脳震盪で病院へ搬送されたタイウォ、無事を報告

2020.06.15 21:46 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウグスブルク戦で脳震盪を起こし病院へ搬送されていたマインツのU-23ナイジェリア代表FWタイウォ・アウォニイが無事を報告した。ドイツ『キッカー』が伝えている。14日に行われたブンデスリーガ第31節のアウグスブルク戦で先発出場したタイウォは、前半に相手DFフェリックス・ウドゥオカイとの競り合いで頭を強打。脳震盪を起こし、長い応急措置の末に病院へ運ばれていた。

試合後のマインツの声明によると命に別状はないとのことだが、15日にタイウォ本人から無事であるとのコメントが寄せられたようだ。

「あのシーンで覚えていることは、僕がどうやってヘディングシュートをしたか。それ以降のことは気絶してしまって何も覚えてない」

「ピッチに倒れていた時は意識を取り戻すことが困難だった。全部思い出すのにも時間がかかったよ。でも今はだいぶ元気になったよ」

今シーズン、リバプールからレンタルでマインツに加入しているタイウォは、なかなか出番を貰えなかったものの、5月の再開後は6試合で連続出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

マインツがバイエルロルツァー監督を解任…後任にはアシスタントコーチを任命

マインツは28日、アヒム・バイエルロルツァー監督(52)を解任したことを発表した。 かつてライプツィヒでアシスタントコーチを務めた経験を持つバイエルロルツァー氏は、昨年11月にケルンの監督を解任された直後、サンドロ・シュヴァルツ前監督との契約を解消していたマインツの指揮官に就任。当時16位に位置していたチームを13位に引き上げ、1部残留に導いていた。 しかし、今季の開幕2連敗を受けて、クラブは解任を決断。バイエルロルツァー氏は「クラブの決定には失望しているが、マインツとそのチームが将来のために最善を尽くせるよう願っている」とコメントを残した。 後任はアシスタントコーチのヤン・モリッツ・リヒテ氏(40)を任命したことが伝えられている。2017年からアシスタントコーチを務めていた同氏について、スポーツ・ディレクターのルーベン・シュレーダー氏は「ヤン・モリッツ・リヒテは技術的な専門知識を持ち、コーチとして10年以上の経験がある。チーム内外の事情を熟知している点も含めて、今季最後まで導いてくれることを期待している」と声明を出している。 そしてヤン・モリッツ・リヒテ氏は「新しい役割において、自分が直接的に影響を与えられることにフォーカスしている。それは来月2日のウニオン・ベルリン戦に向けたトレーニングと準備だ。チームにとっても私にとってもこのフォーカスは絶対的なものだ」と意気込みを語っている。 なお、マインツでは先日、戦力外通告を言い渡されたハンガリー代表FWアダム・サライ(32)を巡って、クラブの冷遇に憤った選手たちが練習をボイコットする事態が起きている。一部ではバイエルロルツァー監督との確執や、コロナ禍で未払いの給与の支払いに関する問題を指摘する説も出ていた。 2020.09.28 19:56 Mon
twitterfacebook
thumb

遠藤航が2点演出のシュツットガルトが4発逆転勝利で初白星!《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは26日、ブンデスリーガ第2節でマインツとのアウェイ戦に臨み、4-1で逆転勝利した。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 2-3で敗れた開幕戦のフライブルク戦をボランチとしてフル出場した遠藤が引き続き[3-6-1]のボランチでスタメンとなった一戦。 ライプツィヒに1-3と完敗したマインツに対し、4分に左CKから遠藤がヘディングシュートでGKを強襲するなど良い入りを見せていたシュツットガルトだったが、13分に失点する。 ボックス手前右からのボエティウスの浮き球パスをゴールエリア左のマテタにヘッドで折り返され、最後はクアイソンに頭で押し込まれた。 失点後も前がかるシュツットガルトは25分にボエティウスに際どいミドルシュートを打たれたが、36分に同点のチャンス。ゴールキックを受けたワマンギトゥカがボックス左からシュートに持ち込んだが、わずかに枠の右上に外れた。 それでも45分に追いつく。遠藤のパスを受けたカストロが中央を持ち上がってスルーパス。ボックス右に侵入したワマンギトゥカがダイレクトでゴール左へ蹴り込んだ。 1-1で迎えた後半、一進一退の攻防で推移していた中、61分にシュツットガルトに逆転弾が生まれる。遠藤のスルーパスでカラジッチがボックス右に侵入。折り返したクロスをディダヴィが押し込んだ。 そして77分にニアカテに2枚目のイエローカードが出されたマインツに対し、シュツットガルトは81分にカウンターに転じた流れから3点目。ワマンギトゥカが持ち上がり、ラストパスを受けたクリモビッツがゴールを決めた。 86分にもカラジッチにゴールが生まれたシュツットガルトが、終わってみれば4ゴールを叩き込んでの逆転勝利で初白星を飾っている。 2020.09.27 00:37 Sun
twitterfacebook
thumb

マインツで内紛…サライの構想外受け、選手たちが練習をボイコット

マインツでクラブと選手間での内紛が起きているようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 マインツは、今週に入ってハンガリー代表FWアダム・サライ(32)に対して、突然構想外を言い渡した。スポーツ・ディレクターを務めるルーヴェン・シュレーダー氏は移籍先を探すように求めると共に、個別練習は許可したものの、全体練習を外れるよう指示した。 今回の決断に関して、クラブサイドはあくまで“スポーツ面”を理由に挙げているが、一部ではアヒム・バイエルロルツァー監督との確執や、コロナ禍で未払いの給与の支払いに関する問題を指摘する説も出ている。 そういった中、クラブのサライに対する冷遇に憤った選手たちは、サライを支持する目的で23日午後に行われる予定だったトレーニングセッションでボイコットを敢行。 これを受けてクラブは、「水曜日(23日)の午後に行われたトップチームのトレーニングセッションは、予定通りに進まなかった。その原因は、午後にトップチームと一緒にトレーニングをしないように通告されたアダム・サライに関するチーム内の感情的な議論にあった」と、公式声明を通じて選手のボイコットを認めた。 なお、今回の内紛に関する詳細は、24日に行われるブンデスリーガ第2節、シュツットガルト戦に向けた公式会見の場で説明されるとのことだ。 2020.09.24 20:36 Thu
twitterfacebook
thumb

マインツに快勝のライプツィヒが白星発進!《ブンデスリーガ》

ライプツィヒは20日、ブンデスリーガ開幕節でマインツをホームに迎え、3-1で快勝した。 昨季ブンデスリーガ3位のライプツィヒは、昨季の主力メンバーをスタメンで起用し、新戦力のファン・ヒチャンはベンチスタートとなった。 昨季13位のマインツに対し、[3-4-3]で臨んだライプツィヒは最前線にY・ポウルセン、シャドーにダニ・オルモとフォルスベリを据えた。 そのライプツィヒが立ち上がりから攻勢に出ると、開始4分にダニ・オルモのミドルシュートでGKを強襲。 そして16分、ダニ・オルモがバレイロにボックス内で倒されてPKを獲得。このPKをフォルスベリが決めてライプツィヒが先制に成功した。 さらに21分、FKの流れから、ダニ・オルモの右クロスをY・ポウルセンが技ありのヘディングシュートでネットを揺らし、ライプツィヒがリードを広げた。 その後もY・ポウルセンがGK強襲のシュートを放てば、31分にはフォルスベリのシュートが右ポストに直撃するなど、マインツを圧倒して前半を終えた。 2点のリードで迎えた後半、ライプツィヒは開始3分に1点を返される。スルーパスに抜け出したマテタにゴールを決められた。 それでも51分、ゴール前の混戦でフォルスベリが粘ってラストパスを送ると、ボックス右のハイダラが押し込んで3-1と突き放した。 その後もライプツィヒが4点目に迫った中、68分にダニ・オルモに代えてファン・ヒチャンを投入。結局、4点目は奪えなかったものの、ライプツィヒが3-1で快勝。白星スタートを切っている。 2020.09.21 00:26 Mon
twitterfacebook
thumb

フライブルク、マインツからGKミュラーを緊急補強! 正GK候補の長期離脱受け

フライブルクは15日、マインツからドイツ人GKフロリアン・ミュラー(22)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 フライブルクは今夏、守護神を務めていたドイツ人GKアレクサンダー・シュウォロー(28)がヘルタ・ベルリンに流出。新シーズンはオランダ人GKマルク・フレッケン(27)を正GKに昇格させたが、先週末のDFBポカールのウォームアップ中にヒジのじん帯を損傷する重傷を負い、長期離脱を強いられた。 そして、この緊急事態を受けて、マインツからU-21ドイツ代表歴もあるミュラーの獲得に動いた。 なお、マインツの下部組織出身のミュラーは2017-18シーズンのトップチーム昇格以降、公式戦44試合に出場。今シーズンは正GKとしてのプレーも期待されていたが、直近のDFBポカールではドイツ人GKロビン・ゼントナーが起用されていた。 2020.09.16 14:19 Wed
twitterfacebook