インモービレ&アルベルト弾で逆転勝利のラツィオがユベントスを追走!《セリエA》

2020.06.28 06:50 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオは27日、セリエA第28節でフィオレンティーナと対戦し、2-1で勝利した。ミッドウィークに行われたセリエA再開初戦のアタランタ戦でリーグ3敗目を喫した2位ラツィオ(勝ち点62)が、ホームに13位フィオレンティーナ(勝ち点31)を迎えた一戦。

首位ユベントス追走へ負けられない戦いの続くラツィオは、中2日での一戦に向けてアタランタ戦から先発を3人変更。コレアやカタルディ、ラドゥに代えてカイセド、パローロ、バストスを先発で起用した。

立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ラツィオは25分に先制を許す。左サイドボックス横でボールを受けたリベリが中に切り込むと、ダブルタッチで相手DF2人をかわしてシュート。これがゴール左隅に突き刺さった。

先手を取られたラツィオもすぐにチャンスを迎える。27分、L・アルベルトの右CKをニアサイドのパローロが頭で合わせたが、このシュートはGKドラゴウスキが好反応のセーブで弾き出した。

その後、フィオレンティーナ陣内に攻め込む時間が増えたラツィオは43分、L・アルベルトのスルーパスでゴール前に抜け出したインモービレがシュート。相手GKの弾いたボールにバストスが反応したが、先にインモービレの抜け出しがオフサイドと判定された。

迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはフィオレンティーナ。49分、ボックス右手前でボールを受けたゲザルが左足でコントロールショットを放ったが、これはクロスバーを直撃。

ピンチを凌いだラツィオは65分、左サイドでパスを受けたジョニーの高速クロスをボックス中央のカイセドが胸に当てると、こぼれ球を追ったカイセドが飛び出したGKに倒されPKを獲得。このPKをインモービレがゴール右隅に沈めた。

同点に追いついたラツィオは、コレア、マルシッチ、J・ルカクを投入し勝ち越しを狙う。すると83分、ドリブルで持ち上がったL・アルベルトのパスが相手DFに当たりこぼれると、再び反応したL・アルベルトがダイレクトシュート。このシュートがゴール右隅に吸い込まれた。

勝ち越しを許したフィオレンティーナは、試合終了間際にヴラホビッチがレッドカードを受け退場し万事休す。インモービレとL・アルベルトのゴールで逃げ切ったラツィオが、逆転勝利でユベントスの追走に成功している。
コメント
関連ニュース
thumb

ラツィオが獲得したFWムリキ、移籍手続きのため帰国したトルコで新型コロナ陽性反応

フェネルバフチェからラツィオに今夏加入したコソボ代表FWべダド・ムリキ(26)が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染していることがわかった。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 ムリキはフェネルバフチェから加入。移籍に関する書類を完成させるためにトルコへと帰国。その際に受けたPCR検査で、陽性反応を示したとのことだ。なお、無症状であり、すでに隔離措置を取っているという。 当初はトルコでの噂に過ぎなかったが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によるとラツィオもムリキの感染を認めたとのことだ。 ムリキは先週ローマに到着。メディカルチェックを受け、ラツィオと5年契約を締結していた。 なお、これによりムリキは10月中旬までは起用できないことになり、シーズン序盤戦を欠場することになる。 2020.09.21 21:40 Mon
twitterfacebook
thumb

オサスナがラツィオのMFホニーを買取OP付きのレンタル移籍で獲得

オサスナは20日、ラツィオのスペイン人MFホニー・ロドリゲス(29)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 1年間のレンタル移籍での加入となるが、500万ユーロ(約6億2000万円)での買い取りオプションがついているとのことだ。 ホニーはレアル・オビエド、バルセロナの下部組織で育ち、スペインの下部リーグでプレー。スポルティング・ヒホンやマラガ、アラベスでのプレーを経て、2019年7月にラツィオへと完全移籍していた。 2019-20シーズンはセリエAで24試合に出場し1アシストを記録。ヨーロッパリーグでも6試合に出場し1アシストを記録していた。 2020.09.21 14:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ジェノアがラツィオからMFバデリ、アタランタから若手MFメレゴーニを獲得

ジェノアは16日、ラツィオに所属するクロアチア代表MFミラン・バデリ(31)を完全移籍で、アタランタに所属するU-21イタリア代表MFフィリッポ・メレゴーニ(21)をレンタル移籍で獲得した。 クロアチア代表として50試合の出場歴を持つセントラルMFのバデリは、2014年から4年間、フィオレンティーナに在籍。2018年の夏にラツィオに完全移籍したものの、元ブラジル代表MFルーカス・レイバの前に控えに回り、セリエAでの先発は14試合に留まると、昨夏にフィオレンティーナにレンタルで復帰。 フィオレンティーナでは、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督のもとシーズン前半はセリエA16試合に出場。しかし、昨年12月に同監督が解任されると、後任のジュゼッペ・イアキーニ監督からは信頼を得られず、シーズン後半はセリエA7試合の出場に留まっていた。 一方、名門アタランタユース育ちのメレゴーニは、2017年1月のセリエA第21節サンプドリア戦でトップチームデビュー。その後、2018年の夏にセリエBのペスカーラへレンタルで加入すると、リーグ戦13試合で1ゴール1アシストを記録したが、2019年3月にじん帯断裂の重傷で長期離脱。 しかし、ペスカーラは昨夏にメレゴーニのレンタル延長を希望し、2019-20シーズンの残留が決定。昨季はリハビリでシーズン前半を棒に振ったが、昨年12月14日のフロジノーネ戦で復帰すると、セリエBで12試合、セリエA昇格プレーオフ1試合に出場した。 2020.09.17 00:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、フェネルバフチェの大型FWムリキを獲得

ラツィオは15日、フェネルバフチェのコソボ代表FWべダド・ムリキ(26)の獲得を発表した。契約期間は発表されていない。移籍金は『フットボール・イタリア』によると総額で2000万ユーロ(約25億円)になるとのことだ。 194cmの大型FWであるムリキは、アルバニアのテウタ・ドゥラスでキャリアをスタート。その後はトルコへと渡り、ギレスンスポル、ゲンチレルビルリイ、リゼスポルでプレー。2019年7月にフェネルバフチェへ加入していた。 2019-20シーズンはスュペル・リグで32試合に出場し15ゴール6アシストを記録。スュペル・リグ通算では112試合の出場で37ゴールを挙げていた。 2020.09.16 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、フェネルバフチェとコソボ代表FWムリキ獲得で合意

ラツィオがコソボ代表FWべダッド・ムリキ(26)の獲得でフェネルバフチェと合意に至ったようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。 ムリキは、アルバニアのテウタ・ドゥラスでキャリアをスタート。その後はトルコへと渡り、ギレスンスポル、ゲンチレルビルリイ、リゼスポルでプレー。2019年7月に移籍金350万ユーロ(約4億4000万円)でフェネルバフチェへ加入していた。 2019-20シーズンはスュペル・リグで32試合に出場し15ゴール6アシストを記録し、結果を残していた。 『スカイ・スポーツ』によると、ラツィオとフェネルバフチェは1800万ユーロ(約22億6500万円)の移籍金に加え、200万ユーロ(約2億5000万円)のボーナスで合意したとのことだ。 ムリキは7日にローマでメディカルチェックを受けるとのこと。すでに個人間の合意はしていたものの、フェネルバフチェが移籍金を釣り上げたために遅延していたようだ。 2020.09.06 11:40 Sun
twitterfacebook