユーロ(約43億7000万円)前後の値札を貼ったとも報じられ、自身が望むアーセナルへの完全移籍や、古巣のレアル・ベティス、バレンシア移籍の可能性が取り沙汰されている。 そうしたなか、マドリーはチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16でマンチェスター・シティの前に敗退。この敗戦を受けて状況が変わったマドリーは、中盤の強化を検討しており、コロナ禍の影響による財政難で、保有権を持つセバージョスの呼び戻しを考えているとのことだ。 最終的な判断はジダン監督次第だというが、クラブはプレシーズンのパフォーマンスで判断を下してほしいと考えている模様。なお、レアル・ソシエダにレンタル移籍中のノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(21)も復帰する可能性があるようだ。 2020.08.12 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー、PSGからレンタル加入のアレオラ退団を発表! 新天地はプレミア?

レアル・マドリーは11日、パリ・サンジェルマン(PSG)から加入していたフランス代表GKアルフォンス・アレオラ(27)がレンタル移籍期間終了に伴い、退団することを発表した。 昨夏、マドリーからPSGに完全移籍したコスタリカ代表GKケイロル・ナバス(33)と入れ替わる形で、エルブランコへ1年間のレンタル移籍で加入したアレオラ。 加入当初はベルギー代表GKティボー・クルトワ(28)とのポジション争いが期待されたものの、今シーズンのラ・リーガでサモラ賞を獲得するなど、圧巻のパフォーマンスを見せたライバルを前に思うように出場機会を得られず。今シーズンの公式戦出場は9試合に留まっていた。 そして、マドリーが今シーズンの全日程をすべて消化したことを受け、このタイミングでの退団発表となった。 なお、アレオラは2023年までPSGとの契約を残しているが、前述のナバスの存在もあり、今夏にクラブを去る可能性が高いと見られている。 先日には妻のマリオンさんが、すでに購入済みのロンドンの新居に引っ越したことをSNSで明かしており、新天地にはチェルシーなどプレミアリーグのクラブが有力視されている。 2020.08.11 21:54 Tue
twitterfacebook
thumb

【2019-20ラ・リーガ ベストイレブン】優勝マドリーから最多5選手を選出!

2019-20シーズンのラ・リーガが全日程を消化しました。そこで本稿では今シーズンのベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。 ◆ベストイレブン GK:クルトワ DF:カルバハル、ジエゴ・カルロス、セルヒオ・ラモス、レギロン MF:カゼミロ、カソルラ MF:ジェラール・モレノ、メッシ、オカンポス FW:ベンゼマ GK ティボー・クルトワ(28歳/レアル・マドリー) 出場試合数:34(先発:34)/失点数:20 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_101_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 4シーズン連続受賞中のオブラクを抑えて2013-14シーズン以来、通算3度目のサモラ賞を受賞。多くの批判に晒された昨季から一転、今季はまさに守護神というべき抜群の安定感を披露し、18試合でクリーンシートを記録するなど、1試合平均0.59点という驚異的なスタッツを叩きだした。また、昨年12月のバレンシア戦のラストプレーで見せたベンゼマの同点ゴールに繋がったヘディングシュートは今季のラ・リーガ制覇において語り草となった。 DF ダニエル・カルバハル(28歳/レアル・マドリー) 出場試合数:31(先発:31)/得点数:1 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今季のラ・リーガ最高のサイドバック。近年、ケガによる離脱が目立っていたが、今季は2014-15シーズン以来のリーグ戦30試合出場を達成。チームとして右ウイングをなかなか固定できなかった中、攻守両面で右サイドに安定感をもたらした。1ゴール5アシストと数字上の貢献以上に試合を読む力、要所を締める好守が光った。 DF ジエゴ・カルロス(27歳/セビージャ) 出場試合数:35(先発:35)/得点数:2 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 初挑戦のラ・リーガでセンセーショナルな活躍を披露。今夏、ナントから1500万ユーロで加入したブラジル人DFは、リーグ・アンよりレベルの高いアタッカーが揃うラ・リーガでも、持ち味の圧倒的な対人能力の強さ、読みを利かせた守備で快足を誇るクンデとのコンビで堅牢な守備を築いた。現在、国内外のビッグクラブから寄せられる関心こそ、今季の充実度を表しているはずだ。 DF セルヒオ・ラモス(34歳/レアル・マドリー) 出場試合数:35(先発:35)/得点数:11 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_101_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 3年ぶりのラ・リーガ制覇に導いたエルブランコの頼れるカピタン。シーズンを通して良好なコンディションを維持し、ディフェンスリーダーとしてリーグ最少失点の堅守に大きく貢献。さらに、正確無比なPK、得意のヘディングに加え、圧巻の直接FKまで決めるなど、ゴールスコアラーとしても存在感を放ち、キャリアハイの11ゴールを挙げた。 DF セルヒオ・レギロン(23歳/セビージャ) 出場試合数:31(先発:29)/得点数:2 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_101_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> センターバックでヴァラン、サビッチ、左サイドバックでユーリという候補もいたが、武者修行先のセビージャで充実した1年を過ごしたレアル・マドリーのカンテラーノを選出。フェルラン・メンディの加入によって押し出される形でマドリー前指揮官のロペテギ監督が率いるアンダルシアの雄に加入すると、左サイドバックと左ウイングバックの主力としてキャリアハイの31試合2ゴール4アシストと見事に結果を残した。粗削りな部分はあるものの、攻守両面で総合力の高さを見せつけた。来季に関してはセビージャ残留を希望も、新天地は国外か…。 MF カゼミロ(28歳/レアル・マドリー) 出場試合数:35(先発:35)/得点数:4 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_101_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今季のMVP。両ウイングや中盤では積極的なローテーションを採用したジダン監督だったが、唯一フル稼働をさせたのは中盤の底で攻守のバランスを整えたブラジル代表MF。文句なしの今季のベストMFだった。 MF サンティ・カソルラ(35歳/ビジャレアル) 出場試合数:35(先発:29)/得点数:11 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_101_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> スペイン屈指の魔術師が完全復活。2018年夏に7年ぶりの古巣帰還を果たしたベテランMFは、4ゴール10アシストを記録した昨季を上回る11ゴール10アシストの圧巻の数字を残し、イエローサブマリンでのラストシーズンを終えることになった。本人が認めるようにプレー強度や運動量の面では衰えは否めないが、それを補って余りある戦術眼、テクニックを武器にチームの5位フィニッシュに大きく貢献した。絶妙なボールタッチ、視野の広さ、プレー精度と、思わず感嘆の声を上げざるを得ない妙技の数々を披露してくれた。なお、シーズン終了後にチャビ監督率いるカタールのアル・サッドへの移籍が発表されており、魔術師の今後の幸運を心から願う。 MF ジェラール・モレノ(28歳/ビジャレアル) 出場試合数:35(先発:33)/得点数:18 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_101_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> キャリアハイの18ゴールを挙げ、スペイン人最多得点者に与えられるサラ賞を初受賞。昨シーズン、エスパニョールから古巣帰還を果たしたスペイン代表FWは、カソルラやチュクウェゼ、エカンビら特長の異なるアタッカー陣との質の高い連係を見せながらコンスタントにゴールを量産。質の高い動き出しと得意の左足でのフィニッシュが印象的だった。 MF リオネル・メッシ(33歳/バルセロナ) 出場試合数:32(先発:31)/得点数:25 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_101_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 25ゴールを挙げて歴代最多となる7度目のピチーチを受賞。さらに、21アシストはキャリアハイの数字となり、1シーズンでの20ゴール20アシストはラ・リーガ史上初の記録となった。相棒スアレスの不在や、グリーズマンらの適応苦戦によってフィニッシュの局面では依存がより顕著なシーズンとなり、徹底したセットプレー対策などを敷かれたものの、その対策を上回るパフォーマンスで個人としてはきっちり結果を残した1年だった。 MF ルーカス・オカンポス(26歳/セビージャ) 出場試合数:31(先発:29)/得点数:14 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_101_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 初挑戦のラ・リーガでキャリアハイの14ゴールを記録。10代でフランスに渡り、イタリアでの武者修行を経て、マルセイユで台頭したアルゼンチン代表FW。昨夏、満を持してスペインの地ではセビージャの新エースとして華々しい活躍を披露。187cmの恵まれた体躯に加え、ロングスプリントを繰り返せるスタミナ、両足をそん色なく使いこなす万能型ウイングは、フィニッシャーとしての才能も開花させ、14ゴール3アシストという見事な数字を残した。また、サイドバックでのプレー経験を生かし、守備面の貢献も見逃せない。 FW カリム・ベンゼマ(32歳/レアル・マドリー) 出場試合数:36(先発:35)/得点数:21 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_101_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> エル・ブランコの主砲として優勝に大きく貢献。昨季に続き20ゴールの大台に乗せ、異次元のメッシに次ぐ2位のゴール数を挙げると共に、チーム最多8アシストを記録し、エースストライカーの役割を全うした。相手の徹底マークに遭った中、チーム最多の36試合出場という責任感も高く評価したい。 2020.08.11 21:01 Tue
twitterfacebook