酒井宏樹所属のマルセイユに買収報道! サウジ&フランスの大物実業家がタッグ

2020.06.27 15:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユにクラブ買収の動きが出てきている。フランス『レキップ』や『AFP通信』など複数国内メディアが伝えている。

マルセイユは故ロバート・ルイ=ドレフュス氏の下で20年以上に渡ってクラブの運営が続いてきたが、2016年10月にMLB(メジャーリーグ・ベースボール)のロサンゼルス・ドジャースの元オーナーであるアメリカ人実業家のフランク・マッコート氏が新たなオーナーに就任していた。

マッコートオーナー就任後は2シーズンほど積極的に市場に資金を投下してきたが、その後ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の問題などもあり、昨夏は目立った補強を行えず。それでも、アンドレ・ビラス=ボアス監督の優れた手腕により、今シーズンのリーグ・アンを2位フィニッシュし、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に成功していた。

しかし、前述のメディアが伝えるところによれば、現在マルセイユにはフランスの強豪ラグビーチーム、RCトゥーロンの元オーナーであるムラド・ブジェラル氏(写真)を窓口に、サウジアラビアの国営企業とチュニジア系フランス人の大物実業家らがクラブ買収に向けて動き始めているという。

ブジェラル氏はすでにM&Aを取り扱う国際的な銀行を通じて、マッコート氏側と連絡を取っており、週明けにも最初の買収オファーを掲示する予定だという。

なお、ブジェラル氏はフランス『RMC sport』の取材に対して、前述の買収の動きが事実であること。成功したあかつきに自身が新会長に就任することを認めている。また、今回の買収に関して「マルセイユに地中海プロジェクトという、非常に大きなプロジェクトをもたらす」と、壮大な計画の一端を明かしている。
コメント
関連ニュース
thumb

マルセイユ、育成名門ル・アーヴルから守備的MF加入! 一時ワトフォード入り発表も…

マルセイユは1日、フランス人MFパプ・グイエ(21)の加入を発表した。背番号は「22」に決定。契約期間は2024年6月30日までの4年となる。 グイエは、MFポール・ポグバや同DFバンジャマン・メンディ、DFフェルラン・メンディ、アルジェリア代表MFリヤド・マフレズらが過去に在籍していたことで知られるル・アーヴル育ちの守備的MF。 昨シーズンの終盤戦から主力に定着すると、経験豊富なポール・ル・グエン新監督を迎えた今シーズンは、リーグ・ドゥ(フランス2部)で25試合に出場するなど、主力として活躍していた。 ただ、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、グイエの去就に関してはまだひと悶着が予想されるという。 今シーズン限りでル・アーヴルとの契約が終了したグイエに関しては今年4月29日、プレミアリーグのワトフォードが5年契約での来季加入を公式発表。 だが、グイエ本人と担当弁護士は、グイエの元代理人であるバカリ・サノゴ氏が選手サイドの許可を得ず、事前契約にサインしたとしてワトフォードとの契約無効を訴えていた。 その問題に関しては今後、裁判に発展する可能性が高いというが、ひとまずマルセイユ行きが決定した。 <div id="cws_ad">◆ひとまずマルセイユ行きが決定<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">[] : 01010000 01100001 01110000 01100101 00100000 01000111 01110101 01100101 01111001 01100101 <a href="https://twitter.com/hashtag/DroitAuBut?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DroitAuBut</a> <a href="https://t.co/HDp2pguHCT">pic.twitter.com/HDp2pguHCT</a></p>&mdash; Olympique de Marseille (@OM_Officiel) <a href="https://twitter.com/OM_Officiel/status/1278347843795931136?ref_src=twsrc%5Etfw">July 1, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.07.02 14:40 Thu
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、スペイン人DFアルバロ・ゴンサレスの買い取りOP行使

マルセイユは6月30日、スペイン人DFアルバロ・ゴンサレス(30)の買い取りオプションを行使したことを発表した。移籍金は400万ユーロ(約4億8000万円)で、2023年まで契約を結んでいる。 昨年夏にビジャレアルから買い取りオプション付きのレンタルでマルセイユに加入したセンターバックのアルバロ・ゴンサレスは今季、リーグ・アンで20試合、クープ・ドゥ・フランスで4試合に出場し、主力としてプレーしていた。 2020.07.01 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹の同僚、元フランス代表MFパイエがマルセイユと2024年まで契約延長

日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユは27日、元フランス代表MFディミトリ・パイエ(33)との契約延長を発表した。新契約期間は2024年6月30日までとなる。 パイエは、ル・アブールの下部組織で育ち、エクセルシオールやナント、サンテチェンヌ、リールを経て2013年7月にマルセイユへ加入。2015年7月にはウェストハムへ完全移籍するも、2017年1月に復帰していた。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJPR3BJeTFTbCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> マルセイユでは公式戦通算212試合に出場し48ゴール69アシストを記録。今シーズンはシーズンが打ち切りになったものの、22試合に出場し9ゴール4アシストを記録していた。 なお、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響による在籍危機のため、給与が半減することとなるが、翌シーズンは30%の削減となり、2年間で40〜60%の基本給削減の可能性がある。またパイエはヨーロッパのカップ戦出場に付帯していたボーナスを拒否したとのことだ。 2020.06.28 01:15 Sun
twitterfacebook
thumb

マルセイユがFFP違反…UEFA大会参加による収入が15%減に

欧州サッカー連盟(UEFA)は19日、マルセイユに対しファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)違反で罰金処分を科したことを発表した。 報告によると、マルセイユはUEFAクラブ財務管理機関(CFCB)と2019年6月に結んだFFPに関する清算条項をクリア出来ず、今月12日に処分対象に。 300万ユーロ(約3億5800万円)の罰金に加え、今後2シーズンのUEFA主催大会出場による収入の15%が徴収されることになった。 CFCBはさらに、UEFA主催大会において来季以降の3シーズンは、登録メンバーを本来の25名から23名に減らす処分も下した。今季のリーグ・アンで2位となったマルセイユは、来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得している。 なお、マルセイユはスポーツ仲裁裁判所(CAS)に上訴することが出来る。 2020.06.20 02:30 Sat
twitterfacebook
thumb

現役復帰もいける?マルセイユ時代のジブリル・シセが突き刺した豪快ミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元フランス代表FWジブリル・シセ氏がマルセイユ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJIWWIzQXcwTyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> これまでオセールやマルセイユ、リバプール、QPRなどで活躍したシセ氏は、2015年に現役を引退した。その後、2017年にスイス3部リーグのイヴェルドン・スポールで現役復帰を果たすと、2018年夏には当時新設されたばかりのイタリアクラブ、ACヴィンチェンツィア1902へ加入。そして、昨年夏には2度目の引退を決断し、現在はコンサートDJとしてアメリカの大物歌手マライア・キャリーとも共演を果たすなどセカンドキャリアを謳歌している。 選手としても、クラブキャリア通算で271ゴールを決めたストライカーであったシセ氏は、マルセイユ時代に見事なゴールを決めている。 2006-07シーズンのリーグ・アン第37節サンテチェンヌ戦。0-0で迎えた54分、ボックス外左でMFサミル・ナスリからパスを受けると、ゴールから少し逃げるような角度で中央にカットインする。 すると、そのまま体をひねりミドルシュート。その体勢からは考えられない弾丸シュートがゴール右上に突き刺さった。 シセ氏は先月、自身のキャリアでリーグ・アン100ゴールを達成できなかったことを悔やみ、現役復帰を希望していることを明言していたが、現在38歳の彼にオファーを出すクラブは出てくるだろうか。 2020.06.17 21:30 Wed
twitterfacebook