新規感染者急増でバルセロナvsナポリの開催地が変更か? UEFAはポルトガルでのプランBを準備

2020.07.29 02:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのバルセロナvsナポリの開催地が変更になる可能性があるようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。

世界的な新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響により、3月から開催延期が続いていたCLだが、欧州サッカー連盟(UEFA)は8月の集中開催を決定。

8月12日からポルトガルのリスボンで開催される『ファイナル8』に先立ち、ラウンド16・2ndレグ未消化分のバルセロナvsナポリが8日にバルセロナの本拠地カンプ・ノウで開催される予定となっているが、この開催地が変更になる可能性があるようだ。

『フットボール・イタリア』によれば、現在スペインではカタルーニャ自治州を中心に新型コロナウイルスの第2波の予兆が出ており、24日にスペイン保険省は900人以上の新規感染者が確認されたと発表していた。

この現状を受け、UEFA評議会メンバーのエベリーナ・クリスティリン氏はイタリア『Radio Punto Nuovo』のインタビューで、中立地で開催するプランBを準備していることを明かしている。

「このような難しい状況になる可能性を考え、以前からギマランイスとポルトをプランBとして準備していた」

「今のところはカンプ・ノウで開催する予定でいるが、最終期限までにどうなるかはわからないが、我々はプランBを準備している。決定はスペイン政府からの報告に基づいて行われるだろう」
コメント
関連ニュース
thumb

造反のバルサMFアルトゥール、カンプ・ノウ訪問も入場を拒否される

今シーズン限りでバルセロナを退団するブラジル代表MFアルトゥールだが、カンプ・ノウに入ることを許可されなかったようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 アルトゥールは、ユベントスのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチとのトレードという形で今シーズン限りでバルセロナを退団。移籍決定ごは出場機会がないまま、ラ・リーガが終了していた。 <div id="cws_ad">◆CLラウンド16/バルセロナvsナポリ<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=19eq7r7f82obx1pnuz46vxj00b" async></script></div> バルセロナではもうプレーしないという意思表示もあったため、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのナポリ戦に向けたチームにも合流せず。クラブに無断でブラジルに帰国するなど、やりたい放題の状況だった。 そのアルトゥールは、ナポリ戦が行われたカンプ・ノウにやってきたものの、入れてもらえなかったとのこと。それは、欧州サッカー連盟(UEFA)による厳格なプロトコルに則っていなかったからのようだ。 アルトゥールは、世界でも新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が続くブラジルに帰国し約2週間滞在したことに加え、PCR検査を受けたものの結果がまだ出ていなかったとのこと。そのため、スタジアムに入れることはできず、自宅での観戦を余儀なくされたとのことだ。 バルセロナのスポーツ組織関係ディレクターのギジェルモ・アモール氏は「アルトゥールは、必要な時に来なかった。 UEFAとクラブのPCR検査に合格しなかった。それがここに居ない理由だ。何が起こるかは理解しているが、大事なのは今日の試合であり、後日説明する」と試合前にコメントしていた。 アルトゥールはバルセロナとの早期契約解消をクラブに求める意向があり、エリック・アビダル氏との会談を望んでいるが、実現していない状況。果たしてどう決着がつくのだろうか。 2020.08.09 13:20 Sun
twitterfacebook
thumb

1ゴールでナポリ撃破に貢献のスアレス、早くもバイエルン戦に目を向ける

バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、早くも準々決勝に照準を向けた。スペイン『マルカ』が伝えた。 バルセロナは8日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグでナポリと対戦。3-1で勝利を収め、ベスト8進出を果たした。 <div id="cws_ad">◆CLラウンド16/バルセロナvsナポリ<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=19eq7r7f82obx1pnuz46vxj00b" async></script></div> スアレスは、2-0となった前半アディショナルタイムには、FWリオネル・メッシが得たPKを沈め1ゴールを記録。準々決勝進出に貢献したスアレスは、この勝利を喜び、バイエルン戦に目を向けた。 「それは僕たちが望んでいたことだね。ラ・リーガが終了してからの2週間、1stレグで僕たちを困難にした対戦相手の難しさを理解して、試合の準備をしてきた。重要なのは試合に勝ち、前進した今、次の対戦相手について考えることだ」 また、試合序盤はナポリの怖さがあったと語りながらも、3点を奪った前半のパフォーマンスに満足感を示した。 「ナポリはリーグ戦でも多くのチャンスを作るチームで、チャンスを作られることは分かっていた。怖さは序盤にあったけど、チャンスを決めきれず、得点したのは僕らだったね」 「僕たちは勝ち進むことを考えていた。彼らが上向きになり、少しスペースがあった素晴らしい前半の内容に満足している」 2020.08.09 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサのセティエン監督、ナポリを抑え込んだ守備を評価「うまく状況に対応した」

バルセロナのキケ・セティエン監督が、ナポリ戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えている。 8日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグでナポリと対戦したバルセロナは、10分に左CKからDFクレマン・ラングレが先制ゴール。23分にFWリオネル・メッシが加点すると、前半アディショナルタイムにFWルイス・スアレスが3点目を奪う。 <div id="cws_ad">◆CLラウンド16/バルセロナvsナポリ<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=19eq7r7f82obx1pnuz46vxj00b" async></script></div> その後、FWロレンツォ・インシーニェに1点を返されたが、3-1で逃げ切り。2戦合計4-2で13シーズン連続のベスト8進出を果たした。 試合後、セティエン監督は2ndレグで勝利し、勝ち進めたことを喜んだ。 「我々はこの最初の一歩を踏み出し、この試合に臨んだものと同じ熱意を持って、残りの試合を楽しみたかった。チームは素晴らしく、勝利に値した」 「我々が行ったことは簡単ではなかった。優れた知性で守る必要があった。イタリアで最高のチームの1つだ。」 また、ナポリのポゼッションに苦しめられたと語ったセティエン監督。しかし、チームの守備の一貫性には満足感を示した。 「ナポリからボールを奪うのは難しい。彼らが我々のプレッシャーを掻い潜ったとき、多くの方向性を変化させ、犠牲を払った」 「ピッチ全体で一貫性を保つよう努めてきて、かなり順調にできたと思う。うまく状況に対応した。全てを完全にコントロールできたと思う。このチームとその記録はとても難しいチームになっていくだろう」 また、準々決勝で対戦することが決まったバイエルンについては「全ての対戦相手が強敵であり、全試合が難しくなるだろう。我々にとっても、彼らにとっても難しいだろう。素晴らしいチームだが、我々もそうだ」と、強敵であることを認めながらも、負けていないと意気込みを語った。 2020.08.09 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

まるで水切り!全盛期リバウドの地を這うグラウンダーミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表FWリバウド氏が、バルセロナ時代に決めたスーパーゴールだ。 <div id="cws_ad">◆全盛期リバウドの地を這うグラウンダーミドル<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJBUUpFUnM0MyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> “左足の魔術師”と称され、バルセロナで見事な活躍を見せたリバウド氏。1997-98、1998-99シーズンでのリーグ連覇に貢献し、1998-99シーズンにはバロンドールにも選ばれている。 1999年4月4日に行われたラ・リーガ第28節のオビエド戦では、当時のリバウド氏の好調ぶりを象徴するような活躍を見せた。 0-0で迎えた23分、バルセロナはチャンスを迎えると、FWアンデルソン・ダ・シウバがDFを引き付け、リバウドへと落とす。 ゴールまでは30m近くあったものの、リバウドはこれをダイレクトでシュート。振り抜いた左足から放たれたシュートは、地を這うようなグラウンダーのシュートとなり、瞬く間にゴール右へと突き刺さった。 このゴールで先制したバルセロナは、一度は同点に追いつかれるものの、2本のPKをリバウドが決め、リバウドのハットトリックの活躍で3-1の勝利を飾った。 2020.08.09 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

「ブラックアウトが発生したのはがっかり」ガットゥーゾ監督が敗戦の弁

ナポリのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が、選手達に喝を飛ばした。クラブ公式サイトが伝えている。 ナポリは8日にチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグでバルセロナと対戦。10分に左CKからDFクレマン・ラングレに先制点を許すと、23分にFWリオネル・メッシ、前半アディショナルタイムにFWルイス・スアレスと失点を重ねてしまう。 <div id="cws_ad">◆CLラウンド16/バルセロナvsナポリ<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=19eq7r7f82obx1pnuz46vxj00b" async></script></div> 前半終了間際にFWドリエス・メルテンスが倒されて得たPKをFWロレンツォ・インシーニェが確実に決め反撃に出たナポリは、後半はバルセロナよりも多くのチャンスを作るも、ゴールネットを揺らせず。1-3で敗れ、2戦合計2-4でラウンド16で姿を決した。 試合後、ガットゥーゾ監督は「もっとうまくやれた」と選手たちのパフォーマンスに喝。勝ち進むことも不可能ではなかったと述べている。 「我々は本物の個性を見せてプレーしたことには満足している。しかし、試合全体で彼らを追えなかったという事実により、それほど満足していない。バルセロナに3点を許した時、突然ブラックアウトが発生したのはがっかりしている」 「私は相手にそういった機会を与えたので怒っている。スタッツを見れば我々はバルセロナよりも多くのチャンスを作っていた」 「我々は試合開始の10分と後半はとても良かった。バルセロナを敵陣でプレーさせていた。バルセロナは時々、彼らの陣内で立ち往生していた。我々がもう少し冷静だったら試合に勝てたと思う」 「先ほども言ったように、もっとうまくやれていたと思う。だから、ガッカリしているし、少し怒っている。2ndレグで我々がどのようにプレーしていたかをみると、我々が勝ち進むことは不可能ではなかった」 2020.08.09 11:00 Sun
twitterfacebook