PL王者リバプールのクロップ、巨額投じての補強求めず 「金だけじゃうまくいかない」

2020.06.30 12:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのユルゲン・クロップ監督が今季終了後、巨額を投じての補強に動かない姿勢を改めて強調した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

昨季のチャンピオンズリーグ(CL)制覇に続いて、今季のプレミアリーグで30年ぶりのリーグタイトルをも手にしたリバプール。プレミアリーグ初制覇で今夏の補強に向けても期待が高まり、数名の獲得候補者も挙がっている。

しかし、以前にも大金を投じての補強に否定的な姿勢を示したクロップ監督の考えは変わっていないようだ。新型コロナウイルスによる財政圧迫と現スカッドに対する信頼を挙げ、改めて大金を投資しての強化に乗り出さない方針を示した。

「もちろん、新型コロナウイルスの影響が内外で出ている。それは全くもって自然の流れであり、世界で最も忙しい夏になるなんて思っていない」

「今年の後半もまだ移籍ウィンドーが開いていたら、もっと多くのことが見えてくるかもしれないがね。しかし、我々のスカッドは…見ての通りだ」

「『OK、このポジションとこのポジションが必要だ』と言って、直ちにテコ入れしなくちゃならないチームじゃない」

「我々にチームに1stイレブンなんて存在しない。16、17人の選手がいれば、全員が同じレベルでプレーできる。100%使っていかないとだがね」

「何百万も、何百万も、何百万もの投資は無理だ。我々自体もそれを決して望んでいない」

「我々はこのチームを強くしたいと思っている。このチームは強い。強いチームの問題は移籍市場でどうやってより強いチームを作り上げるかだ」

「金があれば、それが間違いなくできる。しかし、金だけじゃ決してうまくいかない。クリエイティブでなければ。我々はクリエイティブであるようトライしている」

「内部で問題の解決策を見つけようとしていて、その解決策はまだたくさん残っている。大きな飛躍が期待できる選手もまだ3、4人いるんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

30年ぶり優勝のリバプール、クロップ監督の根幹にあるオールブラックスのメンタリティとは?

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、自らの監督としての意外なインスピレーションを明かした。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 クロップ監督は2001年、選手として10年以上在籍したマインツの監督に就任すると、当時2部だったクラブを3年で1部に昇格させた。その手腕を買われドルトムントの監督に就任すると、日本代表MF香川真司(現レアル・サラゴサ)やポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(現バイエルン)などを擁し2010年と2011年にブンデスリーガ連覇を達成。2015年にリバプールの監督に就任すると、昨シーズンは14年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)制覇。そして今シーズンは30年ぶりのリーグ優勝を達成するなど、数々のタイトルを獲得してきた。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆リバプール、2019-2020シーズンプレミアリーグチャンピオン<br/><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJCWkxiUzlrVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 優れた戦術的思考に加え、数々の選手の力を最大限に引き出すことのできる“カリスマ"として知られるクロップ監督だが、そのスタイルのインスピレーションは、マインツの監督になって間もなかった2001年の夏に観たあるドキュメンタリーであるようだ。 「来シーズン、我々はリーグタイトルを“守る"のではなく、次のタイトルのために“攻める"つもりだ」 「リバプールのシャツを来ている限り、100%を出し切ること以外は許されない。これは私が考えた言葉ではなく、オールブラックス(ラグビーニュージーランド代表)の言葉だ」 「これは以前観たオールブラックスのドキュメンタリーの中で出てきた言葉で、常に自分の中で覚えておくことにしている。そしてリバプールの全ての選手が守るべき言葉であるし、自分に対しても同じだ」 「2001年か2002年、私の監督としての初めてのプレシーズンだった。3月に監督に就任した後、プレシーズン前にこのドキュメンタリーを観たんだ。あの大きな選手たちと彼らが話したことに本当に感銘を受けた」 「当時オールブラックスは断トツで世界一だった。勝率70%以上という素晴らしい成績を誇っていたと思う。彼らはみんなプロではなくアマチュアの選手だったんだ」 「彼らは肉屋や建設業者とか、別の職業を持っていた。素晴らしい選手たちで、(ドキュメンタリーの中で)自らの過去について語りながら、このチームの一員としてプレーできることが、彼らにとってどれだけの意味を持っているかについて話していた」 「(常に100%を出し切ることは)我々が常に目指していることだ。残念ながら、我々も人間なので、そうできないこともあるとしてもね」 オールブラックスはラグビー・ワールドカップで3度優勝を誇り、昨年日本で行われた大会では3位の成績を残しているラグビーの強豪国。試合前に行われるマオリの伝統舞踊“ハカ"でも知られている。 ラグビー界で圧倒的な強さを誇る代表チームという意外なインスピレーションを明かしたクロップ監督。今シーズン圧倒的な強さを見せたリバプールだが、オールブラックスのような功績を築き上げることがこの先できるだろうか。 2020.07.02 22:40 Thu
twitterfacebook
thumb

悲願のPL制覇もクロップに“守る”意識はなし 「来季も攻めの姿勢で挑む」

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、来シーズンのプレミアリーグの戦いに向け、タイトルを“守る”意識はないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 先月25日に30年ぶりとなる国内リーグ制覇を決め、昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)制覇に続くメジャータイトルの獲得に成功したリバプール。 新たな黄金時代の到来を予感させる快進撃を続けるレッズをけん引するドイツ人指揮官は、今後もクラブとして“攻め”の姿勢を継続することを望んでいる。 2日に行われるプレミアリーグ第32節、マンチェスター・シティ戦の前日会見に出席したクロップ監督は、プレミアリーグ制覇の余韻に浸ることなく、早くも来シーズンの戦いに向けたクラブとしての姿勢を明らかにしている。 「我々が謙虚さを失わず、貪欲である限り、今後も相手にとって本当に嫌なチームであり続けられるだろう。そうなれれば、勝つチャンスが舞い込むものだ。そして、勝つチャンスがあるときには勝ち切らなければならない」 「多くのチャレンジがあるし、人生は常にチャレンジだ。現時点で我々の挑戦はチャンピオンとして、すべてを懸けて向かってくるチームに対して残りの7試合を戦うことだ」 「我々は走り続けなければならない。それが必要なことだからではなく、自分たちが求めているものとしてね。それを証明していきたい」 「あなた方は来シーズン、我々を前回王者として取り上げ扱うことになる。だからこそ、ここで言っておきたい。『我々は守りに入らない。攻めの姿勢で挑む』とね」 また、来シーズンのリーグタイトルを争う最大のライバルは、今節対峙するシティかとの質問に対しては、その問いかけを肯定しつつもマンチェスター・ユナイテッド、チェルシーらが強力なライバルになると主張している。 「シティは来シーズンより強くなるはずだ。ユナイテッド、チェルシーも同様だ。来シーズン、彼らが強くなることは明白だ」 「シティは傑出したチームであり、ユナイテッドは素晴らしい状態を維持している。チェルシーに関しては非常に調子が良く、幾つかの興味深いビジネスも行っている」 「トッテナムやアーセナルもこのまま眠り続けることはない。彼らは(優勝争いに)絡んでくるはずだ。レスター(・シティ)もね。とにかく、たくさんのライバルがいる」 2020.07.02 19:04 Thu
twitterfacebook
thumb

3年連続得点王なるか? サラーがリバプールへの忠誠を誓う「長く滞在したい」

リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー(28)が、クラブで長い間プレーしたいと考えているようだ。 サラーは、エジプトでキャリアをスタートすると、バーゼルで頭角を現し、2014年1月にチェルシーへ完全移籍。フィオレンティーナやローマへのレンタル移籍を経験し、2016年7月にローマへ移籍。2017年7月にリバプールへ加入した。 <div id="cws_ad">◆リバプール、30年ぶり優勝までの軌跡<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJCWkxiUzlrVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> リバプールではエースとして活躍。2017-18シーズンには32ゴールを記録して得点王に輝くと、2018-19シーズン22ゴールを記録し、2年連続得点王に輝いていた。 今シーズンはプレミアリーグで27試合に出場し17ゴール7アシストを記録。得点ランキングで3位につけるとともに、リバプールの30年ぶりのリーグ優勝に貢献していた。 サラーは、イギリス『BeIN Sports』でリバプールの30年ぶりの優勝についてコメント。居心地がよく、長年プレーしたいと考えていることを明かした。 「30年ぶりのリーグ優勝後の気持ちは説明できない」 「とても幸せだ。ここの雰囲気を楽しんでいる。この場所が大好きで、長く滞在したいと思っている」 「ここの雰囲気は他の場所とは異なるよ」 サラーには常に移籍の噂が挙がっているものの、リバプールでのプレーを望んでいるサラー。2日には優勝を争っていたマンチェスター・シティとの対戦を控えている。サラーはチーム力への自信を語った。 「僕たちはチームとしてうまく適応しており、僕たちの理解は完璧だ」 「これが継続すれば、もっと達成できる。現在のレベルを維持することは難しいけど、不可能ではない」 2020.07.01 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

オーウェンが来季のプレミア優勝を争う4クラブを予想!

元イングランド代表のエース、マイケル・オーウェン氏が、来季のプレミアリーグの優勝争いについて予想した。『プレミアリーグ・プロダクション』の内容をもとに、イギリス『ミラー』が伝えている。 現役時代、リバプールなどで活躍したオーウェン氏は、今シーズン圧倒的な強さで30年ぶりのリーグ優勝を達成したリバプールの来シーズンの優勝争いの相手として3クラブの名を挙げた。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJXQ3NHRUx2SiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 「リバプールは本当に強いチームで、恐らく今後しばらくはその強さを保つと思う」 「しかし、それは他を寄せ付けないというわけでない。マンチェスター・シティは信じられないくらい素晴らしいチームで、彼らが調子を取り戻せば、我々は両チームによる素晴らしいタイトル争いを見ることができるだろう」 「この2チームの次に頭に浮かぶのはマンチェスター・ユナイテッドだ。彼らは凄い速さでチームが強くなっている」 「チェルシーも、積極的な補強でクラブとしての強い意志を感じる。しばらく補強が禁止されていたが、また大型補強を行っているし、若いタレントも揃っている。それにフランク・ランパード監督からも強い決意を感じる」 「リーグタイトル争いに絡めそうなチーム自体はたくさんいるが、シティの他にメインとなるのはこれらの2クラブだろう」 2020.06.30 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールDFマティプが今季終了か、エバートン戦で負傷交代

リバプールは30日、カメルーン代表DFジョエル・マティプがシーズン中に復帰できない可能性を発表した。 マティプは、シーズン再開初戦のエバートンとの“マージーサイド・ダービー”で先発出場。試合中に負傷交代していた。 負傷したマティプは「今シーズンはピッチに戻らないが、次のシーズンには、チームをサポートできることを願っている」と語っている。 今シーズンのマティプは、第2節からレギュラーとしてプレー。しかし10月にヒザを負傷すると、今年1月に復帰。プレミアリーグで9試合に出場し1ゴールを記録していた。 2020.06.30 19:30 Tue
twitterfacebook