若きマタとのやり取りがエモい! ドログバ氏が8年前のCL初制覇を回想!

2020.05.21 15:33 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのレジェンドである元コートジボワール代表FWのディディエ・ドログバ氏(42)が、8年前のチャンピオンズリーグ(CL)初制覇を回想した。イギリス『SPORT bible』が伝えている。2011-12シーズンのチェルシーはアンドレ・ビラス=ボアス新監督(現マルセイユ)の下でシーズンをスタート。しかし、プレミアリーグではシーズン半ば以降に失速。さらに、決勝トーナメントまで勝ち進んでいたCLでもラウンド16でナポリ相手の1stレグを1-3で敗戦し、敗退の危機に陥っていた。

そして、2012年3月初旬にはビラス=ボアス監督が解任され、暫定指揮官のロベルト・ディ・マッテオ氏が暫定指揮官に据えられることになった。

しかし、ナポリとの2ndレグを延長戦の末に2戦合計5-4で劇的に勝ち抜くと、以降ベンフィカ、バルセロナとの激闘を制してファイナル進出。そして、マンチェスター・ユナイテッドとの同国対決となった2007-08シーズン以来の決勝ではバイエルンとの死闘をPK戦の末に制し、悲願のビッグイヤー獲得を成し遂げた。

その初優勝からちょうど8年が経った5月20日にドログバ氏は自身の公式『ツイッター』を通じて紆余曲折を経験したシーズンを改めて回想。

幾つかのエピソードを明かした中、最も興味深かったのが、元スペイン代表MFフアン・マタ(現マンチェスター・ユナイテッド)とのエピソードだった。

チェルシーのレジェンドストライカーは、まず初めにビラス=ボアス監督解任直後のチームの状態、初優勝を達成するうえでターニングポイントとなったナポリとの第2戦について言及。


「8年前、監督(ビラス=ボアス)が解任された。その際、私たちはプレーヤーだけでミーティングを行い、その場で解任の責任の一端が自分たちにあることを認めた」

「キャプテン(ジョン・テリー)を中心にフランク・ランパードやペトル・チェフといったリーダーたちも積極的に話していたよ」

「その際、私たちはナポリ相手に1-4(実際は1-3)で敗れていたにも関わらず、この大会(CL)にすべてを捧げることを決断したんだ」

「私たちはこのトロフィーを8年以上も追いかけていて、準優勝までしか経験できていなかったからね。チーム全員がエゴを脇に置き、同じ目標のためにそれぞれがチャレンジしていくことに同意したんだ」

「そのミーティングの後、私は23歳の若者(マタ)にこう頼んだんだ。『マエストロ、チャンピオンズリーグ制覇のため力を貸してほしい』ってね。そしたら彼は私を見て『あなたはクレイジーだよ。自分がディディエ・ドログバだってことを理解していますか。逆に、僕のために力を貸してください』って返してきたよ」

「その後には私がこの8年間でそのタイトルを一度も獲得できていないことを改めて彼に説明したんだ。だからこそ、私たちがこのトロフィーを勝ち取るためには君の力が必要だとね。そして、優勝のあかつきには個人的にプレゼントも贈るとね。それはちょうど2月の終わりごろだった」

続いてドログバ氏はミュンヘンで行われたバイエルンとの運命のファイナルに話を移す。同試合では82分にバイエルンMFトーマス・ミュラーに先制点を決められ、チェルシーは絶体絶命の窮地に陥った。

だが、この窮地でドログバ氏に力を貸したのは23歳の若者だった。88分、マタからの絶妙なCKを元コートジボワール代表が頭で合わせ、劇的な同点ゴールとした。

「あのやり取りから3カ月が過ぎたとき、私たちはミュンヘンでのファイナルの舞台に立っていた。彼らのスタジアムで赤い波に浸食されそうだった」

「バイエルンは試合残り8分の段階でリードし、あとは時間を稼ぎにきていた。その時点で私の心は折れかけていた。だけど、若者は私に向かってこう言ったんだ。『ディディ、自分をみんなを信じて。あなたは信じる気持ちを持ち続ける必要がある』ってね。そのときは時計を見ながら涙目で『何を信じればいいんだ? もうほとんど終わっているじゃないか』って返答したよ」

「数カ月前のコートジボワールで(アフリカ・ネーションズカップ)決勝に敗れたときのように泣きそうだった。試合終了間際、最後のコーナー、バイエルンの18本に対してチェルシーの初めてのコーナーだった」

「そのコーナーキックからゴールを決めた瞬間、マタとその他の全員が歴史に名を刻むことになった。彼から授かった教えは“いつでも信じる”ってことだ」

ちなみに、PK戦ではチェルシーの1番手を務めたマタがGKマヌエル・ノイアーに止められてしまったものの、守護神チェフがバイエルンの4番手と5番手を連続ストップし、窮地を救う。

そして、チェルシー5番手はもちろんレジェンドストライカー。諦めかけた自身の窮地を救ったマタに報いるため渾身の一撃を突き刺し、自らの手で優勝を手繰り寄せている。
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシーが今季初の3連勝! 幸運なOGとエイブラハム2戦連発弾でニューカッスルを撃破!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第9節、ニューカッスルvsチェルシーが21日にセント・ジェームズ・パークで行われ、アウェイのチェルシーが0-2で勝利した。   今季初のリーグ戦連勝で5位に浮上したチェルシーは、インターナショナルマッチウィーク明け初戦で13位のニューカッスルのホームに乗り込んだ。前節のシェフィールド・ユナイテッド戦からは先発1人を変更。代表戦帰りのコンディションの問題でチアゴ・シウバがメンバーを外れ、リュディガーが今季リーグ戦初先発を飾った。   開始直後の4分にボックス左へ抜け出したヴェルナーが早速決定機を作り出すと、9分にもツィエクからの絶妙な左クロスに反応したエイブラハムが相手GKダーローにファインセーブを強いる決定的なヘディングシュートを放つ。   そして、その勢いのまま押し切ったチェルシーが先制に成功する。10分、右CKの場面でショートコーナーを選択し、ツィエク、ヴェルナーと繋いで最後はボックス右付近に抜け出したマウントがグラウンダーのクロスを供給。これがDFフェルナンデスのクリアミスを誘った。DFフェルナンデスに対して後方のチルウェルのプッシングの可能性があったものの、そのままゴールが認められた。   相手のオウンゴールで先手を奪ったチェルシーは早くもゲームプランが崩れて動揺が見えるホームチームを押し込んでいき、積極的に2点目を狙っていく。だが、徐々に落ち着きを取り戻したニューカッスルの堅固な[5-4]の守備ブロック攻略に手を焼き、決定機まで持ち込めない。30分にはショートカウンターからボックス中央でエイブラハムの落としに反応したヴェルナーに絶好のシュートチャンスも、右足のシュートは枠の左に外れる。   その後はニューカッスルのサイドからのクロス、サン=マクシマンの個人技に押し返されて幾度か自陣ボックス内で決定機を作られかけたが、ゲームキャプテンを務めるカンテの身体を張ったブロックや守護神メンディの冷静な飛び出しなどで凌ぎ切った。   後半はビハインドを追うホームチームが押し気味に試合を入った中、チェルシーが先に相手ゴールへ迫る。53分、GKメンディのロングボールに対してDFシェアが処理をもたつくと、これを奪ったヴェルナーがボックス内でGKと一対一のビッグチャンス。だが、シュートではなく右を並走するツィエクへの横パスを選択した結果、相手DFのカバーに阻まれた。   この絶好機を逃したことで、再びホームチームに攻勢を許す形となったが、前後半で2度の決定機を逸したヴェルナーが意地を見せる。65分、自陣左サイドでボールを受けたドイツ代表FWが自慢の快足と絶妙なコース取りを生かしたドリブルでDF3人を振り切ってボックス付近まで運ぶ。最後は右を並走していたエイブラハムへ完璧なラストパスを通すと、これをエイブラハムが冷静に流し込んだ。   エイブラハムの2試合連続ゴールによって勝利に大きく近づいたチェルシーは、72分にロングスタッフに強烈なミドルシュートを浴びてあわや失点という場面を迎えたが、これはクロスバーに救われる。   すると、このピンチ以降はしっかりと気を引き締め直してゲームをコントロール。試合終盤にかけてはヴェルナー、チルウェル、ツィエクと疲労が懸念される主力を下げて、今季プレミア初出場のエメルソンやジルーといった出場機会の少ない選手をピッチに送り込む。   マウントやジルーが3点目を奪うチャンスを逸したものの、ニューカッスルの反撃を無失点で凌ぎ切り2-0の勝利。インターナショナルマッチウィーク明けの難しい敵地での一戦をきっちり勝ち切って今季初のリーグ3連勝を飾った。 2020.11.21 23:27 Sat
twitterfacebook
thumb

出場減も主将アスピリクエタは腐らず「何があってもチームを助けたい」

チェルシーのスペイン代表DFセサル・アスピリクエタが、クラブの公式インタビューでキャプテンとしての矜持を語った。 2012年に加入し、今やチームの最古参となったアスピリクエタ。ここ数年はキャプテンとしてチームを牽引し、チェルシーの不動の右サイドバックに君臨していたが、今季はDFリース・ジェームズの台頭もあり、リーグ戦での先発出場は3試合にとどまっている。 しかし、ベンチのアスピリクエタは人一倍声を張り上げ、ピッチの仲間を常に鼓舞。その姿はまさにキャプテンそのものだが、インタビューの中で「それが僕の生き方なんだ」とコメント。何があってチームを助けるという強い信念を示した。 「トレーニング場でもピッチでも、たとえベンチでもそれは変わらない。僕はとても情熱的でチームに影響を与えていたいと思っている。これが自然でありのままなんだ」 「もちろん、もっと試合に出たいけど、何があってもサポートしたい。試合に出ればすごく興奮してしまって押さえ切れないんだ」 ここ数日は代表ウィークだったこともあり、多くのメンバーが代表に招集されてチームから離れていたが、クラブの残っていたアスピリクエタは若手とトレーニングに励んでいたという。 「アカデミーの若手たちと一緒に練習するのはいつだって良いことだよ」 「彼らと接することで距離を詰めることができる。それに彼らにとってもファーストチームの雰囲気を感じながら成長できるチャンスだ」 「アカデミーの子たちの目標はもちろんファーストチームに到達することだろう。こういう機会はそれを後押しするんだ」 また、代表ウィークが開けて21日に再開するプレミアリーグではニューカッスルと対戦するチェルシー。舞台は直近7試合で5敗を喫しているセント・ジェームズ・パークだが、キャプテンは「記録は破られるためにある」と意気込んでいる。 2020.11.21 20:59 Sat
twitterfacebook
thumb

コンテ監督がチェルシー時代に獲得に動いていた大物2人を明かす「かなり近づいていた」

インテルを率いるアントニオ・コンテ監督が、イギリス『テレグラフ』のインタビューで2018年夏まで指揮したチェルシー時代に獲得を試みた2人の選手を明かしている。 2016年夏にチェルシーの指揮官に就任したコンテ監督は、初めてのプレミアリーグでリバプールやアーセナルに出鼻を挫かれたものの、その後、システムを3バックに変更すると状況は一変。両ウイングバックが躍動する攻撃的布陣が功を奏し、1年目でクラブをプレミアリーグ制覇に導いた。 そんなコンテ監督は2年目の夏、チームを連覇に導くためにベルギー代表FWロメル・ルカクと、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクの獲得を要求していた模様。だが周知の通り、彼らはチェルシーを選ばず、前者はマンチェスター・ユナイテッドへ、サウサンプトンに在籍していた後者は冬の移籍市場でリバプールに移籍している。 「チェルシーを優勝に導いた後、私は2人の選手を要求した。1人はルカクで、もう1人はファン・ダイクだ。2人とも獲得に限りなく近づいていたよ。我々は毎日コンタクトを取り、私も常に2人には彼らが加わればチーム力は30%向上すると説得していたのだ」 「おそらくクラブはトップを維持する勢いを失っていたのだと思う。2人を獲得できなくて残念だった。だが、ルカクやファン・ダイクがインテルやリバプールで実力を発揮しているのを見ると、私の考えは間違っていなかったのだと思うよ」 また、コンテ監督はオーナーのロマン・アブラモビッチ氏と関係は良好だったともコメント。最も情熱的な人物だったと、印象を話している。 「私のキャリアの中で、彼は最もフットボールへの情熱にあふれた人物の1人だと思う。彼やクラブとの思い出は良いものだったよ」 「特に最初のシーズンは素晴らしかった。アブラモビッチ氏は私にとても親切に接してくれて、フットボールに対するアイデアを尋ねてきた。私に会いによくトレーニング上にも赴いてくれたよ。彼が試合や練習のビデオを見ていたことは今でも覚えている」 そして、イタリア人指揮官は将来的にイングランドに戻ってくることを約束。「信じられない経験」をもう一度味わいたいと明かした。 2020.11.20 18:37 Fri
twitterfacebook
thumb

ジルー代理人がランパード監督に不満「率直に言ってフェアではない」移籍も示唆

チェルシーに所属するフランス代表FWオリヴィエ・ジルーの代理人、ミシェル・マヌエロ氏が同選手の現状に不満を漏らしている。フランス『フットメルカート』が伝えている。 チェルシー在籍4年目を迎えるジルーは、今季はドイツ代表FWティモ・ヴェルナー加入の影響もあり出場機会が激減。開幕からここまで公式戦6試合のみの出場に留まっており、先発機会はそのうち1試合のみと苦しいシーズンを過ごしている。 この状況にマヌエロ氏はチームを率いるランパード監督を批判。このままでは、前半戦で冷遇され移籍が濃厚となっていた昨シーズンと同じ状況になると語った。 「今夏、合計で1億5000万ユーロ相当の選手たちが加入した。しかし我々は盲目になってはならない。フランク・ランパードはタミー・エイブラハムを優先することを決めた」 「昨シーズン終盤にオリヴィエがしたことを考えると、それは率直に言ってフェアではない。しかし、ランパードには権利がある。それは彼の選択だ」 「このままいけば、12月には去年と同じような状況になるだろう」 また、マヌエロ氏はジルーが昨シーズン終盤に見せた活躍を忘れてはならないと語り、移籍も示唆した。 「それは5カ月間で起こったことだ。前の2カ月だけを見て、その前の3カ月のことを忘れるわけにはいかない」 「しかし、私たちは正直にならなければならない。もしこのような状況が続くならば、何よりも彼はこんな感情を抱いておくべきではない」 2020.11.20 17:10 Fri
twitterfacebook
thumb

「毎週3、4日に1度のペースでプレーしている」ランパードが過密日程と3人交代制に不満を表明

チェルシーのフランク・ランパード監督は、プレミアリーグの現行ルールに不満を持っているようだ。クラブ公式サイトが伝えた。 今季、欧州主要リーグが新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を考え5人交代制を維持する中で、プレミアリーグだけは従来の3人交代制に戻した。結果としてリーグでは筋肉系の負傷が増加しており、リバプールのユルゲン・クロップ監督やマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、リーグの決定を批判している。 こうした中で、MFカイ・ハヴァーツが新型コロナウイルスに感染し、DFベン・チルウェル、MFクリスチャン・プリシッチらが各代表で負傷したランパード監督も、プレミアリーグ第9節ニューカッスル戦の試合前会見で、3人交代制に対する不満を表明した。 「シーズン序盤に投票があったのは知っているが、(5人交代制は)すべてのクラブがもう一度向き合うべきことだと思う。 昨シーズンの再開後、5人交代制になってからも我々の環境は特に変わらなかった。にもかかわらず、いくつかのことがタイトになり、スケジュールがさらに慌ただしくなった今シーズン、我々は3人交代制に戻っている」 「各監督が今シーズンの試合で3人目の交代をあまり行わないのは、試合の後半に疲労した10人の選手がいる場合、70分で3人目のカードを切るとその後にケガをするリスクがあるからだと思う」 「私が一番心配しているのは、選手の安全性だ。特にヨーロッパでプレーしている選手が心配だね。毎週3、4日に1度のペースでプレーしているんだ」 また、ランパード監督はインターナショナルマッチウィーク後にもかかわらず、土曜日のランチタイムに試合が組まれていることにも、不満をのぞかせている。 「今は代表戦から戻ってきた選手たちのテスト結果を待っている。何人かは昨夜の代表戦でプレーしていて、残念ながら今日の午後までは戻ってこない。土曜日の12時半にキックオフされる試合が、我々に多くの課題をもたらしているのは明らかだ」 2020.11.20 17:00 Fri
twitterfacebook

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly