【2019-20ブンデスリーガベストイレブン】8連覇のバイエルンから5選手を選出!

2020.07.14 22:31 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
新型コロナウイルスによる影響で約2カ月半の中断があった中、2019-20シーズンのブンデスリーガが6月27日に無事全日程を終了しました。そこで本稿では今季のブンデスリーガのベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。

◆ベストイレブン
GK:グラーチ
DF:ハキミ、クロステルマン、アラバ、アルフォンソ・デイビス
MF:ミュラー、キミッヒ、サンチョ
FW:テュラム、レヴァンドフスキ、ヴェルナー

GKペーテル・グラーチ(30歳/ライプツィヒ)
出場試合数:32(先発回数:32)/失点数:34/出場時間:2880分
Getty Images

復活してきた感のあるノイアーと迷ったが、バイエルンに次ぐ失点の少なさだったライプツィヒからグラーチを選出。派手さこそないものの、抜群の安定感とセービング能力の高さで幾度もゴールを死守した。また、主力センターバックがこぞって離脱した中、急造ディフェンスをうまくまとめた点も高く評価。

DFアクラフ・ハキミ(21歳/ドルトムント)
出場試合数:33(先発回数:29)/ 得点数:5/出場時間:2719分
Getty Images

今季も持ち前の攻撃性能を遺憾なく発揮した。とりわけ3バックへ移行して以降は攻撃力が爆発し、5ゴール10アシストを記録。右ウイングバックとしてより攻撃に比重を置けるようになり、パフォーマンスがさらに向上した。新シーズンはドルトムントでの活躍を受けて、インテルへの完全移籍が決まった。

DFルーカス・クロステルマン(24歳/ライプツィヒ)
出場試合数:31(先発回数:31)/ 得点数:3/出場時間: 2645分
Getty Images

本職は右サイドバックだったが、ケガ人が続出したことでセンターバックに回り、そつなくこなして見せた。右サイドバック時には大胆なオーバーラップが魅力のクロステルマンだが、堅実な守備を武器にセンターバックに順応。キャプテンのDFオルバンと主力DFウパメカノらを長期離脱で欠いた中、同じくサイドバックが本職のDFハルステンベルクと共にセンターバックで堅実な守備を築いた。

DFダビド・アラバ(28歳/バイエルン)
出場試合数: 28(先発回数:27)/ 得点数:1/出場時間: 2498分
Getty Images

DFジューレ、DFリュカらセンターバック陣が長期離脱した中、新境地のセンターバックでのプレーが増えた。持ち前のセンスで難なくこなし、ハイラインを敷く中でアラバのスピードが生きていた。また、ビルドアップ時にもアラバの配球能力が生かされ、急なコンバートに対応して見せた。

DFアルフォンソ・デイビス(19歳/バイエルン)
出場試合数: 29(先発回数:24)/ 得点数:3/出場時間: 2233分
Getty Images

本来はウイングが本職のA・デイビスだが、新境地のサイドバックで才能が開花。類稀なる身体能力を生かし、守備で穴になることはなかった。むしろ、帰陣の早さで相手を上回ることが多く、未然にピンチを防ぐシーンも少なくなかった。彼の台頭でアラバをセンターバックに回すことができたのも大きかった。

MFトーマス・ミュラー(30歳/バイエルン)
出場試合数:33(先発回数:26)/ 得点数:8/出場時間:2261分
Getty Images

ブンデス記録の20アシストをマーク。コバチ前監督体制下ではストレスを抱えながらのプレーになっていたが、フリック監督就任後は別人のようにハイパフォーマンスを連発した。トップ下のポジションを与えられ、持ち前の抜け目ない動きを駆使し、フリック監督就任後は8ゴール16アシストと圧巻のスタッツを残した。

MFヨシュア・キミッヒ(25歳/バイエルン)
出場試合数:33(先発回数:32)/ 得点数:4/出場時間: 2821分
Getty Images

今季もケガなくコンスタントにハイパフォーマンスを続けた。フリック監督就任後は本職のボランチで固定され、チームを支えた。負傷がちな選手が多い中、健康体を保ち続けるキミッヒは、王者に欠かせない存在となっている。

MFジェイドン・サンチョ (20歳/ドルトムント)
出場試合数:32(先発回数:25)/ 得点数:17/出場時間:2290分
Getty Images

昨季ブレイクしたイングランドの至宝が2年目のジンクスをものともせず今季もドルトムントを牽引した。17ゴール17アシストと圧巻のスタッツを記録。母国プレミア方面から引き抜きの噂が絶えないが、ドルトムントとしては絶対に手放せないタレントだ。

FWマルクス・テュラム(22歳/ボルシアMG)
出場試合数:31(先発回数:28)/ 得点数:10/出場時間: 2228分
Getty Images

縦に早いサッカーをする上でテュラムの存在は欠かせなかった。今季、ギャンガンから加入したブンデス初挑戦の22歳は、10ゴール8アシストと多くのゴールに関与。名DFだった父親のリリアン氏とは真逆のアタッカーとして、まずはブンデス1年目でしっかりと結果を残した。

FWロベルト・レヴァンドフスキ(31歳/バイエルン) 出場試合数:31(先発回数:31)/ 得点数:34/出場時間:2761分
Getty Images

3季連続得点王。開幕から11試合連続ゴールのブンデス新記録を打ち立てたレヴァンドフスキは守備が不安定なチーム状態の中、自身はコンスタントにゴールを挙げ続けた。スランプとは無縁な安定感抜群のストライカーが王者を牽引した。

FWティモ・ヴェルナー(24歳/ライプツィヒ)
出場試合数:34(先発回数:33)/得点数: 28/出場時間: 2808分
Getty Images

得点王のレヴァンドフスキには及ばなかったものの、キャリアハイの28ゴールを記録。ライプツィヒの鋭い攻撃を完結するゴールゲッターとして十分な働きを示した。ライプツィヒで一流ストライカーに成長したヴェルナーは新シーズン、チェルシーに新天地を求めている。
コメント
関連ニュース
thumb

レヴァンドフスキがUEFA男子年間最優秀選手賞を受賞! 昨季47戦55ゴール!

欧州サッカー連盟(UEFA)は1日、2019-20シーズンのUEFA男子年間最優秀選手賞にバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキを選出した。 同賞は国籍を問わず、ヨーロッパでプレーする選手を対象に、クラブチーム、代表チームのいずれかの舞台の、国内外のすべての大会でのシーズンを通してのパフォーマンスを評価するものだ。 最終候補3名にはレヴァンドフスキと共にCL制覇を含む、シーズントレブルに貢献したドイツ代表GKマヌエル・ノイアー。そして、マンチェスター・シティの絶対的な司令塔であるベルギー代表MFケビン・デ・ブライネがノミネートされていた。 だが、CL得点王の15ゴールを含め、昨季の公式戦47試合55ゴールという驚異的なゴール数、バイエルンのタイトル獲得をけん引したレヴァンドフスキは、2位のデ・ブライネ(90ポイント)、3位のノイアー(66ポイント)を400ポイント近く突き放す477ポイントを獲得し、初受賞となった。 また、UEFA女子年間最優秀選手賞にはヴォルフスブルクのデンマーク女子代表FWペルニレ・ハルダー(現チェルシー)、男女の年間最優秀監督賞には、バイエルンのハンジ・フリック監督、リヨンのジャン=リュック・ヴァスール監督がそれぞれ選出された。さらに、各ポジションにおける最優秀選手賞は以下の通り。 ◆GK マヌエル・ノイアー(バイエルン/ドイツ) ◆DF ヨシュア・キミッヒ(バイエルン/ドイツ) ◆MF ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/ベルギー) ◆FW ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン/ポーランド) 2020.10.02 02:00 Fri
twitterfacebook
thumb

女性審判員の先駆け、シュタインハウスさんがDFLスーパーカップを最後に12年の審判生活に幕

女性審判員として第一線で活躍を続けてきたビビアナ・シュタインハウスさん(41)が、そのキャリアに終止符を打った。ドイツサッカー連盟(DFB)が発表した。 シュタインハウスさんは、9月30日に行われたDFLスーパーカップで主審を担当。女性として、初めてドイツでタイトルが懸かった試合で主審を務め、バイエルンvsドルトムントというドイツ国内で最高のカードでは、毅然とした態度で正確なジャッジを続け、試合をコントロールしていた。 シュタインハウスさんは、12年間にわたる審判員人生で数々の偉業を成し遂げている。 2005年に国際サッカー連盟(FIFA)の審判員となったシュタインハウスさんは、2011年の女子ワールドカップ決勝や、2012年のロンドン・オリンピック決勝などで主審を務めた経験があり、2017年9月には女性として初めてブンデスリーガで主審を務めた。 今回引退を決めた理由は新型コロナウイルス(COVID-19)が大きく影響していると語っている。 「コロナの状況で、他の人と同様に私はいくつかのことを振り返り、改めて考えてみました。DFBエリートレフェリーのスポーツ・ディレクターであるルッツ・ミヒャエル・フレーリヒ氏とのとても信頼できる建設的な会話の後、レフェリーとしての国内キャリア、国際的なキャリアを終えることにしました」 なお、本職は警察官であるシュタインハウスさんだが、主審業は終えても審判員は続けるとのこと。ピッチに立つことはないが、今後はビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の担当審判員になるようだ。 2020.10.01 22:47 Thu
twitterfacebook
thumb

絶対王者バイエルンの強さを見せつけたアラバのパーフェクトショット【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、バイエルンのオーストリア代表DFダビド・アラバが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆アラバのパーフェクトショット<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI3Z2NscGVxQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アラバは2011年にバイエルンでトップチームデビュー後、すぐさま主力に定着してみせ、チームを代表する選手の1人として知れ渡る存在に。昨シーズンからセンターバックとしての役割を高いレベルでこなすなど、マルチロールぶりも遺憾なく発揮し、チームのブンデスリーガ8連覇に大きく貢献。セットプレーでもチームの武器になっている。 2017年5月13日に行われたブンデスリーガ第33節のRBライプツィヒ戦では、1点ビハインドで迎えた後半アディショナルタイムに劇的な直接FKを決めている。 すでにバイエルンの優勝は決まっていたものの、上位2チームの戦いとなったこの試合前半から打ち合いとなると、4-3とライプツィヒ1点リードで試合終盤を迎える。 瀬戸際の90分、バイエルンはゴールほぼ正面の位置でFKを獲得すると、アラバが左足を一閃。美しい弧を描いたシュートがゴール右隅へと突き刺さった。完璧な軌道に相手GKペーテル・グラーチも成す術なしだった。 このゴールで同点に追いついたバイエルンはアディショナルタイム5分にFWアリエン・ロッベンが値千金の勝ち越しゴールを奪い、大逆転でタイムアップ。王者の貫禄を見せつけた。 2020.10.01 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

「勝利が何よりも重要だった」DFLスーパーカップ制覇のフリック監督が歓喜!

バイエルンのハンジ・フリック監督がDFLスーパーカップ制覇を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 9月30日に行われたDFLスーパーカップでドルトムントと対戦したバイエルンはMFコランタン・トリソとMFトーマス・ミュラーのゴールで2点リード。MFユリアン・ブラント、FWアーリング・ハーランドのゴールで同点に追いつかれたが、82分にDFヨシュア・キミッヒが勝ち越しゴールを決めて、3-2の勝利を収めた。 2年ぶり8度目の優勝を果たしたフリック監督は、勝利が何よりも重要だったとタイトル獲得を喜んだ。 「今日は勝利だけが重要だった。それが我々の目標だった。それを達成できた。だから、チームを褒め称えたい。彼らがプレーしなければいけない試合はたくさんある。だから、自分たちで勝ちを決めることも重要だ」 「その一方でチームはメンタリティや、特定のレベルを示せた。特に後半は簡単ではなかった。2-0でリードしていたし、それに値していたと思う。それから我々は何個かのミッションや役割で困難になった。もっと上手くやらなければいけなかった」 「キミッヒは非常に特別なメンタリティ、とても優れたクオリティを持っている。だからこそ、彼はこのクラブの象徴の1人なるために本当に良い道を進んでいる。賛辞を送りたい」 2020.10.01 15:35 Thu
twitterfacebook
thumb

DFLスーパーカップ優勝のキミッヒが自身の決勝ゴールに「完璧ではなかった」

バイエルンのドイツ代表MFヨシュア・キミッヒが、ドルトムントとのDFLスーパーカップを振り返った。 前年のブンデスリーガ王者とDFBポカール王者が激突するDFLスーパーカップ。昨季は両大会ともにバイエルンが制覇したため、リーグ2位のドルトムントが挑戦権を得ることになった。 試合はバイエルンが立ち上がりからボールを握り、シュートを重ねる中、18分にMFコランタン・トリソのゴールで先制すると、32分にFWトーマス・ミュラーのゴールで加点。余裕の展開に持ち込んだかに思われたが、そこからドルトムントの反撃が始り、39分のMFユリアン・ブラント、55分のFWアーリング・ハーランドのゴールで同点に追いつく。 そんな白熱の試合に終止符を打ったのがキミッヒだった。2-2で迎えた82分、ボールを奪ったキミッヒがショートカウンターに転じ、FWロベルト・レヴァンドフスキとのパス交換からシュートに。一度はGKにセーブされるも、ルーズボールを倒れ込みながら押し込み、これが決勝点となった。 昨年11月のハンジ・フリック監督の就任以降、5つ目のタイトル獲得に貢献したキミッヒだが、試合後のインタビューで完璧なゴールではなかったと振り返った。ドイツ『キッカー』が伝えた。 「実際はボールを出すのが早過ぎた。でもレヴィが上手く戻してくれて、2度目のシュートで決めることができたんだ」 また、倒れ込みながらも泥臭く左足で押し込んだシーンについて笑みを浮かべながら「逃したくなかった」と話したキミッヒに対し、フリック監督は特別なメンタリティを持つ選手と賞賛。一方でプレーに対する溢れる過ぎる意欲に、扱い方に困っている様子だ。 「彼のことを知る限り、メンタリティは特別なものを持っている。彼はこのクラブの名に刻まれる選手の一人になるための正しい軌道に乗っているよ」 「私は彼にどのように休養を与えようか考えているのだが、彼は常にプレーしたいみたいで、なだめなければいけないんだ」 2020.10.01 15:20 Thu
twitterfacebook