ラ・リーガ&セグンダの再開も決定! 初戦は6月11日のアンダルシア・ダービーに!!

2020.05.30 01:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペインスポーツ局(CSD)が6月11日からのラ・リーガ再開を承認した。スペイン『アス』や『マルカ』が報じている。

新型コロナウイルスの影響で3月から中断が続くラ・リーガだが、沈静化傾向を受け、スペイン政府が段階的に規制を緩和。スペインのペドロサンチェス首相は23日に6月8日からのリーグ再開を許可していた。

そんななか、CSDは29日にスペインのサッカー連盟(RFEF)とスペインプロリーグ機構(LFP)を招集し会議を開催。その席でラ・リーガ、セグンダの再開の承認と、再開日、2019-20シーズンの終了予定日を決定したとのことだ。CSDが以下のように声明を発表している。

「CSDはRFEFとLFPを招集した会合でラ・リーガ、セグンダの残り11試合に関する試合形式に同意した。リーグ戦は6月13~14日の週末に再開し、最初の試合は11日にセビージャvsベティスが行われる」

「また、ウイルスの進展次第で変更されるが、暫定で最終節は7月18~19日の週末に行うことを予定している」

なお、LFPのハビエル・テバス会長は、2020-21シーズンは9月12日から開始することを併せて明かした。
コメント
関連ニュース
thumb

ジダン体制下のマドリーが500得点到達! クラブ歴代2人目の快記録!

ジネディーヌ・ジダン監督率いるレアル・マドリーが、公式戦通算500得点に到達した。 マドリーは10日、ラ・リーガ第35節でアラベスと対戦。11分にFWカリム・ベンゼマのゴールで先制すると、後半立ち上がりにFWマルコ・アセンシオのゴールで追加点。本拠地サンティアゴ・ベルナベウで快勝を収めた。 マドリー公式によると、1点目のベンゼマのゴールで、チームはジダン体制以降で500得点に到達。207試合目での達成で平均2.4ゴールの計算だ。 実に全試合の90%にあたる187試合でネットを揺らしており、その内訳はラ・リーガ342得点、チャンピオンズリーグ93得点、コパ・デル・レイ43得点、クラブ・ワールドカップ9得点、ヨーロッパ・スーパーカップ5得点、スーペル・コパ8得点となっている。 スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、500得点に到達したのはジダン監督以外ではミゲル・ムニョス氏ただ一人。1960年から1974年にかけて指揮し、605試合で1226得点を記録したという。 また、500得点に迫った監督としては、ビセンテ・デル・ボスケ氏が246試合で490得点、ジョゼ・モウリーニョ監督が178試合で475得点、レオ・ベーンハッカー氏は197試合で404得点だったようだ。 2020.07.11 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

セティエン監督、CLドロー結果に言及も優先はバジャドリー、ナポリとの戦い

バルセロナを率いるキケ・セティエン監督が、11日に行われるバジャドリー戦に向けた公式会見に出席した。『ESPN』が会見コメントを伝えている。 前節、互いに退場者1人ずつを出したエスパニョールとのバルセロナ・ダービーを1-0で制し、連勝を飾った2位のバルセロナ(勝ち点76)。しかし、2日後に行われたアラベス戦で首位のレアル・マドリー(勝ち点80)が8連勝を飾っており、ポイント差は「4」のまま変わらず。 そして、11日に行われるラ・リーガ第36節のバジャドリー戦でバルセロナが引き分け以下に終わった場合、残り2節を残してマドリーの優勝が決定する可能性が出てきている。 そういった状況の中、10日に行われた公式会見に出席したセティエン監督は勝ち点3必須の一戦に向けた意気込みを語っている。 「リーグ優勝への望みを繋ぐためにはバジャドリー戦での勝利が必須だ。マドリーが躓く可能性? フットボールではすべてが起こり得る。我々はこれまでもそういった不可解な出来事を見てきた。だが、我々がすべきことはバジャドリー戦に焦点を当てることだ」 「もちろん、我々にはライバルの失敗が必要なことを理解している。しかし、まずは自分たちのことだけに集中すべきだ。私は常に個々の試合に最大限の力を注いできたし、プレーヤーたちにも最善を求めている」 また、今回の会見前にはチャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝&準決勝の組み合わせ抽選会が実施された。そして、ナポリとのCLラウンド16の2ndレグを残すバルセロナは、仮にナポリを破った場合、ベスト8でチェルシーとバイエルンの勝者と対戦することが決定した。 その抽選結果について質問を受けたセティエン監督だが、「ナポリに勝たないと意味がない」と、カンプ・ノウで戦うことが決定したナポリとの2ndレグに集中すべきだと主張している。 「抽選結果にはあまり期待していなかった。ナポリ戦に集中しなければならないからだ。ナポリに勝たないと意味がない」 「我々がホームで2ndレグを戦えることは公平なことだと思う。それからドローの結果を知り、対戦相手を分析していくことは良いことだが、前提はナポリとの戦いにある」 「現時点でチャンピオンズリーグがより難しい戦いだとは考えていない。まずは残りの3つのリーグ戦で勝利することを考え、それからナポリ戦を考えるつもりだ」 2020.07.11 18:45 Sat
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第36節プレビュー】今節にも優勝争い決着か? 2強は中位以下との対戦

ミッドウィークに行われた第35節ではレアル・マドリー、バルセロナの2強が揃って勝利し、タイトル争いの行方に大きな動きはなし。ただ、アトレティコ・マドリーの取りこぼしにより、チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いがより混戦模様となっている。 残り3試合となった中、最注目の優勝争いでは今節、首位のレアル・マドリー(勝ち点80)が勝利し、2位のバルセロナが引き分け以下に終わった場合、エルブランコの3シーズンぶりの優勝が決定する。 前節、アラベス相手にFWベンゼマとFWアセンシオの2ゴールで順当に勝ち切ったレアル・マドリーは8連勝を飾り、悲願達成に向けてラストスパートを見せている。そして、今節は月曜開催のアウェイゲームで9位のグラナダと対戦する。MFアザールやDFヴァランと負傷者も戦列に復帰しており、超過密日程を質の高いターンオーバーで乗り切っており、今回の一戦に向けても死角は見当たらない。 一方、宿敵の今節での優勝を何とか阻止したいバルセロナは、互いに退場者を1人ずつ出したエスパニョールとのダービーを1-0で勝利し2連勝。今節はレアル・マドリーの2日前に開催される14位のバジャドりー戦で3連勝を目指す。FWアンス・ファティの退場で前線のやり繰りは厳しくなっており、MFビダルが前線のオプションを担う見込みだ。 優勝争いと共に注目されるヨーロッパの出場権争い、残留争いでは当該チーム同士の対戦が多く開催される。その中で注目を集めるのが、4位のセビージャ(勝ち点63)と、FW久保建英を擁する18位のマジョルカ(勝ち点32)の一戦だ。 前節、アスレティック・ビルバオとの厳しいアウェイゲームを2-1の逆転勝利で飾ったセビージャはアトレティコと勝ち点63で並び3位フィニッシュに向けて好調を維持。 対するマジョルカは久保が今季4点目を挙げるなど、ホームで圧巻のパフォーマンスを披露し、レバンテ撃破に貢献。逆転でのプリメ-ラ残留に望みを繋いでいる。ただ、残留圏内の17位アラベス(勝ち点35)とは当該成績で不利な立場におり、実質的な勝ち点差は4ポイント。残り3試合で2勝1分けの成績が残留の条件と見られている。そういった中、残り3試合で最も格上のセビージャ相手のアウェイゲームでは最低でも勝ち点1奪取が求められる。 また、マジョルカにとって最も結果が気になるアラベスは、ヨーロッパリーグ(EL)出場権確保を目指す6位のヘタフェ(勝ち点53)と、MF乾貴士を擁する15位のエイバル(勝ち点36)は、前節27年ぶりのセグンダ降格が決定した最下位のエスパニョールとの対戦となる。 さらに、8位のバレンシア(勝ち点50)と対峙する19位のレガネス(勝ち点29)は、上位の結果次第では引き分け以下で今節での降格が決定する可能性がある。 《ラ・リーガ第36節》 ▽7/11(土) 《24:00》 オサスナ vs セルタ 《26:30》 バジャドリー vs バルセロナ 《29:00》 アトレティコ・マドリー vs ベティス ▽7/12(日) 《21:00》 エスパニョール vs エイバル 《24:00》 レバンテ vs アスレティック・ビルバオ 《26:30》 レガネス vs バレンシア 《29:00》 セビージャ vs マジョルカ ▽7/13(月) 《26:30》 アラベス vs ヘタフェ ビジャレアル vs レアル・ソシエダ 《29:00》 グラナダ vs レアル・マドリー 2020.07.11 18:01 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴァラン、VAR判定に「外部の雑音は僕らにとって重要じゃない」

レアル・マドリーに所属するフランス代表DFラファエル・ヴァランがラ・リーガ制覇に向けて、自チームのみに集中した。スペイン『マルカ』が伝えている。 10日に行われた第35節のアラベス戦で2-0の勝利を収めたマドリー。新型コロナウイルスの影響による一時中断からの再開後、これで8連勝となり、2位バルセロナとの4ポイント差を維持してリーグ制覇にまた一歩前進した。 ここリーグ戦5試合連続の無失点を記録する守備陣の奮起も光るなか、その一旦を担うヴァランはアラベス後、「僕たちは目標に集中しているし、決戦があと3試合残っている」と語り、ディフェンス面に満足感を示した。 「もちろん、勝利が重要だったけど、クリーンシートを維持することもとても大切だった。大きな自信を与えてくれるからね。ポジティブな士気を維持して、これからも続けていきたい」 また、物議を醸すビデオアシスタントレフェリー(VAR)の判定にも言及。“マドリーびいき”とも取れる判定の多さに様々な意見が飛び交っているが、「外部の雑音は僕らにとって重要じゃない。僕らはピッチ上で見せる姿勢をコントロールするだけさ」と気にしない様子をみせた。 2020.07.11 17:20 Sat
twitterfacebook
thumb

マドリーvsアラベスで主審が負傷交代…マドリーメディカルの手厚い治療にVAR騒動と絡めて揶揄する声も…

10日に行われたラ・リーガ第35節のレアル・マドリーvsアラベスで主審が負傷交代するアクシデントが起こった。 マドリーがFWカリム・ベンゼマとFWマルコ・アセンシオの2ゴールにより8連勝を達成した一戦では、主審を務めたヘスス・ヒル・マンサーノが前半半ばにアラベスの選手との接触の際に負傷するアクシデントが発生。 前半の飲水タイムを利用して、マドリーのメディカルスタッフから左足首の治療を受けて一度は復帰したヒル・マンサーノだったが、後半も主審を継続するのが困難だと判断し、フォースオフィシャルを務めていたエクトル・ロドリゲス・カルパッロとの交代を余儀なくされた。 ちなみにヒル・マンサーノは前半序盤に微妙な判定ながらマドリーの先制点に繋がるPKを与えており、マドリーのメディカルスタッフからの手厚い治療の様子を観たアンチマドリーのフットボールファンからは、ここ最近のVAR騒動と絡めて審判団への親愛を示す行為と揶揄する声も上がっていた。 <div id="cws_ad">◆手厚い治療にVAR騒動と絡めて揶揄する声も…<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> — The referee Gil Manzano twisted his ankle and was treated by Real Madrid&#39;s medical staff.<br><br>You cannot write a better script. <a href="https://t.co/8fjNOSBlMu">pic.twitter.com/8fjNOSBlMu</a></p>&mdash; Barça Universal (@BarcaUniversal) <a href="https://twitter.com/BarcaUniversal/status/1281690612090073088?ref_src=twsrc%5Etfw">July 10, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.07.11 14:50 Sat
twitterfacebook