猛攻実らず広島がホームでC大阪に敗戦…C大阪は4勝目《J1》

2020.07.18 21:03 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第5節、サンフレッチェ広島vsセレッソ大阪が18日にエディオンスタジアム広島で行われ、C大阪が1-2で勝利した。6位の広島と3位のC大阪による上位対決。ホームに迎え撃つ広島は開幕2戦で快勝を収めていたものの、直近2試合は1分け1敗と、柏の離脱が効いてきている印象だ。対するC大阪は開幕から3連勝と好調だったが、前節の名古屋グランパス戦で初黒星。攻撃陣を試行錯誤する中で、この日は無得点に終わっていた。

共に攻撃が課題となっている両チームの対決は、アウェイのC大阪が押し込む展開に。広島は粘り強く跳ね返し続けるものの、試合を動かしたのは意外な形からだった。

20分、右サイドでボールを持った坂元が鋭い切り返しで対峙する清水を突破。右足でグラウンダーの速いクロスを送ると、クリアを試みた佐々木がオウンゴール。ここまで2失点の広島が珍しい形で先制点を献上してしまった。

なかなか攻撃の形が作れない広島は、清武のFKがクロスバーを直撃するなど危うい展開が続く。初めてチャンスを迎えたのは43分。右サイドから組み立てて川辺がクロス。これを永井と森島が頭で繋ぎ、最後は青山がボックス手前からミドルシュート。枠を捉えたがGKキム・ジンヒョンがファインセーブを見せた。

後半に向けて永井と清水を下げてドウグラス・ヴィエイラと藤井を投入した広島。しかし50分、相手の攻撃を防ぎ攻撃に繋げようとしたところ、川辺がボールを奪われピンチに。C大阪は清武が持ち上がりボックス左の藤田にラストパス。GK林の股を抜く巧みなシュートを沈めて、リードを2点に広げた。

厳しい展開となった広島だがその3分後、後半から入ったドウグラス・ヴィエイラがマテイ・ヨニッチに倒されPKを獲得。これを自ら決めて1点差に戻した。

その後はリズムが生まれてきた広島だが、C大阪の守備を崩すには至らない。73分のレアンドロ・ペレイラがゴールに迫ったシーンも、シュートはGKキム・ジンヒョンに止められた。75分の野津田の投入でギアをひとつ上げてハイネル、ドウグラス・ヴィエイラ、青山のシュートでゴールに迫るも、相手GKの好守は続く。83分には、マテイ・ヨニッチからボールを奪ったレアンドロ・ペレイラがボックス左からシュート。しかし、ここでもGKキム・ジンヒョンが立ちはだかる。

そして、ラストプレーとなったFKのチャンスも、ヘディングシュートはGKの正面に飛んで試合終了。ホームに駆けつけたサポーターに勝利を届けることは出来なかった。一方、逃げ切ったC大阪はこれで4勝目となった。

サンフレッチェ広島 1-2 セレッソ大阪
【広島】
ドウグラス・ヴィエイラ(後8)
【C大阪】
OG(前20)
藤田直之(後5)
コメント
関連ニュース
thumb

エヴェラウドのゴールで広島を下した鹿島、開幕節のリベンジ達成《J1》

明治安田生命J1リーグ第24節、鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島が24日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、1-0で鹿島が勝利した。 新型コロナウイルスによる中断前の2月に行われた第1節以来の対決となる両チーム。今回はホームに迎え撃つ鹿島は3日前の21日に試合を消化しており、そのヴィッセル神戸戦ではボールを圧倒的に支配されながらも、燃費の良い攻撃で3点を奪い快勝を収めた。一方、中5日の広島も前節の対戦相手は神戸。こちらも2-1で勝利しており、互いに2連勝を懸けた戦いとなる。 過密日程の鹿島だが、神戸戦からのスタメン変更は1人のみ。上田に代わってエヴェラウドが起用された。対する広島の変更は2人。累積警告で出場停止のレアンドロ・ペレイラと野津田に代わり、ドウグラス・ヴィエイラと青山が先発に復帰した。 試合は序盤からビッグチャンスの応酬になる。まずは鹿島、2分にボックス手前のレオ・シルバがエヴェラウドとのパス交換からシュートへ。ここをGK林のセーブで凌いだ広島は4分、カウンターから素早く左に展開し、東のパスを受けたエゼキエウがクロス。ボックス中央で胸トラップしたドウグラス・ヴィエイラがシュートに持ち込むが、相手に当たってGKの手の中へ。 ポゼッションを高める鹿島は、5分過ぎには相手のクリアをひっかけて犬飼がボールを奪取。ファン・アラーノを経由して自らシュートまで運んだが、惜しくも右に外れた。19分の右CKの場面では、ボックス左で折り返したボールを町田がヘディングシュート。これも決定機だったが、GK林が指先で僅かに触れてクロスバーを叩いた。 その後も鹿島主導で試合が進む中、34分に広島が再びカウンターを発動。エゼキエウが左サイドを駆け上がり、ボックス左へ進攻。前に出てきたGK沖をかわすようにループシュートを狙ったが、今度はこちらもクロスバーに嫌われた。さらにアウェイチームは38分にも、ドウグラス・ヴィエイラのクロスを森島がフリーでヘディングシュートを放つシーンがあったが、枠を捉えられなかった。 後半も互いに強みを生かした攻撃が展開される中、先に動いた広島は58分にエゼキエウと茶島を下げて柏と浅野を投入。すすとその直後、スローインからのリスタートで浅野が左サイドを突破。後ろから町田に接触されボックス内で倒れたが、ファウルポイントは残念ながら外。森島のFKはゴール前でクリアされた。 対して鹿島は65分過ぎに3枚交代。永木、遠藤、荒木が投入された。75分にはファン・アラーノを下げて上田をピッチへ。するとその直後、三竿のロングボールを相手DF野上の前で先に触ったエヴェラウドが最終ラインを突破。GKと一対一となり、豪快にシュートを突き刺した。 今季の広島は先制された試合では全敗しており、一方の鹿島は先制した試合は10試合で9勝1分け無敗と、数字上では圧倒的不利な状況に。それでも直近5試合は3勝2分けと心強い成績を残しているアウェイチームは、82分にかけてはチャンスが続くも、川辺のシュートはGK沖に止められた。 結局、試合は鹿島が1-0で制し、0-3で完敗した開幕節のリベンジに成功。2連勝を収めている。 鹿島アントラーズ 1-0 サンフレッチェ広島 【鹿島】 エヴェラウド(後31) 2020.10.24 15:55 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第24節:鹿島vs広島】開幕戦では広島が完勝、勝敗のポイントは先取点

【明治安田生命J1リーグ第24節】 2020年10月24日(土) 14:00キックオフ 鹿島アントラーズ(6位/42pt) vs サンフレッチェ広島(10位/34pt) [県立カシマサッカースタジアム] ◆フィニッシュの精度を高めリベンジへ【鹿島アントラーズ】 ミッドウィークに行われた前節はアウェイでヴィッセル神戸と対戦し1-3で快勝。連敗を免れた。第6節の湘南ベルマーレ戦以来、3カ月ぶりにスタメン起用された上田綺世が久々のゴールを記録するなど、効果的に3ゴールを奪って勝利を収めた。 過密日程での鳥栖、札幌、神戸というアウェイ3連戦を2勝1敗と勝ち越して乗り切った鹿島。久々のホームゲームではしっかりと勝利を収めたいところだろう。 今節の相手は開幕戦で敗れた広島。3-0と完敗を喫した相手だが、当時の鹿島は最悪の状態。結果、そこから4連敗を喫していた。 今の状態は当時とは比べられないほど改善。課題はフィニッシュの精度だが、久々に先発した上田に結果が出たことも大きなプラス材料だ。ポゼッションの部分は悪い試合を見せていないだけに、勝利へのカギはいかに決定機を仕留めるか。先手を奪って主導権を握りたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:沖悠哉 DF:小泉慶、犬飼智也、町田浩樹、永戸勝也 MF:ファン・アラーノ、三竿健斗、永木亮太、和泉竜司 FW:土居聖真、上田綺世 監督:アントニオ・カルロス・ザーゴ ◆ケガ人も復帰、開幕戦の再現なるか【サンフレッチェ広島】 前節はホームに神戸を迎えての一戦となったが、2-1で勝利。川崎フロンターレ戦からのバウンスバックを見せた。 川崎F戦も主導権を握る場面がありながら、フィニッシュの精度を欠いて敗戦となったが、神戸戦では2ゴールを奪って勝利を収めることに成功した。 城福浩監督が親族の不幸で急遽指揮を執れないという不測の事態でも、しっかりとチームが結果を残したことは大きい。チームの調子が上がってきていることからも、しっかりと連勝したいところだ。 ケガ人も戻り、アタッカー陣も駒が揃ってきた状況。誰が出場しても良い状況だが、鹿島戦ではフィニッシュの精度がより重要になる。開幕戦の再現となるのか、先手争いにも注目だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:林卓人 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔 MF:東俊希、川辺駿、青山敏弘、柏好文 MF:浅野雄也、森島司 FW:ドウグラス・ヴィエイラ 監督:城福浩 出場停止:レアンドロ・ペレイラ 2020.10.24 11:00 Sat
twitterfacebook
thumb

主将・佐々木翔の初ゴールにL・ペレイラの10点目…終盤の神戸の猛攻を凌いだ広島が逃げ切り白星《J1》

明治安田生命J1リーグ第23節、サンフレッチェ広島vsヴィッセル神戸が18日にエディオンスタジアム広島で行われ、2-1で広島が勝利した。 前節の川崎フロインターレ戦の敗戦で連勝が止まった広島(勝ち点31)。今節は城福監督が親族の不幸により不在となる中、スタメンには今季リーグ戦初先発の野津田、2度目のエゼキエウらが名を連ねた。 対する神戸(勝ち点33)は、現在2戦未勝利。前節は終盤のオウンゴールで大分トリニータと引き分けているが、主力を全員休ませる思い切ったターンオーバーを敢行していた。今節はその11人を再び入れ替え、イニエスタやフェルマーレン、サンペールらが先発に復帰した。 序盤戦から中盤での激しい攻防を見せる両チーム。互いにバイタルエリアまで運べない時間が続いていく。神戸はイニエスタが守備ラインの裏を狙ったパスを供給していくが、なかなか形にならない。 互いに守備意識を高く保つ中、広島はレアンドロ・ペレイラがイエローカードを受けて、次節の鹿島アントラーズ戦の欠場が決定。それでも34分に、そのレアンドロ・ペレイラがロングボールを前線で収め、時間を作ってボックス右からクロスを供給。これを茶島が頭で合わせるが、GK飯倉に止められた。 徐々に盛り返してきた広島。すると迎えた43分の右CKのシーン、森島のインスイングのクロスをドンピシャで合わせた佐々木が強烈なヘディングシュートを突き刺し、先制に成功する。 さらにアディショナルタイムには、右サイド中央でボールを奪ったエゼキエウからレアンドロ・ペレイラにボールが渡ると、左右の味方のランニングをおとりにして、ゴール正面から左足一閃。強烈なシュートがGK飯倉の手を弾いてネットを揺らし、これが今季10点目となった。 2点リードで後半を迎えた広島は攻撃の手を緩めることなく神戸ゴールに迫っていく。50分には、ボックス手前右でボールを持った野津田から針の穴を通すようなパスがレアンドロ・ペレイラに通るが、ダイレクトで狙ったシュートは枠を越えてしまった。 その後も相手に隙を与えることなく試合を進める広島。62分には自陣でのボール奪取から素早く攻撃に移行。持ち上がった川辺がボックス手前からシュートを放ったが、GK飯倉に弾かれる。さらにそのこぼれ球を茶島がつなぎ、レアンドロ・ペレイラがフィニッシュを迎えるが、当たり損なったシュートは飯倉に回収された。 劣勢の神戸は後半に入って田中と藤本を投入。広島も青山や浅野、柏を投入し、運動量の多かった選手を休ませる。 広島ペースで進んでいく中で、ダンクレーが不用意なファウルでイエローカードを提示され、次節は出場停止に。しかしそのダンクレー、84分に攻め上がり、ボックス手前でボールを受けると迷わず右足一閃。ブロックに入った佐々木の背中に当たりながらも、勢いそのままにゴールに吸い込まれた。 このゴールで相手に流れが傾きつつある広島は、直後のカウンターからビッグチャンスを迎えるも、浅野、川辺と立て続けに放っていったシュートはGK飯倉の好守もあり、ネットを揺らすことはできなかった。 5分のアディショナルタイムには神戸が猛攻を仕掛ける。95分の攻撃シーンでは、シュートが左ポストに直撃。その直後に右から仕掛けた古橋のクロスがボックス内で東の手に当たったが、主審はノーホイッスル。神戸陣は必死に抗議したが、試合はそのまま終了。2-1で逃げ切った広島が2試合ぶりの白星を得た。 サンフレッチェ広島 2-1 ヴィッセル神戸 【広島】 佐々木翔(前43) レアンドロ・ペレイラ(前48) 【神戸】 ダンクレー(後39) 2020.10.18 19:06 Sun
twitterfacebook
thumb

神戸戦控える広島、城福浩監督が親族の不幸で不在に…代行はヘッドコーチの沢田謙太郎氏

サンフレッチェ広島が、18日のヴィッセル神戸戦で城福浩監督が指揮しないことを報告した。 明治安田生命J1リーグ第23節で、暫定10位の神戸と対戦する11位の広島。だが、城福監督は親族の不幸のため不在となるようだ。 代行はヘッドコーチを務める沢田謙太郎氏。7月初旬に行われた第2節の対戦では、アウェイの広島が3-0で勝利している。 2020.10.18 13:34 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第23節:広島vs神戸】前節11名入れ替えの神戸は誰を起用する?広島は前節の悔しさを払拭できるか

【明治安田生命J1リーグ第23節】 2020年10月18日(日) 17:00キックオフ サンフレッチェ広島(11位/31pt) vs ヴィッセル神戸(10位/33pt) [エディオンスタジアム広島] ◆後は決めるだけ、内容改善を結果に【サンフレッチェ広島】 前節は首位の川崎フロンターレをホームに迎えたが、0-2で敗戦。立ち上がりから押しこむシーンもあったが、最後までゴールを奪えずに敗れた。 前半は川崎Fを上回るパフォーマンスを見せながらも、フィニッシュの精度を欠く場面も。先制を許してからも下を向くことなく、川崎Fのゴールに迫ったが、力及ばず敗れ去った。 試合内容は悪くなく、上昇してきたチームのパフォーマンスを悲観することはない。首位の力を知ったと捉え、しっかりと切り替え、メンタル面を整えることが重要だ。 今節の相手である神戸は再開初戦で対戦し0-3で快勝した相手。川崎F戦で決め切れなかったゴールを奪い、連敗を回避したい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:林卓人 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔 MF:茶島雄介、川辺駿、青山敏弘、東俊希 MF:浅野雄也、森島司 FW:ドウグラス・ヴィエイラ 監督:城福浩 ◆前節は11名入れ替え、今節は誰を起用する?【ヴィッセル神戸】 前節は大胆に11名全員を入れ替え大分トリニータと対戦したが、結果は1-1のドロー。大胆な采配を打ったことを考えれば、連敗を逃れたことは大きい。 11月に控えるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のことを考えれば、最悪2チームを編成しなくてはならないこともある。過密日程とともに、そこまで考慮した采配だったと考えれば、収穫は大きかっただろう。 今節はどの11人がピッチに立つのか全くわからない状況。システムも久々に3バックを採用したが、今節は3バックか4バックか読めないところも多い。 アウェイの広島戦ということで、簡単な試合にはならない。しっかりと勝ち点を積み上げていくためにも、前節の11人入れ替えをプラスにできる三浦淳寛采配にも注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:前川黛也 DF:西大伍、大﨑玲央、トーマス・フェルマーレン、酒井高徳 MF:山口蛍、セルジ・サンペール、アンドレス・イニエスタ FW:郷家友太、ドウグラス、古橋亨梧 監督:三浦淳寛 2020.10.18 12:00 Sun
twitterfacebook