相手に噛み付いたラツィオDFパトリックは4試合出場停止&罰金1万ユーロ、かつてスアレスが受けた処分は?

2020.07.08 22:57 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
相手選手に噛み付いた代償はやっぱり大きなものとなった。

ラツィオのスペイン人DFパトリックが、4試合の出場停止処分を受けることとなった。

ラツィオは7日、セリエA第31節でレッチェとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗戦。前節、ミラン相手に完敗して首位ユベントスとの勝ち点差を「7」に広げられた2位ラツィオは、降格圏の18位に低迷するレッチェを相手に2戦ぶりの白星を目指したが、試合は予想外の結果に終わった。

その試合終了間際、パトリックは相手DFジュリオ・ドナーティの左上腕部にまさかの噛みつき行為。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)のレビューにより噛み付いたことが確認され、退場処分となっていた。

セリエAの懲戒委員会は8日午後に開かれ、パトリックの愚行に対し4試合の出場停止処分となった。

これにより、サッスオーロ戦、ウディネーゼ戦、カリアリ戦だけでなく、ユベントス戦も欠場することに。さらに、1万ユーロ(約122万円)の罰金処分も下されていた。

噛み付き行為と言えば、現在はバルセロナでプレーするウルグアイ代表FWルイス・スアレスが思い浮かぶだろう。リバプール時代にチェルシーのDFブラニスラフ・イバノビッチに噛み付いた際は、10試合のプレミアリーグ出場停止処分に。2014年のブラジル・ワールドカップでイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに噛み付いた際は、4カ月間のサッカー活動禁止の処分を受けていた。

◆ドナーティの左上腕部をガブり
コメント
関連ニュース
thumb

ラツィオ、プレミアで活躍する2人のストライカーに関心か

ラツィオが、プレミアリーグで活躍する2人のストライカーに関心を示しているようだ。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によれば、その1人はバーンリーのニュージーランド代表FWクリス・ウッド。これまでWBAやレスター・シティ、リーズ・ユナイテッドなどイングランドのクラブを渡り歩き、2017年夏にバーンリーに加入。191㎝の長身を生かしたプレーが特徴で、攻撃時のポストプレーや空中戦を得意としている。今季はプレミアリーグ32試合に出場し14ゴールをマーク。28歳と脂の乗ったストライカーは、プレミアでは自己最多得点記録を更新した。 また、イギリス『サン』が報じたもう一方の名前は、ボーンマス所属のノルウェー代表FWジョシュア・キング。マンチェスター・ユナイテッドの下部組織で育ち、ボルシアMGやハル・シティ、ブラックバーンを転々とし、2015年夏にボーンマスに加入した。同じく28歳のこちらはトップ下やウイングもこなすアタッカーで、在籍5年で通算170試合に出場し50ゴール17アシストを記録した。 ラツィオは今季のセリエAでリーグ最多の36ゴールを記録したイタリア代表FWチーロ・インモービレという超強力な点取屋を擁しているが、一方でエクアドル代表FWフェリペ・カイセドがカタール移籍を望んでいるとも伝えられており、その代役を探しているようだ。加えて、来季はチャンピオンズリーグが控えていることもあり、攻撃陣の強化に力を入れているという。 ジョシュア・キングに関しては3000万ユーロ(約37億4000万円)の移籍金がネックとなっているようで、ラツィオの関心はより安価なウッドに傾きつつあると言われている。しかし、ウッドも昨年11月に2023年までの契約延長に合意したばかり。両者ともプレミアリーグのクラブも獲得を狙っているという噂もあり、一筋縄ではいかなそうだ。 2020.08.10 17:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ラツィオがフェネルバフチェの大型FWムリキの獲得に迫る!関係者が現地入り

ラツィオがフェネルバフチェに所属するコソボ代表FWベダット・ムリキ(26)の獲得に迫っているようだ。イタリア『Tuttomercatoweb』が伝えている。 194cmの大型ストライカーであるムリキは、2019年の夏に350万ユーロ(約4億円)でフェネルバフチェに加入。サイズを活かしたポストプレイや空中戦の強さを武器に公式戦36試合に出場し17ゴール7アシストをマークした。 そのムリキに対しては、今夏にエクアドル代表FWフェリペ・カイセドの退団が噂されるラツィオが後釜候補として熱視線を注いでおり、複数のイタリアメディアが移籍金1800万ユーロ(約22億円)程のオファーを提示したと報じていた。 そんな中、『Tuttomercatoweb』はラツィオの関係者がフェネルバフチェとより詳細な交渉を行うためイスタンブール入りしたことを伝えている。 今季のセリエAを4位で来季に久々のチャンピオンズリーグ(CL)に参戦する終えたラツィオは、今夏に積極的な補強を敢行。マンチェスター・シティを退団した元スペイン代表MFダビド・シルバやレアル・マドリーのスペイン人FWボルハ・マジョラルの獲得が噂されている。 2020.08.10 03:17 Mon
twitterfacebook
thumb

ラツィオ移籍噂のD・シルバは「セリエA好き」 父親が拍車かける発言!

元スペイン代表MFダビド・シルバ(34)の移籍先はやはりイタリアなのかもしれない。 D・シルバは在籍10年のマンチェスター・シティを契約切れの今季限りで退団。2010年のシティ入りから公式戦400試合以上の出場数を誇り、4度のプレミアリーグ制覇など数々に寄与した名手だけあって、その行く末に注目が集まっている。 今季も司令塔ぶりを発揮するD・シルバを巡っては新天地候補に母国スペインだけでなく、アメリカや日本、中東も挙がったが、最近になり、ラツィオ行きの憶測が浮上。さらに、交渉の最終段階も指摘され、セリエA挑戦の熱が帯びつつある。 そのなか、D・シルバの父親であるフェルナンド・ヒメネス氏がスペイン『El Transistor』で「ダビドは前から私に対して、マンチェスター・シティに10年間在籍してから去りたい旨の話をしていたんだ」と述べると、息子のイタリア行きに拍車をかけた。 「彼にはヨーロッパに残ってほしい。彼自身がセリエA好きで、イタリアでプレーするのを本当に楽しみにしているのも確かだ。あの場所で40歳まで現役を続けられるとも言っていた」 「現時点でかなりのオファーがあり、決断しなければ。ラツィオと契約するなら、喜ばしい限りだ。彼は常々、バレンシア復帰以外の考えがないから、スペインに戻ってこないだろう」 2020.08.07 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ダビド・シルバがラツィオ加入で合意か

今季をもってマンチェスター・シティを退団する元スペイン代表MFダビド・シルバ(34)がラツィオ加入で合意間近となっているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 同メディアによればダビド・シルバの代理人を務める弟がフォルメッロにあるラツィオの練習場に姿を現し、ラツィオのオファーを受け入れたと主張。今後、契約の詳細を詰めた後、7日に行われるチャンピオンズリーグのレアル・マドリー戦終了後に何らかの発表があると報じている。 2010年夏にバレンシアからマンチェスター・シティに加入したダビド・シルバは、4度のプレミアリーグ優勝、2度のFAカップ優勝、5度のEFLカップ優勝に貢献してきた。 2020.08.07 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ディバラがセリエAのシーズンMVPに輝く! 中断期間に新型コロナ感染もリーグ9連覇に貢献

ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(26)が2019-20シーズンのセリエA最優秀選手賞に輝いた。 新型コロナウイルスの影響で一時中断を強いられたものの、約3カ月の中断期間を経て再開し、ユベントスのリーグ9連覇で幕を閉じたセリエA。 そしてレガ・セリエAは4日、今季の年間最優秀賞にユベントスの9連覇に大きく貢献したディバラを選出した。同選手は、セリエAで33試合に出場して11得点7アシストを記録。中断期間中には新型コロナウイルスに感染し、約1カ月半の闘病生活を強いられたが、再開後は4試合連続ゴールを決めるなど、チームの連覇に貢献した。 そのほか、最優秀若手選手賞にパルマのスウェーデン代表MFデヤン・クルゼフスキ(20)、最優秀FWにラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレ(30)、最優秀MFにアタランタの元アルゼンチン代表MFアレハンドロ・ゴメス(32)、最優秀DFにインテルのオランダ代表DFステファン・デ・フライ(28)、最優秀GKにポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニー(30)が選ばれた。 2020.08.05 06:00 Wed
twitterfacebook