【2019-20ブンデスリーガベストイレブン】8連覇のバイエルンから5選手を選出!

2020.07.14 22:31 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
新型コロナウイルスによる影響で約2カ月半の中断があった中、2019-20シーズンのブンデスリーガが6月27日に無事全日程を終了しました。そこで本稿では今季のブンデスリーガのベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。

◆ベストイレブン
GK:グラーチ
DF:ハキミ、クロステルマン、アラバ、アルフォンソ・デイビス
MF:ミュラー、キミッヒ、サンチョ
FW:テュラム、レヴァンドフスキ、ヴェルナー

GKペーテル・グラーチ(30歳/ライプツィヒ)
出場試合数:32(先発回数:32)/失点数:34/出場時間:2880分
Getty Images

復活してきた感のあるノイアーと迷ったが、バイエルンに次ぐ失点の少なさだったライプツィヒからグラーチを選出。派手さこそないものの、抜群の安定感とセービング能力の高さで幾度もゴールを死守した。また、主力センターバックがこぞって離脱した中、急造ディフェンスをうまくまとめた点も高く評価。

DFアクラフ・ハキミ(21歳/ドルトムント)
出場試合数:33(先発回数:29)/ 得点数:5/出場時間:2719分
Getty Images

今季も持ち前の攻撃性能を遺憾なく発揮した。とりわけ3バックへ移行して以降は攻撃力が爆発し、5ゴール10アシストを記録。右ウイングバックとしてより攻撃に比重を置けるようになり、パフォーマンスがさらに向上した。新シーズンはドルトムントでの活躍を受けて、インテルへの完全移籍が決まった。

DFルーカス・クロステルマン(24歳/ライプツィヒ)
出場試合数:31(先発回数:31)/ 得点数:3/出場時間: 2645分
Getty Images

本職は右サイドバックだったが、ケガ人が続出したことでセンターバックに回り、そつなくこなして見せた。右サイドバック時には大胆なオーバーラップが魅力のクロステルマンだが、堅実な守備を武器にセンターバックに順応。キャプテンのDFオルバンと主力DFウパメカノらを長期離脱で欠いた中、同じくサイドバックが本職のDFハルステンベルクと共にセンターバックで堅実な守備を築いた。

DFダビド・アラバ(28歳/バイエルン)
出場試合数: 28(先発回数:27)/ 得点数:1/出場時間: 2498分
Getty Images

DFジューレ、DFリュカらセンターバック陣が長期離脱した中、新境地のセンターバックでのプレーが増えた。持ち前のセンスで難なくこなし、ハイラインを敷く中でアラバのスピードが生きていた。また、ビルドアップ時にもアラバの配球能力が生かされ、急なコンバートに対応して見せた。

DFアルフォンソ・デイビス(19歳/バイエルン)
出場試合数: 29(先発回数:24)/ 得点数:3/出場時間: 2233分
Getty Images

本来はウイングが本職のA・デイビスだが、新境地のサイドバックで才能が開花。類稀なる身体能力を生かし、守備で穴になることはなかった。むしろ、帰陣の早さで相手を上回ることが多く、未然にピンチを防ぐシーンも少なくなかった。彼の台頭でアラバをセンターバックに回すことができたのも大きかった。

MFトーマス・ミュラー(30歳/バイエルン)
出場試合数:33(先発回数:26)/ 得点数:8/出場時間:2261分
Getty Images

ブンデス記録の20アシストをマーク。コバチ前監督体制下ではストレスを抱えながらのプレーになっていたが、フリック監督就任後は別人のようにハイパフォーマンスを連発した。トップ下のポジションを与えられ、持ち前の抜け目ない動きを駆使し、フリック監督就任後は8ゴール16アシストと圧巻のスタッツを残した。

MFヨシュア・キミッヒ(25歳/バイエルン)
出場試合数:33(先発回数:32)/ 得点数:4/出場時間: 2821分
Getty Images

今季もケガなくコンスタントにハイパフォーマンスを続けた。フリック監督就任後は本職のボランチで固定され、チームを支えた。負傷がちな選手が多い中、健康体を保ち続けるキミッヒは、王者に欠かせない存在となっている。

MFジェイドン・サンチョ (20歳/ドルトムント)
出場試合数:32(先発回数:25)/ 得点数:17/出場時間:2290分
Getty Images

昨季ブレイクしたイングランドの至宝が2年目のジンクスをものともせず今季もドルトムントを牽引した。17ゴール17アシストと圧巻のスタッツを記録。母国プレミア方面から引き抜きの噂が絶えないが、ドルトムントとしては絶対に手放せないタレントだ。

FWマルクス・テュラム(22歳/ボルシアMG)
出場試合数:31(先発回数:28)/ 得点数:10/出場時間: 2228分
Getty Images

縦に早いサッカーをする上でテュラムの存在は欠かせなかった。今季、ギャンガンから加入したブンデス初挑戦の22歳は、10ゴール8アシストと多くのゴールに関与。名DFだった父親のリリアン氏とは真逆のアタッカーとして、まずはブンデス1年目でしっかりと結果を残した。

FWロベルト・レヴァンドフスキ(31歳/バイエルン) 出場試合数:31(先発回数:31)/ 得点数:34/出場時間:2761分
Getty Images

3季連続得点王。開幕から11試合連続ゴールのブンデス新記録を打ち立てたレヴァンドフスキは守備が不安定なチーム状態の中、自身はコンスタントにゴールを挙げ続けた。スランプとは無縁な安定感抜群のストライカーが王者を牽引した。

FWティモ・ヴェルナー(24歳/ライプツィヒ)
出場試合数:34(先発回数:33)/得点数: 28/出場時間: 2808分
Getty Images

得点王のレヴァンドフスキには及ばなかったものの、キャリアハイの28ゴールを記録。ライプツィヒの鋭い攻撃を完結するゴールゲッターとして十分な働きを示した。ライプツィヒで一流ストライカーに成長したヴェルナーは新シーズン、チェルシーに新天地を求めている。
コメント
関連ニュース
thumb

レヴァンドフスキは今季も絶好調! ブンデス史上最速で10ゴールに達する

バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが今季も絶好調だ。 バイエルンは24日に行われたブンデスリーガ第5節でフランクフルトと対戦。元日本代表MF長谷部誠や同代表MF鎌田大地のフランクフルト勢も先発した試合を5-0の快勝で飾った。 この試合の68分まで出場したレヴァンドフスキは10分に快勝の足がかりとなる先制弾をマーク。その後、26分、60分にもゴールネットを揺らして、ハットトリックを達成した。 これで今季リーグ戦の得点数は10ゴールに。データ集計サイト『Opta(@OptaFranz)』によると、ブンデスリーガ開幕5試合での二桁得点はリーグ史上最速での到達だという。 クラブの公式サイトによると、公式戦47試合の出場で55得点のキャリアハイを記録した昨季に続いて、ハイパフォーマンスを続けるレヴァンドフスキは試合後、自身の新たな記録樹立に謙遜しつつ、チームとしての活躍を意識した。 「数字は僕にとって、それほど重要じゃない。チームと試合に集中している。この状態をこれからも長く続けられたら。僕らは常に最高のフットボールを披露したい」 2020.10.25 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンに痛手…A・デイビスが足首負傷で年内絶望か?

バイエルンは24日、カナダ代表DFアルフォンソ・デイビスの負傷離脱を報告した。 バイエルンは24日にホームで行われたブンデスリーガ第5節でフランクフルトと対戦し、5-0で快勝した。しかし、同試合の試合開始直後には左サイドバックで先発出場していたデイビスが芝に足を取られたのか、右足首を強く捻ってしまう。 そして、プレー続行不可能となった同選手はメディカルスタッフに両脇を支えられながら、フランス代表DFリュカ・エルナンデスとの交代でピッチを後にしていた。 同試合後の公式会見でデイビスの状態について質問を受けたハンジ・フリック監督は、数週間単位の離脱になることを明らかにした。 「彼は(足首の)じん帯を損傷した。じん帯の一部は完全に断裂しており、その他でも部分断裂が確認された。恐らく、彼は6~8週間の離脱になるだろう」 「彼のようなクオリティを持ったプレーヤーの離脱は痛手だ」 昨シーズン、左サイドバックにコンバートされてバイエルンのシーズントレブルに大きな貢献を果たしたデイビスは、今季もここまで公式戦8試合に出場していた。 なお、フリック監督の言葉通り、8週間の離脱となる場合、チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ、年内に行われるブンデスリーガすべてを欠場する可能性がある。 2020.10.25 07:30 Sun
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキがハットのバイエルンが長谷部&鎌田先発のフランクフルトに5発圧勝!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第5節、バイエルンvsフランクフルトが24日に行われ、5-0でバイエルンが完勝した。フランクフルトのDF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地は前半のみの出場となっている。 バイエルンは前節、ビーレフェルト相手に4発快勝として2連勝。そして3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦では4-0と快勝した。そのアトレティコ戦のスタメンから4選手を変更。ドグラス・コスタとバックラインの3枚を入れ替え、負傷明けのサネがベンチに入った。 一方、前節ケルン戦では鎌田のPK奪取があったものの1-1の引き分けに持ち込まれたフランクフルト。ゴールに絡む働きが続いている鎌田と、長谷部はそれぞれ開幕から5試合連続スタメンとなった。 [3-5-2]を継続したフランクフルトに対し、3トップに右からコマン、レヴァンドフスキ、ドグラス・コスタと並べたバイエルンは開始1分にアクシデント。アルフォンソ・デイビスが右足首を痛めてプレー続行不可能となり、リュカが投入された。 それでも10分、バイエルンが先制する。長谷部がコマンの対応に当たるためにレヴァンドフスキのマークを一瞬離すと、そのコマンのパスをフリーで受けたボックス中央のレヴァンドフスキが左足でゴール右に蹴り込んだ。 攻勢を続けるバイエルンはさらに26分、キミッヒの右CKからレヴァンドフスキのヘディングシュートが決まって追加点。 2点をリードして以降もバイエルンが主導権を握り続け、フランクフルトは前半にチャンスを作ることができなかった。 迎えた後半、鎌田とツーバーに代えてユネスとチャンドラーを投入したフランクフルトに対し、53分にリュカがGK強襲のシュートを浴びせたバイエルンは、60分にレヴァンドフスキがハットトリックを達成する。 ドグラス・コスタのパスを受けたレヴァンドフスキがボックス中央に侵入し、DFに寄せられながらもシュートを決めきった。 余裕のバイエルンは68分、レヴァンドフスキ、ミュラー、ドグラス・コスタをお役御免とし、サネらを投入する。 すると72分、サネがボックス手前右からゴール左に蹴り込むファインゴールを決めて4-0。さらに終盤の90分にはミュージアラにもゴールが生まれ、バイエルンが5発完勝としている。 2020.10.25 00:27 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプール移籍のチアゴを惜しむコマン「彼はレヴァンドフスキと同じくらい重要だった」

バイエルンのフランス代表FWキングスレー・コマンは、今夏にリバプールへ移籍したスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラを惜しんでいる。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えた。 チアゴは昨シーズン、7年間を過ごしたバイエルンで三冠獲得に大きく貢献。特にコマンのゴールによりパリ・サンジェルマン(PSG)を1-0で下したチャンピオンズリーグ(CL)決勝では、特筆したパフォーマンスを見せた。その後は残り契約が1年を切っていたこともあり、新たな挑戦を求めプレミアリーグ王者のリバプールに、移籍金2700万ポンド(約37億円)で移籍。 バイエルンでチアゴと5年を共に過ごしたコマンは、イギリス『デイリー・メール』のインタビューに対して、スペイン代表MFがクラブにとってどれだけ重要な存在であったかを語った。 「彼(チアゴ)はバイエルンのために多くのゴールを決めたわけではない。でも、彼のプレーはロベルト・レヴァンドフスキの50ゴールと同じくらいチームにとって重要なものだったんだ」 「僕はバイエルンで毎日チアゴと一緒にトレーニングをしていた。だから、彼の資質についてはよく知っている。リバプールは彼の様な偉大なサッカー選手が加入して、幸運だと思うだろうね」 コマンはインタビューの中でCL優勝を決めたゴールについて聞かれ、「人生最高の瞬間だった」と打ち明けている。 「(ゴールの瞬間は)スタンドにファンがいる状態なら聞くことができないような、チームメートの悲鳴(のような歓声)が聞こえたよ。とても特別な瞬間だった」 「僕の人生には悪い瞬間も良い瞬間もあった。でも、CL優勝はそのすべての中でも最高だったね」 また、コマンは昨シーズンの三冠に満足することなく、今度は大勢のファンがいる中での優勝を望んでおり、「ヨーロッパの王様のような気分になりたい。今年も(優勝に向けて)頑張るよ」と意気込みを見せている。 2020.10.23 19:55 Fri
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第5節プレビュー】鎌田&長谷部が王者バイエルンに挑戦、レヴィア・ダービー開催

前節はMF堂安がバイエルン相手に嬉しいブンデス初ゴールをマーク。試合は完敗したものの、堂安自身にとっては自信を付ける一戦となった。また、MF鎌田はPK獲得に貢献した中、チームは1-1で引き分けた。迎える第5節、フランクフルトがバイエルンに挑み、ドルトムントvsシャルケのレヴィア・ダービーが開催される。 前節ケルン戦では鎌田とDF長谷部が開幕4試合連続先発となった中、1-1の引き分けに持ち込まれたフランクフルト。勝ちきりたい試合だったが、後半の鎌田の決定機逸も響いた格好だ。堂安に続き、鎌田がバイエルンからゴールを奪えるかに注目だ。また、長谷部としては既に7ゴールを挙げているFWレヴァンドフスキを抑え込む働きが求められるが、難しいタスクを完遂できるか。 一方のバイエルンはビーレフェルト相手にレヴァンドフスキとMFミュラーのドッペルパックで4発快勝とした。2連勝とした中、水曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦では王者の貫禄を見せつけて4-0で快勝とした。さらに勢いを付けた中、フランクフルトを一蹴となるか。 続いてレヴィア・ダービー。前節ホッフェンハイム戦を途中出場のMFロイスとFWハーランドの活躍で1-0と辛勝したドルトムント。バイエルン同様にリーグ戦2連勝としたが、こちらは火曜に行われたCLラツィオ戦では主力を投入したものの1-3と敗戦し、黒星スタートとなってしまった。CLでの敗戦を引きずらず、前節ウニオン・ベルリン相手に引き分けて開幕からの連敗を3で止めたシャルケ相手にリーグ戦3連勝となるか。 バイエルン相手に一矢報いる形でブンデス初ゴールを挙げたビーレフェルトの堂安。その堂安はヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨む。バイエルン戦ではカットインからのシュートなど、持ち味を見せた堂安。ヴォルフスブルク戦でも積極的な仕掛けからゴールを脅かすことはできるか。 ヘルタ・ベルリン戦でもボランチとして守備の強度を保つ働きを見せたシュツットガルトのMF遠藤航。チームの2連勝に貢献した中、今節は金曜にケルンと対戦する。ケルン戦ではこれまでの試合とは異なり、ボールを持たされる展開も予想されるが、遠藤はカウンターのケアを1試合を通じて継続できるか。 前節シャルケ戦では試合終了間際に登場し2戦連続出場となったウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太。アピールするには出場時間が短すぎたが、今節フライブルクとのホーム戦ではシャルケ戦以上に出場時間が与えられることを期待したい。 代表戦帰りだったブレーメンのFW大迫は前節ベンチ外となってしまったが、ホッフェンハイムとのホーム戦で出場機会を得られるか。 ◆ブンデスリーガ第5節 ▽10/23(金) 《27:30》 シュツットガルト vs ケルン ▽10/24(土) 《22:30》 ウニオン・ベルリン vs フライブルク バイエルン vs フランクフルト マインツ vs ボルシアMG ライプツィヒ vs ヘルタ・ベルリン 《25:30》 ドルトムント vs シャルケ ▽10/25(日) 《23:30》 ヴォルフスブルク vs ビーレフェルト 《26:00》 ブレーメン vs ホッフェンハイム ▽10/26(月) 《28:30》 レバークーゼン vs アウグスブルク 2020.10.23 18:00 Fri
twitterfacebook