「延長戦やPK戦がないなんて」本田圭佑が大会方式に苦言、ボタフォゴはドローも準決勝敗退

2020.07.06 11:12 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
5日、MF本田圭佑が所属するボタフォゴはカンピオナート・カリオカ(リオデジャネイロ州選手権)準決勝でフルミネンセと対戦。0-0で引き分けたが、敗退となった。グループAを2位で通過したボタフォゴは、グループB首位のフルミネンセとの対戦。勝利のみが決勝進出となった試合に、本田圭佑はキャプテンとしてフル出場した。

引き分けでは敗退となるボタフォゴだったが、最後までフルミネンセゴールを割ることができず。ゴールレスで90分間が終了し、0-0のドロー。準決勝敗退となった。

試合後、本田は自身のツイッター(@kskgroup2017)を更新。決勝に進んだフルミネンセを祝福しながらも、変則的な大会方式への苦言を呈した。

「フルミネンセおめでとう。彼らは勝利に値した。しかし、僕は言わなければならないことを感じている。ルールを変更する必要がある。延長戦やPK戦がないトーナメントなど見たことがない」

なお、準決勝のもう1試合はフラメンゴがボルタ・レドンダを2-0で下して勝利。決勝はフルミネンセvsフラメンゴとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

海外組だけで臨む日本代表、10月1日のメンバー発表前に予想!初招集も数名か

10月にオランダで行われる日本代表活動。実に10カ月ぶりとなる代表活動では、カメルーン代表、コートジボワール代表と対戦する。 2019年12月に行われたEAFF E-1 サッカー選手権以来の活動となるA代表だが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響もあり、活動が行えても制限が敷かれた状態となる。 まず、オランダへの渡航となるため、日本から選手が派遣された場合は、帰国後14日間の隔離措置を取らなくてはいけない。代表活動の期間と合わせて、およそ1カ月チームを離れることとなるため、過密日程をこなすJリーグクラブとしては大きな痛手に。そのため森保一監督は海外組のみで臨むことを明かした。 実際のメンバー発表は10月1日となるが、海外組だけでチームを編成するとなると一体誰が招集されるのか。40名ほどがプレーする欧州組の中から、招集選手を予想してみたいと思う。 <span class="paragraph-title">GK:守護神は3名、レギュラーは無し(3名)</span> GK 川島永嗣(37/ストラスブール) 権田修一(31/ポルティモネンセ) シュミット・ダニエル(28/シント=トロイデン) まずは、GKを予想。森保ジャパンとして招集を受けていた3名がそのまま招集されると予想する。ヨーロッパの1部リーグでプレーする日本人GKはこの3名しかいない。 大ベテランとなった川島は、開幕から2試合連続でリーグ・アンで先発出場を果たした。しかし、どちらの試合も敗戦。その結果、第3節からはベンチに座ることとなった。 権田は、昨シーズンの終盤にプリメイラ・リーガで14試合に出場していたが、今シーズンはここまで試合に絡めず。メンバー外の状況が続いており、移籍の噂も浮上していた。 シュミット・ダニエルは2020年に入ってからハムストリングの負傷で欠場。今シーズンもケガで出遅れたものの、現在はベンチ入り。しかし、試合にはまだ出場していない状況だ。クラブで正守護神を務めている選手は居ない状況だが、この3名が招集されるとみて良いだろう。 もう1人候補として挙げられるのは、セグンダB(スペイン3部)のレクレアティボ・ウエルバにU-23世代の山口瑠伊(22)が居る。東京オリンピック世代のGKだけに、森保監督が一度呼んでみる可能性はゼロではないだろう。 <span class="paragraph-title">DF:A代表と東京五輪世代が混在(11名)</span> CB 吉田麻也(32/サンプドリア) 植田直通(25/セルクル・ブルージュ) 板倉滉(23/フローニンヘン) 冨安健洋(21/ボローニャ) 中山雄太(23/ズヴォレ) 続いてディフェンスライン。まずはセンターバックからだ。このポジションでは日本代表の主力と東京五輪世代の主力が混在して居る。バランスを見ても上記の5名は招集されるとみて良いだろう。いずれもクラブでは主軸を担っており、コンディション面も問題なさそうだ。 また、ここに中山の名前を入れたが、東京五輪世代ではボランチとしてプレーして居るため、センターバックとの併用と考えられる。4バック、3バックのどちらでも起用できる面々は全て招集されると見る。 SB 長友佑都(34/マルセイユ) 酒井宏樹(30/マルセイユ) 室屋成(26/ハノーファー) 松原后(24/シント=トロイデン) 菅原由勢(20/AZ) 続いてサイドバックだが、こちらも6名は招集されると予想する。マルセイユに加入した長友は半年以上実戦から離れていた影響を感じさせたが、コンディションはここから上げられるはず。森保監督も状態を把握したいところだろう。 酒井、室屋は常連、菅原も東京五輪世代ではレギュラーを張っていた事もあり招集される見込みだ。気になるのは松原。このメンバーではU-18以降代表歴がないももの、シント=トロイデンではレギュラーとしてプレー。貴重な左サイドバックとして招集されると予想する。 <span class="paragraph-title">MF:競争が激しい中盤、新旧代表選手が揃うか(9名)</span> 守備的 柴崎岳(28/レガネス) 遠藤航(27/シュツットガルト) まずは守備的MF。ボランチを務めている海外組の選手は少なく、上記の3名となる。柴崎はセグンダB(スペイン3部)に降格したデポルティボ・ラ・コルーニャからセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のレガネスへ移籍。すでにリーグ戦3試合に出場し1アシストを記録するなど、開幕から好スタートを切った。レガネスだけでなく、日本代表でも中心となるだろう。 また、遠藤も自身初のブンデスリーガでのプレーとなったが、開幕から2試合連続でフル出場。たくましさを増している印象だ。 東京ヴェルディから今夏移籍した藤本寛也(ジル・ビセンテ)も面白い存在。まだ試合には絡んでいないが、ゲームメイク力は東京V時代にも示しており、東京五輪世代に割って入る可能性がある。招集しても面白いが、今回は見送りと予想する。 個人的にはFCロストフで結果を出している橋本拳人を招集して欲しかったが、オランダへの入国制限があるロシアでプレーしているため、今回は見送られることに。クラブで好調を維持しているだけに残念でならない。なお、ボランチは、前述した中山に加えて板倉もプレーしており、ここでは2名に留めておく。 攻撃的 原口元気(29/ハノーファー) 奥川雅也(24/ザルツブルク) 鎌田大地(24/フランクフルト) 三好康児(23/アントワープ) 堂安律(22/アルミニア・ビーレフェルト) 食野亮太郎(22/リオ・アヴェ) 久保建英(19/ビジャレアル) 一方攻撃的なポジションでは、東京五輪世代が多く招集されると予想する。クラブでレギュラーをはる原口、鎌田は招集されるだろう。一方で、去就問題に揺れた中島はケガをしているともされており、招集を回避すると予想する。 東京五輪世代では、三好、堂安、久保に加え、リオ・アヴェで早速ゴールを記録している食野も入ると予想。森保監督も、状態を今一度手元で確認したいはずだ。 また、ザルツブルクでプレーする奥川を初招集しても面白いのではないだろうか。昨シーズンはオーストリア・ブンデスリーガで23試合に出場し9ゴール6アシスト、チャンピオンズリーグでも4試合プレー。アーリング・ハーランドや南野拓実、今夏はファン・ヒチャンと主力の攻撃陣が去る中、チームの中心としての活躍が求められて居る。サイドを主戦場とするが攻撃的なポジションはどこでもこなせるため、一度呼んでみても面白いだろう。 一方で、乾貴士(エイバル)や去就に揺れる香川真司(レアル・サラゴサ)らは予想から外している。 <span class="paragraph-title">FW:見慣れた面々、鈴木優磨が初招集か(5名)</span> 大迫勇也(30/ブレーメン) 伊東純也(27/ヘンク) 鈴木武蔵(26/ベールスホット) 南野拓実(25/リバプール) 鈴木優磨(24/シント=トロイデン) 前線も多くの候補がいる中で、数を大きく絞ってみた。まず、代表でレギュラーを務めていた大迫と南野、そして右サイドで躍動している伊東も招集されるだろう。 気になるのは今夏移籍した鈴木武蔵。すでにゴールも記録しており、海外に出て揉まれているプレーを見せられるかに注目だ。そしてもう1人の鈴木、鈴木優磨にも注目だ。シント=トロイデンではチームの攻撃を牽引。ついに代表活動に参加できると予想する。 エイバルに活躍の場を移した武藤嘉紀や、ラ・リーガで念願のプレーがかなった岡崎慎司(ウエスカ)、オーストリアで気を吐く北川航也(ラピド・ウィーン)らも招集候補には上がるはず。コンディション面を含めて検討すれば、招集もあり得るだろう。 ◆その他ヨーロッパ組 GK山口瑠伊(22/レクレアティボ・ウエルバ) DFファン・ウェルメスケルケン際(26/ズヴォレ) DF安西幸輝(25/ポルティモネンセ) MF乾貴士(32/エイバル) MF香川真司(31/レアル・サラゴサ) MF森岡亮太(29/シャルルロワ) MF橋本拳人(27/FCロストフ)※ MF中島翔哉(26/ポルト) MF伊藤達哉(23/シント=トロイデン) MF遠藤渓太(22/ウニオン・ベルリン) MF藤本寛也(21/ジル・ビセンテ) FW岡崎慎司(34/ウエスカ) FW武藤嘉紀(28/エイバル) FW宮市亮(27/ザンクト・パウリ) FW浅野拓磨(25/パルチザン・ベオグラード)※ FW北川航也(24/ラピド・ウィーン) FW安部裕葵(21/バルセロナ) FW中村敬斗(20/シント=トロイデン) ※セルビアとロシアはオランダ国内への入国制限があり招集見送り 2020.09.29 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

冨安健洋にミランが関心? 最終ラインの補強候補の1人に浮上

移籍市場のタイムリミットが迫っている中、守備陣の補強に動いているミラン。その候補の中に、ボローニャの日本代表DF冨安健洋(21)の名前があるようだ。 移籍市場に精通し、イタリア『スカイ・スポーツ』のジャーナリストとしても活躍しているジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が自身のサイト『GIANLUCADIMARZIO.com』で報じたものだ。 センターバックの補強に動いているミランは、ブラジル代表MFルーカス・パケタ(22)の売却が前提とされながらも、2人の候補を検討しているとのこと。第一候補は、サンテチェンヌのフランス人DFヴェスレイ・フォファナ(19)だが、第二候補が冨安だという。 フォファナはU-17フランス代表歴のある若手CBで、2019-20シーズンにファーストチーム昇格。リーグ・アンで14試合に出場し1ゴール、ヨーロッパリーグでも2試合に出場していた。 しかし、若手の才能を手放したくないことに加え、将来への投資の意味合いが強いフォファナに対し、冨安は2019-20シーズンのセリエAで29試合に出場し1ゴール3アシスト。主に右サイドバックとしてプレーしたが、今シーズンは開幕から2試合をCBでフル出場しており、イタリアでの経験値では優っている状況だ。 また、ミランはマンチェスター・ユナイテッドのU-21ポルトガル代表DFジオゴ・ダロト(21)に対してもオファーを出したという。こちらの移籍は、買い取りオプション付きのレンタル移籍となりそうだが、お互いの要求が折り合っていない状況とのことだ。 いずれにしても残りわずかな時間で最終ラインの補強を目指すミラン。果たして誰がロッソネロのユニフォームに袖を通すだろうか。 2020.09.29 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

新加入ジョタの初ゴールなどでリバプールが3連勝!アーセナルは今季初黒星…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第3節のリバプールvsアーセナルが28日に行われ、3-1でリバプールが勝利した。リバプールのFW南野拓実は91分からプレーした。 開幕連勝スタートとなった王者リバプールは、控えメンバー中心で臨んだミッドウィークのEFLカップ3回戦のリンカーン・シティ戦でも圧勝し公式戦3連勝。難敵アーセナルとの一戦に向けては、前節のチェルシー戦から先発を1人変更。ヘンダーソンに代えてジョー・ゴメスを先発で起用した。 対するアーセナルもミッドウィークに行われたEFLカップ3回戦のレスター・シティ戦を勝利し公式戦3連勝。昨季王者の一戦に向けては、レスター戦から6人を変更。オーバメヤンやウィリアン、ジャカらが先発に名を連ねた。 強豪同士らしく一進一退の立ち上がりとなる中、最初の決定機はリバプールに生まれる。15分、ボックス右でボールキープしたN・ケイタのパスを右サイド高い位置で受けたアレクサンダー=アーノルドがダイレクトクロス。これを中央に走り込んだマネが右足で合わせたが、シュートはGKレノの正面を突いた。 さらに20分には、左CKのセカンドボールをペナルティアーク手前のアーノルドがダイレクトシュート。しかし、ボックス内のDFにディフレクトしたボールはコースが変わりクロスバーを直撃した。 ピンチを凌いだアーセナルは、ファーストシュートで先制する。25分、ボックス左まで持ち上がったメイトランド=ナイルズの折り返しがロバートソンのクリアミスを誘うと、浮き球をゴール前のラカゼットが反転しながら左ボレーで合わせると、叩きつけたシュートにGKアリソンが反応できずゴールネットに吸い込まれた。 先制を許したリバプールだったが、すぐに反撃に出る。28分、フィルミノのパスで右サイド突破したサラーがボックス右から切り込みシュート。これはGKレノに弾かれたが、こぼれ球をマネが押し込み、試合を振り出しに戻した。 同点弾で勢いづくリバプールは、34分にもアーノルドの右クロスをファーサイドから走り込んだロバートソンが収めると、飛び出したGKレノの脇を抜くシュートでゴールネットを揺らした。 迎えた後半、1点を追うアーセナルは60分にジャカを下げてダニ・セバージョスを投入。すると63分、ダニ・セバージョスのスルーパスで抜け出したラカゼットがGKとの一対一を迎えたが、シュートはGKアリソンのブロックに阻まれた。 守護神の好セーブに救われたリバプールは、直後の64分にフィルミノのパスが相手DFにディフレクトしてゴール前にこぼれると、これに反応したマネが反転しながら左足でシュートを放ったが、ボールはゴール左に外れた。 膠着状態が続く中、リバプールは79分にN・ケイタとマネを下げてミルナーと新加入のジョタを投入。すると88分、左CKのセカンドボールをつなぐと、右サイドでボールキープしたサラーのバックパスをアーノルドがダイレクトクロス。これはD・ルイスに跳ね返されたが、こぼれ球をペナルティアーク内のジョタが右モモでトラップしボレーシュート。これがゴール左隅に突き刺さった。 その後、リバプールは91分に南野が登場。しかし、見せ場はほとんどなく試合終了。アーセナルとの全勝対決を制したリバプールがプレミア3連勝を飾った。 2020.09.29 06:14 Tue
twitterfacebook
thumb

ソリアーノのドッピエッタなどでエミリア・ダービーを制したボローニャがホーム開幕戦を勝利で飾る!《セリエA》

冨安健洋の所属するボローニャは28日、セリエA第2節でパルマとホームで対戦し、4-1で勝利した。冨安はフル出場。 ミランとの開幕戦を0-2で惜敗したボローニャは、その試合から先発メンバーを3人変更。ポーリ、スコフ・オルセンの加え、新加入のヒッキーが先発に名を連ねた。冨安はセンターバックで2試合連続の先発となった。 エミリア=ロマーニャ州に本拠地を置く両者の一戦は、ボローニャが開始早々にピンチを迎える。1分、ボックス左からカットインしたジェルビーニョがシュートを放ったが、これは冨安が体を投げ出してブロック。さらに3分には、カラモーのループパスからゴール前に抜け出したブルグマンにヘディングシュートを打たれたが、これはGKスコルプスキの好セーブで難を逃れた。 ピンチを凌いだボローニャは16分、バロウの左CKをファーサイドに走り込んだソリアーノが頭で合わせると、ゴールライン際でGKセペのブロックに阻まれたかと思われたが、ゴールラインテクノロジーによってゴールが認められた。 先制したボローニャは、30分にも相手のパスカットを奪い返したソリアーノがボックス手前からミドルシュートを放つと、これがゴール右上に突き刺さった。 後半も先にスコアを動かしたのはボローニャ。55分、右サイドを持ち上がったソリアーノが、ボックス付近でダイアゴナルランを見せたバロウの空けたスペースへパス。これをボックス中央で受けたスコフ・オルセンがダイレクトシュートをゴール左下に流し込んだ。 リードを広げたボローニャだったが、67分にミスから失点する。GKスコルプスキのキックミスをカットしたブルグマンがパスで中央を通すと、これを受けたエルナニがシュートをゴール右隅に流し込んだ。 1点を返されたボローニャは76分、バロウのスルーパスに反応したパラシオがボックス付近で後ろからイアコポニに倒されると、イアコポニには一発レッドカードが提示された。 数的優位となったボローニャは、後半アディショナルタイムにもパラシオがゴールネットを揺らし、4-1で勝利。ボローニャがエミリア・ダービーとなったホーム開幕戦を白星で飾った。 2020.09.29 05:43 Tue
twitterfacebook
thumb

香川真司の新天地が間も無く発表? スペイン2部サバデル移籍で決定か

レアル・サラゴサからの退団が決定的となっているMF香川真司(31)だが、新天地が間も無く決定するようだ。 スペイン『El Periodico de Aragon』によると、サラゴサと香川は28日か29日にも残りの契約について合意に至るとのこと。さらに、サバデルへの移籍で決着がつく見通しのようだ。 香川は、高額な給与がネックとなり、今夏の退団候補に挙げられていた。本人がスペインでのプレー、特にサラゴサでのプレーを望んだこともあり去就が決まらない状態が続いていたが、新指揮官のルベン・バラハ監督の構想外に。さらに、チームはEU圏外枠をウルグアイ人FWガブリエル・フェルナンデスとブラジル人ウインガーのFWライ・ナシメントに与えることを決定。この結果、香川のサラゴサでの居場所がなくなることとなった。 カタールやサウジアラビア、メジャーリーグ・サッカー(MLS)やトルコからもオファーがあった香川だが、スペインでのプレーを希望。一方で、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のログロニェスからのオファーは拒否。レガネス、ラージョ・バジェカーノ、フエンラブラダからのオファーも進展していない状況だった。 サバデルはセグンダ・ディビシオンに所属しており、今シーズンは現在22チーム中20位。開幕から連敗を喫している。 かつてはFW指宿洋史(湘南ベルマーレ)やMF田邉草民(アビスパ福岡)らがプレーしたこともあり、日本人実業家の坂本圭介氏がオーナーを務めていた時期もあった。 香川は、2019-20シーズンにドルトムントからサラゴサへ完全移籍。セグンダ・ディビシオンで31試合に出場も4ゴール1アシストと期待通りの活躍はできず。また、チームも終盤失速し昇格を逃していた。 夏の移籍市場が残り1週間となった中、新たに浮上した新天地。今回の契約がまとまるだろうか。 2020.09.28 21:56 Mon
twitterfacebook