久保が途中出場のマジョルカ最終戦はドロー、リーガ初挑戦の久保は35試合の出場で4G5Aを記録《ラ・リーガ》

2020.07.20 06:09 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マジョルカは19日、ラ・リーガ最終節でオサスナとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。マジョルカのMF久保建英は59分から出場している。

前節グラナダ戦を逆転負けし、1年での降格が決まった19位マジョルカ(勝ち点32)は、久保がベンチスタートとなった。

11位オサスナ(勝ち点51)に対し、マジョルカは21分に失点する。ゴール正面からアドリアン・ロペスにミドルシュートを決められた。

それでも前半終了間際の45分に追いついた。CKの流れからルーズボールをルモルがダイレクトボレー。ゴール正面約25mの位置からのロングシュートが見事に決まった。

ゴラッソで追い付いて迎えた後半、マジョルカは59分に久保を右MFに投入した中、63分にはボックス右でパスを受けた久保がコントロールシュートを放つも、わずかに枠の左に外れる。

それでも65分、ポソの右クロスからブディミルのヘディングシュートが決まってマジョルカが逆転に成功した。しかし3分後、イニゴ・ペレスにミドルシュートを決められ、2-2の振り出しに。

84分には右サイドの久保がカットインからミドルシュートを放ったが、わずかに枠の右に外れると、追加タイムにはアルナイスにネットを揺らされたが、VARの末にファウルがあったと判定され、ノーゴールに。

試合は2-2で終了し、マジョルカは最終戦を引き分けで終えている。なお、ラ・リーガ初挑戦の久保は35試合(先発は34試合)の出場で4ゴール5アシストの記録を残した。
コメント
関連ニュース
thumb

久保建英のビジャレアル移籍秒読み! まもなく正式発表と現地メディア

日本代表MF久保建英のビジャレアル移籍がまもなく正式発表に至りそうだ。 久保は2019年夏にFC東京からレアル・マドリーに完全移籍すると、トップリーグでの出場機会を求めてマジョルカにレンタル。公式戦36試合に出場して4得点5アシストの数字を収めた。 スペイン『アス』によると、ビジャレアルとレアル・マドリーは先週、久保の1年レンタルで合意。レアル・マドリーにレンタル料として250万ユーロ(約3億1000万円)が支払われるという。 そのビジャレアルは10日に選手のメディカルチェックを予定して、12日から始動。新たに指揮を執るウナイ・エメリ監督が初日からの合流を求めており、まもなく正式発表される模様だ。 また、久保は10日か、11日にも合流する可能性があるとも。ビジャレアルは当初、レアル・マドリーのMFオスカル・ロドリゲスを狙ったが、エメリ監督の意向で久保の獲得にシフトしたようだ。 そのビジャレアル入りが実現すれば、今季限りでの退団が決まり、アル・サッドに移籍した元スペイン代表MFサンティ・カソルラの穴埋め役としての活躍が期待されているとみられる。 なお、ビジャレアルは今季、ラ・リーガを5位フィニッシュ。来季のヨーロッパリーグ(EL)出場が決まっている。 2020.08.10 09:45 Mon
twitterfacebook
thumb

2部降格のマジョルカ、レバンテやヘタフェで指揮したルイス・ガルシア・プラサ監督を招へい

ラ・リーガ2部に降格したマジョルカは6日、ルイス・ガルシア・プラサ監督(47)の招へいを発表した。契約期間は2022年6月までとなっている。 1年で2部に降格したマジョルカでは、ビセンテ・モレノ前監督が退任し、エスパニョールの監督に就任していた。 ルイス・ガルシア・プラサ監督はこれまでエルチェやレバンテ、ヘタフェ、ビジャレアルなどを指揮。また、アジアでは中国の北京人和、UAEのバニーヤース、サウジアラビアのアル・シャバブ・リヤドなどで指揮を執ってきた経歴を持つ。 2020.08.07 02:00 Fri
twitterfacebook
thumb

エスパニョール、新監督に久保建英を指導したビセンテ・モレノ監督を招へい

セグンダ(スペイン2部)に降格したエスパニョールは4日、新監督にビセンテ・モレノ氏(45)を招へいしたことを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなっている。 今シーズン、ダビド・ガジェゴ、パブロ・マチンという2人の指揮官の下で最下位に低迷していたエスパニョールは、2019年12月にアベラルド・フェルナンデス前監督を招へい。しかし、指揮を執ったラ・リーガ13試合の戦績は3勝5敗5分けと振るわず。そして、クラブは成績不振を理由に7試合を残した中で同監督を解任。 その後はスポーツ・ディレクター(SD)を務めていたフランシスコ・ルフェテ氏が、シーズン終了までの暫定監督を務めたが連敗を止められず、3節を残して27年ぶりのセグンダ降格が決定した。 後任に指名されたモレノ氏は、2011年に現役を引退。最後の所属クラブとなったヘレスで指導者の道をスタートさせると、ジムナスティックの指揮官を経て、2017年から当時セグンダB(スペイン3部)に沈んでいたマジョルカの監督に就任。 2年連続でチームを昇格させたことで知られ、ラ・リーガ初挑戦となった今シーズンはセグンダBから在籍するメンバーに加え、日本代表MF久保建英らを加えたメンバーでシーズンに臨んだが、惜しくも残留を逃していた。 2020.08.05 06:30 Wed
twitterfacebook
thumb

人気博す久保建英、移籍先最有力はビジャレアルか 今週中に決定予定とも

来季もレアル・マドリーからの武者修行が決定的な日本代表MF久保建英(19)に対して、ビジャレアル行きを有力とする憶測が浮上した。 昨夏の移籍市場でマジョルカにレンタル移籍を果たして、公式戦36試合に出場して4得点5アシストの数字を収めた久保。日を追うごとに様々な移籍先が挙がる人気ぶりを博しているが、スペイン『アス』によれば、その候補はビジャレアル、セルタ、グラナダ、オサスナに絞られ、今週中にも決まる見通しだという。 <div id="cws_ad">◆バルサ下部組織時代の久保建英の超絶プレー!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4bmRuU1l5ZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> そのなかでも、ビジャレアル行きが最有力に挙がっているという。その久保は4つの移籍先候補に関して、どれも惹かれているものの、ビジャレアルに最も興味を抱いている様子。最低でも年間40試合の出場を条件に掲げており、移籍先候補のチームを率いる各監督の自身を求める熱量も決め手の1つにしている模様だ。 また、久保の保有権を持つレアル・マドリー側は貸し出し先として、ヨーロッパリーグ(EL)の出場権を有するビジャレアルとグラナダのいずれかを所望。そのなかで、バイエルンからもオファーを受けた久保自身だが、スペインでのプレー続行意思を示しているため、レアル・マドリーもそれを尊重する姿勢とのことだ。 なお、レアル・マドリーの要求額はレンタル料と給与をあわせて、500万ユーロ(約6億2000万円)。バイエルンから高額な金額提示を受けたため、その契約金額への引き上げを検討しているという。 2020.08.04 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

久保建英が仏有名誌で夢や目標を語る! 「フットボールは僕の情熱」

日本代表MF久保建英がバロンドールを主催するフランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』のインタビューに応じた。 久保は昨夏の移籍市場でFC東京からレアル・マドリーに移籍。プレシーズンをレアル・マドリーで過ごした後、トップレベルでの安定した出場機会を求めてマジョルカにレンタル移籍した。 <div id="cws_ad">◆バルサ下部組織時代の久保建英の超絶プレー!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4bmRuU1l5ZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> チームは降格してしまったが、久保個人は徐々に信頼を勝ち取り、レギュラーに定着。公式戦36試合に出場して4得点4アシストの数字を収め、ラ・リーガ挑戦初年度の幕を下ろした。 わずか1シーズンだけだったが、マジョルカでのキャリアは久保自身にとって、印象深いものになったようだ。 「クラブのおかげで、選手としてだけでなく、人としても成長できました。良いときも悪いときも共有した友人がいて、あの島の人たちからの愛情を常に感じてもいました。色々な意味で忘れがたいシーズンでした」 来季の去就を巡り、レアル・マドリーからのさらなる武者修行が予想されるなか、夢に「ベストプレーヤーの1人になる」ことを掲げ、目標として「レアル・マドリーでのプレー」を明かした。 「僕の夢は常にベストプレーヤーの1人になること。そうなるための努力を惜しみません。目標はレアル・マドリーでプレーすること。何が起こるかわからなくても、そのためにベストを尽くして頑張ります。それと、世界最高のリーグでプレーできているのが本当に嬉しいです」 また、自身のプレーにおける武器にも言及。「ライン間や密集地帯でボールを受けて、一対一に持ち込み、決定機を作る作業が好きです」と語ると、こう続けている。 「ドリブルスキルはこれまでフットボールをしてきて、学んだことの全てです。でも、まだまだ改善の余地があります。幼い頃は朝8時から日が沈むまでフットボールに没頭していました」 「疲れ知らずでした。フットボールは僕の情熱で、子供の頃から人生の大部分を占めています。自分を向上させる唯一の目的として、プレーします。好きだからです」 2020.07.31 10:25 Fri
twitterfacebook