ザネが遂にバイエルン移籍へ! 最大総額約73億円でシティとクラブ間合意と報道

2020.07.01 14:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティは、ドイツ代表FWレロイ・ザネ(24)の移籍に関して、バイエルンとクラブ間合意に達したようだ。イギリス『BBC』が伝えた。

昨夏からバイエルン移籍が盛んに取り沙汰されていたザネ。シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督も「彼は別のクラブでプレーしたいようだ。新たな冒険を望んでいる」と2021年夏まで契約を残すザネの退団希望を明らかにしていた。

◆ザネ、チャンピオンズリーグで魅せた技ありゴール

『BBC』によると、移籍金は4470万ポンド(約59億5000万円)で、最大総額はボーナス1010万ポンド(約13億4000万円)を加えた5480万ポンド(約72億9000万円)とのこと。移籍成立のため、ザネは24時間以内にドイツへ向かうようだ。

2016年夏に移籍金3700万ポンド(約49億2500万円)でシャルケからシティに加入したザネは、公式戦通算135試合で39ゴール45アシストをマーク。しかし、今シーズンんは開幕前に右ヒザ前十字じん帯損傷の大ケガを負い、今シーズンは6月22日のプレミアリーグ第30節バーンリー戦の11分間の出場にとどまっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

大型補強前のシティの要!エラーノが見せた漢のドンズバFK弾【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表MFのエラーノ氏がマンチェスター・シティ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆エラーノが見せた漢のドンズバFK弾<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIzV3VTbzF6SSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ブラジル代表として2010年ワールドカップにも出場したエラーノ氏は、2007年から2年間マンチェスター・シティに在籍。2009年の夏にチームの大型補強に押し出される形で退団したものの、移籍初年度には公式戦ふた桁得点も記録している。 エラーノ氏のシティでの初得点は2007年9月29日に行われたプレミアリーグ第8節のニューカッスル戦。87分に獲得したフリーキックの場面だった。 ゴール正面やや右、ゴールまで約23mの位置でFKのチャンスを獲得すると、キッカーのエラーノは右足を一閃。GKシェイ・ギブンが構えていた方のコースへと強烈なシュートを放つ。 ギブンは逆を突かれた形となり、反応が遅れると、ボールは懸命に伸ばした手のわずか先、ゴール左上隅の完璧なコースにドンピシャで突き刺さった。 試合はこのゴールも含めシティが3-1で勝利。エラーノはシチズンズの信頼を勝ち取った。 2020.08.09 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ベスト8が決定!シティやバルサ、バイエルンが勝ち上がり!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16の2ndレグが8日に終了し、ベスト8が出揃った。 勝ち上がりを決めたのはスペインからバルセロナとアトレティコ・マドリー、ドイツからバイエルンとライプツィヒ、フランスからパリ・サンジェルマンとリヨン、イングランドからマンチェスター・シティ、イタリアからアタランタとなっている。 準々決勝は一発勝負となり、12日からスタート。バルセロナvsバイエルンなどの好カードが組まれている。組み合わせは以下の通り。 ▽8/12 アタランタvsパリ・サンジェルマン ▽8/13 ライプツィヒvsアトレティコ・マドリー ▽8/14 バルセロナvsバイエルン ▽8/15 マンチェスター・シティvsリヨン 2020.08.09 06:07 Sun
twitterfacebook
thumb

古巣バルサがジャブも移籍金に開き、シティ退団意向のエリック・ガルシア譲渡に41億円を設定

マンチェスター・シティはU-21スペイン代表DFエリック・ガルシア(19)の売却を巡って適切な価格での売却を望んでいるようだ。 2017年夏にバルセロナ下部組織からシティのU-18チームへ入団したガルシアは、今シーズンからファーストチームへ昇格。ここまでの今シーズンで公式戦19試合に出場して1アシストを記録している。 中断明け以降は出場機会を増やし、着実に成長を遂げていたガルシアだが、契約期間が2021年夏に迫っている契約の更新を拒否したとジョゼップ・グアルディオラ監督が明かし、大きな話題を呼んていた。 イギリス『BBC』によると、このままでは来夏フリーで流出となるガルシアに対し、どのクラブに対しても適切なオファーがない限り拒否する方針を固めたとのこと。その移籍金は、3000万ポンド(約41億4000万円)になるとされている。 一方で、イギリス『サン』によれば、古巣であるバルセロナが買い戻しに向けて動いているとし、移籍金1400万ポンド(約19億3000万円)でのファーストアタックを試みるとのこと。シティが要求する希望額とは程遠いものの、来夏フリーになることを踏まえて探りを入れているようだ。 ガルシアの退団意向は真実といえ、バルセロナでのプレー願望はまだ憶測の段階。期待されている若手有望株はどのクラブでの未来を見据えているのか。シティはボーンマスからオランダ代表DFナタン・アケ(25)をすでに確保しているだけに、その決断に注目が集まる。 2020.08.08 15:40 Sat
twitterfacebook
thumb

欧州制覇狙うペップ、視線はもう先に 「レアル撃破は1つのステップ」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がさらなる高みを目指した。 シティはチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16でレアル・マドリーと激突。敵地での1stレグに続いて、7日にホームで行われた2ndレグも2-1の白星で飾り、2戦合計スコア4-2でベスト8進出を決めた。 <div id="cws_ad">◆CLラウンド16・2ndレグ|マンチェスター・シティvsレアル・マドリー<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=6m1370li7b8914y4gofdptjk5" async></script></div> レアル・マドリーの指揮を執り始めてから一度もノックアウトステージで負けのないジネディーヌ・ジダン監督のレアル・マドリーを退け、8強入りのグアルディオラ監督。試合後、イギリス『BT Sport』でこう総括した。 「我々は多くのチャンスを作り、彼らのミスから2ゴールを決めた。もっと攻め立て、追加点を狙ったが、あのようなチーム相手だとそう容易くいかないものだ」 また、クラブとして悲願の欧州制覇を目指して、レアル・マドリー撃破の余韻に浸ることなく、より高みに目を向けた。 「我々はトライするためにここにいる。CLを制するためにね。(ベスト8進出は)1つのステップに過ぎない。それで十分だと思うなら、存在の小ささを示すことになる。優勝したければ、ビッグクラブを倒していかないと」 「大事なのは2連勝したということ。ジネディーヌ・ジダンは一発勝負で負けた前例がない。彼らはプレーの冷静さや姿勢を見るだけでも良いチームだ」 そんなシティは準々決勝でリヨンと相対する。スペイン人指揮官はユベントスをアウェイゴール差で破り、ベスト8に駒を進めた相手に警戒心を強めた。 「先ほどスカウティング陣と話をして、警戒の必要性を指摘された。その彼らとの試合まで8日の準備期間がある。まずはその期間を楽しみ、リヨンについて分析していきたい」 2020.08.08 12:15 Sat
twitterfacebook
thumb

「シティのプレッシャーが…」 アザールがCL敗退ゲームでの不発理由を分析

レアル・マドリーのベルギー代表MFエデン・アザールが不発に終わったマンチェスター・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 マドリーは7日、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグに挑み、アウェイでマンチェスター・シティと対戦。1stレグに続いて、1-2で敗れると、2戦合計スコア2-4でラウンド16敗退が決まった。 <div id="cws_ad">◆CLラウンド16・2ndレグ|マンチェスター・シティvsレアル・マドリー<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=6m1370li7b8914y4gofdptjk5" async></script></div> 左ウイングとして先発するも守備に追われ、自身のストロングポイントを全く発揮できなかったアザール。試合後のインタビューで自身を含めてミスが多かった理由を説明している。 「前半は良かったと思う。僕たちが望んだフットボールをできていたね。失点をしたが、僕たちもゴールを決めた。このクラブのためにプレーするときは全てに勝ちたい。特にCLではね」 「マンチェスター・シティのプレッシャーがあったからプレーするのが難しくて、ミスを犯した。それはフットボールの一部だ。難しいけど、ハングリーさを取り戻して全てを勝ち取りたい。それがこのクラブの要求だ」 2020.08.08 12:00 Sat
twitterfacebook