リールがメキシコの逸材MFピッツートを確保! 昨年のU-17W杯でブロンズボール獲得

2020.07.29 16:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リールがパチューカに所属するメキシコ人MFエウジェニオ・ピッツート(18)の確保に成功したようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。

メキシコ生まれもニュージーランドのウェリントン・フェニックスの下部組織でプレーしていたピッツートだが、国際サッカー連盟(FIFA)が定める未成年の海外移籍のルールに引っかかり、トップチーム登録が不可能となった影響から2018年に母国のパチューカのユースチームに加入。

高精度の左足のキックを生かした長短交えたパス、縦への推進力に長けたセントラルMFは、昨年にブラジルで行われたFIFA U-17ワールドカップでU-17メキシコ代表をキャプテンとして準優勝に導く活躍を披露。さらに、個人としても大会優秀選手に与えられるブロンズボールを獲得し、一躍ヨーロッパ各国のスカウトの注目を集めた。

そして、今年1月にはパチューカでのトップチームデビューも飾っていたが、試合中に受けた危険なタックルによって腓骨骨折の重傷を負う悲劇に見舞われていた。

それでも、その才能を高く評価するリールは今夏のタイミングでの獲得を決断し、今週末に予定されるメディカルチェック後に正式契約を結ぶ模様だ。

なお、イタリアのパスポートを持つピッツートは、非EU圏外選手の登録枠を使用することなく登録が可能だ。
コメント
関連ニュース
thumb

リールがアンヘル・ゴメスを確保! ユナイテッド生え抜きMFは14年過ごした古巣にエモーショナルなメッセージ

リールがU-20イングランド代表MFアンヘル・ゴメス(19)の獲得に成功したようだ。フランス『RMC sport』が報じている。 マンチェスター・ユナイテッドでも活躍した元ポルトガル代表FWナニの従兄弟として知られるゴメスは、6歳からユナイテッドのアカデミーに在籍。2列目を主戦場に繊細なボールタッチを生かした密集地帯での局面打開、オープンスペースでのダイナミックなプレーも得意とする攻撃的MFは、2017年5月にクラブ史上最年少(16歳と263日)でプレミアデビューを飾った。 しかし、今シーズンはトップチームでの出場機会が6試合のみとなっており、出場機会を求める同選手はクラブから掲示された契約延長オファーを固辞。先月初旬に退団していた。 一時はチェルシーやインテル行きの可能性が伝えられたが、新天地はフランスの地となったようだ。 『RMC sport』が伝えるところによれば、ゴメスとリールは5年契約ですでに合意に至っており、2020-21シーズンに関してはリールの提携クラブであるポルトガルのボアヴィスタにレンタル移籍することも決定しているという。 また、リール移籍決定を受けてか、ゴメスは4日に自身の公式『インスタグラム』を通じて、古巣ユナイテッドへの別れのメッセージを綴っている。 「自分の感情を言葉にするのは簡単ではなかったから、少し時間がかかってしまったよ」 「残念だけど、14年間に渡る美しい章を終えるときが来た。サルフォード出身の僕にとってマンチェスター・ユナイテッドしか知らなかった。アカデミー時代はウェイン・ルーニーのまねばかりをしていたよ」 「そして2017年5月21日、16歳のときにレジェンドであるウェイン・ルーニーに代わって、夢のクラブでプレミアリーグデビューを果たすことができた」 「クラブと初めて契約したときから、僕が受けた助けと励ましに対して、クラブの一人一人に感謝を伝えさせてほしい。6歳から今に至るまで面倒を見てくれた各年代の監督、キットマン、受付のキャス、メディアチーム、警備員、クリフのスタッフ、リトルトンロードのスタッフ、キャリントンのスタッフ、清掃員の方々、みんなのおかげで今の僕があるんだ」 「自分のキャリアにおいて次のステップに進むときが来たんだ。できれば、僕がこれまでここで成し遂げてきたことを少しでも誇りに思ってくれると嬉しいよ」 「そして、クラブと関係者のみんなの幸運を心から祈っている。正直なところ、みんなが思っている以上にみんなのことが恋しいんだ。同時にファンのみんなに感謝したい。みんなから受けたサポートは忘れることができないよ」 「Once a RED always a RED」 2020.08.05 14:15 Wed
twitterfacebook
thumb

C大阪FW西川潤にリール移籍の可能性? 実現なら来季はベルギーのムスクロンへレンタルか

セレッソ大阪のU-20日本代表FW西川潤が、リールへ移籍する可能性があるようだ。フランス『Le 10 Sports』が報じた。 桐光学園高校出身の西川は、今シーズンから正式にC大阪の一員に。2019年にはU-17ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で活躍を見せ、U-20W杯でのプレーぶりから、ヨーロッパのクラブからも多くの関心が寄せられていた。 バルセロナなども獲得に興味を持っているとも報じられていた中、リールが興味を寄せているとのことだ。 『Le 10 Sports』によると、西川の移籍金は約250万ユーロ(約3億1200万円)程度とみられ、合意に達する可能性があるとのこと。また、2020-21シーズンは、ベルギーのムスクロンへレンタル移籍する可能性があるとしている。 リールは若手選手を育て、ビッグクラブへとステップアップさせるクラブ方針を持っており、かつてはベルギー代表MFエデン・アザールがチェルシーに、昨シーズンであればコートジボワール代表FWニコラ・ぺぺがアーセナルに高額で売却。今夏もナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンをナポリへ移籍金6000万ユーロ(約74億2000万円)で売却していた。 2020.08.05 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

リールがメキシコの逸材MF獲得を発表! 昨年のU-17W杯でブロンズボール獲得

リールは1日、パチューカからメキシコ人MFエウジェニオ・ピッツート(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間などに関する詳細は明かされていない。 メキシコ代表の将来を担う逸材MFは、リール加入に際して新天地での目標を語っている。 「リールでの目標は、まずスタメンの座を勝ち取ることだね。そして、トロフィーを獲得し、チャンピオンズリーグでもプレーしたいと思っているよ」 メキシコ生まれもニュージーランドのウェリントン・フェニックスの下部組織でプレーしていたピッツートだが、国際サッカー連盟(FIFA)が定める未成年の海外移籍のルールに引っかかり、トップチーム登録が不可能となった影響から2018年に母国のパチューカのユースチームに加入。 高精度の左足のキックを生かした長短交えたパス、縦への推進力に長けたセントラルMFは、昨年にブラジルで行われたFIFA U-17ワールドカップでU-17メキシコ代表をキャプテンとして準優勝に導く活躍を披露。さらに、個人としても大会優秀選手に与えられるブロンズボールを獲得し、一躍ヨーロッパ各国のスカウトの注目を集めた。 そして、今年1月にはパチューカでのトップチームデビューも飾っていたが、試合中に受けた危険なタックルによって腓骨骨折の重傷を負う悲劇に見舞われていた。それでも、その才能を高く評価するリールは今夏のタイミングでの獲得を決断した。 なお、イタリアのパスポートを持つピッツートは、非EU圏外選手の登録枠を使用することなく登録が可能だ。 2020.08.01 22:04 Sat
twitterfacebook
thumb

オシムヘン&レミ退団のリール、トルコ屈指のFWブラク・ユルマズが加入!

リールは1日、トルコ代表FWブラク・ユルマズ(35)の加入を発表した。契約期間は2022年6月30日までの2年となる。 今シーズン、エースストライカーとして活躍したナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン(21)のナポリ移籍に加え、元フランス代表FWロイク・レミ(33)が退団したことで、前線の補強が急務となっていたリールは、代表通算59キャップを誇るトルコを代表するストライカーの獲得に成功した。 これまでベシクタシュ、フェネルバフチェ、ガラタサライとイスタンブールに本拠地を置く3大クラブに在籍してきたユルマズは、スュペル・リグ通算323試合187ゴールを記録。昨冬に復帰したベシクタシュでは、今季のリーグ戦25試合で13ゴール7アシストを記録していた。 しかし、リールでの新たな挑戦を求めた35歳は、今年6月末にベシクタシュを退団し、フリートランスファーの形で加入することになった。 なお、昨夏にリールへ加入したトルコ代表MFユスフ・ヤズジュ(23)は、トラブゾンスポル時代にホットラインを築いた後輩であり、新天地への適応に向けてピッチ内外で大きな助けとなりそうだ。 2020.08.01 21:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ナポリがアフリカ出身選手最高額の移籍金となる約100億円でオシムヘンを獲得!

ナポリは7月31日、リールに所属するナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン(21)の獲得を発表した。契約期間は2025年6月までの5年間となっている。 フランス『レキップ』によればボーナス込みで8100万ユーロ(約100億2000万円)に上り、この額は昨夏にリールからアーセナルに加入したコートジボワール代表FWニコラ・ペペの7200万ユーロを上回り、アフリカ出身選手における史上最高の移籍金額になる。 また、ナポリにおいても昨夏PSVから加入したメキシコ代表FWイルビング・ロサーノに費やした移籍金3800万ユーロを大幅に超えるクラブ史上最高額になるとのことだ。 ヴォルフスブルクで2017年5月にプロデビューを飾ったオシムヘンは、昨年夏にシャルルロワからリールに加入。今季は公式戦38試合に出場して18得点6アシストの数字を残していた。 2020.07.31 23:30 Fri
twitterfacebook