490試合のブンデス外国人最多出場記録を持つピサーロが現役生活に別れ、197ゴールは歴代外国人2位

2020.07.07 19:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブレーメンに所属する元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロ(41)が現役生活に別れを告げた。

ピサーロは、すでに今シーズン限りでの現役引退を発表。所属するブレーメンは残留争いに巻き込まれた中、ブンデスリーガ最終節で滑り込みで昇格・降格プレーオフに進出。プレーオフではハイデンハイム相手に2戦合計2-2、アウェイゴール差でなんとかブンデスリーガ残留を決めていた。

◆ピサーロ、バイエルンでのベストゴール!

ピサーロは、母国のアリアンサ・リマから1999年8月にブレーメンに加入。その後は、バイエルンやチェルシー、ブレーメン、ケルンでプレーし、2018年7月に4度目となるブレーメン加入を果たしていた。

今シーズンはブンデスリーガで18試合に出場。中断明けはハムストリングのケガで欠場すると、シーズンのラスト3試合に数分間だけ出場。プレーオフもメンバー入りはしたものの、出場機会は訪れないまま現役生活に幕を下ろした。

ブンデスリーガでは通算490試合に出場し197ゴール76アシストを記録。試合出場数は外国人選手としてブンデスリーガ最多を記録。ゴール数もバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキに次いで歴代2位とブンデスリーガで偉大な功績を残していた。

なお、ピサーロは今季開幕前にシーズン終了後の引退を発表。4月には、引退後はかつて所属していたバイエルンでのブランド・アンバサダーに就任すると報じられていた。


関連ニュース
thumb

熊谷紗希が90分に試合を決める今季3点目をゲット、バイエルンは男女そろって首位ターン

バイエルンは19日、女子ブンデスリーガ第12節でブレーメンとアウェイで対戦。日本代表DF熊谷紗希も先発出場を果たし、リーグ戦では2点目となる今季3得点目をマークした。 16日の女子チャンピオンズリーグ(WCL)グループ最終節のベンフィカ戦に続き、年内ラストマッチとなるこの試合でも熊谷は中盤で起用された。 序盤からブレーメンゴールに襲い掛かるバイエルンはMFリンダ・ダルマンのクロスにFWマクシミリアーネ・ラルが飛び込んで11分に先制点を挙げると、以降も攻め倒して主導権を掌握。ただ、追加点を奪えないまま前半を終えた。 後半に入ってもペースを握り続けるバイエルンは67分、11月25日のなでしこジャパンとの親善試合にも出場したMFカロリナ・レア・ビルヒャルムスドッティルのシュートが左ポストを叩く。 熊谷も果敢にボックス内へと顔を出すと、迎えた後半のアディショナルタイムには試合を決定づける追加点を挙げる。 セカンドボールを回収しての二次攻撃からボックス手前右でパスを受けた熊谷は、ビルヒャルムスドッティルに預けてゴール前へ。鋭いパスが入ってヨヴァナ・ダムヤノビッチのコントロールが乱れると、浮き上がって流れたボールを熊谷が右ボレーでたたき、左隅に沈めた。 このままバイエルンが逃げ切って試合終了。2-0でアウェイゲームをものにし、暫定ながらも男子チームと同じく首位ターンを決めている。 ブレーメン 0-2 バイエルン 【バイエルン】 マクシミリアーネ・ラル(前11) 熊谷紗希(後46) <span class="paragraph-title">【動画】熊谷紗希の今季3得点目は渾身の右ボレー(2:46~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="NUS6_N_f8nI";var video_start = 166;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.12.20 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ワクチン接種証明書偽造疑惑のブレーメン指揮官が辞任

ブンデスリーガ2部のブレーメンは20日、マルクス・アンファング監督(47)が辞任したことを発表した。 日本代表FW大迫勇也も指導したフロリアン・コーフェルト前監督の後任として、今季から指揮を執っていたアンファング監督。ここまで5勝4分け4敗という成績だった中で、突如、新型コロナウイルスに関するワクチン接種証明書偽造の容疑が浮上した。 ドイツ『キッカー』によると、刑事告発したのはブレーメン保健局。これを受けて、検察庁が19日に調査に乗り出していた。 アンファング監督は容疑を否定しているものの、クラブとの話し合いの末、その職を辞することを決断。「クラブ、チーム、家族、そして私自身にとって非常にストレスの多い状況のため、この決断を下した」と説明しており、クラブに対して「将来における最大の成功を祈っている」と最後に残した。 また、アンファング監督同様に容疑がかけられているコーチのフロリアン・ユンゲ氏も辞任に。「このクラブで非常に快適だった。チームやクラブ内外の関係者が幸せであることを望んでいる」とコメントを残している。 ブレーメンは20日にシャルケ戦が控えているが、アシスタントコーチのダニエル・全コビッチ氏と、U-19監督のクリスチャン・ブランド氏が暫定的に指揮を執る予定のようだ。 2021.11.20 20:03 Sat
twitterfacebook
thumb

原口元気と遠藤渓太擁するウニオン・ベルリン、ブレーメンからドイツ人アタッカーを獲得!

ウニオン・ベルリンは31日、ブレーメンからドイツ人MFケビン・メーヴァルト(28)を獲得したことを発表した。『transfermarkt』によると、移籍金は100万ユーロ(約1億3000万円)とのことだ。 ブンデスリーガ3部のエアフルトでプロデビューしたメーヴァルトは、足下の技術と得点力に優れた攻撃的MF。2015年に加入したニュルンベルクで頭角を現すと、2018-19シーズンにはブレーメンに移籍して日本代表FW大迫勇也と同僚に。その後3年間で公式戦に60試合出場し、9ゴール2アシストを記録した。 昨シーズンはクラブにとって41年ぶりの2部降格を味わったものの、個人的に1部残留となったメーヴァルトは喜びの心境を語っている。 「ブンデスリーガでプレーを続けられることを嬉しく思う。ウニオンは近年、その潜在能力の高さを示している特別なクラブだ」 「ニュルンベルク時代に味わったアルテ・フェルステライの雰囲気は今でも覚えているし、ベルリンでの仕事を楽しみにしているよ」 また、クラブの競技部門取締役を務めるオリバー・ルーネルト氏も、ブンデスリーガでプレー経験が豊富な点について期待をしているようだ。 「ケビン・メーヴァルトは、すでにブンデスリーガでそのプレーの質の高さを示している。ブンデスリーガを熟知している彼には、高いスキルでチームに貢献し、すぐに溶け込んでくれると期待している」 今夏のウニオン・ベルリンは日本代表MF原口元気と元ポーランド代表MFパヴェウ・ヴショウェクの獲得を発表しており、日本代表MF遠藤渓太を含めた攻撃的MFの層は、厚みを持つつともにポジション争いも激しくなりそうだ。 2021.08.31 14:53 Tue
twitterfacebook
thumb

フライブルクがブレーメンからM・エッゲシュタインを獲得! サンタマリア後釜に

フライブルクは18日、ブンデスリーガ2部のブレーメンからドイツ代表MFマキシミリアン・エッゲシュタイン(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「8」に決定。契約期間は2025年6月30日までの4年となる。 ベルギーのロイヤル・アントワープへ旅立った実弟のヨハネスに続きブレーメンを離れ、フライブルクを新天地に選択したエッゲシュタインはクラブ公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「ブレーメンで10年間過ごした後、サヨウナラを言うのはもちろん難しいことだけど、ここに来て新しい冒険を始めることを嬉しく思っているよ」 「フライブルクはスポーツ面において自分にぴったりなクラブだと思っているし、責任者と話をした後に良い感触を得ることができたんだ」 「現在、クラブでは新しいスタジアム建設も視野に入れて多くの開発が進められている。僕自身、その流れについていきたいと思っているよ」 2011年からブレーメンでプレーするエッゲシュタインは、2014年11月にトップチームデビュー。ブレーメンではこれまで公式戦181試合に出場し、14ゴール21アシストを記録。キャリア初期は攻撃的なポジションでのプレーが多かったが、現在はセントラルMFや守備的MFでもプレーしており、攻守両面で多くの仕事をこなせる万能型だ。 なお、フライブルクは中盤の主力を務めていたフランス人MFバティスト・サンタマリア(26)がスタッド・レンヌへ移籍しており、エッゲシュタインがその後釜を担うことになる。 2021.08.19 01:34 Thu
twitterfacebook
thumb

フライブルク、ブレーメンのエッゲシュタイン兄弟の兄マキシミリアン獲得を決定的に

フライブルクがブレーメンからドイツ代表MFマキシミリアン・エッゲシュタイン(24)を完全移籍で獲得することが決定的となった。『ビルト』など複数ドイツメディアが報じている。 フライブルクは17日、中盤の主力を務めていたフランス人MFバティスト・サンタマリア(26)を1400万ユーロ(約18億円)と言われる移籍金でスタッド・レンヌへ売却した。 そして、クラブはサンタマリアの後釜としてブンデスリーガ2部に降格したブレーメンの主力MFエッゲシュタインの獲得に動いており、17日には現地にてメディカルチェックを受けるようだ。 2011年からブレーメンでプレーするエッゲシュタインは、2014年11月にトップチームデビュー。ブレーメンではこれまで公式戦181試合に出場し、14ゴール21アシストを記録。キャリア初期は攻撃的なポジションでのプレーが多かったが、現在はセントラルMFや守備的MFでもプレーしており、攻守両面で多くの仕事をこなせる万能型だ。 エッゲシュタインは、ブレーメンとの現行契約は2023年まで残っているものの、以前からトップリーグでのプレーを希望する趣旨のコメントをしていた。 今夏には実弟のヨハネスがベルギーのロイヤル・アントワープへ旅立ったが、兄マキシミリアンもブレーメンを離れることになった。 2021.08.18 06:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly