インテルが約48億円でハキミ獲得合意か

2020.06.27 02:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルがレアル・マドリーからドルトムントにレンタル中のモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(21)の獲得に近づいているようだ。イタリア『スカイ』が報じている。

同メディアによればインテルはハキミ獲得のために4000万ユーロ(約48億円)の移籍金を準備。近日中に合意に達すると報じている。

レアル・マドリーから2年間のレンタルでドルトムントに在籍していたハキミは、これまでドルトムントで公式戦72試合に出場して12ゴール17アシストを記録。今季は公式戦44試合に出場して5ゴール10アシストを記録し、主力として活躍していた。
コメント
関連ニュース
thumb

インテルがハキミ獲得を発表! 2025年まで契約締結

インテルは2日、レアル・マドリーのモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2025年6月までで、移籍金はイタリア『スカイ』によると、4000万ユーロ(約48億3000万円)+成果ボーナス500万ユーロ(約6億円)で、インテルにおけるDF獲得の際にかけた移籍金で最高額になるという。なお、年俸は500万ユーロとのことだ。 レアル・マドリーのアカデミー出身者であるハキミは2018-19シーズンから今季にかけて2年レンタルでドルトムント入りすると、攻撃力が魅力のサイドバックとして公式戦28試合3得点7アシストをマーク。今季はより攻撃性能に磨きがかかり、45試合に出場して9得点10アシストの好成績を収めていた。 そんなハキミを巡ってはレンタル先のドルトムントの他、バイエルンやマンチェスター・シティも獲得に乗り出しているとされてきたが、インテルが争奪戦を制すこととなった。 2020.07.02 23:45 Thu
twitterfacebook
thumb

6発完勝のコンテ監督、1G2Aのサンチェスに「正しい方向に進んでいる」

インテルのアントニオ・コンテが1日に行われたセリエA第29節のブレシア戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ブレシア戦では、5分にMFアシュリー・ヤングが先制点を記録すると、それを皮切りにゴールラッシュ。MFクリスティアン・エリクセンにセリエA初ゴールが生まれるなど6-0の快勝を収め、優勝争いに踏みとどまった。 <div id="cws_ad">◆サンチェス、インテルで決めた初ゴール!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2THdYcTBNMyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 試合後、コンテ監督は『DAZN』のインタビューに応じると「確かに、試合内容の大半は満足している。足を止めることなく、同じ姿勢を継続してうまく戦った。ガソリンを足に留め、失点しなかったという事実はとてもポジティブだ」と満足感を示した。 この試合でリーグ戦第6節のサンプドリア戦以来、約10カ月ぶりのゴールを記録し、2アシストを記録したサンチェスにも言及。本来の姿を取り戻しつつあると述べている。 「彼にクオリティがあるからここに連れてきた。残念ながら長い間、オプションとして彼を起用できなかった。彼は歩み始めている。イングランドのときに大ファンだった本当のサンチェスでなかったとしてもだ」 「しかし、私が言えるのは彼が正しい方向に進んでいるということだ。今日は素晴らしいパフォーマンスを披露した。FW全員を起用出来るから私はよりリラックスしている」 2020.07.02 12:54 Thu
twitterfacebook
thumb

“悪童”マテラッツィが日本人選手の前でオーバーヘッドを炸裂【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イタリア代表DFのマルコ・マテラッツィ氏がインテル時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆CBマテラッツィの完璧なバイシクル<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJZRFVxeTNZSSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 名ディフェンダーにしてサッカー界随一の“悪童”としても知られるマテラッツィ氏は、2000-01シーズンにはシーズン11ゴールを決め、当時のディフェンダーとしてのリーグ最多得点記録を塗り替えたこともある。 インテルに入団してからも公式戦209試合に出場し33得点を記録。パワフルな守備だけでなく得点力でもチームに貢献したが、2006年12月17日に行われたセリエA第16節のメッシーナ戦ではストライカー顔負けのゴールを決めている。 ゴールレスで迎えた49分、攻め込んだインテルはMFルイス・フィーゴが、敵陣右大度からゴール前へとクロスを供給する。これをファーサイドのFWズラタン・イブラヒモビッチが頭で折り返すと、高く上がったボールをボックス中央にいたマテラッツィがバイシクルシュート。難しいシュートだったが、しっかりと左足で捉えたシュートは相手GKマルコ・ストラーリの牙城を破った。 なお、この試合には当時メッシーナに所属していた元日本代表MFの小笠原満男氏も先発出場しており、このスーパーゴールの目撃者となっていた。 2020.07.02 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

サンチェス躍動のインテルが今季最多の6発で圧勝!《セリエA》

インテルは1日、セリエA第29節でブレシアをホームに迎え、6-0で圧勝した。 3日前に行われた前節パルマ戦を終盤の2発で逆転勝利を飾り首位ユベントスを8ポイント差で追う3位インテル(勝ち点61)は、パルマ戦のスタメンから5選手を変更。ルカクやエリクセン、カンドレーバらがベンチスタートとなってサンチェスやヤング、モーゼスらがスタメンとなった。 19位ブレシア(勝ち点18)に対し、インテルは開始5分に先制する。サンチェスの右クロスからファーサイドのヤングがボレーでゴール右へ蹴り込んだ。 先制後も敵陣で試合を進めたインテルは、19分にPKを獲得する。サンチェスの浮き球パスでボックス右に抜け出したモーゼスがマテユに倒された。このPKをサンチェスが決め、インテルがあっさりリードを広げた。 その後も試合を掌握するインテルは45分に3点目。サンチェスのパスを受けたヤングがボックス左からクロスを送ると、ファーサイドのダンブロージオが頭で押し込んだ。 余裕の展開としたインテルは後半からデ・フライに代えてラノッキアを投入。そして52分に4-0とした。ボックス手前右からサンチェスの入れたFKにガリアルディーニが頭で合わせた。 その後もブレシア相手に一方的な展開としたインテルはバレッラやL・マルティネスをお役御免とし、エリクセンやカンドレーバを投入。 そして途中出場のエリクセンとカンドレーバが終盤にもゴールを決めたインテルが今季最多の6ゴールを挙げて圧勝。首位ユベントスを8ポイント差で追っている。 2020.07.02 04:37 Thu
twitterfacebook
thumb

スモーリングとサンチェスはEL前にユナイテッド帰還へ

マンチェスター・ユナイテッドは1日、ローマにレンタル中の元イングランド代表DFクリス・スモーリング(30)と、インテルにレンタル中のチリ代表FWアレクシス・サンチェス(31)の両選手が8月に開催されるヨーロッパリーグ(EL)を前にユナイテッドに復帰することを発表した。 両選手共に買い取りオプションなしの1年レンタルでローマとインテルにそれぞれ加入し、スモーリングは今季の公式戦30試合に出場して2ゴール1アシストと主力として活躍。サンチェスはケガがあった中、公式戦19試合の出場で1ゴール4アシストを記録していた。 その両選手についてユナイテッドは「スモーリングとサンチェスの両選手に関するレンタル契約が、セリエAのシーズン終了となる8月の第1週まで延長された」と発表。 一方でセリエAのシーズン終了後に行われるELを前に両選手がユナイテッドに復帰することが決まった格好だ。 ローマとインテルはそれぞれEL決勝トーナメント2回戦に進出しており、ローマはセビージャとの対戦を、インテルはヘタフェとの対戦を控えているが、スモーリングとサンチェスを起用できないこととなった。 2020.07.02 00:30 Thu
twitterfacebook