G大阪MF遠藤保仁が大偉業! J1最多出場数の歴代単独トップに立つ

2020.07.04 18:03 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ガンバ大阪に所属する元日本代表MF遠藤保仁(40)がJ1最多出場記録を更新した。明治安田生命J1リーグは新型コロナウイルスによる中断期間を経て、4日に再開。遠藤は本拠地で行われるセレッソ大阪との第2節に向けたスターティングメンバーに入り、出場を果たした。J1通算632試合目の出場となり、最多出場数で並ぶ元日本代表GKの楢崎正剛氏を抜き、歴代単独トップに躍り出ている。

鹿児島実業高校出身の遠藤は1998年に横浜フリューゲルスでプロキャリアをスタートさせると、1999年の京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)移籍を経て、2001年からG大阪でプレー。プロ入りした1998年の初出場から実に23年目での大偉業達成となる。

これまで2度のJ1優勝やAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝など数々のチームタイトル獲得歴を誇り、日本代表としても歴代最多キャップ数を打ち立てた遠藤。プロ通算1000試合出場を達成するなど輝かしいキャリアにまた1つ華を添えることとなった。

◆J1歴代出場数
1.遠藤保仁(ガンバ大阪)/632試合
2.楢崎正剛(名古屋グランパス)/631試合
3.中澤佑二(横浜F・マリノス)/593試合
4.阿部勇樹(浦和レッズ)/574試合
5.曽ヶ端準(鹿島アントラーズ)/532試合

◆J1最多出場記録更新の軌跡
1998:横浜フリューゲルス/16試合
1999:京都パープルサンガ/24試合
2000:京都パープルサンガ/29試合
2001:ガンバ大阪/29試合
2002:ガンバ大阪/30試合
2003:ガンバ大阪/30試合
2004:ガンバ大阪/29試合
2005:ガンバ大阪/33試合
2006:ガンバ大阪/25試合
2007:ガンバ大阪/34試合
2008:ガンバ大阪/27試合
2009:ガンバ大阪/32試合
2010:ガンバ大阪/30試合
2011:ガンバ大阪/33試合
2012:ガンバ大阪/34試合
2014:ガンバ大阪/34試合
2015:ガンバ大阪/34試合
2016:ガンバ大阪/34試合
2017:ガンバ大阪/31試合
2018:ガンバ大阪/34試合
2019:ガンバ大阪/28試合
2020:ガンバ大阪/2試合
コメント
関連ニュース
thumb

G大阪FWアデミウソン、酒気帯び運転などの疑いで任意捜査 クラブは捜査終了後に改めて処分決定の方針

ガンバ大阪は26日、ブラジル人FWアデミウソンの道路交通法違反容疑を報告した。 アデミウソンは25日午前8時35分頃に自らが運転する自動車で大阪府茨木市内の追い越し車線を走行中、左前側ボディーが走行車線の自動車と接触。それを認識せず、10時から予定したチームのトレーニングに参加すべく、クラブハウスに向かったという。 トレーニング終了後の11時30分頃にはクラブハウスで大阪府警察本部交通部の高速道路交通警察隊から任意同行を求められ、12時から吹田分駐所で約4時間にわたる事情聴取。そこでのアルコール検査で基準値を上回るアルコールが検出されたようだ。 17時から約1時間にわたり、アデミウソン本人から事故に関する詳細を確認したというG大阪は酒気帯び運転および報告義務違反でクラブハウス立入禁止の謹慎処分を科したが、捜査終了後に改めて処分を決定。今回の件を受け、本日に会見を行う。 アデミウソンはG大阪在籍5シーズン目の今季、ここまで明治安田生命J1リーグ21試合に出場。チーム最多タイの6得点を挙げ、24日に本拠地で行われた第24節の柏レイソル戦でも終盤に決勝ゴールを記録して、チームの9試合無敗に大きく貢献した。 2020.10.26 13:50 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪FW白井陽斗が右ヒザ前十字じん帯損傷 相模原戦で負傷交代

ガンバ大阪は26日、FW白井陽斗の負傷を発表した。 2018年にG大阪ユースからトップチームを昇格を果たした白井は7日に行われた明治安田生命J3リーグ第20節のSC相模原戦で負傷交代。右ヒザ前十字じん帯損傷のケガを負ったという。 プロ3年目の今季はU-23の一員としてJ3リーグ16試合3得点を記録。今年8月に行われたルヴァンカップ・グループステージ第3節の湘南ベルマーレ戦でトップチーム初出場を果たした。 2020.10.26 11:20 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪FW唐山翔自がチーム事情でU-19日本代表候補トレーニングキャンプ不参加

日本サッカー協会(JFA)は25日、ガンバ大阪が25日、所属するFW唐山翔自のU-19日本代表候補トレーニングキャンプ不参加を発表した。理由はチーム事情のため。代替招集はない。 キャンプは25〜28日まで千葉県の高円宮記念JFA夢フィールドで実施。先日に現役を引退した内田篤人ロールモデルコーチも帯同する。 2020.10.25 19:20 Sun
twitterfacebook
thumb

G大阪が9戦無敗でACL出場圏浮上! オルンガ23戦23発目の柏にアデミ決勝弾で競り勝つ《J1》

明治安田生命J1リーグ第24節の1試合がパナソニック スタジアム 吹田で行われ、ホームのガンバ大阪が柏レイソルを2-1で下した。 8試合無敗を継続して上位を猛追する4位G大阪だが、今節は今季公式戦2試合でいずれも完封負けの柏が相手。その今節も昌子が欠場したセンターバックの一角に菅沼が引き続き起用され、宇佐美とパトリックがスターティングメンバーに復帰した。一方、ACL出場権獲得のためにも負けられない戦いが続く8位柏は出場停止の三原に代わり、大谷を起用。左サイドバックに古賀を置き、湘南ベルマーレに2-3で競り負けた前節の払拭を狙った。 立ち上がりからボールの主導権を握りにかかりつつ、相手のビルドアップ時にも果敢にプレッシングをかけていき、クリスティアーノとオルンガのシュートチャンスを早々に作り出した柏だが、徐々に高い位置でのプレッシャーを際立たせたG大阪も攻撃の形を構築。柏がシンプルに背後を突く攻撃を仕掛けてくるなか、次第にボールの主導権争いでも盛り返していったG大阪もエースの宇佐美がフィニッシュに持ち込む場面を作り出すなど、一進一退の攻防戦となる。 試合が進むにつれ、ボールを保持する時間が減った柏だが、前線から積極的にプレッシャーをかけていき、35分にもカウンターからクリスティアーノに決定機が巡ってくると、続く37分にも速攻から仲間がフィニッシュ。対するG大阪も39分、この試合がJ1通算300試合目の出場となる倉田がボックス右深くから浮き球パスを出して、ファーサイドでフリーのパトリックにヘッドで合わせにかかるが、両軍ともにチャンスをモノにできず、無得点で試合を折り返した。 互いに交代なしでスタートした後半も緊迫した展開で進むなか、52分に均衡が破れる。小野瀬が強烈なミドルシュートを放った流れで左CKのチャンスを獲得して、キッカーの宇佐美が右足インスイングのクロスを供給。ファーサイドでオルンガのマークを剥がしたパトリックが頭で合わせにかかると、その後ろで処理を試みたGKキム・スンギュがキャッチをし損ねたボールがゴールラインを割り、ホームのG大阪が先制に成功する。 セットプレーから守りが崩れてしまった柏はすぐさまボールの主導権を握り返していき、ひとつの攻撃を二次、三次に繋げていく場面も作り出すが、G大阪の守備陣も奮闘。そんなG大阪は63分に倉田と小野瀬が立て続けにシュートを放っていき、追加点に迫ったが、GKキム・スンギュの身体を張ったブロックに遭い、柏を引き離すチャンスを逃す。すると、柏は60分に神谷を投入。もうひと工夫のところまでくる攻撃のさらなる活性化を図る。 その柏に対抗しようと、74分にアデミウソンを送り出したG大阪だが、80分にハイボールの競り合いからバイタルエリア中央の江坂がボックス中央にスルーパスを通すと、オルンガが反応。最終ラインの背後を抜け出して左足シュートを蹴り込み、柏が同点に追いついた。オルンガはこれで2試合連続ゴールとなり、23試合目の出場で得点ランキングトップを独走の23発目。これでさらに前に圧力を強めた柏がよりペースを握り、G大阪ゴールに迫っていく。 しかし、矢島と渡邉を送り込み、勝利への執念をみせたG大阪が勝負強さを発揮。89分、山本から敵陣中央でボールを受けた倉田がバイタルエリア右のアデミウソンにボールが入ると、中央に切り込みながらシュートコースを探り、左足を一閃する。利き足ではない左足でのフィニッシュだったが、これがゴール左に突き刺さり、G大阪が後半アディショナルタイム間近の土壇場で再びリードした。 結局、アデミウソンの劇的な一撃で柏に競り勝ったG大阪が今季3度目の連勝を成し遂げ、9試合無敗を継続。消化試合が多いFC東京を交わして、暫定ながらACL出場圏の3位に浮上した。 ガンバ大阪 2-1 柏レイソル 【G大阪】 OG(後7) アデミウソン(後44) 【柏】 オルンガ(後35) 2020.10.24 18:15 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第24節:G大阪vs柏】進撃のガンバ、今季2戦2敗のレイソルに“3度目の正直”なるか

【明治安田生命J1リーグ第24節】 2020年10月24日(土) 16:00キックオフ ガンバ大阪(4位/45pt) vs 柏レイソル(8位/37pt) [パナソニック スタジアム 吹田] ◆3度目の正直なるか【ガンバ大阪】 前節は大分トリニータのホームに乗り込み、途中出場の宇佐美貴史→パトリックのホットラインから生まれた決勝ゴールで1-0の勝利。これで引き分けを挟み、9月中旬の秋口から7連勝中と着実に勝ち点を積み上げ、上位勢より試合数が少ないにもかかわらず、来季のACL出場圏内3位に肉薄のところまで迫っている。 そうした進撃は磐石なものではないが、ここ8試合は安定した守りを際立たせ、4試合が無失点。残り4試合もすべて1失点に抑え込む。勝利した7試合のうち実に6試合は1点差。三浦弦太をはじめ、数名の故障者もいるが、J屈指のタレント力を生かしながら、勝負どころで攻守の歯車がかみ合い、勝負強さが光っている。 ホーム連戦の初戦となる今節は柏が相手。今季はルヴァンカップとリーグ戦で対戦しているが、オルンガと江坂任に2ゴールずつを許して、すべて敗北。しかも、G大阪の攻撃陣はいずれも柏守備陣に完封され、あまり良い印象がない対戦カードとなる。勝てば昨季の年間勝ち点47を上回るが、3度目の正直なるか。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、菅沼駿哉、キム・ヨングォン、福田湧矢 MF:小野瀬康介、井手口陽介、山本悠樹、倉田秋 FW:パトリック、宇佐美貴史 監督:宮本恒靖 ◆仕切り直しなるか【柏レイソル】 前節は湘南ベルマーレのホームに乗り込み、2-3の敗戦。開始早々に先制を許したなか、オルンガや古巣戦だった神谷優太のゴールで逆転したが、終盤に追い上げを許して、ACL出場権が遠のく1敗を喫した。ただ、上位勢は試合消化数が多い状況。いかに勝利という形で素早く立ち直れるかが大事になってくる。 今節のG大阪戦は良いイメージが残る相手でもあるだけに、仕切り直しの一戦にしたいところだ。そんなG大阪との前回対戦はホームの柏が3-0で快勝。現在のG大阪は当時と異なる姿、勢いにあるが、ACL出場権を獲得するのであれば、勝ち点8差の相手との直接対決でもあるだけに、何としてでも叩いておきたい。 ただ、守りの部分に不安を残す。G大阪が無敗を継続する直近8試合でみると、13失点。そのうちの4試合で複数失点している。その間に14得点を奪う攻撃面はさすがの破壊力だけに、守りの部分を修正して今節に挑みたい。今季19試合出場の三原雅俊が出場停止の今節だが、お得意のG大阪を相手に勝利なるか。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:キム・スンギュ DF:北爪健吾、大南拓磨、古賀太陽、三丸拡 MF:ヒシャルジソン、大谷秀和 MF:クリスティアーノ、江坂任、神谷優太 FW:オルンガ 監督:ネルシーニョ 2020.10.24 12:15 Sat
twitterfacebook