ミランの新監督にOBのファン・ボメル氏が立候補か? 第一候補は今なおラングニック氏の模様

2020.05.20 20:55 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランの新指揮官にクラブOBのマルク・ファン・ボメル氏(42)が立候補したようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。

マルコ・ジャンパオロ、ステファノ・ピオリと2人の指揮官の下で今シーズンを戦ってきたミランだが、リーグ中断時点でチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位アタランタと勝ち点12差の7位に沈んでいる。そのため、現指揮官であるピオリ監督の今シーズン限りでの退任は既定路線とみられている。

クラブの最高経営責任者(CEO)を務めるイバン・ガジディス氏らクラブ首脳陣は、『レッドブル・グループ』のスポーツ部門兼サッカー開発部門を統括するラルフ・ラングニック氏(61)の招へいに動いているが、その中でファン・ボメル氏も新監督候補に名乗りを上げたようだ。

ファン・ボメル氏は現役時代の2011年1月から2012年1月までミランでプレー。スクデット獲得とイタリア・スーパーカップ優勝に貢献していた。

現役引退後、U-17オランダ代表、サウジアラビア代表のアシスタントコーチ、PSVのU-19チーム監督、オーストラリア代表のアシスタントコーチを歴任。2018年6月にPSVの監督に就任していたが、成績不振により2019年12月に解任されていた。
コメント