本田圭佑がキャプテンで先発フル出場、ボタフォゴは再開初戦で6発快勝《カンピオナート・カリオカ》

2020.06.29 07:57 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
28日、MF本田圭佑が所属するボタフォゴはカンピオナート・カリオカ(リオデジャネイロ州選手権)第4節でカボフリエンセ(セリエD)と対戦。6-2で快勝をおさめた。

本田がキャプテンとして先発フル出場したこの試合。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が急速に進むブラジルにおいて、早期再開に批判の声が集まっていたが、この日が中断明け最初の試合となった。

開始4分、ボックス左を仕掛けたルイス・エンリケのグラウンダーのクロスにペドロ・ラウールが合わせてボタフォゴが先制。39分にはシセロがボックス手前中央から左足でミドルシュート。これがディフレクトしてゴール右に吸い込まれた。

ボタフォゴの2点リードで前半を折り返すと後半は点の取り合いに。54分には浮き球のパスを受けたペドロ・ラウールが、ボックス中央でトラップしシュート。これが決まり3-1に。61分にはPKを与え1点差とされるも、75分にはボックス内で浮き球を処理したブルーノ・ナザリオが落ち着いて決めて4-2とする。

さらに80分には左サイドからカットインしたルイス・エンリケがグラウンダーのシュートを決めて5-2。90分にはマイナスのパスをカイオ・アレシャンドレがダイレクトミドルで決め、6-2で勝利を収めた。

ボタフォゴ 6-2 カボフリエンセ
【ボタフォゴ】
ペドロ・ラウール(前4、後9)
シセロ(前39)
ブルーノ・ナザリオ(後30)
ルイス・エンリケ(後35)
カイオ・アレシャンドレ(後45)
【カボフリエンセ】
エメルソン・カリオカ(後5)
ディエゴ・サレス(後16)
コメント
関連ニュース
thumb

本田圭佑に新たな援軍か? ボタフォゴが元コートジボワール代表FWカルーにオファー

MF本田圭佑が所属するボタフォゴが、新たな国際的なスターを獲得しようと動いているようだ。 ブラジル『グローボ』によると、ボタフォゴが狙っているのはヘルタ・ベルリンに所属する元コートジボワール代表FWサロモン・カルー(34)とのこと。すでに選手と接触し、最初のオファーを出しているようだ。 カルーは、フェイエノールトで頭角を表すと、2006年7月にチェルシーへと完全移籍。黄金期を迎えていたチェルシーではプレミアリーグやチャンピオンズリーグの優勝に貢献すると、リールへの移籍を挟んで、2014年8月からヘルタ・ベルリンでプレーしていた。 ヘルタとの契約期間は6月30日までとなっていたが、新型コロナウイルス(COVID-19)による中断期間中にSNSで新型コロナウイルスのプロトコル違反が疑われる動画を投稿。その結果、クラブから処分を下され中断明けは出場がなかった。 ボタフォゴは、同じコートジボワール代表として活躍したMFヤヤ・トゥーレの獲得に動いていたが、直前で破談となっていた。 交渉の代理人は本田やヤヤ・トゥーレの際にも介入したマルコス・レイチとのこと。カルーはブラジル人女性と結婚しており、ボタフォゴは交渉ん自信を見せているようだ。しかし、カルーはヨーロッパでのプレーを望んでいるとされ、他クラブからのオファーを待っているようだ。 ブラジル・セリエAは8月に再開される予定。それまでにカタをつけたいと考えているボタフォゴだが、プレミアリーグで36ゴール、ブンデスリーガで48ゴールを記録しているカルーは何としてもテニしたいところだろう。 2020.06.28 19:45 Sun
twitterfacebook
thumb

本田圭佑のボタフォゴとライバルのフルミネンセ、感染爆発中の試合再開に反対

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が収まっていないブラジル。その中での試合開催に対し、ボタフォゴとフルミネンセが反対した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 今年1月に中国の武漢で感染が確認され、その後世界中に感染が拡大した新型コロナウイルス。アジアからヨーロッパ、北米、南米と感染が広がり、現在は中東でも感染が広がっている。 世界中の国々が様々な対策を練り、ロックダウン(都市封鎖)や移動制限を行った中、ブラジルでは現在でも1日に1000人以上が命を落としている状況だ。 リオ・デ・ジャネイロ州サッカー連盟は、そんな中で州選手権を6月18日に再開する方針を打ち出し、州政府の承認を待っている状況だった。 しかし、MF本田圭佑も所属するボタフォゴのネウソン・ムファレジ会長が「現実とは切り離されている」とコメント。試合開催に反対するとコメントしている。 「残念ながら、クラブの大多数は混沌とした状況がまだ残っているにも関わらず、今再び試合を行うときだと理解している」 「しかし、我々はそれに反対する」 また、ディレクターのカルロス・モンテネグロ氏はブラジル『Radio Transamerica』で最も早く試合をするとしても7月1日か4日であるとコメントした。 ボタフォゴのライバルでもあるフルミネンセのマリオ・ビッテンコート会長もこの判断には反対。選手の準備が整っていないとしている。 「我々の試合が設定された日付は、選手の健康の観点から受け入られないものであり、ピッチに立つことはない」 「我々は、正しいことをするために行動を起こすつもりだ」 ブラジル国内での新型コロナウイルス感染者は16日の時点で約93万人おり、死者数は4万5000人を超えている状況。感染者、死者数共に世界2位となっている。 2020.06.17 21:25 Wed
twitterfacebook
thumb

本田圭佑もPCR検査、ボタフォゴが全選手やスタッフ対象に検査実施

MF本田圭佑が所属するボタフォゴは9日、選手、コーチングスタッフ、職員、家族を含めて新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査を実施したことを発表した。 クラブの発表によると、ブラジルで臨床研究などを行うLabormedと共同にて検査を行ったとのこと。本拠地である、ニウトン・サントス・スタジアムで実施された。 副会長のアレサンドロ・レイチ氏は「この検査は全ての選手や家族、スタッフが対象となり、3日間にわたって実施した。検査結果は、新型コロナウイルスに関する全ての人の健康状態を評価するため、医療部門に渡されることになる」とコメントしている。 今回の検査は、PCR検査のほか、血清による検査も実施。12日、金曜日まで行われることとなる。 新型コロナウイルスの感染が広まっているブラジルにおいて、ボタフォゴは現在もトレーニングを行えていない状況。再開のめども立っていない状況だ。 2020.06.11 16:55 Thu
twitterfacebook
thumb

MF本田圭佑が「WEIN 挑戦者FUND」を設立!

ボタフォゴに所属するMF本田圭佑28日、「WEIN 挑戦者FUND」の設立を発表した。 設立メンバーは国際NGOジャパンハートアドバイザーの溝口勇児氏と、ケイアンドカンパニー株式会社代表取締役の高岡浩三氏の3名。「21世紀の課題を解決する」を目標に掲げ、「孤独・退屈・不安」といった21世紀の課題を解決するスタートアップや起業家などに投資しいくようだ。 「KSK Angel Fund」など投資家としての顔を持つ本田。「世界を本気で目指す起業家になかなか出会えないことが課題だと感じた」と現在の課題について言及。「サッカー選手として活動している中でお金を出しているのにサポートできていないジレンマがあった。その投資のジレンマがきっかけ」と「WEIN 挑戦者FUND」を立ち上げた理由を説明している。 また、”挑戦者”の肩書きを持つ本田はサッカー選手としてのキャリアをどう活かしていきたいかと問われると、「来年のオリンピックを目指してブラジルで挑戦している。この挑戦を最後までやり遂げたいと思っている」と語り、「挑戦して得たサッカーでの経験はビジネスサイドで生かしている。ビジネスサイドで得た経験はサッカーで生かしている。サッカーがダメになるとビジネスもダメになるという危機感を持っている」と強い覚悟を示している。 なお、溝口氏は「本田さんが声をかけてくれなければ、今日の場に立っていないかった」と本田が発起人であることを明かしている。 2020.05.28 14:35 Thu
twitterfacebook
thumb

「信じられない行動をとる」本田圭佑が給与返上申し出もクラブは断り…5月まで全選手の給与支払いを約束

ボタフォゴに所属するMF本田圭佑が、自身の給与返上をクラブに断られていたようだ。ブラジル『グローボ』が伝えた。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大は、アジアを皮切りにヨーロッパ、アメリカと広がり、ブラジルを含めた南米にも及んでいる。 ブラジル・セリエAもリーグ戦が中断している状況。そのため、各国のクラブと同様に財政面で厳しい状態に陥っているクラブも多く存在する。 そんな中、本田は3月の給与に関してクラブを助けるために返上すると申し出ていたとのこと。男気を見せていたが、クラブ側はこの申し出を断り、5月までの給与を全選手に全額支払うと約束した。 ボタフォゴの幹部であるカルロス・アウグスト・モンテネグロ氏は「彼は一つの例であるが、信じられない行動をとる。彼はブラジル人滞在し、家族は日本にいる」と語り、本田の申し出に驚いたとコメント。また、本田は「3月の給与を受け取ることを考えていません。クラブが問題を抱えていることを知っています」と言い、給与返上を提案してきたものの、5月までの給与支払いを約束しているため断ったようだ。 本田は、自身のツイッター(@kskgroup2017)で新型コロナウイルス感染拡大を受けた現状についても度々コメントしている中、4月26日に「プロスポーツチームに関して、経営者が直ぐにでも年俸の高い選手から順に給与カットのお願いしにいくべき。誠意を持って話せば多くの選手は理解を示すはず。じゃないと潰れるチームが増えて結果的にファンが悲しむことになる。」と発言。高給の選手から給与カットをされるべきだとの持論を展開していた。 2020.05.11 13:00 Mon
twitterfacebook