【J1注目プレビュー|第4節:C大阪vs名古屋】セレッソ開幕4連勝なるか ヤンマーにグランパスを迎え撃つ

2020.07.11 19:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第4節】
2020年7月12日(日)
19:00キックオフ
セレッソ大阪 vs 名古屋グランパス
[ヤンマースタジアム長居]


◆堅守健在で状態良好! 4連勝なるか 【セレッソ大阪】
C大阪はリーグ再開初戦だったJ1第2節のガンバ大阪とのダービーを制して、前節の清水エスパルス戦も2-0で勝利。J1唯一となる7年ぶりの開幕3連勝を飾り、首位に立つ好スタートを切った。昨季J1最少失点の堅守も健在であり、開幕3試合でPKからのわずか1失点。前節得点の片山瑛一ら途中交代の選手もしっかりと役割を果たす好循環もあり、ほぼ隙なしのチーム状況だ。

今節に勢いを持って挑めそうだが、気になるのはそれぞれ2試合連続でほぼフル稼働の藤田直之とレアンドロ・デサバトのコンディション面。2選手ともに攻守のバランスを司る中盤の軸として欠かせない存在だけに、連戦での出ずっぱりが気になるところだ。しかし、今節から有観客試合となり、ホームの後押しを受けての戦いに。ホームの声援を力にして、4連勝なるか。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:キム・ジンヒョン
DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、木本恭生、丸橋祐介
MF:レアンドロ・デサバト、藤田直之
MF:坂元達裕、清武弘嗣
FW:都倉賢、奥埜博亮
監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ

◆狙うは首位叩き! 序盤の失点癖を正せるか【名古屋グランパス】
名古屋は再開後初戦の清水戦を2-1の逆転勝利で飾ると、続く前節のG大阪戦を2-2のドロー。前節のG大阪戦は早々の失点から前半のうちに逆転まで持っていき、相手の攻勢が強まった後半も凌ぎ続けたが、後半アディショナルタイムに追いつかれてしまい、引き分けた。勝ち点2を落とした感が強く、開幕3連勝を逃した格好だが、出場停止の相馬勇紀の代わりに先発した金崎夢生が新型コロナウイルス感染による出遅れもあり、本調子とは言い難いものの、機能的なプレーを披露するなど、今後に向けた好材料もあった。

開幕から無敗を続けるなかで迎える今節は首位C大阪との一戦。再開後2試合連続で序盤に先制点を許す展開は堅守を誇るC大阪相手だと致命的なものになりかねないだけに、課題として浮き彫りの入り方を中3日でどこまで修正できたか問われそうだ。次節まで中5日空く状況を鑑みれば、同じ先発陣をチョイスしてくる可能性もあるが、前節欠場の相馬やベンチスタートだった前田直輝、山﨑凌吾といったフレッシュな面々をスタートから起用しても面白いかもしれない。C大阪を下して、一気に上位陣に食い込んでいけるか。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:ランゲラック
DF:成瀬竣平、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊
MF:稲垣祥、米本拓司
MF:前田直輝、ガブリエル・シャビエル、阿部浩之
FW:金崎夢生
監督:マッシモ・フィッカデンティ
コメント
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第8節:大分vs鹿島】元チームメイトの指揮官対決、上昇のキッカケを掴むのは?

【明治安田生命J1リーグ第8節】 2020年8月1日(土) 19:00キックオフ 大分トリニータ vs 鹿島アントラーズ [昭和電工ドーム大分] ◆連敗ストップへ、仕切り直しの1週間【大分トリニータ】 前節、清水エスパルスを相手にセットプレー4発で敗れた大分。流れの中ではやらせなかったものの、同じパターンで4失点を喫したことは大きな課題となった。 再開後の3試合を2勝1分けで終えた大分だったが、直近3試合ではガンバ大阪(2-1●)、名古屋グランパス(0-3●)、清水(4-2●)と3連敗を喫した。 特に3連戦では選手層の薄さも目立つ格好に。選手を入れ替えると結果が出にくい状況は、チームとして同じベクトルで戦うことを信条としている大分にとっては、致し方ない部分でもある。 成熟度を増せない過密日程だが、やることは変わらない。チームとして改めて方向性を確認し、ピッチで体現することが、勝利への道となるだろう。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:高木駿 DF:岩田智輝、鈴木義宜、三竿雄斗 MF:松本怜、島川俊郎、長谷川雄志、香川勇気 FW:田中達也、渡大生 FW:知念慶 監督:片野坂知宏 ◆どうしても波に乗れない常勝軍団【鹿島アントラーズ】 前節はFC東京を相手に2-2のドロー。またしても勝利することはできなかったが、逆転された展開で追いつけたことはプラスに捉えて良いだろう。 今シーズンはわずか1勝、再び最下位に転落した鹿島だが、徐々にザーゴ監督のサッカーは浸透してきている。 主導権を握れる時間帯を作れているだけに、あとはいかにして効果的にゴールを奪えるか。ポゼッションはできつつあるが、大分の術中にハマる可能性もあり、より精度を上げていく必要がある。 ザーゴ監督と片野坂知宏監督は柏レイソル時代のチームメイト。監督としては初の顔合わせとなるが、浮上のキッカケを掴めるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:クォン・スンテ DF:広瀬陸斗、犬飼智也、町田浩樹、永戸勝也 MF:土居聖真、三竿健斗、レオ・シルバ、和泉竜司 FW:遠藤康、エヴェラウド 監督:アントニオ・カルロス・ザーゴ 2020.08.01 14:40 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第8節:浦和vs清水】連勝へのカギは先制点、主導権を握るのは

【明治安田生命J1リーグ第8節】 2020年8月1日(土) 19:00キックオフ 浦和レッズ vs 清水エスパルス [埼玉スタジアム2002] ◆カギを握るのは先制点【浦和レッズ】 良いサッカーを見せながらもゴールが奪えずに連敗していた浦和だったが、前節は横浜FCを相手に0-2で勝利を収めた。 無敗からの連敗、そして連敗脱出となったキッカケは、やはり先制点と言えるだろう。 これまでの試合、入りが悪かったことはほとんどなかったが、最終的な結果を分けたのはゴールを先に奪えるかどうか。顕著だったのは前々節の柏レイソル戦。立ち上がりに得たチャンスを決めきれないと、そのままズルズル行き、最終的には4失点で敗れた。 先制されるまでと、先制されてからの戦い方はやはり変わり、ピッチ内でも焦りが見えるプレーからミスも増える。いかに先手を奪って主導権を握るか。連勝に必要なものは、先制点だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:西川周作 DF:橋岡大樹、トーマス・デン、槙野智章、山中亮輔 MF:柏木陽介、エヴェルトン、柴戸海、関根貴大 FW:杉本健勇、レオナルド 監督:大槻毅 ◆活路を見出したセットプレーは今節も火を噴く?【清水エスパルス】 開幕から5連敗。良いところなく負け続けたが、前節は大分トリニータを相手に4-2で勝利。今シーズンの初勝利を挙げた。 その4ゴール全てがセットプレーから生まれたものであり、新たな活路を見出したと言っても良いだろう。少なからず、大きな警戒心を他クラブに植え付けることはできた。 もともと高い技術を持つ選手が多い清水だが、チームとして生かしきれていない場面が多く、ちぐはぐさも見えた中で1つの答えを見つけた。流れを無視できるセットプレーは、今節も注目だ。 気になるのは、終盤に連続失点したこと。今シーズンは試合終盤での失点が多く、4点のリードがあったとは言え、終盤での連続失点は問題だ。浦和もミスは見逃さないため、集中し切って90分間を乗り切れるかが課題だろう。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:梅田透吾 DF:エウシーニョ、ヴァウド、立田悠悟、ファン・ソッコ MF:ヘナト・アウグスト、中村慶太、竹内涼 FW:金子翔太、カルリーニョス・ジュニオ、西澤健太 監督:ピーター・クラモフスキー 2020.08.01 13:20 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第8節:仙台vs横浜FM】王者に訪れた試練、攻略上手な木山・仙台にどう応じる!?

【明治安田生命J1リーグ第8節】 2020年8月1日(土) 18:00キックオフ ベガルタ仙台 vs 横浜F・マリノス [ユアテックスタジアム仙台] ◆攻略上手な指揮官が選ぶ道は【ベガルタ仙台】 今シーズンはここまでわずか1勝と結果の出ていない仙台。5戦未勝利、2連敗中と良いところがないのが現状だ。 前節の柏レイソル戦は押し切られる形で5-1で大敗を喫したが、前後半とも良い攻撃の形を見せていた。第6節の川崎フロンターレ戦(2-3●)、第5節の北海道コンサドーレ札幌戦(2-2△)と勝てていないものの、どちらも2点を先行する試合運びを見せていた。 相手を攻略してこその2点リード、得点や攻撃の形も作れていた中で、相手を押し込む時間帯もある。ただ、それを90分間やりきれないところが課題だ。 今節の相手である王者・横浜FM対策も当然準備しているはず。両サイドバックの裏を仙台のWBが突く形が想像できるが、木山隆之監督が用意しいた策は? ★予想スタメン[4-3-3] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:蜂須賀孝治、吉野恭平、平岡康裕、柳貴博 MF:道渕諒平、椎橋慧也、関口訓充 FW:ジャーメイン良、長沢駿、西村拓真 監督:木山隆之 ◆ミスを減らして自信を取り戻せるか【横浜F・マリノス】 前節は北海道コンサドーレ札幌相手に3-1で完敗。守備陣のミスから失点を繰り返し、不安定な戦いを続けている。 中断明けは、主力の離脱も相次ぎ、万全の戦力で戦っているとは言えないが、過密日程となる今シーズンを考えれば、同じメンバーで戦うことは不可能。さらに10月からはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)も入ってくるため、チーム全体で安定したパフォーマンスを出すことが重要だ。 課題となるのは、相手が完全に攻略法を準備してきていることにある。FC東京(1-3●)、鹿島アントラーズ(4-3●)、札幌(3-1●)と敗れた試合はいずれも失点が多い。特にハイラインを敷き、後方からのビルドアップを行う部分を狙われている格好。個々のミスを誘発させられる場面もある。 中盤でのミスが出ることで強度を失い、最終ラインが準備できない状況でカウンターを受ければ崩壊する。昨シーズンはDFチアゴ・マルチンスに助けられていた部分がかなり大きいが、それがなければ脆いことも証明されつつある。果たして相手の攻略をどう乗り切るのか、それとも自分たちのスタイルを貫き打ち勝つのか。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:梶川裕嗣 DF:松原健、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、高野遼 MF:喜田拓也、天野純、扇原貴宏 FW:水沼宏太、エジガル・ジュニオ、大津祐樹 監督:アンジェ・ポステコグルー 2020.08.01 12:15 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第8節:名古屋vs柏】堅守の名古屋か、破壊力抜群の柏か

【明治安田生命J1リーグ第8節】 2020年8月1日(土) 18:00キックオフ 名古屋グランパス vs 柏レイソル [豊田スタジアム] ◆イレギュラーな日々を過ごし、無敗継続なるか【名古屋グランパス】 首位・川崎フロンターレとともにシーズン無敗で3位につける名古屋。今節はその川崎Fと2位のガンバ大阪が直接対決となるだけに、この一戦での勝利は大きな価値をもたらすことになる。 前節はサンフレッチェ広島とのアウェイゲームだったが、選手に新型コロナウイルスの感染者が出たこと、そして濃厚接触者の特定が間に合わなかったことで当日の中止という異例の事態となった。 試合は前々節の大分トリニータ戦以来10日ぶりとなるが、この間トレーニングが制限されるなど、難しい時間を過ごした。準備が万全とは言えないだろう。 それでも、攻守にわたって安定感を見せるチーム、特に古巣対決となるDF中谷進之介を中心となる守備面がこの試合のカギだ。破壊力抜群の相手攻撃陣を封じることができれば、4連勝も現実味を帯びてくる。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司 MF:前田直輝、阿部浩之、マテウス FW:金崎夢生 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆3連敗後の3連勝、重要な一戦に【柏レイソル】 リーグ再開後3連敗を喫し、一気に先行きが不安になった柏だが、その後は3連勝と調子を上げてきた。 中断期間中は新型コロナウイルスの感染防止のために対外試合を行わず、試合勘、試合体力が削がれていたことが、中断明けの3連敗に影響したとも言える。 また、仲間隼斗、神谷優太と新戦力の2人を先発させてから攻撃陣が活性化。エースであるFWオルンガも得点感覚を取り戻し、3連勝中で6ゴールと爆発。簡単には止められなさそうだ。 前節から1週間空いたことで、選手の回復も測れたはず。前節負傷交代した神谷の状態は気になるが、勢いそのままに、堅守の名古屋をどう攻略するか。自慢の攻撃陣の力を見せて欲しいところだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:中村航輔 DF:古賀太陽、高橋祐治、大南拓磨、三丸拡 MF:三原雅俊、大谷秀和 MF:神谷優太、江坂任、仲間隼斗 FW:オルンガ 監督:ネルシーニョ 2020.08.01 11:20 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第8節:G大阪vs川崎F】2位の追い上げか、首位の振り切りか

【明治安田生命J1リーグ第8節】 2020年8月1日(土) 19:00キックオフ ガンバ大阪 vs 川崎フロンターレ [パナソニック スタジアム 吹田] ◆優勝争いに本格参戦なるか【ガンバ大阪】 2位のガンバ大阪は例年のスロースターターぶりから一転して、好スタートを切った。新型コロナウイルス感染拡大に伴う中断明け後は初戦で実現したセレッソ大阪とのダービーを落とすなど2戦未勝利の立ち上がりだったが、第4節の清水エスパルス戦から4戦全勝。ヴィッセル神戸との前節は守勢に回る時間の多い展開だったが、我慢するところでしっかりと凌いで、決めるところでしっかりと仕留めてみせ、関西勢対決を2試合連続の完封勝ちで飾った。 派手さこそないが、攻守の歯車が噛み合った戦いで勝ち切り、2位に浮上しての今節は再開後6連勝で首位をひた走る川崎フロンターレ戦。宮本恒靖監督が就任してから2勝1分け無敗の川崎F戦だが、どの試合も守りの時間が長く、向かうところ敵なし状態である相手の現況もあり、今回も一層タフな戦いが予想される。勝てば勝ち点で並べる大一番。6年ぶりの奪還に向け、負傷欠場が続く小野瀬康介とアデミウソンを含め、万全を期して挑みたい一戦だ。 ★予想スタメン[3-1-4-2] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、三浦弦太、キム・ヨングォン MF:矢島慎也 MF:福田湧矢、井手口陽介、小野裕二、藤春廣輝 FW:渡邉千真、宇佐美貴史 監督:宮本恒靖 ◆力強い歩みを続けられるか【川崎フロンターレ】 川崎Fは今、J1で最も乗っているチームといっても過言ではない。ここにきて、再開後の攻撃陣を牽引する1人だった長谷川竜也の負傷離脱という嫌な知らせもあるが、クラブタイ記録の6連勝と絶好調。前節の湘南ベルマーレ戦を含めて、ここ2試合は先制を許したが、J1最多20得点を誇る攻撃力で相手をねじ伏せ、いずれも逆転勝ちを収めた。しかも、ただ選手層の厚いだけでなく、出た選手が独自色を出すなど、チーム全体の高い成熟度もうかがわせる。 ほぼ死角なしの状態で迎える今節はG大阪とのアウェイ戦。昨季1分け1敗と勝てずに終わり、しかも目下4連勝で5戦負けなしと好調の相手だが、2季ぶりの王座奪還を狙うにあたって、勝ちたい一戦となる。また、ここからルヴァンカップを含めて9連戦。その初戦の相手が好調なG大阪であり、今後の連戦に勢いをもって挑む上でも白星を掴み取りたいところだ。ここ2試合で先手を許している点は修正すべきだが、良いムードで敵地での大一番に挑めそうだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平 MF:脇坂泰斗、田中碧、大島僚太 FW:家長昭博、小林悠、旗手怜央 監督:鬼木達 2020.08.01 10:00 Sat
twitterfacebook