フリーのヤヤ・トゥーレが英4部クラブの練習に突如参加! 地元メディアも困惑

2020.07.24 19:29 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
現在フリーとなっている元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ(37)が、フットボール2(イングランド4部)のレイトン・オリエントのトレーニングに参加していることがわかった。

ヤヤ・トゥーレは、モナコやバルセロナ、マンチェスター・シティ、オリンピアコスなどでプレー。2019年7月からは中国甲級リーグ(2部)の青島黄海でプレーをしていたが、今年1月1日にクラブを退団。

選手自身が現役続行を希望していることもあり、元日本代表MF本田圭佑が所属するボタフォゴや、サウジアラビアのダマクFCなどへの加入の噂が出ていたが、いずれも移籍は実現せず。

その後は去就に関する目立った動きがなかった中、レイトン・オリエントの公式『ツイッター』は24日、4部のクラブに場違いなスーパースターの練習参加を明かした。

この突然の知らせはイギリスメディアにとっても青天の霹靂だったようで、現時点で各メディアはヤヤ・トゥーレの練習参加の意図を計りかねている模様だ。

それでも、『デイリー・メール』など複数メディアは、今回の練習参加が加入を目的としたものではなく、あくまでコンディション維持のための練習場所を提供しただけであると推測している。

バルセロナで2度のラ・リーガ制覇、チャンピオンズリーグ制覇、マンチェスター・シティで3度のプレミアリーグ制覇を経験しているスーパースターは、今後イングランド4部を舞台にプレーすることになるのか…。

◆英4部に電撃参戦?


関連ニュース
thumb

ポルトガル戦で活躍のゴセンズ、バルサやバイエルンから関心か

アタランタのドイツ代表MFロビン・ゴセンズ(26)にバルセロナやバイエルン、ドルトムントといったビッグクラブが関心を示しているようだ。ドイツ『Sport1』、『Sport Deutschland』が報じている。 ゴセンズは19日に行われたユーロ2020グループF第2節ポルトガル代表戦で3ゴールに絡む大活躍を見せた。この活躍を受け、アタランタは移籍金を3500万ユーロ(約45億円)から4000万ユーロ(約52億円)に上昇させた模様だ。 『Sport1』によればバルセロナがゴセンズの代理人に接触を図ったとのことだ。また、『Sport Deutschland』によるとバイエルンとドルトムントが獲得に乗り出す可能性があると主張している。 アタランタ不動の左サイドとして活躍するゴセンズはここ3シーズン、クラブのチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献。今季は公式戦44試合の出場で12ゴール8アシストを記録していた。 2021.06.21 00:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン、ウクライナ代表FWヤレムチュクにオファーか

ミランがヘントのウクライナ代表FWロマン・ヤレムチュク(25)にオファーを提示しているようだ。ベルギー『Sportwereld』、『Nieuwsblad』が報じている。 同メディアなどによるとミランは移籍金1500万ユーロ(約19億6000万円)から2000万ユーロ(約26億1000万円)の買い取りオプション付きレンタルでの獲得を望んでいるとのことだ。 ヘント側は2500万ユーロを望んでいると報じられているが、ボーナスを付けることでその差額は埋められると主張している。 191cmと大柄な身体ながら身のこなしがしなやかなストライカーであるヤレムチュクは、今季のベルギーリーグでは28試合に出場して17ゴール6アシストを記録。また現在開催中のユーロ2020ではここまでの2試合で2ゴール1アシストと活躍している。 ミランのレジェンドであるアンドリー・シェフチェンコ監督の下、ウクライナ代表のエースストライカーとしてプレーするヤレムチュクだが、監督と同じようにミランのユニフォームに袖を通すことになるだろうか。 2021.06.21 00:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ハビ・マルティネスの新天地がカタールに決定!カタールSCの公式ツイッターに登場

今季限りでバイエルンを退団した元スペイン代表MFハビ・マルティネス(32)の新天地がカタールに決定した。 カタールSCの公式ツイッターは、20日にビデオ映像を投稿。これに登場したハビ・マルティネスは、ファンに向けて「こんにちは、カタールのスポーツファンの皆さん。すぐに会えることをお知らせするよ」とコメントした。 2012年夏にアスレティック・ビルバオから加入したハビ・マルティネスは、本職の守備的MFとセンターバックを主戦場に、公式戦266試合に出場し14ゴール11アシストを記録した。 加入時から9年連続となるブンデスリーガ制覇達成が近づいている上、2度のチャンピオンズリーグ(CL)、FIFAクラブ・ワールドカップなど、通算20以上のトロフィーを獲得してきた。 2020-21シーズンのカタール・スターズリーグを6位で終えたカタールSCは、今シーズンを率いたユネス・アリ監督(38)を解任。新たにフラメンゴやインテルナシオナウを率いた経歴を持つブラジル人指揮官ゼ・リカルド氏(50)を招へいしていた。 2021.06.20 23:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ミランが契約満了近づくチャルハノールに返答期限、6月30日まで

6月30日にミランとの契約が切れるトルコ代表MFハカン・チャルハノール(27)に対して、ミランが返答期限を設けたようだ。イタリア『メディアセット』が報じている。 同メディアによればミランは契約満了を迎えるぎりぎりの6月30日まで待つ方針とのことだ。 チャルハノールは2020-21シーズン、セリエAで33試合に出場して4ゴール10アシストを記録。チームを2位に導き、チャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献していた。 ミランはそのチャルハノールに対して400万ユーロ(約5億2000万円)のオファーを提示しているようだが、ユベントスやマンチェスター・ユナイテッドの他、カタールのアル・ドゥハイルなどが獲得に興味を示しているとのことだ。 2021.06.20 23:10 Sun
twitterfacebook
thumb

元大分MF坂井大将がタイ1部に移籍、2017年のU-20W杯ではキャプテンも務める

大分トリニータは20日、元U-20日本代表MF坂井大将(24)がタイ1部リーグのサムットプラカーン・シティに完全移籍したと発表した。 大分育成組織出身の坂井は2015年にトップチームへ昇格。2017年8月にはベルギー2部のAFCテュビズへ期限付き移籍で加入し、以降はアルビレックス新潟、ザスパクサツ群馬、ガイナーレ鳥取へ期限付き移籍を繰り返したが、2020シーズン末に大分との契約満了が発表されていた。 坂井はボランチやトップ下を主戦場とし、ゲームコントロールだけなく自らも飛び出して行けるのが持ち味。2017年にはU-20ワールドカップ(W杯)にもキャプテンとして出場している。 なお、移籍先のサムットプラカーン・シティを率いるのはかつて鹿島アントラーズや大宮アルディージャでも指揮を執った石井正忠監督。元FC岐阜のMF小野悠斗も所属している。 2021.06.20 17:50 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly