フェイエノールトが今季復帰した元オランダ代表MFフェルと2年間の契約延長

2020.07.01 11:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フェイエノールトは6月30日、元オランダ代表MFリロイ・フェル(30)との契約延長を発表した。新たな契約期間は2022年6月30日までとなる。フェルはフェイエノールトの下部組織で育ち、17歳でファーストチームデビュー。2008年1月にファーストチームに昇格。2011年8月にトゥベンテへと完全移籍すると、ノリッジ、QPR、スウォンジーと渡り歩き、2019年7月に復帰していた。



今シーズンはエールディビジで23試合に出場し2ゴール2アシストを記録。ヨーロッパリーグでも5試合に出場していた。現行契約は2020年6月30日までとなっていたが、2年間の延長となった。

テクニカルディレクター(TD)を務めるフランク・アルネセン氏は、「昨シーズンリロイがフェイエノールトに戻った後、間違いなく価値を証明した。ディック・アドフォカート監督にとって、中盤で重要なリンクマンとなった。全ての期待に応えるだけでなく、ピッチ内外での経験を生かし、この選択に大きな価値を与えている」とフェルとの契約延長にコメントした。
コメント
関連ニュース
thumb

フェイエ主将MFベルフハイスにローマ行きの可能性?

フェイエノールトに所属するオランダ代表MFステーフェン・ベルフハイス(28)にローマ行きの可能性があるようだ。『transfermarkt』が伝えている。 トゥヴェンテでプロキャリアをスタートしたベルフハイスはAZ時代に台頭。その後、ワトフォードを経て2016年夏にフェイエノールトへレンタル移籍で加入すると、完全移籍に切り替わった2017年から絶対的な主力に君臨し、現在は背番号10と共にキャプテンを務めている。 右ウイングを主戦場に卓越した左足の技術、パス精度、決定力を併せ持つ万能型アタッカーは、直近3シーズンのエールディビジで毎シーズン20ゴール以上に関与しており、今シーズンここまでも6試合の出場で6ゴール4アシストを記録している。 オランダ代表としても通算15キャップを刻むベルフハイスに関しては以前からローマからの関心が伝えられており、今夏にも移籍に迫っていたとの報道もあった。 そういった中、フェイエノールトのキャプテンはオランダ『RTL 7』でローマとの関連について言及している。 「そのこと(ローマからの関心)については幾つかのことを知っているよ。だけど、僕はここにいる。確かに彼らからの関心はあったけど、具体的なものは何もなかったよ」 「これについてはかなり前から続いている話で、クラブと代理人は過去にそれについて話し合ったこともある」 「ローマ行きに関して具体的な考えはないよ。具体的な話がないのだからね。もちろん、その時が来れば、当然考えることになるはずさ。ただ、現時点で僕が焦点を当てるべきものではないよ」 なお、オランダ『Voetbal International』によると、ベルフハイスは2019年8月に2022年までの新契約にサインした際、金額は不明もクラブ側に不当な移籍金を要求しない旨を受け入れさせており、バーゲン価格での移籍が可能だという。 ローマは今夏、元スペイン代表FWペドロ・ロドリゲスを獲得した一方、トルコ代表FWジェンギズ・ウンデル、オランダ代表FWユスティン・クライファート、元アルゼンチン代表FWディエゴ・ペロッティら昨季の主力クラスがクラブを離れており、2列目の選手層に不安を抱えている。 2020.10.30 18:28 Fri
twitterfacebook
thumb

その左足は父親譲り!ファン・ペルシの息子シャキール君が見事なジャンピングボレー

ファン・ペルシが見事な左足ジャンピングボレーシュートを決めた。 とは言っても、決めたのは現役時代にアーセナルやマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシ氏ではなく、その息子のシャキール君(13)だ。 シャキール君は現在、父の古巣であり、現在はスタッフを務めるフェイエノールトのU-15チームに所属。父と同じようにFWとしてプレーしている。 10日に行われたアヤックスのU-15チームとの試合に先発出場を果たすと、3-2と1点リードで迎えた後半、フェイエノールトU-15が左サイドを崩す。ボックス左深部からアイメン・スリティ君がクロスを上げると、中央でフリーになっていたシャキール君が大胆なジャンピングボレーシュート。しっかりとミートされたシュートは、相手GKの手を弾きながらネットを揺らし、貴重な追加点となった。 シャキール君はその後にも追加点を奪い、フェイエノールトU-15は8-3の大勝を飾っている。 父親に負けないスーパーゴールを決めたシャキール君は試合後に自身のインスタグラム(shaqueelvanpersie)を更新。「アヤックス戦でのチームのパフォーマンスと僕のゴールに本当に満足しています。皆さんは僕のゴールとアイメン・スリティのアシストが好きですか?」とコメントしている。 ユナイテッド時代にリーグ優勝を決めたアストン・ビラ戦での超絶ボレーシュートなど、味方も驚嘆させるプレーを数多く見せていたファン・ペルシ氏。その左足の技術は息子へと受け継がれているようだ。 <div id="cws_ad">◆シャキール・ファン・ペルシ君がお父さんを彷彿とさせる左足ジャンピングボレー</div><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CGLFSijlLOC/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="12" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CGLFSijlLOC/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div></a> <p style=" margin:8px 0 0 0; padding:0 4px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CGLFSijlLOC/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#000; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none; word-wrap:break-word;" target="_blank">Really happy with my goals today against Ajax and our team performance. Do you like my goal and what an assist from @aymen.sliti117 #proudofmyteam #Fey015 #teamperformance #teamwork</a></p> <p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/shaqueelvanpersie/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px;" target="_blank"> Shaqueel van Persie</a>(@shaqueelvanpersie)がシェアした投稿 - <time style=" font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px;" datetime="2020-10-10T18:42:25+00:00">2020年10月月10日午前11時42分PDT</time></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.10.12 20:20 Mon
twitterfacebook
thumb

リーズがフェイエノールト育ちのU-19オランダ代表FWサマーフィルを完全移籍で獲得

リーズ・ユナイテッドは16日、フェイエノールトのU-19オランダ代表FWクリセンシオ・サマーフィル(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。 移籍金は非公開となっており、3年契約を締結したとのこと。当面はU-23チームに所属することになるようだ。 サマーフィルは、フェイエノールトの下部組織出身。2019-20シーズンはADOデン・ハーグへとレンタル移籍し、エールディビジで21試合に出場し2ゴール3アシストを記録していた。 世代別のオランダ代表を経験しているサマーフィルは、U-17オランダ代表として2018年のU-17ユーロで優勝を経験している。 2020.09.17 10:05 Thu
twitterfacebook
thumb

元オランダ代表FWファン・ペルシが古巣へ帰還! フェイエノールトでFW指導をスタート

元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシ(37)氏が、古巣であるフェイエノールトに復帰した。 ファン・ペルシはファーストチームのスタッフとなり、ストライカーの指導に当たることになるという。 ファン・ペルシは、ユース時代にフェイエノールトに加入。2001年7月にファーストチームへ昇格すると、小野伸二らとともに2001-02シーズンのUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)で優勝を経験した。 2004年7月にはアーセナルへ完全移籍するとエースとして活躍。2012年8月にマンチェスター・ユナイテッドへと完全移籍し、ゴールを量産。その後フェネルバフチェを経て、2018年1月にフェイエノールトへと帰還し、2019年5月に現役を引退していた。 クラブキャリアを通じてはプレミアリーグで144ゴールを記録するなど、公式戦594試合274ゴール100アシストを記録。また、オランダ代表としても102試合で50ゴールを記録するなど、指折りの点取り屋として活躍していた。 引退後も、正式なコーチには就任しないものの、フェイエノールトでストライカーを指導。そして、新シーズンに向けて正式にクラブに復帰した。 ファン・ペルシはクラブを通じて、「これは公式の立場ではない。だから、名前をつけるのは難しいと思う」とコメント。「例えば、私は自分をストライカーのコーチとは皆していない。でも、これは双方にとってメリットのある状況だと思う」と語り、「自分にとって好ましいかどうかを確認し、スタッフを少し手助けすることになる」と協力することを語りながらも、正式なコーチ就任ではないと強調した。 前述の通り、これまでもオファーを受けていたとし、「実は昨シーズンも参加するつもりだったけど、それは限られたものだった」と新型コロナウイルスの感染拡大によりシーズンが突如打ち切りになったことに言及。しかし、ディック・アドフォカート監督からの要請に対して「ディックから電話があり、来たいかどうかを尋ねられた。私はディックにノーと言うことはできない」と、恩師の誘いを断れなかったと明かした。 引退後はイギリスでコメンテーターなどを務めていたファン・ペルシ。自身はコーチではなく選手のようだと心境を語った。 「私はトレーナーというよりも、プレーヤーだと感じている。選手として、すでに対話に参加しているし、この役割でも美しいこととともに、楽しいエクササイズを実現したいと思う」 「私には1つだけの哲学はない。より多くの道がローマに通ずると思っている」 2020.08.07 22:25 Fri
twitterfacebook
thumb

セルタ、ペルー代表MFタピアを完全移籍で獲得

セルタは21日、フェイエノールトを退団していたペルー代表MFレナト・タピア(24)をフリーで獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月までとなっている。 ペルー代表として50試合の出場歴を持つタピアは、これまでトゥベンテやフェイエノールト、ヴィレムIIと、オランダでキャリアを築いてきたセントラルMF兼センターバック。 2019-20シーズンはフェイエノールトでエールディビジ15試合に出場、ヨーロッパリーグで4試合に出場していた。 2020.07.22 01:00 Wed
twitterfacebook