バイエルン、27戦80発でブンデス新記録樹立! 1試合平均3ゴールでシーズン最多ゴールへ

2020.05.24 13:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンがブンデスリーガでまた新たな記録を樹立した。

23日、ブンデスリーガ第27節が行われ、首位のバイエルン(勝ち点58)はホームに13位フランクフルト(勝ち点28)を迎えた。

試合はMFレオン・ゴレツカのゴールでバイエルンが先制すると、FWトーマス・ミュラー、FWロベルト・レヴァンドフスキのゴールでリードを広げる。フランクフルトもDFマルティン・ヒンテレッガーの2ゴールで追い上げるが、DFアルフォンソ・デイビスとオウンゴールでリードを広げ、5-2でバイエルンが勝利していた。

この結果、バイエルンは今シーズンのゴール数を80とし、27試合での達成はブンデスリーガの新記録となった。

なお、シーズン最多ゴールは1971-72シーズンにバイエルンが樹立した101ゴール。残り7試合で3点ずつ奪えば、シーズンを通しての新記録樹立となる。

次節は2位のドルトムントと直接対決を控えており、その後もレバークーゼンやボルシアMGら上位対決も残す一方で、残留争い中のデュッセルドルフ、ブレーメンとの試合も残している。

◆バイエルンの残り対戦相手(現在の順位)
第28節:ドルトムント(2位)
第29節:デュッセルドルフ(16位)
第30節:レバークーゼン(3位)
第31節:ボルシアMG(4位)
第32節:ブレーメン(17位)
第33節:フライブルク(7位)
第34節:ヴォルフスブルク(6位)
コメント