今なお現役のエムレ・ベロゾグルがインテル時代に決めた技ありループシュート【インクレディブル・ゴールズ】

2020.06.27 17:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はフェネルバフチェのトルコ代表MFエムレ・ベロゾグルがインテル時代に決めたゴールだ。

1980年生まれ、現在39歳のエムレは若くしてガラタサライで評価を高め、2001年にインテルへ移籍。その後、ニューカッスル、フェネルバフチェ、アトレティコ・マドリー、バシャクシェヒルを経て、現在は再びフェネルバフチェでプレーしている。

インテルでは4年間プレーしたが、2002年12月7日のセリエA第13節ラツィオ戦が最大のハイライトだった。

ラツィオのFWクラウディオ・ロペスにハットトリックの食らい、37分の時点で0-3と3点のビハインドを負ったインテルだが、ここから巻き返す。

38分に相手のオウンゴールで1点を返して迎えた後半22分、エムレはハーフウェイライン付近でボールを受けると、ラツィオ守備陣が整いきっていないことを確認し、前線へとボールを運ぶ。ラツィオのDFたちがマークマンを優先させ、エムレへのプレッシャーを怠ると、ペナルティーアーク手前からGKアンジェロ・ペルッツィの位置を見て、左足で優しいループシュートを放ち、ネットを揺らした。

このゴールの8分後、エムレは今度は右足でミドルシュートを叩き込み、絶望的な状況から追いついてみせた。結局、試合は3-3の引き分けで終了。この試合でのエムレの活躍はインテリスタの語り草となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

クラシコでも阿吽の呼吸!ベッカムの絶妙フィードをオーウェンが仕留める!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イングランド代表FWマイケル・オーウェン氏がレアル・マドリー時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆イングランドの名コンビがクラシコで見せた技ありゴール!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJXQ3NHRUx2SiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> リバプールの下部組織で育ち、そのままファーストチームへ昇格したオーウェン。“ワンダーボーイ”としても知られ、多くの注目を集めた。 リバプールで長らくエースとして活躍した後、銀河系軍団と呼ばれていたレアル・マドリーへと移籍。その後は、ニューカッスル、マンチェスター・ユナイテッド、ストーク・シティと渡り歩き、2013年に現役を引退していた。 そんなオーウェンが決めたゴールの中でも記憶に残るのは、2004-05シーズンのラ・リーガ第31節、2005年4月10日に行われたバルセロナとの“エル・クラシコ”でのゴールだ。 “怪物”ロナウドとの2トップを組んで先発出場したオーウェン。ジネディーヌ・ジダンやラウール・ゴンサレス、デイビッド・ベッカムといった銀河系の面々とともにピッチに立つと、3-1とリードして迎えた65分にゴールを奪う。 自陣でサミュエル・エトーからイバン・エルゲラがボールを奪うと、こぼれ球を拾ったベッカムがルックアップ。すぐさま右足で前線へフィードを送ると、最終ラインの裏へ飛び出したオーウェンの元へ。 ボールはバウンドとともにブレーキがかかりオーウェン冷静にトラップ。ボックス手前で右足を振り抜くと、グラウンダーのシュートがネットを揺らした。 イングランド代表のチームメイトでもある気心知れたベッカムからの絶妙なパスに、特徴でもある絶妙な飛び出しを見せたオーウェンのシュート技術。スペインの地でイングランドの2人が見せた素晴らしいゴールとなった。 2020.07.02 22:30 Thu
twitterfacebook
thumb

国王杯決勝でメンディエタが魅せた相手DF無力化のリフティングボレー【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元スペイン代表MFガイスカ・メンディエタ氏がバレンシア時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆メンディエタの落ち着きとテクニック!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2NUYycTFSSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> カステジョンでデビューしたメンディエタ氏は、1992年7月にバレンシアへ移籍。元アルゼンチン代表MFパブロ・アイマール氏らとともに2度のチャンピオンズ・リーグ準優勝に貢献した。 バレンシアでは在籍9年間で公式戦282試合に出場し52ゴール10アシストを記録したが、中でも見事だったのが、1999年6月26日に行われたコパ・デル・レイ決勝のアトレティコ・マドリー戦でのゴールだ。 1-0とリードしている中、バレンシアはカウンターから敵陣左サイドでFWアドリアン・イリエがボールを持つと、右足で中央にクロスを供給する。これをオーバーラップしていたメンディエタがボックス内中央で受け、胸トラップする。 ゴールに背を向ける形になったものの、ボールをバウンドさせることなく、右足でリフティングし、次のタッチでふわりと浮かせる。それと同時に体を反転させ、一気にDFをかわすと、最後はGKとの1対1を冷静に左足で決めた。 クラウディオ・ラニエリ監督(現・サンプドリア監督)率いるバレンシアは、このスーパーゴールもあり、3-0で勝利。20年ぶりのコパ・デル・レイ優勝を果たした。 2020.07.02 20:15 Thu
twitterfacebook
thumb

“悪童”マテラッツィが日本人選手の前でオーバーヘッドを炸裂【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イタリア代表DFのマルコ・マテラッツィ氏がインテル時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆CBマテラッツィの完璧なバイシクル<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJZRFVxeTNZSSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 名ディフェンダーにしてサッカー界随一の“悪童”としても知られるマテラッツィ氏は、2000-01シーズンにはシーズン11ゴールを決め、当時のディフェンダーとしてのリーグ最多得点記録を塗り替えたこともある。 インテルに入団してからも公式戦209試合に出場し33得点を記録。パワフルな守備だけでなく得点力でもチームに貢献したが、2006年12月17日に行われたセリエA第16節のメッシーナ戦ではストライカー顔負けのゴールを決めている。 ゴールレスで迎えた49分、攻め込んだインテルはMFルイス・フィーゴが、敵陣右大度からゴール前へとクロスを供給する。これをファーサイドのFWズラタン・イブラヒモビッチが頭で折り返すと、高く上がったボールをボックス中央にいたマテラッツィがバイシクルシュート。難しいシュートだったが、しっかりと左足で捉えたシュートは相手GKマルコ・ストラーリの牙城を破った。 なお、この試合には当時メッシーナに所属していた元日本代表MFの小笠原満男氏も先発出場しており、このスーパーゴールの目撃者となっていた。 2020.07.02 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

GKお手上げ! 軌道が読めないドログバの無回転ミドルが炸裂【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元コートジボワール代表FWのディディエ・ドログバ氏がチェルシー時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆セーブ不能、ドログバの強烈ミドル!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJhYk9HZE01dyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ル・マンでのデビュー後、フランスで頭角を現していたドログバ氏は、マルセイユへ移籍。すると、チャンピオンズリーグで当時ポルトを指揮していたジョゼ・モウリーニョ監督の目に留まり、2004年に同監督と共にチェルシーへ移籍する。 強豪クラブへと移籍したドログバは、プレミアリーグにも次第に順応。チェルシーでは在籍した8シーズンで公式戦164ゴール86アシストを記録した。 中でも見事だったのが、2011年1月24日に行われたプレミアリーグ第24節のボルトン戦でのゴールだ。 前半11分、MFフローラン・マルダからのパスを受けたドログバは、相手のプレッシャーが弱いことをみるやすかさず右足でミドルシュートを放つ。ゴールまでは25m以上あったものの、シュートはグングンと伸び、浮き上がるような弾道でゴールネットに突き刺さった。 後ろからの角度で観ると、無回転のシュートは全く予想のつかない軌道を描いており、相手GKユッシ・ヤースケライネンの反応が遅れたのも納得だ。 2020.07.01 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

“怪物”ロナウドはFKまで蹴れる! 同胞ロベカルを彷彿とさせる長距離弾丸シュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表FWロナウド氏がインテル時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロナウド、意外な豪快FK弾!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJhNmcxbkVaMiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 圧倒的なパワー、スピード、テクニックに傑出した得点感覚を兼ね備えたロナウド氏だが、1997年9月27日のセリエA第4節のレッチェ戦では見事なFKを決めている。 ゴールまで30m近くある位置でFKのチャンスを獲得すると、キッカーのロナウドは、FKの名手ロベルト・カルロスを彷彿とさせるような長い助走を取る。思い切り走りこんだロナウドは勢いのまま弾丸シュートを放つと、ボールはゴールまで一直線。あまりの威力に相手GKファブリツィオ・ロリエリも防ぎきれず、ゴールへ吸い込まれた。 ロナウド氏はインテルでは在籍5年で98試合に出場し59ゴール11アシストを記録。2度の靭帯断裂という大怪我もあったものの、インテリスタの記憶に強く刻まれていることだろう。 2020.07.01 19:10 Wed
twitterfacebook