若きマタとのやり取りがエモい! ドログバ氏が8年前のCL初制覇を回想!

2020.05.21 15:33 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのレジェンドである元コートジボワール代表FWのディディエ・ドログバ氏(42)が、8年前のチャンピオンズリーグ(CL)初制覇を回想した。イギリス『SPORT bible』が伝えている。

2011-12シーズンのチェルシーはアンドレ・ビラス=ボアス新監督(現マルセイユ)の下でシーズンをスタート。しかし、プレミアリーグではシーズン半ば以降に失速。さらに、決勝トーナメントまで勝ち進んでいたCLでもラウンド16でナポリ相手の1stレグを1-3で敗戦し、敗退の危機に陥っていた。

そして、2012年3月初旬にはビラス=ボアス監督が解任され、暫定指揮官のロベルト・ディ・マッテオ氏が暫定指揮官に据えられることになった。

しかし、ナポリとの2ndレグを延長戦の末に2戦合計5-4で劇的に勝ち抜くと、以降ベンフィカ、バルセロナとの激闘を制してファイナル進出。そして、マンチェスター・ユナイテッドとの同国対決となった2007-08シーズン以来の決勝ではバイエルンとの死闘をPK戦の末に制し、悲願のビッグイヤー獲得を成し遂げた。

その初優勝からちょうど8年が経った5月20日にドログバ氏は自身の公式『ツイッター』を通じて紆余曲折を経験したシーズンを改めて回想。

幾つかのエピソードを明かした中、最も興味深かったのが、元スペイン代表MFフアン・マタ(現マンチェスター・ユナイテッド)とのエピソードだった。

チェルシーのレジェンドストライカーは、まず初めにビラス=ボアス監督解任直後のチームの状態、初優勝を達成するうえでターニングポイントとなったナポリとの第2戦について言及。


「8年前、監督(ビラス=ボアス)が解任された。その際、私たちはプレーヤーだけでミーティングを行い、その場で解任の責任の一端が自分たちにあることを認めた」

「キャプテン(ジョン・テリー)を中心にフランク・ランパードやペトル・チェフといったリーダーたちも積極的に話していたよ」

「その際、私たちはナポリ相手に1-4(実際は1-3)で敗れていたにも関わらず、この大会(CL)にすべてを捧げることを決断したんだ」

「私たちはこのトロフィーを8年以上も追いかけていて、準優勝までしか経験できていなかったからね。チーム全員がエゴを脇に置き、同じ目標のためにそれぞれがチャレンジしていくことに同意したんだ」

「そのミーティングの後、私は23歳の若者(マタ)にこう頼んだんだ。『マエストロ、チャンピオンズリーグ制覇のため力を貸してほしい』ってね。そしたら彼は私を見て『あなたはクレイジーだよ。自分がディディエ・ドログバだってことを理解していますか。逆に、僕のために力を貸してください』って返してきたよ」

「その後には私がこの8年間でそのタイトルを一度も獲得できていないことを改めて彼に説明したんだ。だからこそ、私たちがこのトロフィーを勝ち取るためには君の力が必要だとね。そして、優勝のあかつきには個人的にプレゼントも贈るとね。それはちょうど2月の終わりごろだった」

続いてドログバ氏はミュンヘンで行われたバイエルンとの運命のファイナルに話を移す。同試合では82分にバイエルンMFトーマス・ミュラーに先制点を決められ、チェルシーは絶体絶命の窮地に陥った。

だが、この窮地でドログバ氏に力を貸したのは23歳の若者だった。88分、マタからの絶妙なCKを元コートジボワール代表が頭で合わせ、劇的な同点ゴールとした。

「あのやり取りから3カ月が過ぎたとき、私たちはミュンヘンでのファイナルの舞台に立っていた。彼らのスタジアムで赤い波に浸食されそうだった」

「バイエルンは試合残り8分の段階でリードし、あとは時間を稼ぎにきていた。その時点で私の心は折れかけていた。だけど、若者は私に向かってこう言ったんだ。『ディディ、自分をみんなを信じて。あなたは信じる気持ちを持ち続ける必要がある』ってね。そのときは時計を見ながら涙目で『何を信じればいいんだ? もうほとんど終わっているじゃないか』って返答したよ」

「数カ月前のコートジボワールで(アフリカ・ネーションズカップ)決勝に敗れたときのように泣きそうだった。試合終了間際、最後のコーナー、バイエルンの18本に対してチェルシーの初めてのコーナーだった」

「そのコーナーキックからゴールを決めた瞬間、マタとその他の全員が歴史に名を刻むことになった。彼から授かった教えは“いつでも信じる”ってことだ」

ちなみに、PK戦ではチェルシーの1番手を務めたマタがGKマヌエル・ノイアーに止められてしまったものの、守護神チェフがバイエルンの4番手と5番手を連続ストップし、窮地を救う。

そして、チェルシー5番手はもちろんレジェンドストライカー。諦めかけた自身の窮地を救ったマタに報いるため渾身の一撃を突き刺し、自らの手で優勝を手繰り寄せている。
コメント