4ゴールに絡んだ久保建英が偉業! 21世紀のラ・リーガで1試合2アシストを記録した最年少外国人選手に

2020.07.01 09:16 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マジョルカの日本代表MF久保建英は止まる所を知らないようだ。

マジョルカは6月30日、ラ・リーガ第33節でセルタと対戦。残留を争うもの同士の対戦は、マジョルカが大量5ゴールを記録し5-1で快勝を収めた。

この試合に先発出場した久保は、27分にクチョ・エルナンデスのゴールの起点となると、40分にはポソのゴールを演出し、2月のベティス戦以来のアシストを記録した。

さらにチームの4点目の起点となった久保は、60分にセビージャのゴールをアシストしていた。

久保が違いを生み出し、マジョルカが効果的にゴールを積み重ねたが、この2アシストが意外な記録に。21世紀のラ・リーガにおいて、19歳26日での1試合2アシストは、外国人選手として最年少となったようだ。

勝ち点3を積み上げたマジョルカは、残留ラインの17位セルタと勝ち点差5としている。残り5試合で逆転の残留を果たせるかは、久保の活躍に懸かるところが大きそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

マジョルカ久保建英、今季4ゴール目に「すごく嬉しい」 次節セビージャ戦に意気込み

マジョルカに所属する日本代表MF久保建英がチームのラ・リーガ残留に向けた戦いに集中した。クラブ公式サイトが伝えている。 残留圏17位と6ポイント差の降格圏18位に沈むマジョルカ。残留に勝ち点3が是が非でも必要のなか、9日に本拠地で行われた第35節で12位レバンテを迎え撃った。 <div id="cws_ad">◆久保建英もゴール!マジョルカvsレバンテ<br /><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=e0hzswsez2y11dmnwd2skowke" async></script></div> 11試合連続の先発出場となる久保を右サイドハーフに起用したマジョルカは1点リードで後半を迎えるが、レバンテにペースを握られる展開を強いられてしまう。 しかし、1-0で迎えた84分、味方のシュートが相手GKに弾かれると、久保がこぼれ球を左足でプッシュ。8試合ぶりの今季4点目で貴重な追加点をもたらした。 86分にお役御免で久保をベンチに下げたマジョルカは2-0でレバンテを下して、2試合ぶりの白星。残留に望みを繋いだ。 久保は試合後、「ゴールを決められて、すごく嬉しいです。結果は自分たちが追い求めているもので、チームにも満足しています。思い通りの試合ができていて、常に信じる気持ちを持っています。この調子を続けていかないといけないです」と語った。 そのマジョルカの次節は12日に行われ、4位セビージャとのアウェイ戦。マジョルカの攻撃を牽引する久保は「相手に臆せず、追い詰めていきたいです。うまくいけば、(サンチェス・)ピスファンでも3ポイントを手に入れられると思います」と意気込んだ。 2020.07.10 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

久保が今季4ゴール目!マジョルカが逆転残留へ大きな勝利《ラ・リーガ》

マジョルカは9日、ラ・リーガ第35節でレバンテをホームに迎え、2-0で勝利した。マジョルカのMF久保建英は86分までプレーし、今季4ゴール目を挙げた。 前節アトレティコ・マドリーに完敗し、残留圏内のエイバルと6ポイント差の降格圏に位置する18位マジョルカ(勝ち点29)は、久保が引き続き[4-2-3-1]の右MFで先発となった。 12位レバンテ(勝ち点43)に対し、立ち上がりから仕掛けたマジョルカは3分、久保のクロスからクチョ・エルナンデスがヘディングシュートを浴びせた。 そして30分にはボックス手前右から久保が強烈なミドルシュートを浴びせ、GKを強襲。すると40分にマジョルカが先制する。右サイドからのポソのクロスにクチョ・エルナンデスがヘッドで押し込んだ。 マジョルカが1点をリードして迎えた後半、レバンテの攻撃を受け止めて時間を進めていく。 そして終盤の84分、久保にゴールが生まれる。ハーフラインからドリブルを開始した久保が、ボックス右まで持ち上がり右足のシュートでGKを強襲。二次攻撃でセビージャのシュートのルーズボールを久保が左足で押し込んだ。 久保の今季4ゴール目で勝勢となったマジョルカは、そのまま2-0でシャットアウト勝利。残留圏内の暫定17位アラベスに3ポイント差としている。 2020.07.10 04:32 Fri
twitterfacebook
thumb

3位キープに成功のシメオネ監督「バルセロナ戦の結果を補う必要があった」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、3日に行われたラ・リーガ第34節のマジョルカ戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 リーグ戦11試合負けなしのアトレティコは前半にFWアルバロ・モラタが2ゴール。79分にもMFコケのゴールが生まれ、3-0の快勝で3位の座を守った。 シメオネ監督は試合後、スペイン『Movistar』で決定力不足を課題に挙げたが、引き分けた前節のバルセロナ戦の結果を補填できたと満足感を示した。 「我々は勝利でバルセロナ戦の結果を補う必要があった。チームはうまく試合に入り、ウイングの(マルコス・)ジョレンテと(ヤニック・)カラスコの推進力を頼った。我々は試合を通して成長している。前半にもっとゴールを挙げられたが、試合をリードするアドバンテージを手にした」 「常に強くなっていくのが重要だ。レバンテ、バジャドリー、アラベスとの試合では十分なチャンスがありながら、それができなかった。試合は90分間の長丁場であり、起こり得る全ての準備をして、3ポイントを目標に前進しなければいけない」 2020.07.04 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

マジョルカ戦で2ゴールのモラタ「とても気分が良い」

アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタがマジョルカ戦の結果を喜んだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 アトレティコは3日に行われたラ・リーガ第34節でマジョルカをホームに迎え入れた。前半にモラタが2ゴールを記録すると、試合終盤にはMFコケもゴール。3-0の快勝を収め、3位の座を守った。 モラタは試合後、FWジエゴ・コスタとの共存について「僕ら2人(ジエゴ・コスタ)の関わり合いが大事。監督も僕らに話をしてくれ、チームとして使っていきたいとね。大事なのはチームとして強いということだ」と語ると、2ゴールの心境も明かした。 「とても気分が良い。ここに来られてとても幸せだ。命懸けのライバルに対して、祝賀会のように夢中になる試合ではなかった。他のチームにも理解を示さないといけない。彼らのような状況にはなりたくない。今シーズンの僕らは大きな課題がある。チームメイトにはとても興奮している」 2020.07.04 11:05 Sat
twitterfacebook
thumb

「非常に厳しい」 マジョルカ久保建英、孤軍奮闘も敗戦悔やむ

マジョルカに所属する日本代表MF久保建英が3日に敵地で行われたラ・リーガ第34節のアトレティコ・マドリー戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 9試合連続のスタメン出場となった久保は得意のドリブルから強豪相手にチャンスメイクするも、得点には結びつかず。チームもFWアルバロ・モラタの2ゴールやMFコケの得点に沈み、0-3の敗戦を喫した。 <div id="cws_ad">【ハイライト】アトレティコ・マドリーvsマジョルカ<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1puyo8fkvhi9z1383yfc5vrcev" async></script></div> 試合後にスペイン『Movistar』のインタビューに応じた久保は「非常に厳しい負けです。彼らはチャンピオンズリーグに出場したいと思っていますが、僕たちはそれよりももっと勝ち点を必要としています」と結果を悔やんだ。 今節の戦いを残す残留圏17位セルタと勝ち点5差のまま追い上げられず、今後の戦況次第でさらに背中が遠ざかる状況だが、「すごく重要な4試合があります。全てに勝てれば残留の可能性があると思います」と前を向いた。 今シーズンのここまで30試合3ゴール5アシストの結果を残す久保は「結果が出なければ、あまり価値がありません。今日の試合や、他の試合でもできる限りチームを助けられるように努めています。上手くいかない時もありますが、セルタ戦のように結果が出る時もあります。チームとしても個人としても残りの試合でうまく行くように努めていきます」とコメントしている。 2020.07.04 10:05 Sat
twitterfacebook