名古屋がG大阪から元韓国代表DFオ・ジェソクを獲得! 選手登録不可で、8月1日まで起用できず

2020.07.09 17:37 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
名古屋グランパスは9日、ガンバ大阪の元韓国代表DFオ・ジェソク(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は34となる。

オ・ジェソクは、2012年のロンドン・オリンピックに韓国代表として出場。銅メダルを獲得していた。

Kリーグの水原三星ブルーウィングスでキャリアをスタートさせると、江原FCを経て、2013年にG大阪へ完全移籍。2019シーズンは7月からFC東京へと期限付き移籍し、今シーズンはG大阪に復帰していた。

これまでJ1通算126試合、J2通算5試合、J3通算2試合に出場。リーグカップで26試合、天皇杯で8試合、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で15試合に出場していた。

Jリーグで3クラブ目の挑戦となるオ・ジェソクは、名古屋を通じてコメントしている。

「このたび、名古屋グランパスに移籍することになって非常に嬉しく思いますし、感謝の気持ちを持っています。特に新型コロナウイルス感染症の影響もあり、この時期にこのタイミングで移籍するのは難しい状況の中で僕の手を掴んでくれたことだけでも、言葉にできないほどの感謝の気持ちでいっぱいです」

「グランパスに移籍して、良いプレーで恩返しをしたいです。名古屋グランパスファミリーの皆さま、よろしくお願いします」

また、来日から7年半在籍したG大阪を通じてもコメントしている。

「リーグ戦が再開されたこのタイミングで、チームを離れることになりました。いろいろキャンプから大変な時間もありましたが、ここにいるみんなと開幕戦も一緒にできて幸せだったし、今年だけではなく7年半近くチームにお世話になったし、感謝の気持ちしかないです」

「この時期に離れるのは寂しくて悲しいですが、また日本でみんなに会えて、それだけでも十分幸せだし、良いことだけ記憶してチームを離れたいと思います。今まで有難うございました」

なお、オ・ジェソクは登録ウインドーの関係で2020年7月31日(金)まで選手登録が不可能に。最短でも8月1日(土)からの試合出場となる。
コメント
関連ニュース
thumb

浦和守備崩壊、前田直輝4発の名古屋が大量6ゴールで快勝!《J1》

8日、明治安田生命J1リーグ第9節の名古屋グランパスvs浦和レッズが豊田スタジアムで行われ、6-2で名古屋が勝利した。 前節は柏レイソル相手に0-1で敗れた名古屋。ミッドウィークのYBCルヴァンカップでは清水エスパルス相手に0-3で快勝していた中、前節からスタメンを1名変更。相馬勇紀を外し、ガブリエル・シャビエルを起用した。 対する浦和は前節は清水エスパルス相手に終盤にゴールを許し1-1のドロー。ルヴァンカップでは、大幅にメンバーを入れ替えるとセレッソ大阪相手に1-0で敗れていた。 前節から浦和はスタメンを3名変更。槙野智章、関根貴大、エヴェルトンが外れ、鈴木大介、武富孝介、柴戸海が起用される。 互いに勝利が欲しい今節。ホームの名古屋が前半から畳み掛ける。 まずは9分、左サイドをオーバーラップした吉田がマイナスのパス。マテウスがスルーすると金崎がシュート性のパス。これに反応した前田がダイレクトで合わせると、GK西川がセーブするも、こぼれ球を前田が冷静に押し込み名古屋が先制する。 さらに直後の10分、左サイドを抜け出たマテウスがアーリークロス。これを中央に走り込んだ前田が落ち着いて合わせ、一気に2点目を奪い切る。 攻勢を止めない名古屋はさらに追加点。18分、左CKから変化をつけると、ガブリエル・シャビエルのクロスをボックス中央でジョアン・シミッチがヘッド。これがゴール右隅に決まり、名古屋のリードが早くも3点となる。 3点ビハインドとなった浦和だが、攻勢に出るもフィニッシュの精度を欠いて、ゴールを奪うことができない展開が続く。 すると38分、浦和はパスカットから丸山の縦パスを受けたガブリエル・シャビエルが華麗なターンで鈴木をかわすとスルーパス。これに反応した前田がGKとの一対一を冷静に流し込み、ハットトリックを達成し、リードを4点に広げる。 44分、山中がミドルシュート。これが右ポストを直撃するあわやというシーンとなるが、ここから名古屋がカウンター。丸山のクリアボールに対して金崎がヘッドで競り合うと、こぼれ球をガブリエウ・シャビエルが拾ってドリブル突破。そのままドリブルで運ぶと、最後はボックス内からシュートを左隅に決めて、前半で5ゴールを奪う。 成す術のなかった浦和はハーフタイムに3枚替え。鈴木、汰木、武富に代えて、槙野、関根、武藤を起用する。 すると48分、武藤の浮き球のパスをボックス内で受けたレオナルドが強引に突破。シュートを中谷がブロックすると、こぼれ球を拾ったレオナルドがそのまま押し込み、1点を返す。 後半早々に1点を返したことで勢いに乗りたい浦和だったが名古屋がすぐさま反撃。カウンターからガブリエル・シャビエルがドリブルで持ち込むとボックス手前で金崎へパス。ボックス内でキープした金崎の横パスを前田がダイレクトで蹴り込み、この試合4点目を決める。 浦和はまたリードを広げられてしまったが、諦めずに攻め立てる。すると72分、山中が遠目から左足一閃。無回転気味のシュートは、またしても右ポストを叩いてしまう。 それでも76分、自陣からボールをつなぐと山中が左サイドで縦パス。裏へ抜けた関根が反応すると、ボックス内左からのグラウンダーのパスを受けたレオナルドがトラップから素早く蹴り込み、再び1点を返す。 ここから押し込みたい浦和だが、名古屋がしっかりと集中した守備を見せて得点を許さない。 名古屋は4点のリードがありながらも、最後まで追加点を目指していくが、途中出場の槙野が希薄の守備を見せ、その後はスコアが動かずに終了。名古屋が大量6得点を奪って快勝を収めた。 名古屋グランパス 6-2 浦和レッズ 【名古屋】 前田直輝(前9、前10、前38、後5) ジョアン・シミッチ(前18) ガブリエル・シャビエル(前45) 【浦和】 レオナルド(後3、後31) 2020.08.08 19:57 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第9節:名古屋vs浦和】前節はともに勝ち点を落とした両者、上位に踏み止まるのは?

【明治安田生命J1リーグ第9節】 2020年8月8日(土) 18:00キックオフ 名古屋グランパス vs 浦和レッズ [豊田スタジアム] ◆疲労は懸念も連敗を避けられるか【名古屋グランパス】 前節は柏レイソルを相手に0-1と敗戦。好調のチーム同士拮抗した試合展開となったが、オルンガの一発にやられ、シーズン初黒星となった。 攻撃の形は作れているものの、フィニッシュの部分で不安が残り続けていた名古屋。前々節の大分トリニータ戦も3-0で快勝したが、得点者は守備を主戦場とする3名が挙げたものだった。 前線の選手の得点が伸びない中でここまで勝ち点を積み重ねてきたが、この先はYBCルヴァンカップを含めた大型連戦となるだけに、やはり攻撃陣の得点力が不可欠だ。 ルヴァンカップでは清水エスパルス相手に0-3で勝利。マテウス、山﨑凌吾にゴールが生まれた一方で、主力を休ませきれなかったことは気になる。中2日での試合、どう影響するだろうか。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、ジョアン・シミッチ MF:マテウス、前田直輝、相馬勇紀 FW:金崎夢生 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆今年も問われる勝負強さ【浦和レッズ】 前節は最下位の清水を相手に苦戦。前半は主導権を握られる展開となり防戦一方となった。凌いだ浦和はレオナルドの一瞬の隙をついたゴールで先制。しかし、終盤にセットプレーの流れからゴールを許し、1-1のドローに終わった。 開幕から順調な試合を続けてきた浦和だったが、FC東京(2-0●)、柏(0-4●)と連敗。そして清水には引き分けと、勝負弱さが露呈し始めている。 昨シーズンの大きな課題となったこの勝負弱さは払拭しきれていないが、その要因の1つがフィニッシュ精度と言えるだろう。 今シーズンはレオナルドが4ゴール、興梠慎三が2ゴールを記録しているが、その他の選手に訪れるゴールチャンスがことごとく入らない。良い攻撃を見せていても、ネットを揺らせなければ、勝ち点3を獲ることは難しい。 ルヴァンカップはセレッソ大阪相手にスタメンを8名も変更。しかし、勝ちきることができなかった。今年も問われかねない勝負強さを示すには、格好の相手だろう。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:西川周作 DF:橋岡大樹、トーマス・デン、槙野智章、山中亮輔 MF:関根貴大、エヴェルトン、柴戸海、汰木康介 FW:杉本健勇、レオナルド 監督:大槻毅 2020.08.08 11:35 Sat
twitterfacebook
thumb

新型コロナの影響で急遽中止の広島vs名古屋の代替開催日が決定!

Jリーグは4日、新型コロナウイルスの影響により、急遽中止となった明治安田生命J1リーグ第7節のサンフレッチェ広島vs名古屋グランパスの代替日程を発表した。 同試合は当初、7月26日(日)にエディオンスタジアム広島(18時キックオフ)で開催予定だったが、新型コロナウイルスの検査で名古屋のチーム内で3名の陽性反応者が確認されたことを受け、感染防止の観点から試合当日に開催中止が発表されていた。 なお、今回発表された代替日程に関しては、日付が11月11日(水)に決定しているものの、試合会場およびキックオフ時間は未定だ。 そのため、試合開催に向けた詳細はその他の試合日程と同様に、10月初旬の発表を予定しているという。 2020.08.04 17:32 Tue
twitterfacebook
thumb

名古屋に痛手 米本拓司が左第3腰椎横突起骨折で約4週間の戦線離脱

名古屋グランパスが1日、MF米本拓司の戦線離脱を報告した。 今季のここまで明治安田生命J1リーグ6試合に出場する米本は7月22日に行われた第6節の大分トリニータ戦で負傷交代。検査の結果、左第3腰椎横突起骨折で約4週間の治療期間を要する見込みだ。 名古屋は1日に行われた第8節の柏レイソル戦を0-1で落として、今季初黒星。5日に行われる次戦、YBCルヴァンカップグループA第2節に挑み、清水エスパルスのホームに乗り込む。 2020.08.02 08:30 Sun
twitterfacebook
thumb

オルンガ4戦連発の柏が4連勝! 4戦ぶり失点の名古屋は今季初黒星…《J1》

明治安田生命J1リーグ第8節、名古屋グランパスvs柏レイソルが8月1日に豊田スタジアムで行われ、アウェイの柏が1-0で勝利した。 開幕から無敗を継続する3位の名古屋だが、前節のサンフレッチェ広島戦では選手2名とスタッフ1名に新型コロナウイルスの陽性反応が出た影響により、Jリーグとの協議の結果、試合中止を決断。2節ぶりの一戦に向けては直近の大分トリニータ戦から先発2人を変更。負傷の阿部、米本に代わってジョアン・シミッチ、相馬が起用された。 一方、リーグ再開後3連敗スタートも、3戦12得点の圧倒的な攻撃力を武器に、3連勝で7位まで順位を上げてきた柏は、5-1で圧勝したベガルタ仙台戦から先発3人を変更。高橋祐、三原、神谷に代えて山下、ヒシャルジソン、瀬川が起用された。 共に4連勝を目指すリーグ最少失点の名古屋と、リーグ2位の得点力を誇る柏による“矛盾対決”。互いに様子見の入りを見せた中、8分にはシミッチからのフィードに反応した左サイドの相馬が抜け出しかかるが、ここはエリア外に飛び出したGK中村が見事な対応でピンチを未然に防ぐ。 すると、直後の10分にはボックス左へ抜け出したオルンガがライン際で冷静にDFをかわしてシュート。GKランゲラックが何とか弾き出したボールを中央の江坂がすかさず蹴り込むが、ここはDFのゴールカバーに遭い、先制点とはならず。 早くも“矛盾対決”を印象付ける攻防を見せた両者だが、その後はボールを保持した名古屋が試合をコントロールしていく展開に。柏の球際を強調した守備を前になかなか決定機まで至らないが、マテウスの直接FKや左サイドからのクロスに対していずれもフリーとなった前田、金崎の2トップが惜しい形でのヘディングシュートを放ち、ゴールを予感させる仕掛けを幾度か見せた。 ゴールレスで折り返した試合は後半もホームチームが主導権を握る。前田の強烈なシュートでいきなりゴールを脅かすと、55分には中盤でのボール奪取からカウンターに転じ、右サイド深くに侵攻した相馬からボックス内の金崎に丁寧なマイナスパスが通る。だが、金崎のシュートは惜しくも右サイドネットを叩いた。 一方、後半に入ってなかなかフィニッシュの形を作れない柏は瀬川を下げて戸嶋を投入するなど、戦い方に変化を加えていく。すると、飲水タイム明けのワンチャンスを生かして名古屋の堅守を破る。 71分、ハーフウェイライン付近でセカンドボールを拾って相手陣内中央右でフリーの江坂にボールが繋がると、江坂は素早い反転から絶妙な斜めのフィードをゴール前に供給。これに完璧なタイミングで抜け出したオルンガが飛び出したGKランゲラックの手前で、長い足を生かした足裏のワンタッチシュートで、流し込んだ。 最も警戒していた相手のエースを止められず、4戦ぶりの失点を喫した名古屋は、直後にマテウスと相馬の両翼を下げて18歳FW石田と、長期離脱明けの青木を同時にピッチへ送り出す。さらに、プレースキックの局面で存在感を放つ今季初出場の太田をピッチへ送り出した。 試合終盤にかけては金崎と山崎の2トップをシンプルに使った名古屋が攻勢を仕掛ける展開が続いたものの、完全に逃げ切り態勢に入った柏の粘りの守備を前になかなか決定機まで至らない。 そして、このままうまく時計を進めた柏が4試合連続となるエースFWオルンガのゴールを最後まで守り切り、堅守を誇る相手のお株を奪うウノゼロの勝利で4連勝を達成した。一方、攻撃面で決め手を欠いた名古屋は今季初黒星となった。 名古屋グランパス 0-1 柏レイソル 【柏】 オルンガ(後26) 2020.08.01 20:06 Sat
twitterfacebook