ザネが遂にバイエルン移籍へ! 最大総額約73億円でシティとクラブ間合意と報道

2020.07.01 14:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティは、ドイツ代表FWレロイ・ザネ(24)の移籍に関して、バイエルンとクラブ間合意に達したようだ。イギリス『BBC』が伝えた。

昨夏からバイエルン移籍が盛んに取り沙汰されていたザネ。シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督も「彼は別のクラブでプレーしたいようだ。新たな冒険を望んでいる」と2021年夏まで契約を残すザネの退団希望を明らかにしていた。

◆ザネ、チャンピオンズリーグで魅せた技ありゴール

『BBC』によると、移籍金は4470万ポンド(約59億5000万円)で、最大総額はボーナス1010万ポンド(約13億4000万円)を加えた5480万ポンド(約72億9000万円)とのこと。移籍成立のため、ザネは24時間以内にドイツへ向かうようだ。

2016年夏に移籍金3700万ポンド(約49億2500万円)でシャルケからシティに加入したザネは、公式戦通算135試合で39ゴール45アシストをマーク。しかし、今シーズンんは開幕前に右ヒザ前十字じん帯損傷の大ケガを負い、今シーズンは6月22日のプレミアリーグ第30節バーンリー戦の11分間の出場にとどまっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

悲願のPL制覇もクロップに“守る”意識はなし 「来季も攻めの姿勢で挑む」

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、来シーズンのプレミアリーグの戦いに向け、タイトルを“守る”意識はないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 先月25日に30年ぶりとなる国内リーグ制覇を決め、昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に続くメジャータイトルの獲得に成功したリバプール。 新たな黄金時代の到来を予感させる快進撃を続けるレッズをけん引するドイツ人指揮官は、今後もクラブとして“攻め”の姿勢を継続することを望んでいる。 2日に行われるプレミアリーグ第32節、マンチェスター・シティ戦の前日会見に出席したクロップ監督は、プレミアリーグ制覇の余韻に浸ることなく、早くも来シーズンの戦いに向けたクラブとしての姿勢を明らかにしている。 「我々が謙虚さを失わず、貪欲である限り、今後も相手にとって本当に嫌なチームであり続けられるだろう。そうなれれば、勝つチャンスが舞い込むものだ。そして、勝つチャンスがあるときには勝ち切らなければならない」 「多くのチャレンジがあるし、人生は常にチャレンジだ。現時点で我々の挑戦はチャンピオンとして、すべてを懸けて向かってくるチームに対して残りの7試合を戦うことだ」 「我々は走り続けなければならない。それが必要なことだからではなく、自分たちが求めているものとしてね。それを証明していきたい」 「あなた方は来シーズン、我々を前回王者として取り上げ扱うことになる。だからこそ、ここで言っておきたい。『我々は守りに入らない。攻めの姿勢で挑む』とね」 また、来シーズンのリーグタイトルを争う最大のライバルは、今節対峙するシティかとの質問に対しては、その問いかけを肯定しつつもマンチェスター・ユナイテッド、チェルシーらが強力なライバルになると主張している。 「シティは来シーズンより強くなるはずだ。ユナイテッド、チェルシーも同様だ。来シーズン、彼らが強くなることは明白だ」 「シティは傑出したチームであり、ユナイテッドは素晴らしい状態を維持している。チェルシーに関しては非常に調子が良く、幾つかの興味深いビジネスも行っている」 「トッテナムやアーセナルもこのまま眠り続けることはない。彼らは(優勝争いに)絡んでくるはずだ。レスター(・シティ)もね。とにかく、たくさんのライバルがいる」 2020.07.02 19:04 Thu
twitterfacebook
thumb

ペップ、サンチョ復帰可能性を否定! 「意味がない」

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、ドルトムントに所属するイングランド代表FWジェイドン・サンチョ(20)の復帰に否定的な考えを示した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 シティの下部組織出身のサンチョは、将来の主力候補としてクラブが慰留に努めながらもトップチームデビューすることなく、2017年夏にドルトムントへ旅立った。すると、ドイツの地でその才能を完全に開花させると、今シーズンは公式戦44試合20得点20アシストの傑出した数字をマーク。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆イングランドが誇る新たな“ワンダー・キッド”、ジェイドン・サンチョ<br/><div style="margin:0 auto; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJwdWV6QjlVVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> ステップアップが噂される今夏の移籍市場ではマンチェスター・ユナイテッドやチェルシーなど、多くのビッグクラブから注目を集めている。 一方、シティではドイツ代表MFレロイ・ザネ(24)のバイエルン移籍が今週中にも決定する見込みで、その場合は左右のウイングのポジションが新たな補強ポイントとなる。 そして、サンチョ売却時に優先交渉権を契約に盛り込んでいたこともあり、今後シティが買い戻しに動く可能性が一部メディアの間で伝えられている。 そういった中、2日に行われるプレミアリーグ第32節、リバプール戦の前日会見の場ではサンチョ復帰の可能性に関する質問が飛んだが、グアルディオラ監督は「意味がない」と、現時点でクラブとして呼び戻しの意思がないことを明らかにした。 「ノー、ノー、ノーだ。彼は過去に去ることを決めた。なぜ戻ってくることを決断するんだ?」 「我々はエリック・ガルシアやフィル(・フォーデン)と同じように彼に残ってほしかった。だが、今のレロイや過去に他の国で指揮を執ることを決めた私のように移籍を希望した」 「彼がドルトムントへの移籍を決めたのは、1年後に戻ってくることを念頭に置いたものではない。それは意味がないことだ」 「当時、彼はここにいたくないと思っていたのだから、復帰を望んでいないと思う」 2020.07.02 15:24 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントスとシティの間で若手のトレード成立! ポルトガルとスペインの未来が移籍

ユベントスは6月30日、マンチェスター・シティのU-19ポルトガル代表FWフェリックス・コレイア(19)の獲得を発表した。また、シティはU-18スペイン代表FWパブロ・モレノ(18)をユベントスから獲得したことを発表している。 ユベントスの発表によると、コレイアは完全移籍で加入。5年契約を結んだとのことだ。なお、シティに対し、2020-21シーズン中に1050万ユーロ(約12億7000万円)を支払うことも発表している。 <div id="cws_ad">◆ユベントスユースで輝きを放つパブロ・モレノ<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJKM1d3RXN0QiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 一方で、シティはモレノを完全移籍で獲得し4年契約を締結。移籍金は1000万ユーロ(約12億1000万円)とのことだ。 コレイアは昨夏スポルティング・リスボンからシティに加入。左右のウイングを主戦場とする右利きのアタッカーで、ポルトガルの世代別代表で常にプレーしてきた逸材はスピードを生かした縦への突破に加え、トリッキーな足技を生かして密集地帯をすり抜けるその仕掛け、右足のパワフルなシュートを特長としている。 今シーズンはAZに1年間の武者修行に出てU-23チームの一員として、エールステディビジ(オランダ2部)で23試合3ゴール5アシストの数字を残していた。 ユベントスのプリマヴェーラを主戦場とするモレノは、2018年夏にバルセロナの下部組織から加入したストライカー。バルセロナのカンテラ在籍6年間で公式戦200ゴール以上を奪った逸材は、繊細なボールタッチを生かした打開力に加え、優れた両足のキック、抜群の得点感覚を最大の特長とする。 今シーズンのプリマヴェーラでは公式戦21試合に出場し5ゴール2アシストの数字を残していた。 2020.07.01 12:05 Wed
twitterfacebook
thumb

オーウェンが来季のプレミア優勝を争う4クラブを予想!

元イングランド代表のエース、マイケル・オーウェン氏が、来季のプレミアリーグの優勝争いについて予想した。『プレミアリーグ・プロダクション』の内容をもとに、イギリス『ミラー』が伝えている。 現役時代、リバプールなどで活躍したオーウェン氏は、今シーズン圧倒的な強さで30年ぶりのリーグ優勝を達成したリバプールの来シーズンの優勝争いの相手として3クラブの名を挙げた。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJXQ3NHRUx2SiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 「リバプールは本当に強いチームで、恐らく今後しばらくはその強さを保つと思う」 「しかし、それは他を寄せ付けないというわけでない。マンチェスター・シティは信じられないくらい素晴らしいチームで、彼らが調子を取り戻せば、我々は両チームによる素晴らしいタイトル争いを見ることができるだろう」 「この2チームの次に頭に浮かぶのはマンチェスター・ユナイテッドだ。彼らは凄い速さでチームが強くなっている」 「チェルシーも、積極的な補強でクラブとしての強い意志を感じる。しばらく補強が禁止されていたが、また大型補強を行っているし、若いタレントも揃っている。それにフランク・ランパード監督からも強い決意を感じる」 「リーグタイトル争いに絡めそうなチーム自体はたくさんいるが、シティの他にメインとなるのはこれらの2クラブだろう」 2020.06.30 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

シティもグリーリッシュ獲得レースに参戦? 移籍の鍵はバイエルンに

マンチェスター・シティがアストン・ビラのイングランド人MFジャック・グリーリッシュ(24)の獲得レースに参戦する可能性が浮上した。イギリス『テレグラフ』の情報をもとにイギリス『ミラー』が報じている。 アストン・ビラ下部組織育ちのグリーリッシュ。主将を務める今シーズンは、ここまで公式戦35試合に出場して9得点8アシストと降格圏に沈むチームで一人気を吐いているが、チームが降格した場合、プレミアリーグのトップクラブへのステップアップが見込まれている。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJQNjhRN3JpMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> グリーリッシュには、マンチェスター・ユナイテッドが獲得に関心を寄せているとの報道が出てから久しいが、ここに来てシティも名乗りを上げる可能性が浮上した。 『テレグラフ』によると、シティはドイツ代表FWレロイ・ザネがバイエルンへの移籍が決定した場合、その後釜としてグリーリッシュの獲得に動く可能性があるようだ。 リーグ戦の再開後から、シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、契約が来シーズン限りで切れるザネの退団願望を公に認めており、今夏のバイエルンへの移籍が有力視されている。 現在バイエルンはザネの移籍金として3500万ポンド(約46億2000万円)をオファーしていると言われているが、この金額について、シティ側は明らかに足元を見られていると感じており、これに応じるくらいなら来季終了時にフリーでの退団を許す方が良いとすら考えているようだ。 一方で、グアルディオラ監督は今シーズン、カラバオカップ(EFLカップ)でアストン・ビラと対戦した際にはグリーリッシュを「リーグでも最高の選手の1人」と称するなど、その才能を認めているとみられる。 両ウィングとトップ下のポジションでもプレーできるグリーリッシュは、今シーズン限りでの退団を発表している元スペイン代表MFダビド・シルバの穴を埋めることもできる良いオプションになると考えている模様だ。 それに加えて、イングランド人のグリーリッシュはシティのホームグロウン選手の割当にも該当し、シティにとっては多くのメリットを持った選手となる。 シティは、ザネに対して5000万ポンド(約66億円)程のオファーには応じる意思があると見られており、この移籍の鍵を握るのはバイエルンになってきそうだ。 2020.06.30 22:20 Tue
twitterfacebook