栃木が矢野貴章の2戦連発で5連勝目指した大宮を下す! 徳島、東京Vはともに4発快勝《J2》

2020.07.15 21:22 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
15日、明治安田生命J2リーグ第5節の11試合が行われた。クラブ新記録となる開幕5連勝を目指す大宮アルディージャはアウェイで栃木SCと対戦し、1-0で栃木が勝利した。

前節のジェフユナイテッド千葉戦で今シーズン初勝利を挙げた栃木が3試合連続クリーンシートで開幕4連勝中の大宮を迎えた一戦。

11分、大宮は相手CKからカウンター。イッペイ・シノヅカがドリブルで運ぶと、最後は戸島へパス。シュートを放つも、GK塩田がセーブする。

互いに相手ゴールに迫るシーンが少ない中、大宮は37分にCKからチャンス。イッペイ・シノヅカのクロスを戸島がヘディングで合わせるが、枠を捉えられない。

ゴールレスで迎えた後半開始から、栃木は韓勇太に代えて矢野貴章を投入。すると、46分には矢野が競り勝ったボールを森がダイレクトボレー。しかし、枠の右に外れる。また、大宮は戸島が競り合いで頭を負傷。48分にアクシデントで大宮はネルミン・ハスキッチを投入することとなる。

栃木は59分、GKフィリップ・クリャイッチのパスをカットした明本がドリブルを仕掛けると、石川がボックス内でファウル。これで得たPKを矢野が豪快に決め、栃木が先制する。

先制を許した大宮は66分、翁長のクロスをGK塩田が弾き、こぼれ球をネルミン・ハスキッチがボレー。しかし、DFが2枚でブロックに入り得点とはならない。

攻め手がない大宮はヴィターリス・マクシメンコ、近藤を入れてシステムを[3-4-2-1]から[4-2-3-1]へ変更。システムを栃木に揃えて活路を見出す。

大宮は90分にビッグチャンス。左サイドに展開すると、ドリブルを仕掛けたマクシメンコがクロス。ボックス中央で奥抜がフリーで受けるが、シュートは枠を外してしまう。

アディショナルタイム3分には、渡部が競り合ったボールをハスキッチがボックス内でシュート。しかし、古巣対決となったGK塩田が足でセーブする。最後まで粘り強い守備を見せた栃木が1点を守り切り連勝。大宮は今季初黒星となった。

FC町田ゼルビアはアルビレックス新潟をホームに迎えた一戦。壮絶な打ち合いの末3-3のドローとなった。

開始2分にFKの流れからジョン・チュングンが押し込み早々に町田が先制。37分には吉尾が決めて町田が前半で2点をリードする。

しかし後半は新潟が反撃。53分にはFKを田上が直接沈めて1点差に迫ると、75分にはCKの流れから舞行龍ジェームズが頭で押し込み同点に追いつく。

このまま同点で終わるかと思われたがドラマは続く。84分、CKからのサインプレーで最後は高江が決めて町田が勝ち越しに成功。しかし89分に新潟は大本のクロスの流れから、最後は本間が決めて再び同点。打ち合いは3-3の引き分けに終わった。

3位の徳島ヴォルティスはレノファ山口FCを迎えた一戦で4-0と快勝。垣田が前後半に1ゴールずつを奪う活躍を見せた。

◆明治安田生命J2リーグ第5節
▽7/15(水)
モンテディオ山形 2-3 ザスパクサツ群馬
水戸ホーリーホック 2-2 松本山雅FC
栃木SC 1-0 大宮アルディージャ
東京ヴェルディ 4-2 ヴァンフォーレ甲府
FC町田ゼルビア 3-3 アルビレックス新潟
ツエーゲン金沢 0-2 ジェフユナイテッド千葉
徳島ヴォルティス 4-0 レノファ山口FC
愛媛FC 0-1 ファジアーノ岡山
アビスパ福岡 1-0 ジュビロ磐田
ギラヴァンツ北九州 0-0 京都サンガF.C.
FC琉球 1-1 V・ファーレン長崎
コメント
関連ニュース
thumb

元日本代表FW森本貴幸がアビスパ福岡と契約解除、再び海外移籍へ

アビスパ福岡は29日、元日本代表FW森本貴幸(32)と双方合意の下で契約を解除したことを発表した。なお、森本は国外クラブへの移籍を検討しており、現在準備を進めているとのことだ。 森本は、東京ヴェルディの下部組織出身で、15歳10カ月6日で公式戦出場。当時の最年少記録だった。15歳11カ月28日で当時のJ1最年少ゴールも記録するなどし、2006年までプレー。同年7月にカターニアへのレンタル移籍を果たし、2007年1月に日本人最年少でセリエAデビュー。その試合で初ゴールも記録した。 そのままカターニアへ完全移籍すると、2011年までプレー。その後はノヴァーラ、アル・ナスルへと移籍し、2013年8月にジェフユナイテッド市原・千葉へと完全移籍で加入。川崎フロンターレを経て、2018年に福岡へ完全移籍していた。 福岡では明治安田生命J2リーグで53試合に出場し7得点を記録。J1通算では62試合で10得点、J2通算では132試合で24得点を記録していた。 森本はクラブを通じて今回の契約解除についてコメント。挨拶ができなかったことを謝罪した。 「急な決定となり、ファン・サポーターの皆さんへご挨拶も出来ずに申し訳ございません」 「アビスパには2年半お世話になりました。皆さんには本当にたくさんのパワーをもらい熱い応援でいつも支えてもらいました。本当にありがとうございました」 「今回の決断については、僕自身あとどれくらい現役でいられるかを意識する年齢に差し掛かり、ここでもう一度、これまでとは違う環境での挑戦をしてみたいという思いで、クラブに相談しました」 「僕の挑戦に背中を押してくれたアビスパにはとても感謝しています。在籍中に目標のJ1昇格は達成できませんでしたが、今年はレベルの高い選手たちが揃っているので、必ず目標を達成してくれると思います。応援しています」 「そして僕自身も皆さんに、活躍のニュースを届けられるよう新しい環境の中、全力で頑張っていきたいと思います。 2年半本当にありがとうございました」 2020.09.29 13:15 Tue
twitterfacebook
thumb

山形のGK2名が負傷、正守護神の櫛引政敏は全治6カ月、ミン・ソンジュンは全治3カ月

モンテディオ山形は28日、GK櫛引政敏、GKミン・ソンジュンの負傷を発表した。 クラブの発表によると、櫛引は23日(水)の明治安田生命J2リーグ第21節ファジアーノ岡山戦で負傷。左ヒザ前十字じん帯断裂と診断され、手術を受けるとのこと。全治は手術後、約6カ月とのことだ。 また、ミン・ソンジュンはトレーニング中に負傷。右第五中足骨骨折と診断され全治は約3カ月とのことだ。 正守護神の櫛引はJ2リーグで19試合に出場。ミン・ソンジュンはここまで出場機会がなかった。 2020.09.28 18:20 Mon
twitterfacebook
thumb

新潟が昌平高校U-18日本代表FW小見洋太の来季入内定を発表「『結果』という形で恩返しできるように」

アルビレックス新潟は28日、昌平高校に在学するU-18日本代表FW小見洋太(18)の来季加入内定を発表した。 埼玉県出身の小見は、169cm、64kgのFW。今年行われた第98回全国高校サッカー選手権大会では、2年生ながら攻撃の起点となり、昌平をベスト4へ導いた。 新潟は小見の特徴を「常にゴールを狙い、攻守に貢献できる万能型ストライカー」と伝えている。 来季から新潟でプレーする小見はクラブ公式サイトを通じて以下のように意気込みを語っている。 「このたび、アルビレックス新潟に加入することになりました昌平高校の小見洋太です。小さい頃からの夢であったプロサッカー選手としての生活を新潟という地でスタートできることを大変嬉しく思います」 「家族をはじめ、これまでサポートしてくださった方々への感謝の気持ちを常に持ち、『結果』という形で恩返しできるように、より一層頑張っていきたいと思います」 「また、子どもたちの憧れの職業であるプロサッカー選手であるいう自覚を持ち、多くの方々に応援される選手になれるよう、ピッチ内外で責任を持った行動を心がけていきたいと思います。今後とも応援よろしくお願いします」 2020.09.28 17:40 Mon
twitterfacebook
thumb

今季と同じ「44」クラブにJ1ライセンス、岩手、相模原、藤枝、今治がJ2ライセンスを新たに取得

Jリーグは28日、2021シーズンのJリーグクラブライセンス判定を発表した。 新シーズンに向けてJ1ライセンスを新たに取得したクラブはなく、今シーズンと同じ「44」クラブ。一方、施設基準の例外適用を申請した、いわてグルージャ盛岡、SC相模原、藤枝MYFC、FC今治が新たにJ2クラブライセンスを取得した。 なお、今治は、今シーズンの最終節後、J2昇格のための順位要件を充足できなかった場合は、スタジアムの短期改修工事を行わないことが確定するため、J2クラブライセンスの効力が失われる。 ◆J1ライセンス 北海道コンサドーレ札幌 ベガルタ仙台 モンテディオ山形 鹿島アントラーズ 水戸ホーリーホック※条件付き 栃木SC ザスパクサツ群馬 浦和レッズ 大宮アルディージャ ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル FC東京 東京ヴェルディ FC町田ゼルビア 川崎フロンターレ 横浜F・マリノス 横浜FC 湘南ベルマーレ ヴァンフォーレ甲府 松本山雅FC アルビレックス新潟 カターレ富山 ツエーゲン金沢 清水エスパルス ジュビロ磐田 名古屋グランパス FC岐阜 京都サンガF.C. ガンバ大阪 セレッソ大阪 ヴィッセル神戸 ファジアーノ岡山 サンフレッチェ広島 レノファ山口FC 徳島ヴォルティス 愛媛FC アビスパ福岡 ギラヴァンツ北九州 サガン鳥栖 V・ファーレン長崎 ロアッソ熊本 大分トリニータ 鹿児島ユナイテッドFC FC琉球 ◆J2ライセンス いわてグルージャ盛岡※ ブラウブリッツ秋田 SC相模原※ AC長野パルセイロ 藤枝MYFC※ ガイナーレ鳥取 カマタマーレ讃岐 FC今治※ ※新たにJ2ライセンスを取得 2020.09.28 15:50 Mon
twitterfacebook
thumb

新潟ピンチ、チーム内得点王のFW渡邉新太が右足第五中足骨骨折で今季絶望の3カ月離脱

アルビレックス新潟は28日、FW渡邉新太の手術を発表した。 クラブの発表によると、渡邉は19日に行われた明治安田生命J2リーグ第20節の徳島ヴォルティス戦で負傷。右足第五中足骨骨折と診断され、25日に手術を受けたとのことだ。なお、約3カ月の見込みとのことだ。 渡邉は、徳島戦に先発出場。しかし、77分ごろに突如足を引きずるような動きを見せると、自ら交代を要求。自力でピッチを後にしていたが、その際にすでに骨折していたと見られる。 渡邉は、今シーズンのJ2リーグで20試合に出場しチーム最多の7得点を記録していた。 2020.09.28 12:25 Mon
twitterfacebook