バルセロナ、アルトゥールのユベントス移籍合意を正式発表!

2020.06.30 01:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナは29日、ブラジル代表MFアルトゥール(23)の移籍に関してユベントスと合意に至ったことを発表した。契約期間は2025年6月30日までとのこと。

バルセロナによれば、アルトゥールは2019-20シーズンが終了するまではバルセロナに残るとのことだ。

2015年にグレミオのトップチームに昇格したアルトゥールは、2018年の夏にバルセロナに加入。ボールの扱いに長けたパサーとして加入初年度から熾烈な中盤のポジションを勝ち抜いて出番を獲得。今シーズンはここまでラ・リーガ21試合を含む公式戦28試合に出場し4ゴール4アシストを記録している。

また、2018年9月にデビューしたブラジル代表では、これまで公式戦20試合に出場。昨年6月に行われたコパ・アメリカ2019では、5試合に出場し4大会ぶりとなる母国の優勝に貢献した。

なお、バルセロナは移籍金に関して7200万ユーロ(約87億円)+最大1000万ユーロ(約12億円)の出来高ボーナスと発表しているが、ユベントスはボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(30)を6000万ユーロ(約72億1000万円)でバルセロナに売却することで合意しており、実質的にピャニッチ+1200万ユーロ(約14億5000万円)及び最大1000万ユーロ(約12億円)のボーナスとなる。
コメント
関連ニュース
thumb

メッシの古巣復帰の可能性は? ニューウェルズ副会長が言及「不可能とは言い切れない」

アルゼンチンのニューウェルズ・オールドボーイズのクリスティアン・ダミーコ副会長が、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(32)の将来的な復帰について言及した。スペイン『アス』が伝えている。 アルゼンチンのロサリオで生まれたメッシは、5歳から地元の名門クラブ、ニューウェルズ・オールドボーイズの下部組織で才能を磨いていた。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆母国復帰の"夢"を語るメッシ<br /><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJSZEttdjhUZyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 13歳でバルセロナへ移籍し、今では世界最高の選手の1人として、バルセロナの象徴的な存在となっているメッシだが、過去には「いつかアルゼンチンでプレーしたいといつだって言ってきた。実現するかは分からないけど、頭の中にはある。プレーするのはニューウェルズで、それ以外は考えられない。最低でも6カ月はプレーしたい」と語るなど、復帰願望についてコメントしたこともあった。 バルセロナとメッシの間に軋轢が生じているとの噂が出るなど、退団、そして母国復帰の機運が今まで以上に高まる中、アルゼンチン『TNTスポーツ』のインタビューに応えたニューウェルズのダミーコ副会長は、メッシの将来的な復帰について言及。1993年にアルゼンチンの英雄、ディエゴ・マラドーナの獲得成功を例に挙げ、メッシの復帰も不可能ではないと語った。 「(メッシの復帰が)不可能とは言い切れない」 「これはメッシと彼の家族のみが下せる決断だが、その決断を下すにあたって、我々は可能な限り最高の環境を用意しなければならないだろう」 「マラドーナがニューウェルズに来たとき、誰も彼が本当に来るなんて思わなかった。レオ(リオネル・メッシ)についても似たことができればと思うよ」 「当然、実の無いゴシップをばら撒くつもりはない。これは難しいトピックだ。ニューウェルズのファンで世界最大の選手が自分たちのチームのシャツを着る姿を夢見ない人などいないだろう。タイミングによってはそれが実現するかも知れないが、同時に冷静でなくてはならない」 また、現在ニューウェルズでプレーしている元アルゼンチン代表FWマキシ・ロドリゲスもメッシの復帰に前向きなコメントを述べている。 「彼が来てくれたら良いね。ファンにとってもそれは夢のような話だ。家族との問題もあるだろうし、複雑な話かもしれないけど、もし彼が来るならすぐにでも来て欲しいね。そうしないと僕と一緒にプレーできないからね」 2020.07.02 18:25 Thu
twitterfacebook
thumb

シャルケ、バルセロナからレンタル中のDFミランダとの契約を早期終了

シャルケは1日、バルセロナから2年契約のレンタル移籍で加入したU-21スペイン代表DFフアン・ミランダ(20)とのレンタル契約を早期に解消したことを発表した。 バルセロナユース出身のミランダは、2017年にバルセロナBに昇格。これまでトップチームで公式戦4試合に出場していたが、昨夏のトップチーム昇格はならず。トップレベルでの出場機会を求める同選手は、シャルケへの武者修行を決断。 2年間のレンタル移籍で加入したシャルケでは、2019年12月15日のフランクフルト戦でブンデスリーガデビューを飾ると、公式戦12試合に出場していた。 1年でのバルセロナ帰還となったミランダは、自身のツイッター(@JMirandaG19)で以下のように感謝を述べた。 「僕はプロとして、またスペイン国外での最初の年に、この素晴らしいクラブに参加できてたことを誇りに思っているし、クラブに関係する全ての人々に感謝している」 2020.07.02 00:06 Thu
twitterfacebook
thumb

勝ち点取りこぼしで優勝に暗雲のバルサ、ブスケッツは「数字的に可能な限りはやる」

バルセロナのスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツが優勝争いについて言及した。スペイン『マルカ』が伝えた。 2位・バルセロナ(勝ち点69)は6月30日に3位・アトレティコ・マドリー(勝ち点58)とホームで対戦。12分にCKの流れからブスケッツがFWジエゴ・コスタのオウンゴールを誘発する先制点を記録する。 <div id="cws_ad">◆バルサ中盤の防波堤となるブスケッツ!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJJSVNmak0xQyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> その後、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシのキャリア通算700ゴールが生まれるなどしたが、スペイン代表MFサウール・ニゲスに2本のPKを決められ、2-2のドロー。勝ち点の積み上げには成功したが、2日に行われるマドリーの結果次第では勝ち点差がさらに広がる状況となった。 ブスケッツは試合後、「難しい相手だった。両方のボックスで多くのPKを与えた。ライブでは難しくて、両チームはVARの結果に期待した。どうなっているのかは僕にはわからない。そういった行動を判定することはできない」と振り返り、微妙な判定もルールに従うことを強調した。 また、タイトル争いについては「タイトル争いは難しい。あまりにも多くのアドバンテージを与えてしまった。難しいことはわかっているが、数字的に可能な限りはやる」と優勝を諦めていないと強調。しかし、「マドリーはとても良い状態だから、ポイントを取りこぼすことは難しいと思う」と述べている。 2020.07.01 10:40 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ指揮官、タイトル遠のくドローを悔やむも「パフォーマンスには満足」

バルセロナのキケ・セティエン監督が、ラ・リーガ第33節のアトレティコ・マドリー戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えている。 首位のマドリーを勝ち点2差で追いかける2位・バルセロナは6月30日に3位・アトレティコと対戦。12分にCKの流れからFWジエゴ・コスタのオウンゴールを誘発して、先制に成功するも、19分にMFサウール・ニゲスにPKを沈められる。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=d6qxxhw2qzph1wp76gk1xscdg" async></script></div> 後半立ち上がりの50分にFWリオネル・メッシがキャリア通算700ゴールとなるPKを沈めて勝ち越しに成功するも、62分に再びサウールにPKを決められて失点。2試合連続ドローとなる2-2の引き分けに終わり、優勝に向けて暗雲が立ち込んでいる。 セティエン監督は試合後、「残念だ。我々はますます困難になっている。ポイントを取りこぼすことはタイトル獲得の可能性から本当に離れることを意味する。我々は努力を続けなければいけない。アトレティコは良いチームだった」と結果を悔しがり、相手チームを称えた。 その一方で、「私は彼らにとても満足している。できていないプレーがあったのも確かだが、時々試合をコントロールできていた。アトレティコと対戦するのは簡単ではない。非常に規律正しい。選手たちのパフォーマンス、試合内容にとても満足している」と選手たちのパフォーマスには満足感を示していた。 バルセロナは1試合消化が多い状況で首位のレアル・マドリーと勝ち点差1で追っている状況。残り5試合で逆転なるだろうか。 2020.07.01 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

1年間で最多91ゴールも、メッシがC・ロナウドに続き史上7人目のキャリア通算700ゴール達成!

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが偉大な記録を樹立した。 バルセロナは6月30日、ラ・リーガ第33節でアトレティコ・マドリーと対戦。試合は2-2の引き分けに終わった。 1-1で迎えた49分にバルセロナがPKを獲得すると、キッカーのメッシはGKヤン・オブラクを相手にパネンカでゴールを決めチームは勝ち越し。このゴールが、キャリア通算700ゴール目となった。 <div id="cws_ad">◆メッシ、通算700ゴールへの軌跡<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJpdXJXdEtuTyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バルセロナのカンテラで育ったメッシは、2005年にプロデビュー。そこから16年目での700ゴールを達成。バルセロナで630ゴール、アルゼンチン代表で70ゴールを記録している。なお、バルセロナの公式サイトによると、親善試合を合わせると735ゴールになるとのことだ。 プロ1年目の2005年はバルセロナで3ゴールを記録。2年目にはバルセロナで10ゴール、アルゼンチン代表として2ゴールを記録。その後は順調にゴール数を伸ばし、キャリア最多は2012年の91ゴール。この年は、バルセロナで79ゴール、アルゼンチン代表として12ゴールを記録していた。なおシーズンをまたぐことになるが、2011-12シーズンはラ・リーガで50ゴール、2012-13シーズンは46ゴールを記録しており、驚異的なペースでゴールを重ねていることがわかるだろう。 なお、これまでのキャリア700ゴール達成者は、ヨーゼフ・ビカン氏、ペレ氏、ロマーリオ氏、フェレンツ・プスカシュ氏、ゲルト・ミュラー氏、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに続く史上7人目。C・ロナウドは2019年10月11日にキャリア700ゴールを達成していた。 ◆リオネル・メッシ 700ゴール内訳 合計ゴール(バルセロナ/アルゼンチン代表) 2005年:3ゴール(3/0) 2006年:12ゴール(10/2) 2007年:31ゴール(25/6) 2008年:22ゴール(20/2) 2009年:41ゴール(38/3) 2010年:60ゴール(58/2) 2011年:59ゴール(55/4) 2012年:91ゴール(79/12) 2013年:45ゴール(39/6) 2014年:58ゴール(50/8) 2015年:52ゴール(48/4) 2016年:59ゴール(51/8) 2017年:54ゴール(50/4) 2018年:51ゴール(47/4) 2019年:50ゴール(45/5) 2020年:12ゴール(12/0) 2020.07.01 08:55 Wed
twitterfacebook