コンテ不在インテル、終盤の2発でパルマに逆転勝利!《セリエA》

2020.06.29 06:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルは28日、セリエA第28節でパルマとのアウェイ戦に臨み、2-1で逆転勝利した。

前節サッスオーロとの打ち合いを引き分けに持ち込まれた3位インテル(勝ち点58)は、コンテ監督が累積警告によりベンチ入り禁止の中、サッスオーロ戦のスタメンから6選手を変更。出場停止のシュクリニアルらに代えてL・マルティネスやバレッラがスタメンに戻った。

7位パルマ(勝ち点39)に対し、オープンな立ち上がりとなった中、12分にピンチ。ここはジェルビーニョが決定機を逸してくれたものの、15分に失点する。ロングフィードでボックス左深くまで侵入したジェルビーニョにカットインからシュートを決められた。

失点後、VARでPKを獲得しかけたインテルだったが、その前にオフサイドがあり、同点には追いつけず。

そしてハーフタイムにかけてはパルマの集中した守備の前に思うようにシュートシーンを作れず前半を1点ビハインドで終えた。

迎えた後半、58分にクルゼフスキにGKハンダノビッチ強襲のシュートを打たれたインテルは前半同様にパルマのカウンターに苦しみ、流れを引き寄せきれない状況が続く。

そこで69分に3枚代えを敢行。エリクセンと両サイドを代えてサンチェスらを投入した。すると80分にはサンチェスが強烈なミドルシュートでオンターゲットを記録するも、GKセペの好守に阻まれた。

それでも84分、右CKの流れからファーサイドのL・マルティネスのヘッドでの折り返しをデ・フライが頭で押し込み、同点に追いついた。

さらに主審への暴言か、クツカが一発他場となったパルマに対し、インテルは87分に一気に逆転する。ボックス右で仕掛けたモーゼスが反転から左足でクロスを上げると、ファーサイドのバストーニがヘッドで押し込んだ。

終盤の2発で逆転したインテルが首位ユベントスを8ポイント差で追っている。
コメント
関連ニュース
thumb

インテルへ完全移籍のFWサンチェスがメッセージ「何かを獲得したい」

マンチェスター・ユナイテッドからインテルへ完全移籍したチリ代表FWアレクシス・サンチェスが、移籍に関してメッセージを残した。 サンチェスは6日、ユナイテッドからの完全移籍が発表。フリートランスファーでの加入となり、契約期間は2023年6月30日までの3年契約となった。 <div id="cws_ad">◆サンチェス、インテル加入後に見せた輝き<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ2VUR0OW9kZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 移籍が決定したサンチェスは、クラブ公式ツイッターでビデオメッセージ。ファンに向けて改めて挨拶するとともに、何かを勝ち取るために来たと強い意気込みを語った。 「インテルファンの皆さんこんにちは。僕はここに居ることができて、とても、とても幸せな気持ちです」 「僕はこのクラブのために何かを戦い、勝つことに熱心なファミリー、スタッフ、そして皆さんに出会った。だから、ここに留まりたいという欲望を持っていた」 「僕は空腹であり、何かを獲得したいと思っている。みんなとともに、ここで何かを獲得することができることを幸せに感じるよ」 今シーズンのサンチェスは、セリエAで22試合に出場し4ゴール9アシスト。チームはセリエAを2位で終えていた。 また、ヨーロッパリーグではラウンド16でヘタフェを下し準々決勝に進出。タイトル獲得に向けて、10日にレバークーゼンと対戦する。 2020.08.07 14:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ベスト8が決定!ユナイテッドやセビージャ、インテルが勝ち上がり《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16が6日に終了し、ベスト8進出チームが決定した。 勝ち上がったのはイングランドからマンチェスター・ユナイテッドとウォルバーハンプトン、スペインからセビージャ、イタリアからインテル、ドイツからレバークーゼン、その他、シャフタール(ウクライナ)、バーゼル(スイス)、コペンハーゲン(デンマーク)の8チームとなっている。 準々決勝はいずれも一発勝負で行われ、10日と11日に行われる。組み合わせは以下の通り。 ◆準々決勝組み合わせ ▽8/10 マンチェスター・ユナイテッドvsコペンハーゲン インテルvsレバークーゼン ▽8/11 ウォルバーハンプトンvsセビージャ シャフタールvsバーゼル 2020.08.07 06:07 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル、ユナイテッドからレンタル中のチリ代表FWサンチェスをフリーで獲得!

インテルは6日、マンチェスター・ユナイテッドからチリ代表FWアレクシス・サンチェス(31)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。 なお、契約期間は2023年6月30日までの3年契約となる。 <div id="cws_ad">◆サンチェス、インテル加入後に見せた輝き<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ2VUR0OW9kZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> サンチェスはチリのコブレロアでキャリアをスタート。その後は、ウディネーゼ、コロコロ、リーベル・プレートでプレーし、2011年7月にバルセロナへと完全移籍していた。 バルセロナでは公式戦141試合で47ゴール36アシストを記録すると、2014年7月にはアーセナルへ完全移籍。アーセナルでは公式戦166試合で80ゴール45アシストを記録していた。 2018年1月にはストライカーの玉突き人事もあり、ユナイテッドへと移籍。しかし、ユナイテッドでは思うような結果が出ず、今シーズンからインテルへレンタル移籍していた。 今シーズンのサンチェスは、セリエAで22試合に出場し4ゴール9アシスト。公式戦では30試合で4ゴール10アシストを記録。なかなか結果を残せない時期が続いたが、中断明けはゴールとアシストで10ゴールに直接絡み、調子を取り戻していた。 2020.08.06 18:32 Thu
twitterfacebook
thumb

左サイドを制圧!ペリシッチのキャリア初のハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、バイエルンのクロアチア代表MFイバン・ペリシッチがインテル時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆ペリシッチのキャリア初のハットトリック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJmN0JNUjdPNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> これまでドルトムント、ヴォルフスブルクで活躍してきたペリシッチは2015年にインテルに加入。今季は昨年から続く去就問題やアントニオ・コンテ新監督から信頼を得られていなかった事情もあり、バイエルンへとレンタル移籍中だが、左ウイングを主戦場に在籍4年間で常に主力として活躍を続けてきた。 2017年12月3日に行われたセリエA第15節のキエーボ戦では、自身にとってセリエAで初となるハットトリックも決めている。 まずは23分、左サイドを突破したDFダビデ・サントンが角度のないところからシュートを放つ。これは相手GKステファノ・ソレンティーノに弾かれるも、そのこぼれ球がペリシッチのもとへ。ペリシッチはこれをダイレクトで捉えると、これもソレンティーノが触れるも、威力のあるシュートはゴールラインを割り、先制に成功する。 そしてインテルが1点を加えて迎えた57分、今度はペリシッチの個人技が炸裂する。左サイドを持ち上がったペリシッチは得意のドリブルからボックス左に侵入。そのまま左足でゴール右へと蹴り込んだ。 このゴールでダメ押しとしたインテルは60分にも追加点を奪う。そして、試合終了間際の後半アディショナルタイム、ペリシッチはボックス中央から再び左足でグラウンダーのシュートをゴール右に決め、ハットトリックを達成している。 結局インテルは5-0と大勝。ペリシッチにとっては、キャリア初のハットトリックとなった。 2020.08.06 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

インテルでは実に9季ぶり公式戦30発到達のルカク「満足している」

インテルのベルギー代表FWロメル・ルカクが1ゴールを記録したヘタフェ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 5日にヨーロッパリーグ(EL)ラウンド・16でヘタフェと対戦したインテルは、33分にDFアレッサンドロ・バストーニのロングフィードに抜け出したルカクがボックス内でフィジカルの強さを見せつけて先制点を記録。さらに83分には途中出場のMFクリスティアン・エリクセンにもゴールが生まれ2-0の快勝を収めた。 このゴールにより、ルカクは今季の公式戦で30ゴールに到達。インテルでシーズン30点以上を記録するのは2010-11シーズンのサミュエル・エトー氏(37ゴール)以来となる快挙となった。 ルカクは、イタリア『スカイ・スカイ』でヘタフェ戦についてコメント。自身のゴールにも満足感を示した。 「アグレッシブなチームとの対戦は難しくなるとわかっていた。DFは本当に機能していたし、前線もうまくやっていた。ゴールにもクリスティアンにも満足しているよ」 「ミスはフットボールにおいて起こることだけど、次の試合について考えている。勝利してチームを助け続けたいと思っている」 「監督との仕事はとても重要だ。チームは成長して、我々は同じアイディアと改善するという気持ちを持って前進する必要がある」 2020.08.06 13:25 Thu
twitterfacebook