トッテナム、負傷者全員が練習復帰! モウ「ケインもベルフワインもみんな元気だ」

2020.05.27 17:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が負傷者全員の復帰を報告した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

今年に入ってから主力を中心に負傷者が相次いだトッテナム。FWハリー・ケインは今年元日のサウサンプトン戦で左足ハムストリングを断裂。MFソン・フンミンは腕の手術、FWステーフェン・ベルフワインも左足首に深刻な捻挫を負った。

その影響もあってかチャンピオンズリーグやFAカップでは敗退に追い込まれ、プレミアリーグでも今一つ勢いに乗れない状況が続いていた。

そんななか、新型コロナウイルスの影響で3月中旬からプレミアリーグが中断。多くの負傷者を抱えていたトッテナムにとっては、皮肉にもこの中断が療養期間となった。

そして、6月半ばに予定されているリーグ再開に先駆けて各クラブでグループトレーニングが解禁に。モウリーニョ監督は負傷者を含め全選手が揃ったことを伝えた。

「ハリーの場合、彼は5カ月もプレーから遠ざかっていたと思うが、今はケガをしている選手はいない。みんな練習に戻ってきている」

「だが現時点でいくつもの制限がかかっており、試合も1対1も出来ない上、一定の距離を保たなければならない」

「ハリー・ケインもソンもベルフワインもムサ・シソコも全員元気だ」

だが一方で、まだ試合が出来るコンディションは整っていないという。

「現段階で試合の準備が出来ているとは言えない。ケガが治ったばかりの選手もいるし、フットボールが出来ないからね」

「当局が制限を解いて数週間トレーニングを積めば元の状態に戻れると思う。絶好調とはいかないがね」
コメント
関連ニュース
thumb

モウリーニョ監督、レアル時代に衝突のカシージャス氏引退に「最も偉大なGKの1人」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が現役引退を表明した元スペイン代表GKのイケル・カシージャス氏との関係性について言及した。スペイン『アス』が伝えた。 昨年5月に所属するポルトでの練習中に心臓発作を起こしたカシージャスは、事実上の引退状態だった中、4日に現役引退を正式に発表。22年間の現役生活に幕を下ろした。 そんなカシージャス氏はマドリーで公式戦通算725試合の出場を誇るも、モウリーニョ監督の下では守護神の座を外されることに。その結果、両者には軋轢が生じていたとされた中、ポルトガル人指揮官はカシージャス氏の引退について言及した。 「彼の知性と完成度はに対し、常に互いをリスペクトしてきた。数年後には良い友人になれたことを意味していた」 「素晴らしいGKであり、素晴らしい男だ。レアル・マドリーの歴史、スペインの歴史、サッカーの歴史の中でも最も偉大なGKの1人だ。彼とともに、我々は全ての記録を破ってリーグ戦を優勝した」 「私が下した判断により、我々の間には難しい時期もあった。他の選手を守護神に指名したのは個人的な決定ではなく、プロとしての決定だった」 また、カシージャスが心臓発作で倒れた際にもメッセージを送っていたというモウリーニョ監督。当時は衝突していたことを認め、その関係は修復していると強調した。 「誰もが知っている。私がチームから彼を外すと決めた時に対立していた。それは自我の衝突ではなく、マドリーのキャプテンとマドリーの監督としての対立だった。この決定をするのは簡単ではなかった」 「彼もまたこれを受け入れるのに簡単ではなかった。しかし、我々の関係はポジティブだ。多くの人が考えているようなものではない」 2020.08.05 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

抜群のセンスと極上のテクニック!“神童”デレ・アリが決めた、シーズンベストゴールに選ばれた衝撃のワンダーゴール!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はトッテナムのイングランド代表MFデレ・アリが決めた、記憶に残る衝撃のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アリが決めた、2015-2016シーズンベストゴールに選ばれたスーパーゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJiZEdkTk44NCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> チャンピオンシップ(イングランド2部)のMKドンズで大器の片鱗を見せ、ビッグクラブの注目を集めたアリは、2015年夏にトッテナムに正式加入。イングランドの次代を担う若手MFとして、瞬く間にチームの中心選手へと成長を遂げている。 イングランド人らしからぬスキルフルなプレースタイルで、トッテナムの攻撃を支えるアリだが、2016年1月23日に行われた、プレミアリーグ第23節のクリスタル・パレス戦では、リーグ史に残るスーパーゴールを決めている。 ホームのクリスタル・パレスに先制されながらも、1-1と追いついて迎えた84分、敵陣ボックス手前で右サイドから大きなサイドチェンジのボールを、MFクリスティアン・エリクセンがヘディングで中央やや左にいたアリに落とす。 アリはこれを地面に落とさずトラップすると、プレッシャーをかけに来たMFミル・ジェディナクを反転しながらのフリックで華麗にかわすと、高く上がったボールの落下点に完璧にミートするボレーシュートを放つ。トップスピンのかかったボールは、低くコントロールされ、ゴール左下にキレイに決まった。 極上のテクニックと天才的センス炸裂のゴールで勝ち越したトッテナムは、アディショナルタイムにも追加点を奪い3-1で勝利。ちなみにアリのゴールはイギリス『BBC』が選ぶこのシーズンのプレミアリーグベストゴールに選出されている。 2020.08.05 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナム、ホイビュルク獲得で基本合意! ウォーカー=ピータースは完全移籍へ

トッテナムがサウサンプトンのデンマーク代表MFピエール=エミール・ホイビュルク(25)の移籍金でクラブ間合意したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 2016年夏にバイエルンからサウサンプトンに加入したホイビュルクは、在籍4年間で公式戦通算134試合5ゴール6アシストを記録。現行契約は2021年6月30日までとなっているが、ステップアップを望んでおり、今夏の移籍が取り沙汰されている。 エバートンも関心を示していたホイビュルクに関して、ジョゼ・モウリーニョ監督が今冬から獲得を熱望。そして、トッテナムは基本移籍金1500万ポンド(約20億7000万円)でサウサンプトンと合意に至ったようだ。 一方で、今年1月にトッテナムからサウサンプトンにレンタル移籍したイングランド人DFカイル・ウォーカー=ピータース(23)は移籍金1200万ポンド(約16億5000万円)で完全移籍に切り替わるとのことだ。 ただ、ボーナスや支払い方法についてクラブ間の話し合いは続いている模様。また、個人合意とメディカルチェック通過後に正式契約となるが、両選手が新クラブへの移籍を望んでいることもあり、成立すると同メディアは伝えている。 2020.08.05 09:42 Wed
twitterfacebook
thumb

新スタ初&自身移籍後初!CFルーカス・モウラが起用に応える【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、トッテナムに所属する元ブラジル代表FWルーカス・モウラが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆ルーカス・モウラが新スタ初のハットトリック!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJrdldyUzQ5bCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 昨シーズンは故障離脱したエースのFWハリー・ケインに代わってストライカーの位置で起用されることも多かったルーカス・モウラ。チャンピオンズリーグ(CL)準決勝アヤックス戦での2ndレグでの逆転突破呼ぶハットトリックも記憶に新しいところだ。 そんなルーカス・モウラは、2019年4月13日に行われたプレミアリーグ第34節のハダースフィールド戦でも自身移籍後初のハットトリックを達成している。 この日もストライカーとして起用されたルーカス・モウラは1-0で迎えた27分、中盤からボールを運んできたMFムサ・シソコのスルーパスに抜け出し、ボックス右のやや角度のない位置から右足で捻じ込んだ。 そして試合終了間際の87分、カウンターのチャンスから右サイドでボールを持ったMFクリスティアン・エリクセンが中央のルーカス・モウラへ見事なパス。トラップが難しいボールだったが、何とか収め、素早いシュートで再びゴールネットを揺らす。 さらにこれで終わらず後半アディショナルタイムもカウンターのチャンスから、FWソン・フンミンのスルーパスに抜け出すと、1点目と同じような角度から豪快に叩き込んだ。 新本拠地トッテナム・ホットスパー・スタジアムでの初めてのハットトリック達成者となったルーカス・モウラ。自身にとってもトッテナム移籍後初のハットトリックとなり、記録ずくめの大活躍だった。 2020.08.05 09:00 Wed
twitterfacebook
thumb

降格ワトフォードがディーニーのレンタルをトッテナムに逆オファー?

トッテナムがワトフォードからイングランド人FWトロイ・ディーニー(32)のレンタル移籍を持ち掛けられているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 今シーズンのプレミアリーグで19位に終わり、6シーズンぶりの降格となったワトフォード。財政面への考慮から高給取りの主力選手の放出に動いており、ディーニーがその筆頭となっているようだ。 そのレンタルを持ちかけられたというトッテナムは、現在イングランド代表FWハリー・ケインのバックアッパーが不在。飛躍が期待されている若手有望株のアイルランド代表FWトロイ・パロットは、先日にミルウォールへのレンタルが決定した。 今季はケインの負傷離脱で苦しんだ背景があることから、ジョゼ・モウリーニョ監督はプレミアでの経験が十分なディーニーのレンタルを前向きに考えているようだ。『デイリー・メール』によれば、すでに最初の話し合いは行われたとのことで、トッテナム側は1年の契約を望んでいると言われている。 一方で、同じくチャンピオンシップ降格となったボーンマスのイングランド代表FWカラム・ウィルソン獲得の噂もあるトッテナムだが、こちらはより高額な移籍金を必要とするようだ。 2020.08.03 15:50 Mon
twitterfacebook