FC東京、今季期限付きで加入したタイ人MFチャヤートンの契約を双方合意で解除

2020.06.26 10:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FC東京は26日、バンコク・ユナイテッドFCから期限付き移籍で加入しているタイ人MFチャヤトーン(20)に関して、6月30日付で契約を解除することを発表した。両クラブ、選手合意のもととのことだ。

チャヤートンは、2019年からバンコク・ユナイテッドFCでプレー。今シーズン開幕前にFC東京へと期限付き移籍で加入していた。

しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響でリーグ戦が中断。さらに、FC東京 U-23チームが明治安田生命J3リーグ不参加となっていた。

チャヤートンはクラブを通じてコメントしている。

「はじめに東京を応援してくださるすべてのファン・サポーターのみなさまに心から感謝を伝えたいです。短い間でしたが、日本でプレーする機会をもらえて本当に嬉しかったですし、日本での時間はとても充実して、楽しく幸せなものでした」

「タイに戻っても、東京でのこの経験を活かして頑張っていきたいと思います。繰り返しになりますが、自分を支えてくれたファン・サポーター、そしてチームメイトやスタッフのみなさんにもとても感謝しています。ありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

FC東京がCKから渡辺剛の一撃、数的不利の柏を寄せ付けず開幕連勝《J1》

4日、明治安田生命J1リーグ第2節の柏レイソルvsFC東京が三協フロンテア柏スタジアムで行われ、0-1でFC東京が勝利した。 2月21日に開幕を迎えたJ1だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて中断。約4カ月が経過し、ついに再開となった。 J1に昇格したシーズンながら、開幕戦は北海道コンサドーレ札幌を相手に4ゴールを記録して勝利。スタメンは2人変更し、MF三原雅俊、FWクリスティアーノが外れ、MF大谷秀和、MFマテウス・サヴィオが入った。 対するFC東京は、清水エスパルス相手に3ゴールを記録し勝利。開幕から4人を変更し、DF中村帆高、MF橋本拳人、MF三田啓貴、FW田川亨介が外れ、DF小川諒也、MF安部柊斗、MF東慶悟、MFアダイウトンが起用された。 立ち上がりから、互いに主導権を握ろうとする展開を見せる中、[4-3-3]でスタートしたFC東京が、開始数分で[4-4-2]へとシステムを変更。柏の攻撃に対応していく。すると11分、すでにイエローカードをもらっているヒシャルジソンがディエゴ・オリヴェイラにアフタータックル。ディエゴ・オリヴェイラは右ヒザを痛め、一時ピッチ内が騒然となる。 徐々にFC東京がペースを掴む中25分、レアンドロの縦パスを受けたディエゴ・オリヴェイラがヒシャルジソンと染谷を相手にドリブルで突破。GKキム・スンギュとの一対一となるが、シュートをキム・スンギュがセーブし、得点を許さない。しかし28分、ディエゴ・オリヴェイラはヒシャルジソンのタックルを受けたヒザの痛みを訴え、田川と交代する。 ポゼッションは柏が握っているものの、なかなかFC東京ゴールへ迫ることができない。一方のFC東京は、中盤でしっかり守備対応するも、そこから攻撃にうまく移ることができない。 前半はゴールレスで終えた試合。後半は柏が立ち上がりから攻め込む展開となる。49分、右サイドから高橋がクロス。これを中央で江坂が浮かせるとオルンガが合わせに行くが、わずかに届かず決定機とならない。 50分、瀬川と高萩の頭部が空中で激突。互いにピッチに倒れ込むが、無事にプレーに戻る。 53分には右サイドでボールを持った室屋が見せる。ドリブルでカットインと見せかけて縦へと仕掛けると、対応にきたヒシャルジソンをかわしボックス内へ。倒れ込むも、そのままシュートを放ちCKを獲得。そのCKから最後はアダイウトンがボックス中央へドンピシャヘッド。しかし、GKキム・スンギュがビッグセーブを見せて得点を許さない。 柏は56分にチャンス。東の背中に当たったボールがオルンガに渡ると、オルンガ独走。森重がカバーに入るも、そのままオルンガがシュート。しかし、枠を外れる。57分には東京陣内で柏がパスを回すと、江坂のクロスをオルンガがヘッド。しかし、これも僅かに枠を外れる。 押し込む展開が続く柏だったが60分、ヒシャルジソンがアダイウトンを後ろから倒してしまい、2枚目のイエローカードをもらって退場に。このFKをレアンドロが直接狙うも、壁に当たりCKとなる。 このCKから小川がクロスを上げると、ファーサイドで森重が頭で折り返すし、最後は渡辺が飛び込んで押し込みFC東京が先制する。 先制を許した柏はマテウス・サヴィオに代えて戸嶋、大谷に代えて神谷を投入。すると74分にFKから神谷がGKとDFラインの間にクロス。これをオルンガが合わせに行くが、わずかに届かない。 FC東京はビッグチャンス。右サイドの室屋からのグラウンダーのクロスを田川が合わせたが、GKキム・スンギュが肩で止め、追加点を許さない。 その後もオルンガにボールを集めてゴールを目指す柏だったが、最後までFC東京の守備陣を崩せず。そのまま試合は終了し、0-1でFC東京が開幕から連勝を飾った。 柏レイソル 0-1 FC東京 【FC東京】 渡辺剛(後17) 2020.07.04 22:17 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第2節:柏vsFC東京】破壊力抜群の両者、攻撃力発揮へ中盤の攻防がカギ

4日、2020シーズンの明治安田生命J1リーグが約4カ月の中断期間を経て再開する。 開幕戦で北海道コンサドーレ札幌を相手に4ゴール奪い勝利した柏レイソルと、アウェイの清水エスパルス戦で3ゴールを奪い勝利したFC東京が相見える。 【明治安田生命J1リーグ第2節】 2020年7月4日(土) 19:00キックオフ 柏レイソル vs FC東京 [三協フロンテア柏スタジアム] <div id="cws_ad">◆数字で見るJ1第2節プレビュー<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=4zpfs5kfbfk2zw7huvz1tasq" async></script></div> ◆強力3トップの前に攻撃を寸断できるか【柏レイソル】 昨シーズンは明治安田生命J2リーグを戦い、見事に優勝し1年での復帰を果たした柏。開幕戦では前述の通り、札幌を相手に4-2で勝利。圧倒的な攻撃力を見せつけての快勝劇だった。 相手に合わせて戦い方を変えることも可能な今の柏は、昨シーズンのJ2で培ってきた部分が多く、相手の出方で選手の役割を変える。開幕戦も昨シーズンの主力選手が起用され、中断明けも大きくは変更しないと予想される。 破壊力抜群の攻撃陣を生かしたいところだが、FC東京の3トップも負けず劣らず強烈。そのため、攻守の切り替えが試合を左右することになるだろう。中盤での刈り取り役を任されるMFヒシャルジソンやバランス感覚に優れるMF三原雅俊が中盤で主導権を握ることができれば、開幕戦に続く快勝劇も容易に想像できる。 ★予想スタメン[4-1-4-1] GK:キム・スンギュ DF:高橋峻希、染谷悠太、鎌田次郎、古賀太陽 MF:三原雅俊 MF:クリスティアーノ、ヒシャルジソン、江坂任、瀬川祐輔 FW:オルンガ 監督:ネルシーニョ ◆破壊力抜群の3トップを活かすには先手必勝【FC東京】 昨シーズンは優勝に手が届きながらも、最終盤での失速により2位に終わったFC東京。好ゲームを演じても得点力不足に悩まされ、今シーズンは大型補強。鹿島アントラーズから期限付きで獲得したFWレアンドロ、ジュビロ磐田から完全移籍で獲得したFWアダイウトンが、早速結果を残した。 FWディエゴ・オリヴェイラを加えた前線の3人の破壊力を存分に発揮させるため、今シーズンから[4-3-3]のシステムを採用。より攻撃に比重がかけられる布陣を採用し、悲願のリーグ制覇を目論む。 開幕戦はその助っ人トリオが揃い踏みとなり清水相手に3発快勝。中断期間中のコンディション調整は容易ではないが、しっかりと再開初戦で3人が機能すれば、タイトルも夢物語ではなくなる。敵将・ネルシーニョの対応力が発揮される前に柏守備陣を破壊し、先手を奪えるかが勝負の分かれ目だろう。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:林彰洋 DF:室屋成、渡辺剛、森重真人、小川諒也 MF:高萩洋次郎、橋本拳人、東慶悟 FW:ディエゴ・オリヴェイラ、アダイウトン、レアンドロ 監督:長谷川健太 2020.07.04 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京の韓国代表MFナ・サンホが母国の城南FCへ期限付き移籍

FC東京は10日、韓国代表MFナ・サンホ(23)がKリーグ1の城南FCへ期限付き移籍することを発表した。契約期間は2020年12月31日までとなる。 ナ・サンホは、光州FCから2019年にFC東京へ加入。加入1年目は明治安田生命J1リーグで25試合に出場し2得点を記録。YBCルヴァンカップでは7試合で1得点、天皇杯で1試合に出場していた。 今シーズンは開幕戦に関して出場せず。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)も出場はなかった。 ナ・サンホはクラブを通じてコメントしている。 「このたび、城南FCへ期限付き移籍をすることになりました。今回の決断は簡単ではなかったですが、両クラブからいただいたチャンスをしっかりと活かしていけるように頑張ってきます。半年間、一生懸命努力し、来シーズンは今よりもっと成長して戻ってきます。引き続き応援よろしくお願いします」 2020.06.10 11:23 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京U-23がスタジアム確保困難でJ3参加辞退…長澤徹氏はコーチとして引き続きトップを指導

Jリーグは5日、明治安田生命J3リーグに属するFC東京U-23の参加辞退を発表した。 理由は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、試合日程が短期間に集中する上、再開後におけるホームゲーム開催時のスタジアム確保が困難なためだという。 感染拡大の影響で開幕が遅延する明治安田生命J3リーグは27日からのスタートが決定。しかし、5日の第3回臨時理事会でFC東京U-23の参加辞退が承認された。 また、FC東京もその旨を発表。代表取締役社長の大金直樹氏はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「2016年シーズンから育成型クラブとして育成スピード、ボトムアップを目的にU-23チームを編成してJ3リーグ戦に参加させていただきました。今シーズンが最終年でありましたが、上記理由により辞退をさせていただくことになりました」 「新型コロナウイルス感染症の影響で様々な競技の日程が変更となる中、スタジアム確保について困難なことから、無念ではありますがこのような判断をいたしました。引き続き、育成型クラブとして立ち止まることなく前進していきたいと考えております」 「このタイミングで辞退することになり、J3各クラブ及び関係するみなさまには大変なご迷惑をおかけすることになりましたことを心よりお詫び申し上げます」 「最後に、4年間と短い期間でしたが、J3参戦にあたってはJリーグの関係者のみなさま、そして、参戦を承諾いただきましたJ3の各クラブの関係者のみなさまに感謝申し上げます」 なお、FC東京U-23を指揮するはずだった長澤徹氏は「コーチ兼FC東京U-23監督」から「コーチ」となり、引き続きトップチームを指導していく。 2020.06.05 18:10 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京、26日からトップチームの活動再開!

FC東京は25日、翌日からトップチームの活動を再開することを発表した。 FC東京は、東京都における緊急事態宣言が解除されたことを受け、26日より小平グラウンドでトレーニングを再開することを決定。当面の間はグループごとに時間帯を分けるなどして、選手の体調管理を徹底し、最大限の予防対策を続けていくそうだ。 また、トレーニングもしばらくは非公開で行うと掲載している。 2020.05.25 19:39 Mon
twitterfacebook