本田圭佑のボタフォゴとライバルのフルミネンセ、感染爆発中の試合再開に反対

2020.06.17 21:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が収まっていないブラジル。その中での試合開催に対し、ボタフォゴとフルミネンセが反対した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

今年1月に中国の武漢で感染が確認され、その後世界中に感染が拡大した新型コロナウイルス。アジアからヨーロッパ、北米、南米と感染が広がり、現在は中東でも感染が広がっている。

世界中の国々が様々な対策を練り、ロックダウン(都市封鎖)や移動制限を行った中、ブラジルでは現在でも1日に1000人以上が命を落としている状況だ。

リオ・デ・ジャネイロ州サッカー連盟は、そんな中で州選手権を6月18日に再開する方針を打ち出し、州政府の承認を待っている状況だった。

しかし、MF本田圭佑も所属するボタフォゴのネウソン・ムファレジ会長が「現実とは切り離されている」とコメント。試合開催に反対するとコメントしている。

「残念ながら、クラブの大多数は混沌とした状況がまだ残っているにも関わらず、今再び試合を行うときだと理解している」

「しかし、我々はそれに反対する」

また、ディレクターのカルロス・モンテネグロ氏はブラジル『Radio Transamerica』で最も早く試合をするとしても7月1日か4日であるとコメントした。

ボタフォゴのライバルでもあるフルミネンセのマリオ・ビッテンコート会長もこの判断には反対。選手の準備が整っていないとしている。

「我々の試合が設定された日付は、選手の健康の観点から受け入られないものであり、ピッチに立つことはない」

「我々は、正しいことをするために行動を起こすつもりだ」

ブラジル国内での新型コロナウイルス感染者は16日の時点で約93万人おり、死者数は4万5000人を超えている状況。感染者、死者数共に世界2位となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

下位相手に痛恨ドローのリバプール、プレミア歴代最多勝ち点記録更新に黄色信号が灯る《プレミアリーグ》

南野拓実の所属するリバプールは11日、プレミアリーグ第35節でバーンリーと対戦し、1-1の引き分けに終わった。南野はベンチ入りも出場機会はなかった。 2017-18シーズンのマンチェスター・シティが記録したプレミアリーグ歴代最多勝ち点(100)の更新を狙うリバプール(勝ち点92)は、ミッドウィークに行われた第34節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦からスタメンを4人変更。負傷が発表されたヘンダーソンやチェンバレン、アーノルドらに代えてマネ、ファビーニョ、ロバートソンらがスタメンに名を連ねた。 立ち上がりから攻勢に出るリバプールは16分、マネのパスで左サイド深くまで侵入したロバートソンがマイナスの折り返しを供給。ニアのフィルミノがスルーしたボールをボックス中央のサラーが左足で狙ったが、シュートは相手GKのセーブに阻まれた。 さらに18分にもリバプールに決定機。最終ラインから供給されたロングフィードのクリアボールをボックス内で回収したサラーがフィルミノとのパス交換からシュートを放ったが、これもGKポープの好セーブに防がれた。 膠着状態が続く中、リバプールは34分に右CKのセカンドボールからチャンス。C・ジョーンズのパスをバイタルエリア中央で受けたファビーニョがボックス右へ浮き球のパスを入れると、ファーサイドから走り込んだロバートソンがヘディングシュ-ト。これがゴール左に突き刺さった。 迎えた後半も主導権を握るリバプールは49分、サラーのスルーパスに抜け出したフィルミノがボックス左からシュートを放ったが、これは右ポストに弾かれた。 追加点が遠いリバプールは、クーリングブレーク直後にピンチを迎える。69分、自陣で獲得したFKからバーズリーがロングフィードを供給。これをボックス内のタルコウスキが折り返すと最後はジェイ・ロドリゲスがワンバウンドしたボールをハーフボレーでゴール左隅に突き刺した。 同点とされたリバプールは、81分にワイナルドゥムを下げてチェンバレンを投入。すると後半アディショナルタイム3分、ファン・ダイクのロングパスで右サイドを抜け出したアーノルドの折り返しをゴール前のサラーが右足で合わせたが、これが相手GKにキャッチ去れ万事休す。 結局、試合はそのまま1-1で終了。下位相手に勝ち点3を取りこぼしたリバプールがプレミアリーグ歴代最多勝ち点を更新するには、残りの3試合を全勝することが絶対条件となった。 2020.07.12 01:10 Sun
twitterfacebook
thumb

マジョルカ久保建英、今季4ゴール目に「すごく嬉しい」 次節セビージャ戦に意気込み

マジョルカに所属する日本代表MF久保建英がチームのラ・リーガ残留に向けた戦いに集中した。クラブ公式サイトが伝えている。 残留圏17位と6ポイント差の降格圏18位に沈むマジョルカ。残留に勝ち点3が是が非でも必要のなか、9日に本拠地で行われた第35節で12位レバンテを迎え撃った。 <div id="cws_ad">◆久保建英もゴール!マジョルカvsレバンテ<br /><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=e0hzswsez2y11dmnwd2skowke" async></script></div> 11試合連続の先発出場となる久保を右サイドハーフに起用したマジョルカは1点リードで後半を迎えるが、レバンテにペースを握られる展開を強いられてしまう。 しかし、1-0で迎えた84分、味方のシュートが相手GKに弾かれると、久保がこぼれ球を左足でプッシュ。8試合ぶりの今季4点目で貴重な追加点をもたらした。 86分にお役御免で久保をベンチに下げたマジョルカは2-0でレバンテを下して、2試合ぶりの白星。残留に望みを繋いだ。 久保は試合後、「ゴールを決められて、すごく嬉しいです。結果は自分たちが追い求めているもので、チームにも満足しています。思い通りの試合ができていて、常に信じる気持ちを持っています。この調子を続けていかないといけないです」と語った。 そのマジョルカの次節は12日に行われ、4位セビージャとのアウェイ戦。マジョルカの攻撃を牽引する久保は「相手に臆せず、追い詰めていきたいです。うまくいけば、(サンチェス・)ピスファンでも3ポイントを手に入れられると思います」と意気込んだ。 2020.07.10 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

乾途中出場のエイバル、降格圏のレガネスとゴールレスドロー《ラ・リーガ》

エイバルは9日、ラ・リーガ第35節でレガネスをホームに迎え、0-0で引き分けた。エイバルのMF乾貴士は62分からプレーしている。 前節セビージャ戦を落とし、残留圏内ぎりぎりに位置する17位エイバル(勝ち点35)は、セビージャ戦で先発した乾がベンチスタートとなった。 降格圏に位置する19位レガネス(勝ち点28)に対し、互角の攻防で推移したエイバルは、16分にキケ・ガルシアがヘディングシュートでオンターゲットを記録。 しかし、枠内シュートはこの1本のみに終わり、前半は目立ったチャンスを作れずに後半へ折り返した。 迎えた後半も一進一退の攻防が続いた中、エイバルは62分に乾ら3選手を投入する。乾が左サイドに入った中、圧力を強めたエイバルだったが、徐々に守勢に回った。 そして終盤にかけては引き分けでも悪くないエイバルが守備に徹してゴールレスドロー。勝ち点1を加え、残留に一歩近づいた。 2020.07.10 04:36 Fri
twitterfacebook
thumb

久保が今季4ゴール目!マジョルカが逆転残留へ大きな勝利《ラ・リーガ》

マジョルカは9日、ラ・リーガ第35節でレバンテをホームに迎え、2-0で勝利した。マジョルカのMF久保建英は86分までプレーし、今季4ゴール目を挙げた。 前節アトレティコ・マドリーに完敗し、残留圏内のエイバルと6ポイント差の降格圏に位置する18位マジョルカ(勝ち点29)は、久保が引き続き[4-2-3-1]の右MFで先発となった。 12位レバンテ(勝ち点43)に対し、立ち上がりから仕掛けたマジョルカは3分、久保のクロスからクチョ・エルナンデスがヘディングシュートを浴びせた。 そして30分にはボックス手前右から久保が強烈なミドルシュートを浴びせ、GKを強襲。すると40分にマジョルカが先制する。右サイドからのポソのクロスにクチョ・エルナンデスがヘッドで押し込んだ。 マジョルカが1点をリードして迎えた後半、レバンテの攻撃を受け止めて時間を進めていく。 そして終盤の84分、久保にゴールが生まれる。ハーフラインからドリブルを開始した久保が、ボックス右まで持ち上がり右足のシュートでGKを強襲。二次攻撃でセビージャのシュートのルーズボールを久保が左足で押し込んだ。 久保の今季4ゴール目で勝勢となったマジョルカは、そのまま2-0でシャットアウト勝利。残留圏内の暫定17位アラベスに3ポイント差としている。 2020.07.10 04:32 Fri
twitterfacebook
thumb

冨安ボローニャのミハイロビッチと吉田サンプのラニエリが次節ベンチ入り禁止

セリエA懲戒委員会は9日、DF冨安健洋が所属するボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督と、DF吉田麻也の所属するサンプドリアのクラウディオ・ラニエリ監督が次節ベンチ入り禁止となることを発表した。 ミハイロビッチ監督は8日に行われたセリエA第31節サッスオーロ戦で、82分にDFミシェル・ダイクスに対して出されたイエローカードを巡って主審に抗議し、一発レッドカードを提示されていた。退席する際に主審へ暴言を吐いていたミハイロビッチ監督には1万5000ユーロ(約180万円)の罰金も科されている。ボローニャは次節、パルマとの中位対決を戦う。 また、ラニエリ監督は8日に行われたセリエA第31節アタランタ戦で、66分に2枚目のイエローカードを受けて退席していた。サンプドリアは次節、ウディネーゼとの残留争いに臨むが、指揮官不在となる。 2020.07.10 01:00 Fri
twitterfacebook