【2019-20ブンデス総括】最優秀選手はレヴァンドフスキ!

2020.07.14 22:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
◆フリック監督就任でV字復調のバイエルンが8連覇達成!
欧州主要リーグで最も早く新型コロナウイルス(COVID-19)による中断から再開を果たしたブンデスリーガ。他の欧州リーグの指針となる働きも見せた中、特異なシーズンとなった今季を制したのはやはり王者バイエルンだった。

フリック監督が11月に就任して以降、21勝1分け2敗とV字復調したバイエルンが2試合を残して8連覇を達成した。前半戦こそケガ人の続出やニコ・コバチ前監督と一部主力選手たちの確執により躓いたが、フリック監督が就任して以降はそれぞれの選手たちが持ち味を存分に発揮し、王者に相応しい貫禄ある戦いを続けた。若手の台頭も目立ち、世代交代もうまく図れている中、バイエルン王朝時代は来季以降もまだまだ続きそうな様相だ。

そのバイエルンと優勝を争ったのは好補強を敢行したドルトムントだったが、バイエルンの前にやはり及ばなかった。とりわけ直接対決ではその実力差をまざまざと見せ付けられ、シーズンダブルを喫した。3バックへの変更など、就任2シーズン目のファブレ監督も試行錯誤を繰り返してチームの舵を取っていたが、バイエルンから王座を奪うには至らず。FWハーランドやMFサンチョらを筆頭に有望な若手が揃っているだけに新シーズンもバイエルンの連覇を阻む最大のライバルとして期待したい。

ヘルプストマイスター(冬の王者)に輝いたライプツィヒは3位でのフィニッシュとなった。ナーゲルスマン新監督の下、ラングニック前監督が植え付けた攻守の切り替えの早いサッカーを成熟させたチームは、CLでクラブ史上初の決勝トーナメント進出を果たし、8強入りを成し遂げた。CLとリーグで十分な結果を残し、ビッグクラブへの道を着実に歩んでいる印象だ。

シーズン終盤、レバークーゼンとの熾烈なCL権争いを制して4位に滑り込んだのはボルシアMGだった。ザルツブルクで実績を上げたローゼ監督を迎えたボルシアMGは、ラングニック・スタイルのサッカーで躍進。快足FWテュラムを迎えて攻撃力が増したチームは、シーズンを通して上位をキープし続けた。

後半戦の追い上げ空しくボルシアMGに一歩及ばなかったレバークーゼンだったが、就任2シーズン目のボス監督の攻撃サッカーはしっかりと浸透していることを見せ付けた。前半戦こそCLとの兼ね合いにより躓いたが、昨季ブレイクしたMFハフェルツが後半戦に爆発し、チームも上昇気流に乗った。

残留争いではFW大迫のブレーメンが逆転で残留プレーオフに滑り込み、ハイデンハイムとの入れ替え戦を制して残留をもぎ取った。降格したのはそのブレーメンに最終節でまくられたデュッセルドルフと、昇格組のパーダーボルンとなった。

【最優秀選手&監督】
★最優秀選手
◆FWロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
Getty Images

昨季に続く好パフォーマンスを維持したMFキミッヒと迷ったが、3シーズン連続での得点王となったレヴァンドフスキを選出。チームがうまく回っていなかった中、開幕から11試合連続ゴールのブンデス新記録を樹立し、最終的には34ゴールを積み重ねた。1試合1ゴールペースで得点を量産したスランプを知らない大エースが王者バイエルンを牽引した。

★最優秀監督
◆ハンジ・フリック(バイエルン)
Getty Images

アシスタントコーチから昇格する形で暫定監督に就任し、見事8連覇に導いた。11月にフランクフルトに大敗するなど壊れかけていた王者を見事に立て直した上、新たな黄金時代を築き上げようとしている手腕を高く評価。ベテランを気持ち良くプレーさせ、若手を大胆に起用するなど、懐の深い人心掌握でバイエルンに王者の風格を取り戻させた。

【期待以上】
★チーム
◆ボルシアMG
Getty Images

ザルツブルクで実績を残し、ブンデスリーガ初挑戦となったドイツ人指揮官のローゼ監督が4シーズンぶりにボルシアMGにCL出場をもたらした。MFトルガン・アザールを引き抜かれたが、FWテュラムを早々にチームにフィットさせ、シーズンを通して調子を落とすことなく上位をキープし続けた。

★選手
◆FWアーリング・ハーランド(ドルトムント)
Getty Images

ザルツブルクで大暴れしていた神童がブンデスリーガでも躍動した。CLグループステージで8ゴールを荒稼ぎして欧州全土の注目を浴びた19歳は、1月にドルトムントに移籍。そのドルトムントでも加入直後からゴールを量産。ブンデスリーガ15試合の出場で13ゴールを挙げ、規格外のヤングスターであることを証明した。

【期待外れ】
★チーム
◆ブレーメン
Getty Images

エースFWクルーゼの移籍の穴が大きく、得点力不足に陥った。シーズン終盤こそ大迫が爆発したものの、慢性的な得点力不足に陥ったチームは守備も崩壊。最下位パーダーボルンに次ぐ失点の多さで攻守ともに冴えないシーズンとなったが、何とか残留プレーオフに回って残留を勝ち取った。

★選手
◆MFマリオ・ゲッツェ(ドルトムント)
Getty Images

もはや復活を期待していたとは言いにくい状況だったが、若手が台頭するチームの中でやはり存在感を示せなかった。失敗だったバイエルン移籍からドルトムント復帰4シーズン目を迎えたが、公式戦での先発がわずか6試合と、戦力にならなかった。28歳とまだまだ老け込む歳ではないが、今季限りでのドルトムント退団が決まった中、新シーズンは新たなクラブで再出発としたい。
コメント
関連ニュース
thumb

バイエルン、右SBの補強候補にムキエレ?

バイエルンがRBライプツィヒに所属するU-21フランス代表DFノルディ・ムキエレ(22)への関心を強めているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 2018年夏にモンペリエから加入して以降、右サイドバックやウイングバック、センターバックを主戦場に主力として活躍するムキエレ。 圧倒的な身体能力を生かした幅広い守備エリアと対人能力に加え、攻撃面の成長も著しい万能型DFに関しては、パリ・サンジェルマンやリバプールといった国外のビッグクラブがこぞって関心を寄せている。 そして、新たに争奪戦に参戦する構えを見せているのが、右サイドバックの補強を目指すバイエルンだ。 フランス代表DFバンジャマン・パヴァール(24)のバックアップとしてアヤックスのアメリカ代表DFセルジニョ・デスト(19)、ノリッジのU-21イングランド代表DFマックス・アーロンズ(20)の獲得を優先事項としているものの、その2選手と異なるプロフィールを持つムキエレへの関心も持っているという。 ただ、2023年までの契約を残すムキエレに関してライプツィヒは今夏の非売品に設定しており、獲得にはそれ相応の金額が必要になると見られている。 2020.08.09 14:45 Sun
twitterfacebook
thumb

2ゴール2アシストで4発快勝に貢献したレヴァンドフスキが準々決勝に照準「バルサはいつも危険」

バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、チェルシー戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 8日に行われた、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグでチェルシーと対戦したバイエルン。1stレグは0-3でバイエルンが先勝し、大きなアドバンテージを持って臨んだ。 <div id="cws_ad">◆ゴールマシーン!レヴァンドフスキの2019-20ゴール集<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHeTRBNEhSSiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 試合は7分、ロベルト・レヴァンドフスキがGKウィルフレッド・カバジェロにボックス内で倒され、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入した後にPKとなると、これを自らが決めて先制する。 24分にはトーマス・ミュラーのボール奪取からパスを受けたレヴァンドフスキは、イバン・ペリシッチのゴールをアシスト。チェルシーに1点を返されるも、バイエルンはレヴァンドフスキのクロスからコランタン・トリソがヘッド、さらに自身もヘディングでこの試合2点目を奪い、4-1で勝利。2戦合計でも7-1の圧勝でベスト8へ駒を進めた。 2ゴール2アシストと4ゴール全てに絡んだレヴァンドフスキは、試合を振り返り自身のパフォーマンスよりもチームの勝利が重要だと語った。 「一番大事なことは、うまくプレーし、楽しんだことだ。僕たちはリズムとテンポをすぐに掴む方法を見つけなければいけないとわかっていたし、それを本当に上手くできたと思う」 「残りの試合でも重要になるだろう。僕たちはチームとして上手くプレーしなければならない」 また、準々決勝の相手であるバルセロナについては「バルセロナはいつだって危険だ。僕たちは、クオリティを示さなければいけない」と警戒を強めている。 2020.08.09 10:25 Sun
twitterfacebook
thumb

止まらないレヴァンドフスキ!今季53ゴールは欧州5大リーグでダントツ1位

バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが止まらない。 8日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのチェルシー戦で2ゴール2アシストと全ゴールに絡んだレヴァンドフスキ。これにより、今シーズンのゴール数が「53」となり、欧州5大リーグでプレーする選手の中でトップに立っている。 <div id="cws_ad">◆ゴールマシーン!レヴァンドフスキの2019-20ゴール集<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHeTRBNEhSSiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> レヴァンドフスキは、今シーズンのCLで7試合に出場し13ゴールを記録。ブンデスリーガでは31試合で34ゴールを記録し、DFBポカールでも5試合で6ゴールを記録。44試合で53ゴールを奪っている。 ちなみに、ラ・リーガ得点王のバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、ラ・リーガで33試合25ゴール、CLでは6試合で2ゴールとなっており、シーズントータルで42試合30ゴールに。惜しくも得点王にはなれなかったものの、セリエAで31ゴールを決めていたユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、46試合で37ゴールに止まっており、レヴァンドフスキの凄さが際立っている。 また、チェルシー戦での2ゴールにより、CLでの通算ゴール数を66としたレヴァンドフスキは、レアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマを抜き4位に浮上。3位のラウール・ゴンサレス氏までは5ゴールに迫っている。 2020.08.09 08:35 Sun
twitterfacebook
thumb

「文句を言うことはない」2ndレグも大勝のバイエルン、フリック監督がチームを称賛

バイエルンのハンジ・フリック監督が、チェルシー戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 8日に行われた、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグでチェルシーと対戦したバイエルン。1stレグは0-3でバイエルンが先勝し、大きなアドバンテージを持って臨んだ。 試合は7分、ロベルト・レヴァンドフスキが倒され、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入した後にPKとなり、これを自らが決めて先制。試合の大勢を早くも決めてしまう。 24分にはレヴァンドフスキのパスを受けたイバン・ペリシッチが流し込んで追加点。チェルシーは44分にタミー・エイブラハムが1点を返すも、バイエルンがコランタン・トリソ、レヴァンドフスキのゴールで突き放し、4-1で勝利。2戦合計でも7-1の圧勝でベスト8へ駒を進めた。 フリック監督は試合後に振り返り、文句のない出来だとチームを称賛。バルセロナとの準々決勝に向けての意気込みを語った。 「私はとても嬉しい。我々は勝ちたかったし、中断したところから再開したかった。チームはとてもうまくいった」 「チェルシーはエキサイティングなチームであり、攻撃ではとてもスピードがある。しかし、チームは素晴らしい仕事をした。最初の30分間は素晴らしかった。チェルシーは何もできなかった」 「チームを際立たせているのは、選手たちがチームとしてピッチ上にいることだ。我々はそれをコーチングチームとして生かしている」 「今日は文句を言うことはない。今、我々は勝ち上がり、明日ポルトガルへ旅立てることが重要だ。我々はよく準備し、強みを再び発揮できることを望んでいる」 「我々はまた、バルセロナに対して、強さと我々のクオリティをもたらせたいと思っている」 2020.08.09 07:47 Sun
twitterfacebook
thumb

ベスト8が決定!シティやバルサ、バイエルンが勝ち上がり!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16の2ndレグが8日に終了し、ベスト8が出揃った。 勝ち上がりを決めたのはスペインからバルセロナとアトレティコ・マドリー、ドイツからバイエルンとライプツィヒ、フランスからパリ・サンジェルマンとリヨン、イングランドからマンチェスター・シティ、イタリアからアタランタとなっている。 準々決勝は一発勝負となり、12日からスタート。バルセロナvsバイエルンなどの好カードが組まれている。組み合わせは以下の通り。 ▽8/12 アタランタvsパリ・サンジェルマン ▽8/13 ライプツィヒvsアトレティコ・マドリー ▽8/14 バルセロナvsバイエルン ▽8/15 マンチェスター・シティvsリヨン 2020.08.09 06:07 Sun
twitterfacebook