ローマに何とかドローのインテル、首位ユーベにプレッシャーかけられず…《セリエA》

2020.07.20 06:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第34節、ローマvsインテルが19日に行われ、2-2で引き分けた。前節SPAL戦を快勝し首位ユベントスに6ポイント差に迫った2位インテル(勝ち点71)は、負傷から復帰のバレッラが先発となり、ルカクはベンチスタートとなった。2トップは引き続きL・マルティネスとサンチェスが形成した。

チャンピオンズリーグ出場が厳しい一方、ヨーロッパリーグ出場をほぼ確実としているため、モチベーションが心配された5位ローマ(勝ち点57)だったが、ハイプレスをかける積極的な入りを見せた。

そして9分にはチャンス。CKからG・マンチーニがフリーでヘディングシュートを放ったが、枠を外してしまった。

しかしインテルは15分、右CKからデ・フライがヘディングシュートを叩き込み先制する。ワンチャンスで先手を取ったインテルは27分に追加点のチャンス。サンチェスの左クロスからブロゾビッチがダイレクトで合わせたが、GKパウ・ロペスの守備範囲だった。

ハーフタイムにかけてはローマが押し込む展開とした中、膠着状態が続いていたものの、追加タイム1分に同点とした。ショートカウンターに転じた流れからムヒタリアン、ジェコとつなぎ、最後はボックス左のスピナッツォーラがコントロールシュートを決めきった。

迎えた後半開始4分、ローマに逆転のチャンス。だが、ジェコのスルーパスでボックス左に侵入したヴェレトゥのシュートはGKハンダノビッチにセーブされた。

対するインテルは54分、ロングフィードを受けたL・マルティネスがボックス右まで持ち上がってネットを揺らすも、わずかにオフサイドで勝ち越しとはならず。

すると57分、ローマが逆転に成功する。ムヒタリアンが持ち上がってボックス内のジェコへパス。混戦を生むと、最後はルーズボールをムヒタリアンが蹴り込んだ。

逆転を受け、インテルはルカクとエリクセンを投入。なかなか攻め手を見いだせずチャンスを作ることができずにいたが、86分に幸運な形でPKを獲得する。モーゼスが敵陣ボックス内でスピナッツォーラにプレッシャーをかけると、スピナッツォーラはクリアにかかったボールを豪快に空振りしてモーゼスをキック。

このPKをルカクが決めてインテルが同点としたが、反撃はここまで。今節、ラツィオと試合を行うユベントスに暫定5ポイント差とするに留まっている。
コメント
関連ニュース
thumb

10年前、当時21歳のベイルがCLで覚醒…!インテル相手に記録した衝撃のハットトリック【CL名場面プレイバック】

20日、遂に新シーズンの幕が上がったチャンピオンズリーグ(CL)。今まで数多くの名場面が生まれてきたが、その中でも選りすぐりの名場面を振り返る。今回は、トッテナム時代のウェールズ代表FWガレス・ベイルが今から10年前に見せた驚愕のハットトリックだ。 育成の名門サウサンプトンで育ったベイルは2007年夏にトッテナムに加入。当初は左サイドバックとしてプレーしていたが、2010-11シーズンに一列前で起用されるようになると、その攻撃力が爆発した。 <div id="cws_ad">◆10年前、伝説となったベイルのサン・シーロでの夜<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJiUGM1dHM4WSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ベイルがその才能を覚醒させるきっかけの1つとなった試合が、2010年10月20日にサン・シーロで行われたCLグループリーグのインテル戦だった。 試合は開始2分でインテルが先制すると、その後8分にはトッテナムのGKエウレリョ・ゴメスが一発退場。10人になったトッテナムは前半だけで4失点と数的不利を背負うという絶望的な状況に置かれた。 しかし後半、ベイルが覚醒する。52分に自陣でボールを持ったベイルがドリブルを開始。相手を寄せ付けない高速ドリブルでぐんぐん加速し、あっという間にボックス左に侵入すると、そのまま左足を振りぬいてシュートを放つ。ゴール右下の完璧なコースに鋭いシュートを突き刺して1点を返した。 その後は膠着状態が続いたものの90分、左サイドのスペースで味方からのボールを得たベイルが、またも高速ドリブルでボックス左に侵入。1点目とほぼ同じ位置からシュートを放つと、再びゴール右下のコースにシュートを突き刺して2点目を奪った。 直後の92分、中央突破に成功したMFアーロン・レノンがペナルティアーク内までボールを運ぶと、ボックス内のベイルにパスを送る。このパスを受けたベイルが再びゴール右下にシュートを突き刺し、1点差に迫る3点目を記録した。 トッテナムの反撃もここまでとなり、試合は4-3でインテルが制したが、当時世界最高のサイドバックの一人であった元ブラジル代表DFマイコンの守るインテルの右サイドを完全に圧倒してのハットトリックは世界に衝撃を与えた。 その後、天職とも言えるポジションを手にしたベイルは、トッテナムの攻撃を牽引し、ワールドクラスのアタッカーへと成長を遂げる。2013年夏にレアル・マドリーへ巨額の移籍金で加入し、数々のタイトルを勝ち取ったベイルは、今シーズンからブレイクを果たしたトッテナムに復帰した。ベイル擁するトッテナムは今季、CL出場を逃しているものの、チームを再びCLの舞台に導く活躍に期待だ。 2020.10.21 20:15 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループB展望】マドリー本命揺るがずも残り1枠は混戦の予感

2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが10月20日に開幕する。グループBは大会最多13度の優勝を誇るレアル・マドリーが大本命となるが、残り1枠を巡るインテル、シャフタール、ボルシアMGの3チームによる争いはし烈なものとなりそうだ。 ◆編集部予想 ◎本命:レアル・マドリー ○対抗:インテル △連下:シャフタール ☆大穴:ボルシアMG ◆スロースタートも総合力で頭一つ抜ける~レアル・マドリー~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 確実に勝ち点3を計算できるチームは1つもない実力拮抗の4チームが揃ったが、首位通過の大本命は最多優勝を誇るスペインの雄だ。昨季、ラ・リーガで宿敵バルセロナから覇権奪還を果たしたマドリーだが、CLではラウンド16でマンチェスター・シティに連敗で敗れ、同大会で圧倒的な勝負強さを発揮してきたジダン監督の下で初めての敗退となった。 今シーズンに向けてはコロナ禍の財政的な問題もあり、主力クラスの補強はゼロに終わり、新戦力と言えるのはレンタルバックのMFウーデゴール、DFオドリオソラのみとなっている。そのため、FWヴィニシウスやFWロドリゴの成長、加入2年目のMFアザール、FWヨビッチらの覚醒を促す継続路線のシーズンインとなったが、ここまでのリーグ戦では3勝1敗1分けとスロースタートを強いられている。 パフォーマンスは決して低調と言えるものではないが、攻撃面を中心に勝負強さやバイタリティを欠く場面も散見されている。これがシーズン序盤に起こりがちなコンディション的な問題なのか、はたまたマンネリなのか、よりモチベーションが高まるCLの舞台でハッキリするはずだ。とはいえ、実績、選手層を含め総合力では頭一つ抜け出ており、問題なく勝ち抜けを果たすはずだ。 ◆戦力十分もコンテの欧州戦の弱さは懸念材料~インテル~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> マドリーの対抗は昨季セリエA2位チームのインテルだ。シーズン終了後にはクラブ幹部との衝突により、退任の噂が浮上したコンテ監督だが紆余曲折を経て続投が決定。また、今シーズンに向けてはFWラウタロ・マルティネスの残留に加え、DFアクラフ・ハキミ、DFコラロフ、DFダルミアン、MFビダルと指揮官好みのキャラクターを持つ新戦力の補強にも成功し、より穴のないスカッドの構築に成功した。 ただ、優勝候補として迎えた国内リーグでは持ち味の堅守が鳴りを潜めており、直近2試合ではラツィオとドロー、ミランとのダービーで今季初黒星を喫するなど厳しい船出となっている。単純な戦力値、昨季ヨーロッパリーグ(EL)の準決勝でシャフタール相手に5-0の勝利を収めていることを考えれば、突破の可能性は高いと思われるが、そのELで準優勝に終わるなど、コンテ監督のヨーロッパでの弱さは払拭できておらず、その点が懸念材料だ。 ◆ホームとアウェイの戦い分けが重要に~シャフタール~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_101_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ウクライナリーグ4連覇にヨーロッパでの豊富な経験を考慮して3番手の評価。昨シーズンのCLではマンチェスター・シティやアタランタ相手に善戦し、ELでもベスト4進出を果たすなど、その実力は確かだ。今シーズンは就任2年目のルイス・カストロ監督の下、主力に大きなメンバー変更もなく継続路線を突き進み、国内リーグでも3勝3分けの無敗スタートを飾っている。 昨シーズンのCLグループステージではホームでの戦績が振るわなかったものの、伝統的にホームゲームで圧倒的な戦績を誇っているため、今大会でグループステージを突破するためにはそのホームで勝ち点3を狙う戦いを見せつつ、昨季のようにアウェイでもきっちり勝ち点を持ち帰りたい。 ◆経験面で劣るもハマれば突破の可能性十分~ボルシアMG~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_101_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 2016-17シーズン以来の参戦となるため、評価は一番低いが、インテルとシャフタールとの間に大きな差はない。ザルツブルクで評価を高めたマルコ・ローゼ監督の下、昨季のブンデスリーガを4位フィニッシュしたドイツ屈指の名門は攻守両面でハードワークやアグレッシブさが印象的。 タレントの質では前述の3チームに劣るが、猛烈なプレス、縦に速い攻撃と自分たちの形がうまく出れば、バイエルンやドルトムントを苦しめるなど、強豪相手にも十分戦えるはずだ。攻守両面で要となるMFザカリアをケガで欠く序盤戦をしぶとく戦いながら、後半戦に勝負を懸けたい。 2020.10.21 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

たった3人で相手ディフェンスを切り裂いたインテルの華麗なカウンター【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はインテルのウルグアイ代表MFマティアス・ヴェシーノが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ヴェシーノが決めた鮮やかなカウンターゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJJVDZvU09GYSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ウルグアイでのプロデビューを経て、2013年夏にフィオレンティーナに加入しヨーロッパデビューを果たしたヴェシーノ。その後レンタルでイタリアの複数クラブでプレーした後、2017年夏にインテルに加入した。 インテルではここまで公式戦96試合に出場し、11ゴール6アシストを記録しているヴェシーノだが、2019年4月14日に行われたセリエA第32節のフロジノーネ戦では、鮮やかなカウンターからゴールを決めている。 前半に2点を奪い、試合を優位に進めたインテルは、1点を返され2-1で迎えた93分、カウンターからチャンスを作る。 自陣中央でヴェシーノが相手のパスをかっさらうとそのままドリブルで敵陣までボールを運び、前方にいたMFジョアン・マリオにパスを送る。ボールを受けたジョアン・マリオが前線のFWマウロ・イカルディに鋭いパスを出すと、イカルディがボックス内に走り込んでいたヴェシーノにパス。ゴール前でボールを受けたヴェシーノがGKとの1vs1をしっかり決め、勝利を決定づける3点目を奪った。 鮮やかなカウンターから、たった3人で相手ディフェンスを崩したインテル。試合はインテルがそのまま3-1で勝利している。 2020.10.21 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

バストーニがコロナ陰性で練習復帰、CLボルシアMG戦出場可能に

インテルのイタリア代表DFアレッサンドロ・バストーニが19日、トレーニングに復帰した。 バストーニは今月始め、U-21イタリア代表合流中に新型コロナウイルスの陽性反応を受け、自己隔離に入っていた。そして、直近のセリエA第4節ミランとのミラノ・ダービーを欠場していた。 陰性結果を受けたバストーニは21日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)開幕節ボルシアMG戦への出場が可能とのことで、コロナによって欠場者が複数いるインテルにとっては貴重な戦力が復帰した格好だ。 2020.10.20 07:30 Tue
twitterfacebook
thumb

“舌好調”のイブラヒモビッチが8カ月前のルカクにアンサー「ミラノに王はいなかった。そこには神がいる」

ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、らしさ全開の投稿を行った。 イブラヒモビッチは、17日、セリエA第4節でインテルvsミランの“ミラノ・ダービー”に先発出場。新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性反応を示したことから、開幕戦以来の出場となった。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1vmf5m7y0w9u11c8r738fy1774" async></script></div> そのインテル戦では、11分に自身のPKのこぼれ球を押し込むと、16分にもゴールを決めてリードを広げ、2-1で勝利。5年ぶりのダービー勝利を呼び込んだ。 試合後、「彼らは今も俺を止められやしない」と自身を止める全てはないとイブラ節を披露していたが、インテルのベルギー代表FWロメル・ルカクの発言にもイブラ節を炸裂させた。 ルカクは、今年2月に行われた“ミラノ・ダービー”で4-2と勝利した後自身のツイッターを更新。「この街には新しい王がいる」と綴っていた。 しかし、今回自身の2ゴールでミランが勝利したことを受けてイブラヒモビッチがインスタグラムを更新。「ミラノに王はいなかった。そこには神がいる」とし、自身が上回っていることを主張した。 まさにイブラ節炸裂といったところ。マンチェスター・ユナイテッド時代のチームメイトに強烈な一言をぶちかました。 <div id="cws_ad">◆イブラヒモビッチがルカクにアンサー!<br/><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CGfPLXDn1Bo/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="12" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CGfPLXDn1Bo/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div></a> <p style=" margin:8px 0 0 0; padding:0 4px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CGfPLXDn1Bo/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#000; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none; word-wrap:break-word;" target="_blank">Milano never had a king, they have a GOD</a></p> <p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/iamzlatanibrahimovic/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px;" target="_blank"> Zlatan Ibrahimović</a>(@iamzlatanibrahimovic)がシェアした投稿 - <time style=" font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px;" datetime="2020-10-18T14:22:55+00:00">2020年10月月18日午前7時22分PDT</time></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> <div id="cws_ad">◆8カ月前の“ミラノ・ダービー”で煽り<br /><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">there’s a new king in town <a href="https://t.co/w9yv4cVzrJ">pic.twitter.com/w9yv4cVzrJ</a></p>&mdash; R.Lukaku Bolingoli9 (@RomeluLukaku9) <a href="https://twitter.com/RomeluLukaku9/status/1226634009851068421?ref_src=twsrc%5Etfw">February 9, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.19 17:05 Mon
twitterfacebook