本田圭佑がキャプテンで先発フル出場、ボタフォゴは再開初戦で6発快勝《カンピオナート・カリオカ》

2020.06.29 07:57 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
28日、MF本田圭佑が所属するボタフォゴはカンピオナート・カリオカ(リオデジャネイロ州選手権)第4節でカボフリエンセ(セリエD)と対戦。6-2で快勝をおさめた。

本田がキャプテンとして先発フル出場したこの試合。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が急速に進むブラジルにおいて、早期再開に批判の声が集まっていたが、この日が中断明け最初の試合となった。

開始4分、ボックス左を仕掛けたルイス・エンリケのグラウンダーのクロスにペドロ・ラウールが合わせてボタフォゴが先制。39分にはシセロがボックス手前中央から左足でミドルシュート。これがディフレクトしてゴール右に吸い込まれた。

ボタフォゴの2点リードで前半を折り返すと後半は点の取り合いに。54分には浮き球のパスを受けたペドロ・ラウールが、ボックス中央でトラップしシュート。これが決まり3-1に。61分にはPKを与え1点差とされるも、75分にはボックス内で浮き球を処理したブルーノ・ナザリオが落ち着いて決めて4-2とする。

さらに80分には左サイドからカットインしたルイス・エンリケがグラウンダーのシュートを決めて5-2。90分にはマイナスのパスをカイオ・アレシャンドレがダイレクトミドルで決め、6-2で勝利を収めた。

ボタフォゴ 6-2 カボフリエンセ
【ボタフォゴ】
ペドロ・ラウール(前4、後9)
シセロ(前39)
ブルーノ・ナザリオ(後30)
ルイス・エンリケ(後35)
カイオ・アレシャンドレ(後45)
【カボフリエンセ】
エメルソン・カリオカ(後5)
ディエゴ・サレス(後16)
コメント
関連ニュース
thumb

元コートジボワール代表FWカルーが本田圭佑所属のボタフォゴ移籍!

ボタフォゴが9日、元コートジボワール代表FWサロモン・カルー(34)の獲得を正式発表した。 代表通算97キャップ(28得点)のカルーは2003年にフェイエノールトでプロデビュー後、エクセルシオール、チェルシー、リールを経て、2014年からヘルタ・ベルリンでプレー。公式戦通算254試合60得点を誇ったチェルシー時代にプレミアリーグやチャンピオンズリーグ(CL)優勝経験を持つコートジボワール人アタッカーはヘルタ在籍6シーズンで173試合53得点を記録したが、契約満了に伴う今夏退団が決まり、フリーの状態だった。 既報通り、元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレらスター獲得の獲得の動きが取り沙汰されてきたボタフォゴ入りを決断したカルーは背番号「8」に決定。契約年数などの詳細は明らかにされていないが、ブラジル『GloboEsporte』によると、2021年までの契約でボタフォゴ入りとなる模様だ。 なお、ボタフォゴにはカルーが2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)でも国を背負って相対した元日本代表MF本田圭佑が所属。カルーのボタフォゴ入りに際して、ブラジル国籍を持つ妻の存在も後押しになったとみられる。 2020.07.10 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

「延長戦やPK戦がないなんて」本田圭佑が大会方式に苦言、ボタフォゴはドローも準決勝敗退

5日、MF本田圭佑が所属するボタフォゴはカンピオナート・カリオカ(リオデジャネイロ州選手権)準決勝でフルミネンセと対戦。0-0で引き分けたが、敗退となった。 グループAを2位で通過したボタフォゴは、グループB首位のフルミネンセとの対戦。勝利のみが決勝進出となった試合に、本田圭佑はキャプテンとしてフル出場した。 引き分けでは敗退となるボタフォゴだったが、最後までフルミネンセゴールを割ることができず。ゴールレスで90分間が終了し、0-0のドロー。準決勝敗退となった。 試合後、本田は自身のツイッター(@kskgroup2017)を更新。決勝に進んだフルミネンセを祝福しながらも、変則的な大会方式への苦言を呈した。 「フルミネンセおめでとう。彼らは勝利に値した。しかし、僕は言わなければならないことを感じている。ルールを変更する必要がある。延長戦やPK戦がないトーナメントなど見たことがない」 なお、準決勝のもう1試合はフラメンゴがボルタ・レドンダを2-0で下して勝利。決勝はフルミネンセvsフラメンゴとなった。 2020.07.06 11:12 Mon
twitterfacebook
thumb

本田圭佑に新たな援軍か? ボタフォゴが元コートジボワール代表FWカルーにオファー

MF本田圭佑が所属するボタフォゴが、新たな国際的なスターを獲得しようと動いているようだ。 ブラジル『グローボ』によると、ボタフォゴが狙っているのはヘルタ・ベルリンに所属する元コートジボワール代表FWサロモン・カルー(34)とのこと。すでに選手と接触し、最初のオファーを出しているようだ。 カルーは、フェイエノールトで頭角を表すと、2006年7月にチェルシーへと完全移籍。黄金期を迎えていたチェルシーではプレミアリーグやチャンピオンズリーグの優勝に貢献すると、リールへの移籍を挟んで、2014年8月からヘルタ・ベルリンでプレーしていた。 ヘルタとの契約期間は6月30日までとなっていたが、新型コロナウイルス(COVID-19)による中断期間中にSNSで新型コロナウイルスのプロトコル違反が疑われる動画を投稿。その結果、クラブから処分を下され中断明けは出場がなかった。 ボタフォゴは、同じコートジボワール代表として活躍したMFヤヤ・トゥーレの獲得に動いていたが、直前で破談となっていた。 交渉の代理人は本田やヤヤ・トゥーレの際にも介入したマルコス・レイチとのこと。カルーはブラジル人女性と結婚しており、ボタフォゴは交渉ん自信を見せているようだ。しかし、カルーはヨーロッパでのプレーを望んでいるとされ、他クラブからのオファーを待っているようだ。 ブラジル・セリエAは8月に再開される予定。それまでにカタをつけたいと考えているボタフォゴだが、プレミアリーグで36ゴール、ブンデスリーガで48ゴールを記録しているカルーは何としてもテニしたいところだろう。 2020.06.28 19:45 Sun
twitterfacebook
thumb

本田圭佑のボタフォゴとライバルのフルミネンセ、感染爆発中の試合再開に反対

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が収まっていないブラジル。その中での試合開催に対し、ボタフォゴとフルミネンセが反対した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 今年1月に中国の武漢で感染が確認され、その後世界中に感染が拡大した新型コロナウイルス。アジアからヨーロッパ、北米、南米と感染が広がり、現在は中東でも感染が広がっている。 世界中の国々が様々な対策を練り、ロックダウン(都市封鎖)や移動制限を行った中、ブラジルでは現在でも1日に1000人以上が命を落としている状況だ。 リオ・デ・ジャネイロ州サッカー連盟は、そんな中で州選手権を6月18日に再開する方針を打ち出し、州政府の承認を待っている状況だった。 しかし、MF本田圭佑も所属するボタフォゴのネウソン・ムファレジ会長が「現実とは切り離されている」とコメント。試合開催に反対するとコメントしている。 「残念ながら、クラブの大多数は混沌とした状況がまだ残っているにも関わらず、今再び試合を行うときだと理解している」 「しかし、我々はそれに反対する」 また、ディレクターのカルロス・モンテネグロ氏はブラジル『Radio Transamerica』で最も早く試合をするとしても7月1日か4日であるとコメントした。 ボタフォゴのライバルでもあるフルミネンセのマリオ・ビッテンコート会長もこの判断には反対。選手の準備が整っていないとしている。 「我々の試合が設定された日付は、選手の健康の観点から受け入られないものであり、ピッチに立つことはない」 「我々は、正しいことをするために行動を起こすつもりだ」 ブラジル国内での新型コロナウイルス感染者は16日の時点で約93万人おり、死者数は4万5000人を超えている状況。感染者、死者数共に世界2位となっている。 2020.06.17 21:25 Wed
twitterfacebook
thumb

本田圭佑もPCR検査、ボタフォゴが全選手やスタッフ対象に検査実施

MF本田圭佑が所属するボタフォゴは9日、選手、コーチングスタッフ、職員、家族を含めて新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査を実施したことを発表した。 クラブの発表によると、ブラジルで臨床研究などを行うLabormedと共同にて検査を行ったとのこと。本拠地である、ニウトン・サントス・スタジアムで実施された。 副会長のアレサンドロ・レイチ氏は「この検査は全ての選手や家族、スタッフが対象となり、3日間にわたって実施した。検査結果は、新型コロナウイルスに関する全ての人の健康状態を評価するため、医療部門に渡されることになる」とコメントしている。 今回の検査は、PCR検査のほか、血清による検査も実施。12日、金曜日まで行われることとなる。 新型コロナウイルスの感染が広まっているブラジルにおいて、ボタフォゴは現在もトレーニングを行えていない状況。再開のめども立っていない状況だ。 2020.06.11 16:55 Thu
twitterfacebook