ドルトムント戦で負傷したノルトヴェイトが右足骨折の重傷…

2020.06.30 02:01 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ホッフェンハイムは29日、ノルウェー代表DFホーバル・ノルトヴェイトが右足骨折の重傷を負ったことを発表した。

ノルトヴェイトは、27日に行われたブンデスリーガ第34節のドルトムント戦(4-0で勝利)に83分から出場。しかし86分、ラーセンとのパス交換でボックス内に侵入したノルトヴェイトはシュートを放った際にブロックに入ったザガドゥの足と接触。そのまま右足を押さえて倒れこむと、メディカルスタッフの肩を借りてピッチを後にした。

ホッフェンハイムによれば、ノルトヴェイトはその後の検査で右足の骨折と診断された模様。なお、現時点で離脱期間に関して言及していないが、長期離脱が見込まれる。

2017年にウェストハムから加入したノルトヴェイトは、これまで在籍2年半で公式戦42試合に出場。フルアムからのレンタル復帰となった今季は、肋骨の負傷などもあり公式戦12試合に出場にとどまっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

ホッフェンハイムがセルビア代表MFガチノビッチを獲得、トレードでツバーがフランクフルトへ

ホッフェンハイムは4日、セルビア代表MFミヤト・ガチノビッチ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの4年契約となっている。 ガチノビッチはヴォイヴォディナの下部組織出身で、2013年1月にファーストチーム昇格。2015年8月にアポロン・リマソールへと完全移籍。2015年8月にフランクフルトへと完全移籍で加入した。 フランクフルトでは、中盤の攻撃的なポジションを中心に公式戦157試合に出場し10ゴール18アシストを記録。ブンデスリーガでも116試合で3ゴール8アシストを記録している。 なお、スイス代表MFシュテファン・ツバー(28)がフランクフルトへ移籍し、交換トレードとなっている。 2020.08.04 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

フランクフルトがホッフェンハイムのスイス代表MFツバーをトレードで獲得

フランクフルトは4日、ホッフェンハイムのスイス代表MFシュテファン・ツバー(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの3年契約となっている。 ツバーはグラスホッパーの下部組織出身で、2009年7月にファーストチーム昇格。2013年7月にCSKAモスクワへと完全移籍。2014年8月にホッフェンハイムへと完全移籍で加入した。 ホッフェンハイムでは主軸としてプレーするも、2019年1月から半年間はシュツットガルトへとレンタル移籍していた。ホッフェンハイムでは公式戦通算115試合に出場し10ゴール9アシスト。今シーズンはブンデスリーガで14試合に出場し2ゴールを記録していた。 左サイドを中心にプレーしていたツバーだが、最近は中央でもプレー。フランクフルトでも中盤の中央のポジションでのプレーが期待されている。 なお、セルビア代表MFミヤト・ガチノビッチ(25)がホッフェンハイムへ移籍し、交換トレードとなっている。 2020.08.04 20:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、守護神バウマンと契約延長! ブンデス10年間で最多出場選手

ホッフェンハイムは30日、ドイツ人GKオリバー・バウマン(30)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。 今回、ホッフェンハイムとの現行契約をさらに2年延長することに同意したバウマンは、クラブ公式サイトを通じて自身の決断を振り返っている。 「ここではクラブとファンの双方から歓迎されているように感じているんだ」 「残念なことに、現在のフットボール界においては1つのクラブにこれほど長く在籍するプレーヤーは珍しくなっている。フットボールのビジネス全体が非常に速いスピードで変化しているからね」 「そういった中、僕はここでのすべてに満足しているし、幸せを感じているんだ」 一方、ホッフェンハイムでスポーツ・ディレクターを務めるアレクサンデル・ローゼン氏は、頼れる守護神との契約更新に満足感を示している。 「オリはここに6年間在籍しているが、その間に素晴らしい成功を収めてきたクラブにおいて重要な役割を担ってくれた。そして、彼はクラブの顔の一人となっている」 「彼はリーグ屈指のゴールキーパーであり、チームにとって常に頼りになる存在だ。同様にクラブとファンの間に一体感をもたらしてくれている」 2014年にフライブルクから加入したバウマンは、以降ホッフェンハイムの絶対的な守護神に君臨。在籍6年間でブンデスリーガ198試合を含む、公式戦205試合に出場。今シ-ズンもリーグ戦30試合に出場し、クラブのヨーロッパリーグ出場権獲得に貢献していた。 また、個人としては2010年1月から2019年12月末までの10年間でブンデスリーガ通算316試合に出場しており、これは同期間におけるリーグ最多出場となっている。また、若くして台頭したドイツ人GKは29歳でブンデスリーガ通算300試合出場を達成しており、これはブンデスリーガのGK史上5人目の偉業だ。 2020.07.31 14:00 Fri
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト、今季レンタル加入の守護神コベルを完全移籍で獲得!

遠藤航の所属するシュツットガルトは28日、ホッフェンハイムからスイス代表GKグレゴール・コベル(22)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 194㎝の大型GKであるコベルは、2016年の夏にホッフェンハイムに加入。トップチームではDFBポカール1試合に出場にとどまっており、主にセカンドチームでプレー。2019年の冬にアウグスブルクに半年間のレンタル移籍を経験し、公式戦18試合でプレー。 その後、昨夏の移籍市場でシュツットガルトへレンタル移籍で加入すると、守護神としてブンデス2部で31試合に出場し、1年での1部昇格に貢献していた。 シュツットガルトへの完全移籍が決まったコベルは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「シュツットガルトはとても居心地が良く、ここで僕は大きく成長することが出来た。だから、ここで長くプレーしたいと常に強調してきたんだ。昨シーズンは昇格という重要な目標を達成できたが、今は僕たちがブンデスリーガで自分たちの力を示すという大きな課題に直面している。そのためにも僕は昨シーズン同じように自分の役割をしっかり果たしたいと思ってるよ」 2020.07.29 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルンⅡを優勝させた38歳へーネス監督がホッフェンハイムの新監督に就任

ホッフェンハイムは27日、新監督にセバスティアン・ヘーネス氏(38)を招へいしたことを発表した。ヘーネス新監督は、2023年6月30日までの契約を結んだとのことだ。 へーネス新監督は、現役時代にホッフェンハイムでプレー。ヘルタ・ベルリンのセカンドチームで現役を引退していた。 引退後は指導者の道へ進み、RBライプツィヒのユースやバイエルンのユースで監督を務め、今シーズンはバイエルンのセカンドチームを指揮していた。 今シーズンはドイツ3部リーグでバイエルンⅡを率いリーグ優勝を達成。その手腕が認められ、ホッフェンハイムが引き抜く形となった。 ヘーネス氏は現役時代の古巣でもあるホッフェンハイムを指揮することについてコメント。チームの哲学は自分とあっているとし、若手育成にも惹かれたようだ。 「ホッフェンハイムで働くことは、私が本当に楽しみにしていたことだ。クラブの基本的な哲学、サッカーは私の考えと同じです。攻撃的で、勇気があり、柔軟で、常にアグレッシブだ」 「ホッフェンハイムは近年、プロやユースの選手に最適で継続可能なトレーニングを確実にするという印象的な基盤を築いてきた」 今シーズンのホッフェンハイムは、チームを率いていたアルフレッド・スロイデル監督(47)が6月9日に電撃退任。「方向性の違い」が原因とのことで、その後の4試合はアカデミーで指揮を執っていたマルセル・ラップ監督が率い、最終的に6位フィニッシュ。来シーズンのヨーロッパリーグ出場権を獲得していた。 2020.07.27 19:30 Mon
twitterfacebook