まるで大人と子供 若き日のネイマールが相手守備陣を1人でノックアウト【インクレディブル・ゴールズ】

2020.06.30 22:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はバルセロナのブラジル代表FWネイマールがサントス時代に決めたゴールだ。

2013年にバルセロナに移籍するまで、サントスで公式戦134試合70ゴール35アシストを記録したネイマールだが、中でも見事だったのが、2012年10月17日に行われたブラジル・セリエA第31節のアトレチコ・ミネイロ戦でのゴールだ。

この試合で2トップの一角として先発したネイマールは11分、味方からのパスを受けると相手DFを嘲笑うようなトラップで股抜きをかまし反転、潰しに来たCBのスライディングもかわすと、一気にスピードを上げボックス内へと向かう。カバーに来たDFも切り返しでかわすと、最後はシュートフェイントから相手GKの逆を突くシュートでゴールネットを揺らした。

この試合には当時アトレチコ・ミネイロに所属していた元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏や先日まで名古屋グランパスに在籍した元ブラジル代表FWジョーも出場しており、彼らの眼前で若き日のネイマールがその実力を示したゴールだった。
コメント
関連ニュース
thumb

走り込んだオコチャが全力のダイレクトミドルシュートを叩き込む【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ナイジェリア代表MFジェイ・ジェイ・オコチャ氏がパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆オコチャが放った衝撃のダイレクトミドルシュート!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIybGFrYUhJNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 現役時代にナイジェリア代表やPSG、ボルトン、フェネルバフチェで魔法のようなテクニックを披露していたオコチャ氏。トリッキーかつ多彩なドリブルと決定的なラストパスに加え、強烈なミドルシュートも持ち味であった。 2001年10月14日に行われたリーグ・アン第10節のリヨン戦では素晴らしいゴールを決めている。 PSG1点ビハインドの18分、FWアレックス・ディアスが敵陣右サイド深くに抜け出すと、近くに走りこんでいたオコチャへとマイナスのパス。オコチャはこれを迷うことなくミドルシュート。放たれたシュートはゴールネットを突き破る勢いでゴール左隅に突き刺さった。 この試合のPSGのスターティングメンバーには、オコチャ氏の他、マウリシオ・ポチェッティーノ氏や現アーセナル指揮官のミケル・アルテタ氏もおり、さらに途中交代で元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏が出てくるなど、豪華なメンバーが揃っていた。 2020.07.03 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

絶体絶命のピンチをチャンスに! 別格のルーニーが全力スライディングから絶妙ロングフィード【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イングランド代表FWで現在はチャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティで選手兼コーチとしてプレーするウェイン・ルーニーがメジャーリーグ・サッカー(MLS)のDCユナイテッド時代に見せたプレーだ。 <div id="cws_ad">◆まさに救世主!ルーニーの猛追からのスーパークロス!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIxazBDaktteiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2018年8月13日に行われたMLS第24節のオーランド・シティ戦、2-2で迎えた後半アディショナルタイムにルーニーが魅せる。 DCユナイテッドは左CKのチャンスを掴むと、勝ち越しを狙いGKデイビッド・オーステッドまで前線へと上がる。しかし、ボールは相手DFに大きくクリアされ、ボックス外にいた相手MFウィル・ジョンソンへと渡ってしまう。 DCユナイテッド陣内にはGK含めて1人の選手もおらず、絶体絶命と思われたが、ルーニーだけは諦めていなかった。クリアされた瞬間に切り替え、相手を猛追。衝撃のスプリントでハーフウェイライン付近で追いつくと、ジョンソンがやや迷ったところを詰めてスライディングタックルを決める。 笛はならず、ボールはルーニーが拾うと、ドリブルで持ち上がりゴール前の様子を確認。かなりの距離があったものの、右足で正確なクロスを供給すると、これをFWルチアーノ・アコスタが頭で決め、DCユナイテッドは逆転に成功した。 本来ならば、失点のピンチを救っただけでも救世主もののスーパープレーだったが、そこからアシストまで決めてしまうルーニーの破格ぶりが分かるゴールだった。 2020.07.03 18:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ハーグリーブスの全盛期、バイエルン時代の試合を決めたお手本ミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イングランド代表MFのオーウェン・ハーグリーブス氏がバイエルン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆チームを救ったハーグリーブスのお手本ミドル<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJzYlJ6MWJTcyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> カナダ出身のハーグリーブスは、1997年にバイエルンの下部組織に入団。2000-01シーズンにファーストチームデビューを果たした。 すぐにバイエルンでの地位を確立したハーグリーブスは公式戦218試合に出場し、ブンデスリーガやチャンピオンズリーグなどで優勝。数々のトロフィーを獲得した後、2007年5月にマンチェスター・ユナイテッドに移籍していた。 今回紹介するのは、2005年4月16日に行われたブンデスリーガ第29節のハノーファー戦で決めた、見事なゴールだ。 0-0で迎えた90分、このままスコアレスドロー決着が濃厚かと思われたが、バイエルンは前線へとボールを放り込むと、前線に残っていたDFルシオが頭で落とす。これを受けたFWクラウディオ・ピサーロは相手DFに潰されるも、詰めていたハーグリーブスがこれをダイレクトで右足一閃。浮き上がるようなミドルシュートは、ゴール右上隅に突き刺さった。 試合を決定づける劇的ゴールに、バイエルン一同はもみくちゃになってゴールを大喜び。フェリックス・マガト監督率いるバイエルンはこのシーズン、2年ぶり通算19回目のリーグ優勝を果たしている。 2020.07.03 15:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ポルトガルの魔術師クアレスマが十八番のアウトサイドキックで代表初ゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はカスムパシャに所属するポルトガル代表MFリカルド・クアレスマが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆魔術師・クアレスマが魅せた衝撃アウトサイドシュート!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIxazBDaktteiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> スポルティング・リスボンでプロキャリアをスタートさせたクアレスマは、バルセロナやポルト、インテル、チェルシーを渡り歩き、2010年にベシクタシュ加入。その後、アル・アハリやポルトを経て、2015年夏にベシクタシュ復帰を果たすと、今シーズンからはスュペル・リグのカスムパシャでプレーしている。 また、ポルトガル代表としては、ユーロに3大会連続で出場し、2016年のフランス大会では初優勝に貢献。通算で80試合に出場し10ゴールを決めている。 中でも代表初ゴールだった2007年3月24日の欧州選手権(EURO)予選ベルギー代表戦でのゴールは見事だった。 ポルトガル2点リードの69分、カウンターのチャンスを得たポルトガルは、FWクリスティアーノ・ロナウドが敵陣右サイドのクアレスマへとパス。クアレスマはファーストタッチで大きく切り返すと、ボックス右端からそのままアウトサイドキックでゴールを狙った。 綺麗なアウト回転が懸かったシュートは、ゴール左隅に吸い込まれ、れには相手GKもただ茫然と見送るしかなかった。 クアレスマは、アウトサイドだけでなくラボーナや変幻自在のドリブルを得意としており、「魔術師」の異名を持っている。 2020.07.03 11:45 Fri
twitterfacebook
thumb

クラシコでも阿吽の呼吸!ベッカムの絶妙フィードをオーウェンが仕留める!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イングランド代表FWマイケル・オーウェン氏がレアル・マドリー時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆イングランドの名コンビがクラシコで見せた技ありゴール!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJXQ3NHRUx2SiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> リバプールの下部組織で育ち、そのままファーストチームへ昇格したオーウェン。“ワンダーボーイ”としても知られ、多くの注目を集めた。 リバプールで長らくエースとして活躍した後、銀河系軍団と呼ばれていたレアル・マドリーへと移籍。その後は、ニューカッスル、マンチェスター・ユナイテッド、ストーク・シティと渡り歩き、2013年に現役を引退していた。 そんなオーウェンが決めたゴールの中でも記憶に残るのは、2004-05シーズンのラ・リーガ第31節、2005年4月10日に行われたバルセロナとの“エル・クラシコ”でのゴールだ。 “怪物”ロナウドとの2トップを組んで先発出場したオーウェン。ジネディーヌ・ジダンやラウール・ゴンサレス、デイビッド・ベッカムといった銀河系の面々とともにピッチに立つと、3-1とリードして迎えた65分にゴールを奪う。 自陣でサミュエル・エトーからイバン・エルゲラがボールを奪うと、こぼれ球を拾ったベッカムがルックアップ。すぐさま右足で前線へフィードを送ると、最終ラインの裏へ飛び出したオーウェンの元へ。 ボールはバウンドとともにブレーキがかかりオーウェン冷静にトラップ。ボックス手前で右足を振り抜くと、グラウンダーのシュートがネットを揺らした。 イングランド代表のチームメイトでもある気心知れたベッカムからの絶妙なパスに、特徴でもある絶妙な飛び出しを見せたオーウェンのシュート技術。スペインの地でイングランドの2人が見せた素晴らしいゴールとなった。 2020.07.02 22:30 Thu
twitterfacebook