ジェコが華麗なボレー2発! 吉田サンプを逆転で下して白星リスタート!《セリエA》

2020.06.25 06:42 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第27節、ローマvsサンプドリアが24日に行われ、2-1でローマが逆転勝利した。サンプドリアのDF吉田麻也はフル出場している。

チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位アタランタを6ポイント差で追う再開初戦となる5位ローマ(勝ち点45)は、ジェコを最前線に、2列目に右からカルレス・ペレス、パストーレ、ムヒタリアンと並べた。

一方、3日前に行われた延期分のインテル戦を1-2と敗れた16位サンプドリア(勝ち点26)は、吉田が引き続き先発となり、4バックの右センターバックでスタートした。

序盤はローマが攻勢をかける。まずは3分、CKからジェコがオンターゲットのヘディングシュートを放つと、続く6分にはムヒタリアンのダイレクトパスからジェコが決定的なシュートを放つも、GKアウデーロのファインセーブに阻まれた。

その後もパストーレがドリブルシュートでゴールに迫っていたローマだったが、11分にミスから失点する。ディアワラのバックパスミスをガッビアディーニに拾われ、そのままシュートを決められた。

劣勢の入りから先制したサンプドリアは28分に追加点のチャンス。敵陣でディアワラからボールを奪ったヤンクトが右ポスト直撃のミドルシュートを放った。

助かったローマは31分に追いつきかける。CKの流れからルーズボールをボックス手前中央のヴェレトゥがゴール右に蹴り込んだが、VARの末に吉田のクリアボールがカルレス・ペレスの手に当たっていたとしてゴールが取り消しとなった。

厳しい判定で同点弾を取り消されたローマが迎えた後半も押し込む展開で推移する中、60分にペッレグリーニら3選手を投入。

すると64分に追いつく。代わって入ったペッレグリーニの浮き球パスで吉田の背後を突いたジェコが左足ボレーで豪快に蹴り込んだ。

追い付いたローマは直後にコラロフが決定的なシュートを浴びせたが、終盤にかけては攻め疲れの影響かトーンダウン。

それでも85分にジェコのドッピエッタで逆転する。クリスタンテのロングフィードで再び吉田の背後を取ったジェコがそのままボレーでうまくゴールに流し込んだ。

これが決勝点となってローマが逆転勝利。4位アタランタを6ポイント差で追走している。
コメント
関連ニュース
thumb

ペロッティ退場のローマ、ウディネ守護神ムッソの牙城崩せず連敗《セリエA》

ローマは2日、セリエA第29節でウディネーゼをホームに迎え、0-2で敗れた。 前節ミラン戦での敗戦によりチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が遠のいた5位ローマ(勝ち点48)は、ジェコやムヒタリアンがベンチスタートとなった。 15位ウディネーゼ(勝ち点28)に対し、最前線にカリニッチ、2列目に右からカルレス・ペレス、ペロッティ、ジェンギズと並べたローマは、12分に先制される。カウンターを受け、ラザーニャの左クロスに合わせたデ・パウルのボレーは枠を外れたものの、ボックス左のラザーニャに右足ボレーで押し込まれた。 失点したローマは28分、カルレス・ペレスが際どいミドルシュートを浴びせたが、直後にペロッティがベカンの足首を踏み付け一発退場となってしまう。 10人となったローマは35分、ジェンギズの右足ミドルが枠を捉えるも、GKムッソの好守に阻止される。 1点ビハインドで迎えた後半からジェンギズに代えてムヒタリアンを投入したローマは、開始4分に決定機。ディアワラのパスを受けたカルレス・ペレスがボックス左に侵入してシュートに持ち込んだが、GKのセーブに阻まれた。 さらに55分にもカルレス・ペレスがミドルシュートでオンターゲットを記録するも、ここもGKムッソの好守に阻止された。 ムッソの牙城を崩せないローマは70分に失点しかけるも、独走してネットを揺らしたテオドルチクのシュートはオフサイドで助かった。 その後、ジェコを投入したローマだったが、78分に終戦する。デ・パウルにボックス右深くまで侵入されてクロスを折り返されると、最後はネストロフスキに決められた。 このままローマは敗戦。痛恨の2連敗でCL出場への道が更に険しい状況となった。 2020.07.03 06:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒに朗報! レンタル期間延長のシックが今季CLの戦い完遂へ!

チェコ代表FWパトリック・シック(24)は、RBライプツィヒの一員として今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)を戦うことが可能となったようだ。ドイツ『sportbuzzer』が報じている。 昨夏にローマからレンタルで加入したシックは、今季ここまでの公式戦26試合に出場して10得点3アシストを記録。ドイツの地で本来のパフォーマンスを取り戻したストライカーは、チームのブンデスリーガ3位フィニッシュに大きく貢献した。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆チェコが誇る100年に1人の逸材!パトリック・シック<br/><div style="margin:0 auto; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJGamowVHdadiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> ただ、ライプツィヒとのレンタル契約は6月末で失効しており、8月初旬に再開されるチャンピオンズリーグ(CL)出場のためには、2900万ユーロ(約35億1000万円)と言われる買い取りオプションの行使あるいは、ローマの許可を取り、CL終了までレンタル期間を延長する必要がある。 そういった中、『sportbuzzer』はローマとライプツィヒ、シックの代理人を務めるパヴェル・パスカ氏の3者による話し合いの結果、レンタル期間を8月末まで延長することで合意に至ったという。 一方、シックの来季以降の去就は未だ不透明となっており、シックの完全移籍交渉に関してはローマが2500万ユーロ(約30億3000万円)を要求しているのに対し、ライプツィヒは2000万ユーロ(約24億2000万円)以上を支払うつもりがないようだ。 ただ、今回のレンタル期間延長はクラブ史上初のCL準々決勝に臨むライプツィヒにとっては朗報だ。同クラブではドイツ代表FWティモ・ヴェルナーがリーグ戦終了と共に、来季加入が決定したチェルシーに旅立っており、加えてもう1人の主力の離脱となれば、大きな痛手となるはずだった。 2020.07.02 16:29 Thu
twitterfacebook
thumb

スモーリングとサンチェスはEL前にユナイテッド帰還へ

マンチェスター・ユナイテッドは1日、ローマにレンタル中の元イングランド代表DFクリス・スモーリング(30)と、インテルにレンタル中のチリ代表FWアレクシス・サンチェス(31)の両選手が8月に開催されるヨーロッパリーグ(EL)を前にユナイテッドに復帰することを発表した。 両選手共に買い取りオプションなしの1年レンタルでローマとインテルにそれぞれ加入し、スモーリングは今季の公式戦30試合に出場して2ゴール1アシストと主力として活躍。サンチェスはケガがあった中、公式戦19試合の出場で1ゴール4アシストを記録していた。 その両選手についてユナイテッドは「スモーリングとサンチェスの両選手に関するレンタル契約が、セリエAのシーズン終了となる8月の第1週まで延長された」と発表。 一方でセリエAのシーズン終了後に行われるELを前に両選手がユナイテッドに復帰することが決まった格好だ。 ローマとインテルはそれぞれEL決勝トーナメント2回戦に進出しており、ローマはセビージャとの対戦を、インテルはヘタフェとの対戦を控えているが、スモーリングとサンチェスを起用できないこととなった。 2020.07.02 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマとアーセナルがムヒタリアンの今季一杯のレンタルで合意、来季のレンタルもプレ合意

ローマは6月30日、アーセナルからレンタル移籍中のアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(31)のレンタル期間延長を発表した。今シーズンいっぱいはローマでプレーする。 ムヒタリアンは、2019年9月にアーセナルから1年間のレンタル移籍で加入。今シーズンはセリエAで15試合に出場し6ゴール3アシストを記録。ヨーロッパリーグでも4試合に出場していた。 <div id="cws_ad">◆アーセナル時代のムヒタリアンのベストアシスト!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJtOUZzMW51ZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ローマの発表によると、今シーズン終了までのレンタル期間延長でアーセナルと合意に至ったとのこと。また、2020-21シーズンもローマでプレーすることでプレ合意をしたとのことだ。 ムヒタリアンはレンタル期間の延長についてコメント。また、来季の残留に向けてのプレ合意を喜んだ。 「僕はとても満足している。最後に、来シーズンもレンタル期間の延長で暫定的に合意をしたので、とても嬉しい。まだ達成していないことを成し遂げたいので、ここに残ることができて満足している」 2020.07.01 14:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマのミスを突いたミランが再開後2連勝!《セリエA》

セリエA第28節、ミランvsローマが28日に行われ、2-0でミランが勝利した。 リーグ再開初戦となった前節レッチェ戦を4-1と快勝した8位ミラン(勝ち点39)は、レッチェ戦と同じスタメンで臨み、レビッチとボナヴェントゥーラの2トップで挑んだ。 一方、ジェコのドッピエッタでサンプドリア戦を逆転勝利した5位ローマ(勝ち点48)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位アタランタを6ポイント差で追う中、サンプドリア戦のスタメンから6選手を変更。ペッレグリーニやクリスタンテ、G・マンチーニらが先発となった。 ジェコを最前線に、2列目に右からムヒタリアン、ペッレグリーニ、クライファートと並べたローマに対し、立ち上がりからミランがボールを保持する展開となった。 しかし、より多くゴールに迫っていったのは手数をかけないカウンターを仕掛けていたローマ。そして20分、クライファートの左クロスからジェコがヘディングシュート。決定的だったが、わずかに枠の右に外れた。 前半半ば以降も同様の構図で試合が推移する中、39分にミランに決定機。テオ・エルナンデスの左クロスからチャルハノールがヘディングシュートを放つも枠を捉えきれず、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半もミランがボールを持った中、54分にパケタとサレマーカーズの2選手を投入。すると65分に決定機。サレマーカーズのスルーパスでボックス左に抜け出したチャルハノールが決定的なシュートに持ち込んだ。さらに67分、パケタの右足ミドルが枠を捉えるも、ここもGKミランテに阻まれた。 それでも76分、ミランが先制する。ザッパコスタのバックパスミスをカットしたレビッチがゴールに向かうと、ケシエのボレーシュートでGKを強襲。そしてルーズボールをレビッチが蹴り込んだ。 劣勢のまま失点し、追いかける展開となったローマはパストーレを投入するも、88分に痛恨のPKを献上する。ディアワラのカットミスからテオ・エルナンデスにボールが渡り、ボックス内でスモーリングが倒してしまった。 このPKをチャルハノールが決め、リードを広げたミランが2-0で勝利。再開後リーグ2連勝としている。 2020.06.29 02:13 Mon
twitterfacebook