ヴェローナ、ミゲル・ヴェローゾと1年の契約延長! セリエA復帰1年目のチームをけん引

2020.06.29 21:04 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エラス・ヴェローナは29日、元ポルトガル代表MFミゲル・ヴェローゾ(34)との契約を2021年6月30日まで延長したことを発表した。

母国のスポルティング・リスボンでプロキャリアをスタートし、ジェノア、ディナモ・キエフで活躍したヴェローゾは、昨夏ヴェローナに1年契約で加入した。

1年でセリエA復帰を果たしたものの、苦戦が予想されたヴェローナだが、ここまでは9位と健闘している。

その躍進を支える1人がポルトガル代表で通算56キャップを誇る守備的MFだ。ヴェローゾは今季ここまでのセリエA24試合に出場し、要所を締めたプレーでリーグ4位の堅守(32失点)を支えている。さらに、高精度の左足を武器に2ゴール4アシストと攻撃面での貢献も大きい。

その高い貢献度を評価するクラブと、ヴェローナでのプレーを楽しむヴェローゾ本人の意向が合致する形で今回の契約延長に至ったようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

インテル一時逆転も終盤の被弾でヴェローナに追いつかれ4位後退《セリエA》

インテルは9日、セリエA第31節でヴェローナとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 前節ボローニャに逆転負けした3位インテル(勝ち点64)は、暫定ながらアタランタにかわされて4位に後退した中、3試合の出場停止から復帰したシュクリニアルが先発となり、2トップはルカクとサンチェスが組んだ。 8位ヴェローナ(勝ち点42)に対し、開始2分に失点する。シュクリニアルがラゾビッチにかわされボックス左角度の厳しい位置からGKのニアサイドを破られた。 いきなりの失点を喫したインテルはなかなか流れを引き寄せられずにいると、19分にはヴェローゾのミドルシュートが右ポストに直撃した。 直後にもディマルコのボレーシュートでゴールを脅かされたインテルは、前半半ば以降ガリアルディーニやブロゾビッチのミドルシュートで同点弾に迫るも、前半のうちに追いつくことはできず、1点ビハインドで後半へ折り返した。 それでも迎えた後半開始4分に同点とする。ボックス中央でルカクが反転から右足でシュートに持ち込み、ボールは右ポストに直撃。ルーズボールをカンドレーバが拾ってシュートを蹴り込んだ。 さらに55分、インテルが一気に逆転する。ガリアルディーニのパスをボックス右のカンドレーバがダイレクトでクロスを送ると、相手DFに当たってゴールに吸い込まれた。 逆転して以降はインテルが主導権を握り続け、ヴェローナの反撃を許さない。そして途中出場のL・マルティネスが3点目に迫るシュートを放っていたが、終盤の86分に追いつかれる。 ラフマニのドリブル突破を許してボックス右からマイナスに折り返されると、ヴェローゾにシュートを蹴り込まれた。 このまま2-2で終了。引き分けに終わり、アタランタに抜かれて4位後退となった。 2020.07.10 06:46 Fri
twitterfacebook
thumb

コッパ王者ナポリ、ミリク&ロサーノ弾で白星リスタート《セリエA》

ナポリは23日、セリエA第27節でヴェローナとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 ユベントスをPK戦の末に下して6年ぶりにコッパ・イタリア優勝を果たした6位ナポリ(勝ち点39)が、8位ヴェローナ(勝ち点38)のホームに乗り込んだ一戦。 <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJkck5GYjlQdyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> ナポリはメルテンスとカジェホンをベンチスタートとし、3トップにはインシーニェ、ミリク、ポリターノと並べた。 慎重な入りとなった中、ナポリは18分にジエリンスキのミドルシュートで牽制。しかし22分には大ピンチ。ゴール至近距離からのファラオーニのヘディングシュートは枠を外れて助かった。 すると38分、ポリターノの左CKからミリクのヘディングシュートが決まってナポリが少ないチャンスを生かし、前半のうちに先制した。 そして43分のヴェローゾのミドルシュートをGKオスピナが好守で凌いだナポリが1点をリードして前半を終えた。 後半開始直後、アランに決定機があったナポリは、続く54分にはポリターノがミドルシュートで追加点に迫る。 その後はヴェローナの反撃を受けた中、72分にミリクに代えてメルテンスを投入。終盤にかけてはインシーニェが追加点に迫りつつ、ヴェローナの攻撃を受け止めると90分に勝負を決定付けた。 グラムの右CKからファーサイドのロサーノがヘッドで押し込んだ。2-0としたナポリがコッパ・イタリア優勝の勢いそのままリーグ再開初戦を白星で飾っている。 2020.06.24 04:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーベ、インテルと競合するヴェローナCBクンブラ獲得で合意か?

ユベントスがエラス・ヴェローナに所属するアルバニア代表DFマラシュ・クンブラ(20)の獲得に向けて合意を取り付けた模様だ。イタリア『La Stampa』が報じている。 アルバニア人両親の下、ヴェローナで生まれ育ったクンブラは2018年にトップチームデビュー。迎えた今シーズン、ボローニャとの開幕戦でセリエAデビューを飾ると、ここまで公式戦19試合に出場するなど主力に定着している。 180cm後半の恵まれた体躯を生かした空中戦の強さに加え、インターセプトやボールホルダーへのタイトな寄せを得意としており、ローマのイタリア代表DFジャンルカ・マンチーニに近いプレースタイルでイタリア国内での評価を高めている。 その逸材センターバックにはインテル、ナポリといった国内の強豪に加え、アーセナルやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドとプレミアリーグのビッグクラブから熱視線が注がれていた。 しかし、イタリア代表DFダニエレ・ルガーニやトルコ代表DFメリフ・デミラル、アルゼンチン人DFクリスティアン・ロメロと、ここ数年国内で活躍する若手センターバックの争奪戦をことごとく制してきたユベントスが、新たな逸材の獲得に成功した模様だ。 『La Stampa』が伝えるところによれば、移籍金は3200万ユーロ(約40億円)となり、選手本人とは5年契約で合意に至っているようだ。 なお、今回『La Stampa』が合意を報道した一方、イタリア『スカイ・スポルト』など幾つかのメディアは、依然として有力候補のインテルが獲得に近い位置にいると主張している。 ちなみに、クンブラは過去のインタビューで幼少期のアイドルにイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニの名前を挙げていた。 2020.06.06 21:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴェローナ、躍進を支えるベテランMFヴェローゾと1年契約延長へ

ヴェローナの元ポルトガル代表MFミゲル・ヴェローゾ(33)が契約延長に合意したようだ。地元紙『コリエ・ディ・ヴェローナ』の記事を引用し『フットボール・イタリア』が伝えている。 ポルトガル代表として56試合に出場した経歴を持つヴェローゾは、昨夏にフリーでヴェローナに加入。今季は主力としてここまでセリエA21試合に出場し2ゴール4アシストを記録。昇格初年度ながら8位と躍進するチームを支えている。 11日に34歳になるヴェローゾだが、現在のチームにとって欠かせない存在となっており、ヴェローナは今季限りで契約満了を迎える同選手との契約を2021年6月までの延長することで合意した模様。 また、同紙によれば新契約には1年間の延長オプションが付随しているという。 2020.05.10 07:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴェローナDF代理人がナポリ移籍の可能性を語る「ガットゥーゾが好んでいる」

ヴェローナに所属するイタリア人DFマルコ・ダヴィデ・ファラオーニ(28)の代理人が、ナポリのターゲットになる可能性があると主張している。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ラツィオやインテルの下部組織に所属したファラオーニは、2011年7月にインテルでトップチームに昇格しプロキャリアをスタート。その後はウディネーゼやワトフォードなどを渡り歩き、2019年1月にクロトーネからヴェローナへレンタル移籍。チームのセリエA昇格に貢献し、今シーズンから完全移籍に切り替わった。 今シーズンは、右ウイングバックを主戦場にセリエAで24試合に出場し、3ゴール3アシストを記録。その評価を上げていた。 ファラオーニの代理人を務めるマリオ・ジュフレディ氏は、ナポリが関心を寄せているとイタリア『ラジオ・マルテ』でコメント。今夏の退団も噂されるアルバニア代表DFエルサイド・ヒサイの去就が関わってくると語った。 「ジェンナーロ・ガットゥーゾと(スポーツ・ディレクターのクリスティアーノ・)ジュントーリの両者が彼を本当に好んでいることは知っている。他のサイドバックを獲得する前に彼らはヒサイを売却する必要があるだろう」 「ヒサイが移籍するのなら、後釜としてファラオーニはナポリのターゲットになる選手の1人になるだろう。それが現在の状況だ。今後数カ月で起こるか見ていこう」 2020.05.06 12:45 Wed
twitterfacebook