憂うメッシ「絶対にこれまで通りというわけにいかない」

2020.06.01 14:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが憂いた。スペイン『マルカ』が伝えている。

ラ・リーガは新型コロナウイルスの影響で3月中旬から中断に入ったが、このたび6月11日からの再開が決定。先月上旬からソーシャルディスタンスを意識しながら再始動したバルセロナも、ここからリーグの再開に向けてより調整を進めていくことになる。

しかし、メッシは再開後のフットボールが以前と異なるものになると感じているようだ。スペイン『El Pais』で「僕たちのほぼ全員が今後の世界がどうなるのか疑問を抱いている」と語り始めると、アフターコロナのフットボール界をこう展望した。

「ロックダウンや不意を突いた状況が何らかの影響を与え、多くの人々が本当に辛い思いをしている。親族や友人を亡くしたり、そういう者たちに別れを告げることさえできなかった人々だっている」

「このクライシスで多くの不都合もあったと思うが、最も愛する人々を失う以上に悲しいことなんてない。僕にとっても大きなフラストレーションになり、全くアンフェアな話だ」

「フットボールは絶対にこれまで通りというわけにいかないだろう。それはフットボールのみならずさ。人生の全てがこれまで通りにいかなくなると思う」
コメント
関連ニュース
thumb

バルサはやっぱりラウタロを諦めず? 会長がインテルとの会談を明かす「現在は分析する段階」

バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が、獲得が噂されるインテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(22)について言及した。 かねてから、ラウタロの獲得に大きな興味を抱いているとされるバルセロナ。ここ数カ月にわたり様々な噂話が浮上。一方で高額な契約解除条項があるため、今夏の移籍はなくなったとも見られていた。 <div id="cws_ad">◆ラウタロ、インテルでのベストゴール!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJrWjJHUzJ3eSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> そんな中、バルトメウ会長がスペイン『TV3』で今夏の移籍市場について言及。ラウタロの件についてインテルと話をし、現在は分析をしている段階であると明かした。 「次の市場は特別になる。大きなクラブは経済的な問題により制限されるだろう。ただ、バルサは常に市場の主役だ」 「ラウタロの場合、交渉は現在足踏み状態だ。数週間前にインテルとは話をした。現在は分析する段階にある」 また、クラブ内部の問題に嫌気がさし、退団の話が急浮上したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについても言及。話し合いを持ち、バルセロナに留まると強調した。 「我々はメッシと話をした。話し合ったし、また話をする」 「彼は史上最高のサッカー選手であり、何年もサッカーをプレーし、コンディションも良い」 「彼がバルサに留まることは間違いない。彼の将来はここにあり、サッカーを辞めてもここにある」 2020.07.13 21:15 Mon
twitterfacebook
thumb

2年8カ月の懲役刑を受けているアルダ・トゥラン、古巣ガラタサライに復帰へ

現在無所属の元トルコ代表MFアルダ・トゥラン(33)は、古巣ガラタサライへ復帰するようだ。 補強禁止処分を受けた中で2015年7月にアトレティコ・マドリーからバルセロナへと完全移籍したアルダ・トゥラン。選手登録されても、アトレティコ時代のような結果を残せず。2018年1月にイスタンブール・バシャクシェヒルへ2年半のレンタル移籍をしていた。 しかし、イスタンブール・バシャクシェヒルでは、しかし、審判への侮辱や暴力、さらにはピッチ外での問題も発生し、16試合の出場停止処分や2年8カ月の懲役刑を言い渡され、1月に契約解除。バルセロナへ復帰したものの、試合には出場していなかった。 スペイン『アス』によると、アルダ・トゥランはガラタサライの事前契約にサイン。1試合プレーするごとに20万トルコリラ(約310万円)が支払われる契約のようだ。 加えて、ガラタサライがタイトルを獲得すれば390万トルコリラ(約6000万円)のボーナスを受け取るとのこと。契約期間は1年間となり、延長オプションが付いているようだ。 なお、『アス』によるとスュペル・リグの終了後3日以内に公式に契約を結ぶことになるようだ。 現在5年間の執行猶予中のトゥラン。新天地でも新たな問題を起こさないことを祈るばかりだ。 2020.07.13 17:03 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサFWグリーズマン、検査の結果は右大腿四頭筋損傷

バルセロナのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの負傷状況が明らかになった。 12日、バルセロナはグリーズマンの検査結果を発表。メディカルチェックの結果、右脚の大腿四頭筋に損傷が見られたとのことだ。 なお、現時点では離脱期間は不明なものの、プレーはできないとのことだ。 グリーズマンは、11日に行われたラ・リーガ第36節でレアル・バジャドリー戦に先発出場。しかし、前半のみで交代を申し出て、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスと交代していた。 アトレティコ・マドリーから今シーズン加入したグリーズマンは、ここまでラ・リーガで35試合に出場し9ゴール4アシスト。公式戦で見ても46試合で15ゴール4アシストと満足いく結果を残したとは言えない状況だった。 2020.07.12 21:45 Sun
twitterfacebook
thumb

前半のみで交代のグリーズマンは自ら交代を希望、残り2試合のリーグ戦を欠場か

バルセロナのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンだが、残り試合を欠場する可能性がありそうだ。 バルセロナは11日、ラ・リーガ第36節でレアル・バジャドリーと対戦。アルトゥーロ・ビダルのゴールで0-1と勝利を収めていた。 この試合、グリーズマンは先発出場。しかし、ハーフタイムでウルグアイ代表FWルイス・スアレスと交代し、ピッチを後にしていた。 スペイン『マルカ』によると、試合後の記者会見でキケ・セティエン監督がグリーズマンが交代を訴えていたことを明かし、大腿四頭筋に違和感があったとのことだ。 グリーズマンはクラブのメディカルサービスによる検査を受けるとのこと。状況によっては、残り2試合のリーグ戦を欠場することになるようだ。 アトレティコ・マドリーから今シーズン加入したグリーズマンは、ここまでラ・リーガで35試合に出場し9ゴール4アシスト。公式戦で見ても46試合で15ゴール4アシストと満足いく結果を残したとは言えない状況だった。 2020.07.12 18:35 Sun
twitterfacebook
thumb

セティエンがメッシ酷使の状況に言及 「前半にもっとゴールを決めていれば…」

バルセロナを率いるキケ・セティエン監督がアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを酷使している状況を認めた。スペイン『マルカ』が伝えている。 新型コロナウイルスの影響による大幅遅延により、中断明けからタイトなスケジュールで進むラ・リーガ。6月13日の再開初戦から9試合を消化している。その全9試合が中2、3日置きに行われるなかでフル稼働し続けるメッシは11日に行われた第36節のバジャドリー戦も決勝ゴールをアシストして、フルタイム出場。レアル・マドリーから首位の座を奪い返すためにも負けられない戦いが続いていることもあり、33歳の絶対的エースに休養を与えられずにいる状況だ。 その状況はセティエン監督にとっても好ましいものではないようだ。試合後にメッシを休ませる必要性を問われると、「もちろん」と応じてみせたが、試合の展開的に交代の決断が難しかったと説明した。 「前にも言ったが、スコアがあまりにもタイトだと難しい。前半にもっとゴールを決めていれば、多くの選手を休ませられたかもしれない。チームも全体的に疲労の色が濃かった」 「相手には前線に質の高い選手がいて、FWも献身的な選手がいた。試合もコントロールし切れておらず、全体的に後ろに重たかったし、そういう状況が我々をより苦しめた」 「前半のうちに終わらせるべき試合だった。2、3点ぐらい挙げられたはずだ。後半は苦戦を強いられてしまった。選手数名の疲れにも気づいていた」 2020.07.12 16:00 Sun
twitterfacebook