シックが3戦連続弾も10人のライプツィヒが後半AT被弾で最下位相手に痛恨ドロー《ブンデスリーガ》

2020.06.07 00:53 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ライプツィヒは6日、ブンデスリーガ第30節でパーダーボルンと対戦し、1-1の引き分けに終わった。前節のケルン戦を打ち合いの末に勝利した3位ライプツィヒ(勝ち点58)が、ホームに最下位パーダーボルン(勝ち点19)を迎えた一戦。リーグ戦10試合無敗中のライプツィヒは、前節から先発を2人変更。筋肉系を負傷したザビッツァーとライマーに代えてアダムスとカンプルをスタメンで起用した。

立ち上がりからボールを保持するライプツィヒは9分、ヴェルナーのパスをボックス左手前で受けたエンクンクがカットインから右隅を狙ったシュートを放ったが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。

一進一退の展開が続く中、ライプツィヒが27分に試合を動かす。エンクンクの縦パスを受けたヴェルナーがボックス左から侵入し折り返しを供給。これを中央に走り込んだシックがダイレクトでゴール右隅に流し込んだ。

先制したライプツィヒだったが43分、マンバとボールを奪い合ったウパメカノがファウルを取られると、不満を見せたウパメカノがボールを蹴り出し、この試合2枚目のイエローカードを受け、退場処分となった。

数的不利となったライプツィヒは、ハーフタイムでシックを下げてハルステンベルクを投入。[4-4-2]の布陣からヴェルナーを最前線に置いた[3-3-2-1]に変更した。

後半は劣勢の展開が続いたライプツィヒだが、60分にセットプレーからチャンス。アンヘリーニョの左CKをボックス右で拾ったダニ・オルモが強烈なシュートでパーダーボルンゴールを脅かしたが、これは相手GKのセーブに阻まれた。

さらに66分、ライプツィヒは相手CKからロングカウンターを狙う。自陣ボックス内で相手CKのこぼれ球を拾ったアダムスが前線のスペースへロングパスを送ると、対応を誤ったDFのパックパスをヴェルナーがカット。そのまま持ち上がったヴェルナーは、大きく飛び出したGKを股抜きでかわしボックス右からゴールを狙ったが、シュートはゴール左に逸れた。

試合もこのまま終了かと思われたが、パーダーボルンは後半アディショナルタイム2分にチャンスを迎える。エバンズの左CKをボックス内のアントウィ=アジェイが落とすと、ボックス手前のリッターがダイレクトシュート。これはGKグラーチが弾くも、最後はシュトローディークが押し込んだ。

追いつかれたライプツィヒは、直後のプレーで反撃。右サイドを持ち上がったライマーのグラウンダーのクロスをゴール前に走り込んだハイダラが合わせたが、これは枠の上に外れ万事休す。

結局、試合はそのまま1-1で終了。逃げ切りに失敗したライプツィヒは、最下位相手に痛恨のポイントロスとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

昨季ノーノーのレマル、ライプツィヒへのレンタル迫る?

RBライプツィヒがアトレティコ・マドリーに所属するフランス代表MFトマ・レマル(24)をレンタル移籍で獲得する可能性があるようだ。フランス『レキップ』が報じている。 レマルは2018年夏にモナコからアトレティコへ7000ユーロ(約82億1000万円)という高額な移籍金で加わると、加入初年度は公式戦43試合3ゴール6アシストを記録。しかし、2年目の昨シーズンは公式戦29試合に出場したものの、途中出場が多く出場時間も限られている上、0ゴール0アシストと結果を残せていない。 そのため、今夏の移籍が取り沙汰されている中、ここ最近ではクロアチア代表FWイバン・ペリシッチの退団、ドイツ代表MFレロイ・サネの負傷でウイングの選手層に問題を抱えつつあるバイエルンが、レンタルでの獲得を打診しているとの報道が出ている。 だが、今回『レキップ』が新たに伝えるところによれば、同じく2列目の補強を目指すライプツィヒが400万ユーロ(約5億円)の有償レンタルのオファーを掲示しているようだ。 バイエルンに比べ、出場機会を得られる可能性が高く、ユリアン・ナーゲルスマン監督もその才能を高く評価していることから、ライプツィヒ行きはレマルにとって良い選択肢となりそうだ。 2020.10.01 00:35 Thu
twitterfacebook
thumb

フルアムがライプツィヒからFWルックマンをレンタル移籍で獲得

フルアムは30日、RBライプツィヒから元U-21イングランド代表FWアデモラ・ルックマン(22)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ルックマンはチャールトンの下部組織出身で、2017年1月にエバートンへ完全移籍。エバートンでは公式戦48試合に出場し4ゴール2アシストを記録していた。 2018年1月にライプツィヒへレンタル移籍すると、2019年7月に完全移籍で加入。大きな期待が寄せられていた。 しかし、ライプツィヒでは、2019-20シーズンのブンデスリーガで11試合、チャンピオンズリーグで1試合、DFBポカールで1試合と多くの出場機会は得られず。これまで公式戦24試合に出場し5ゴール4アシストとレンタル移籍中の方が結果を残していた。 2020.09.30 22:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、ディナモ・ザグレブから若手DFバルディオルを獲得!加入は来季で5年契約締結

RBライプツィヒは28日、ディナモ・ザグレブからU-21クロアチア代表DFヨスコ・バルディオル(18)を来夏に完全移籍で獲得することで合意した。契約期間は2021年7月1日~2026年6月30日までの5年間となる。 ディナモ・ザグレブの下部組織で育ったバルディオルは、2019年の夏にトップチームに昇格。昨シーズン序盤は出場機会に恵まれなかったが、後半戦から徐々に出場機会を伸ばし公式戦12試合に出場。また、U-19チームとして参加したUEFAユースリーグでは、全試合に出場しチームのベスト8進出に貢献した。 なお、ドイツ『キッカー』が伝えるところによれば、移籍金は1600万ユーロ(約20億円)+最大200万ユーロ(約2億4600万円)の出来高ボーナスに加え、将来的な移籍金の20%がディナモ・ザグレブに入る契約となっているようだ。 ライプツィヒでは、ディフェンスラインを支える若きリーダーのフランス代表DFダヨ・ウパメカノ(21)がマンチェスター・ユナイテッドを筆頭とする国外のビッグクラブからの関心を示されており、今後の去就が不透明となっていた。そのため、有事に備えてセンターバックの確保に動いていた。 2020.09.29 02:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド関心のウパメカノが去就に言及 「今はライプツィヒにいるが…」

RBライプツィヒのフランス代表DFダヨ・ウパメカノ(21)が去就に言及した。 ウパメカノは2017年1月にレッドブル・ザルツブルクからライプツィヒに加入して以降、屈強なセンターバックとして注目の的に。今年7月に2023年6月までの契約延長に至ったが、マンチェスター・ユナイテッドの関心が取り沙汰されるなど、その動向に注目が集まっている。 そんなウパメカノはフランス『Telefoot』のテレビ番組『Culture Foot』に出演した際、未来を訊かれると、あらゆる移籍の可能性にオープンな姿勢を示した。 「今はライプツィヒにいるが、いくつかの某クラブとディスカッションができたのは事実だ。前にも言ったように、今はライプツィヒに集中していて、ライプツィヒでプレーを続けるつもり。(将来が)わかるのはそれからだ。フットボール界だと、何が起こるかわからないものだけどね」 なお、ライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督は今月、引く手あまたのウパメカノに関して「今季もここにいるだろう。それは間違いない」と述べ、今季もとどまると明言している。 2020.09.25 16:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、トルコで才能を開花させたセルロートの獲得を発表!

RBライプツィヒは22日、クリスタル・パレスからノルウェー代表FWアレクサンデル・セルロート(24)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年までの5年間で、背番号は19を着用する。 ノルウェー代表でドルトムントのFWアーリング・ハーランドの相棒としても活躍セルロートは、母国ローゼンボリの下部組織出身で2013年7月にトップチーム昇格。その後はフローニンヘンやミッティランを経て、2018年1月にクリスタル・パレスに加入。 イーグルスでは公式戦20試合で1ゴール1アシストと結果を残すことはできなかったが、昨夏に2年間のレンタル移籍で加入したトラブゾンスポルでその才能を完全に開花させると、公式戦49試合で33ゴールを挙げる華々しい活躍を見せた。 今夏、ドイツ代表FWティモ・ヴェルナーがチェルシーへ移籍し、チェコ代表FWパトリック・シック(現レバークーゼン)をローマへレンタルバックしたライプツィヒ。2019-20シーズンのブンデスリーガでは2人合わせて38ゴールを記録しており、得点力の減少を避けるためにもストライカーの確保が急務となっていた。 なお、ドイツ『キッカー』が伝えるところによれば、移籍金は2000万ユーロ(約24億6000万円)+最大200万ユーロ(約2億4600万円)の出来高ボーナスに加え、将来的な移籍金の10%がクリスタル・パレスとトラブゾンスポルに入る契約となっているようだ。 2020.09.23 02:22 Wed
twitterfacebook