北川航也が移籍後リーグ戦初ゴール! ラピド・ウィーンが2位死守でCL予選出場に前進《オーストリア・ブンデスリーガ》

2020.06.15 10:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オーストリア・ブンデスリーガ第26節が14日に行われ、ラピド・ウィーンvsヴォルフスベルガーの一戦は2-1でラピド・ウィーンが勝利した。この試合にFW北川航也は先発出場し、待望のリーグ戦初ゴールを記録した。オーストリア・ブンデスリーガは、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断前にレギュラーシーズンが終了。再開後は、上位6チームによるチャンピオンシップラウンドと下位6チームによるレギュレーションラウンドに分かれてリーグ戦が開催されている。

チャンピオンシップラウンドに回ったラピド・ウィーンは、再開初戦でザルツブルクに敗戦。2試合目のLASKリンツ戦で勝利し、3戦目を迎えていた。

試合は36分、自陣からカウンターを仕掛けると左サイドへのスルーパスが通りフォウンタスが反応。北川はボックス中央へ走り込むと、ダイレクトでの折り返しをしっかりと合わせてネットを揺らし、先制ゴールを記録した。

北川は2019年7月に清水エスパルスから加入すると、途中ケガで約3カ月離脱するなど苦労。リーグ戦13試合目にして初ゴールを記録していた。なお、9月の国内カップ戦で移籍後初ゴールは記録していた。

試合は50分に同点に追いつかれるも、87分にマキリミリアン・ウルマンのゴールで勝ち越しに成功し、ラピド・ウィーンは連勝を飾った。
コメント
関連ニュース
thumb

ベールスホット鈴木武蔵が日本人対決で2ゴール 試合は三好康児のアントワープに軍配《ジュピラー・プロ・リーグ》

ジュピラー・プロ・リーグで日本人対決が実現した。 25日にジュピラー・プロ・リーグ第10節が行われ、日本代表MF三好康児が所属するアントワープと同代表FW鈴木武蔵がプレーするベールスホットが激突した。 両選手が揃って先発した“アントワープ・ダービー”はホームのアントワープが先制。7分、バイタルエリア左からレファエロフが右足シュートを放つと、相手に当たり、そのままゴールに吸い込まれた。 リードして勢いに乗るアントワープはその後も攻めに転じて、15分にユクレロドの左足シュートで追加点。公式戦4連勝中の好調さをこの試合に反映させた戦いを披露して、ベールスホットを突き放す。 それでも、守勢のベールスホットも25分、ボックス左のティッソウダリからのクロスに鈴木が反応。落ち着いて左足で合わせたボールがゴールマウスに流れ込み、前半のうちに1点を返すことに成功する。 そのベールスホットは1点リードで試合を折り返したアントワープが55分に三好を下げたなか、73分に同点。再びティッソウダリが右サイドから供給したボールに鈴木が右足で合わせ、イーブンに戻した。 しかし、その1分後に味方のスルーパスに反応したムボカニがボックス左からGKとの1対1を冷静に制して、アントワープが再びリード。結局、このゴールが決勝点となり、アントワープが3-2で制した。 アントワープはこれで公式戦5連勝で、29日に予定するヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節のトッテナム戦へ。鈴木の2ゴールが勝利に繋がらずのベールスホットは2試合ぶりの黒星を喫した。 アントワープ 3-2 ベールスホット 【アントワープ】 レファエロフ(前7) ユクレロド(前15) ムボカニ(後29) 【ベールスホット】 鈴木武蔵(前25、後28) 2020.10.26 08:40 Mon
twitterfacebook
thumb

大迫が前半途中から出場も終盤に負傷交代、ブレーメンはドロー《ブンデスリーガ》

ブレーメンは25日、ブンデスリーガ第5節でホッフェンハイムをホームに迎え、1-1で引き分けた。ブレーメンのFW大迫勇也は37分から出場し、87分に交代している。 2勝1分け1敗スタートのブレーメンが、2勝2敗スタートのホッフェンハイムをホームに迎えた一戦。 前節フライブルク戦では代表戦帰りだった影響もあってベンチ外となった大迫がベンチスタートとなった試合は、開始5分にブレーメンが先制する。 右サイドからのゲブレ・セラシェのクロスをM・エッゲシュタインが左足ダイレクトで合わせてネットを揺らした。 しかし、守勢に回っていたブレーメンは22分に追いつかれる。スコフの左サイドからのアーリークロスが流れると、ボックス右のルディが折り返し、最後はガイガーに決められた。 1-1となって以降、ブレーメンは左足ふくらはぎを負傷したフュルクルクに代わって37分に3試合ぶりの出場となる大迫が[3-4-2-1]の最前線に投入される。 劣勢の前半を終えて迎えた後半、引き続き守勢のブレーメンは59分に決定機。サージェントのパスに抜け出したビッテンコートがGKと一対一となるも、シュートは左ポストに直撃した。 膠着状態に陥る中、74分には大迫がボックス手前右からミドルシュートでオンターゲットを記録するもGKにセーブされてしまう。終盤には右ヒザを蹴られた大迫がプレー続行不可能となり、86分にピッチを後に。 結局、試合は1-1で引き分け、勝ち点1を分け合っている。 2020.10.26 03:53 Mon
twitterfacebook
thumb

久保が今季リーグ初先発もビジャレアルは好調カディス守備陣を攻略できずゴールレス決着《ラ・リーガ》

久保建英の所属するビジャレアルは、ラ・リーガ第7節でカディスとアウェイで対戦し0-0の引き分けに終わった。久保は62分までプレーした。 ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)グループI第1節でスィヴァススポルに5-3で勝利したビジャレアルは、その試合から先発を7人変更。スィヴァススポル戦で1ゴール2アシストの活躍を見せた久保は、ELに続きリーグ戦初先発となった。 3トップに久保、アルカセル、モイ・ゴメスと並べた[4-3-3]で試合に臨んだビジャレアルは、開始早々に失点を許す。7分、バイタルエリア左でFKを与えるとA・フェルナンデスの供給したクロスをパウ・トーレスが弾き返したが、中途半端なクリアを最後はボックス内のネグレドに流し込まれた。 このゴールでカディスに先制を許したかに思われたが、VARのレビューの結果、A・フェルナンデスのクロスの時点でロサーノがオフサイドポジションにいたため、ゴールは取り消された。 難を逃れたビジャレアルはその後、ボールポゼッションでカディスを圧倒するも[4-4-2]の堅固な守備ブロックを築くカディスを前にアタッキングサードでのアイデアが足りず、最後までも決定機を演出できず。前半は枠内シュート0本で終了した。 後半に入っても目立った決定機のないビジャレアルは、62分に久保を下げてチュクウェゼを、さらに73分にはトリゲロスを下げてバッカを投入。アルカセルとバッカを2トップに据えた[4-4-2]に布陣を変更した。 その後も膠着状態が続く中、ビジャレアルは82分に立て続けにチャンスを迎える。コクランがバイタルエリア中央手前でホセ・マリに引っかけられてFKを獲得すると、アルカセルが強烈なミドルシュートで直接ゴールを狙ったが、これは相手GKが正面で弾く。 さらにこれで獲得した左CKからモイ・ゴメスがクロスを供給すると、飛び出したGKのパンチングしたこぼれ球をバッカがダイレクトシュート。しかし、このシュートもGKレデスマの好セーブ防がれた。 結局、試合はそのままゴールレスでタイムアップ。終盤にチャンスを作るもカディスの堅守を攻略できなかったビジャレアルは、リーグ戦連勝のチャンスを逃した。 2020.10.26 02:29 Mon
twitterfacebook
thumb

堂安がアシストもビーレフェルトはヴォルフスブルクに敗れて3連敗《ブンデスリーガ》

ビーレフェルトは25日、ブンデスリーガ第5節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。 前節バイエルン戦を1-4と完敗して2連敗となったビーレフェルトは、バイエルン戦でブンデス初ゴールを挙げた堂安が[4-1-4-1]の右MFで開幕5試合連続スタメンとなった。 4分けスタートのヴォルフスブルクに対し、押し込まれる入りを強いられたビーレフェルトは12分にシュテフェンに決定的なシュートを許すと、19分に先制される。 FKのサインプレーからボックス右に侵入したヴェグホルストにシュートを蹴り込まれた。さらに1分後、GKからのパスがハイプレスを受けてカットされると、最後はアルノルトにシュートを決められ、一気にリードを広げられてしまう。 その後もヴォルフスブルクのプレスをかいくぐれないビーレフェルトは攻撃の形を作ることができない。 42分にはフィリップに際どいミドルシュートを打たれてひやりとしたビーレフェルトは前半に良いところなく0-2で後半へ折り返した。 迎えた後半、2選手を投入したビーレフェルトが前がかるも、57分にピンチ。それでもGKオルテガがヴェグホルストとシュテフェンの決定機をセーブして2点差を保った。 その後、59分に堂安がミドルシュートを狙ったビーレフェルトはボールを持つ時間を増やしたものの、チャンスを生み出すには至らない。 それでも80分、堂安のアシストからビーレフェルトが1点を返す。ボックス右でパスを受けた堂安が右足で中へグラウンダーのパスを入れると、シプロックがゴール左へダイレクトシュートを蹴り込んだ。 さらに83分、プリートルのボレーシュートが右ポストに直撃したビーレフェルトだったが、反撃はここまで。1-2で敗戦し、3連敗となった。 2020.10.26 01:25 Mon
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル指揮官エメリ「久保のことを信じている。リーグ戦はまだ32試合もある」

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が日本代表MF久保建英について語った。スペイン『マルカ』が報じている。 今夏にレアル・マドリーからのシーズンローンでビジャレアルに加入した久保は開幕からここまで公式戦7試合に出場。22日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節のスィヴァススポル(トルコ)戦で移籍後初先発を果たして、初ゴールも記録したが、6試合に出場するラ・リーガはすべて途中出場が続いており、周囲から起用法に疑問を呈する声も少なくない。 そうしたなか、エメリ監督が25日に行われるラ・リーガ第7節のカディス戦に先駆けた会見に登場すると、スィヴァススポル戦から中2日での一戦に向けてコメントを残しつつ、久保の話題にも言及。スィヴァススポル戦後に先発争いに対する思いを口にした久保だが、エメリ監督は自身の考えをこう示した。 「我々は全員を同じように扱い、有能なスタッフ全員と仕事に励んでいる。しかし、選手それぞれの事情が異なるのも確かだ。久保は1年レンタルで加わった選手であり、その間に成長を遂げ、我々の助けにもなってくれると期待している。彼と内部で取り組むことに注力しており、彼とはかなり話し合ってもいる。19歳の成熟した少年で、すべてを求めている」 「すべてを求める姿勢は我々が求めるパフォーマンスを実現させる面で、ポジティブに働く可能性がある。彼は成長過程で、それが理由でここに来た。我々は要求するが、彼にもそこから愛を感じてほしい。それは内部での仕事であり、私は外での出来事をコントロールできない。それに、すべきだとも思っていない。彼にはチームメイトやコーチに耳を傾けてもらいたい」 「選手とビジャレアルにとって、最高の組み合わせを望んでいるからだ。チーム外のことは重要じゃない。我々が望む久保との繋がりこそが大事だ。先日の彼は『プレーするための競争を認識している』と話した。そのとおりだ。我々は彼のことを信じている。リーグ戦はまだ32試合もある。ELやコパ(・デル・レイ)もある。多くの試合が残っている」 2020.10.25 14:35 Sun
twitterfacebook