フレッジがユナイテッドの補強方針に提言!「もっとブラジル人を!」

2020.05.18 20:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのブラジル代表MFフレッジが、もっとブラジ人選手を獲得して欲しいと提言した。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えた。

今シーズンユナイテッドの中盤で本領を発揮しているフレッジ。同クラブの中盤の中核を担っていたフランス代表MFポール・ポグバがケガにより今シーズンの大半を棒に振っているが、その不在を感じさせない活躍を見せ、クラブのシーズンMVP候補の1人と噂されている。

フレッジは、ユナイテッドの輝かしい歴史の中でも7人目のブラジル人選手であり、トップチームにおいて、同胞はMFアンドレアス・ペレイラ(生まれはベルギー)のみとなっている。

フレッジは、ブラジル放送局『Esporte Interativo』のインタビューに応え、ユナイテッドでプレーしたことのあるブラジル人選手の少なさについて言及。欧州各国で活躍しているブラジル人のクオリティは疑いようのないものだとして、より多くのブラジル人選手の獲得をクラブに提言した。

「チームに、より多くのブラジル人選手がいれば良いと思うよ。そんなにたくさんは要らないけどね、というのは冗談だけど。このクラブの助けになるようなブラジル人選手がいるというのはいつだって良いことだ」

「僕らブラジル人選手が持つクオリティについてみんなが知っている。何人かの(ブラジル人)選手がトップチームに入り、チームがより強くなる手助けをできたら素晴らしいね」

あと数名の新戦力の加入が、トップチームの座へ返り咲くために必要としばしば言われているユナイテッド。更なるブラジル人選手の獲得が、チーム完成のラストピースになるかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

インテル、ユナイテッドからレンタル中のチリ代表FWサンチェスをフリーで獲得!

インテルは6日、マンチェスター・ユナイテッドからチリ代表FWアレクシス・サンチェス(31)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。 なお、契約期間は2023年6月30日までの3年契約となる。 <div id="cws_ad">◆サンチェス、インテル加入後に見せた輝き<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ2VUR0OW9kZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> サンチェスはチリのコブレロアでキャリアをスタート。その後は、ウディネーゼ、コロコロ、リーベル・プレートでプレーし、2011年7月にバルセロナへと完全移籍していた。 バルセロナでは公式戦141試合で47ゴール36アシストを記録すると、2014年7月にはアーセナルへ完全移籍。アーセナルでは公式戦166試合で80ゴール45アシストを記録していた。 2018年1月にはストライカーの玉突き人事もあり、ユナイテッドへと移籍。しかし、ユナイテッドでは思うような結果が出ず、今シーズンからインテルへレンタル移籍していた。 今シーズンのサンチェスは、セリエAで22試合に出場し4ゴール9アシスト。公式戦では30試合で4ゴール10アシストを記録。なかなか結果を残せない時期が続いたが、中断明けはゴールとアシストで10ゴールに直接絡み、調子を取り戻していた。 2020.08.06 18:32 Thu
twitterfacebook
thumb

リンガード、4季ぶりEL制覇に意気込み「もう一度優勝したい」

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表MFジェシー・リンガードが、ヨーロッパ・リーグ(EL)制覇に意気込んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 1stレグを5-0で先勝していたユナイテッドは5日にホームでLASKリンツと対戦すると、50分にMFフィリップ・ヴイージンガーに先制を許したが、52分にMFフアン・マタのスルーパスからリンガードが同点ゴール。試合終了間際にはFWアントニー・マルシャルが逆転ゴールを記録して2-1の勝利を収めた。 この試合で1ゴールを決めたリンガードは、2016-17シーズン以来のEL制覇に意気込んでいる。 「勝利したから非常にポジティブな形で、次の試合に進めるよ。自信を得たからプレミアリーグでも3位フィニッシュができた。うまくいっているし、決勝戦まで勝ち進みたい」 「僕たちの目標はトロフィーを獲得することだ。僕たちは誰もが自分の役割を果たせると思っている。全員がそれぞれ自分の役割を果たしているし、この大会を通じて強くなりたい」 「次の試合をプレーするのが待ちきれないよ。もう一度優勝したいという気持ちが100%だ」 「トロフィーを掲げることは本当に説明できない特別な気持ちであり、それが前進する力になる。このチームは若手とベテランが混合している。若手選手たちにとって、初めてのトロフィーを勝ち取ることは素晴らしい経験になるだろう」 2020.08.06 10:57 Thu
twitterfacebook
thumb

ELベスト8進出のスールシャール監督「リズムを得るまで時間がかかった」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、2-1で勝利したヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグのLASKリンツ戦を総括した。クラブ公式サイトが伝えている。 1stレグを5-0で先勝していたユナイテッドは5日にホームでLASKリンツと対戦。50分にMFフィリップ・ヴイージンガーに先制を許したが、52分にMFジェシー・リンガードのゴールで同点とすると、試合終了間際にFWアントニー・マルシャルが勝ち越しゴールを決め2-1で勝利。2戦合計7-1でベスト8進出を果たした。 1stレグで大勝していたユナイテッドは、主力選手をベンチに置き、イングランド代表DFハリー・マグワイア以外の10名は控え選手や若手選手で臨んでいた。 試合後、スールシャール監督は「良い夜だった」と語りながらも、苦戦を強いられた理由を説明。これまで出場機会に恵まれなかった選手たちが試合勘を取り戻すのに時間がかかったと述べている。 「シャープではなかったよ。何選手かは、しばらくプレーしていなかったから、それが出てしまった。しかし、我々は再び勝った。この試合でも若手選手がデビューを果たしたね。良い夜だった」 「我々は、相手が躍動し、アグレッシブにプレーしてくることを想定していた。なぜなら、過去にも見たことがあり、もちろん、熱心に取り組む新しい監督も迎えていたからだ」 「だから期待していた。しばらくプレーしていなかったし、選手たちにとっては難しい。途中交代で10分から15分くらいのプレーをしていたが、90分間プレーすることはあまりなく、チームとして一緒にプレーしているわけでもなかった。リズムを得るまでに少し時間がかかったが、試合に勝てた。それで仕事をやり遂げた」 2020.08.06 09:55 Thu
twitterfacebook
thumb

マルシャル弾で逆転勝利のユナイテッドが連勝でベスト8進出を決める!《EL》

マンチェスター・ユナイテッドは5日、ヨーロッパリーグ(EL)ベスト16・2ndレグでリンツとホームで対戦し、2-1で勝利した。この結果、2戦合計スコア7-1としたユナイテッドがベスト8進出を決めた。 3月に行われたアウェイでの1stレグを5-0で勝利したユナイテッドは、1トップにはイガロを配置した[4-2-3-1]の布陣を採用。2列目は右からマタ、リンガード、ダニエル・ジェームズと並べ、マクトミネイとフレッジがダブルボランチで起用された。 立ち上がりはリンツが高い位置から積極的にプレスを仕掛けてユナイテッドのビルドアップを封じる。すると10分、ユナイテッドはピンチを迎える。右CKがゴール前の味方に当たると、浮き球をアンドラーデがヘディングシュート。これがクロスバーを直撃した。 その後もハイプレスに苦戦するユナイテッドは、30分に左CKからマグワイアがヘディングシュート。さらに33分には、リンガードのパスで抜け出したイガロがボックス内に侵入したが、守備に戻ったレナーのタックルに阻まれてシュートは打たせてもらえず、前半は枠内シュート0本で終了した。 迎えた後半、ユナイテッドは早い時間に失点を許す。55分、左CKのセカンドボールをボックス手前のヴイージンガーにダイレクトで合わせられると、狙いすましたシュートがゴール右上に突き刺さった。 先制を許したユナイテッドだったが、すぐに反撃に転じる。すると57分、センターライン付近でパスを受けたマタがダイレクトで相手DFの裏にロングボールを供給。抜け出したリンガードがボックス内まで切り込むと、相手GKとの一対一を冷静に決めて、ユナイテッドが同点に追いついた。 その後は互いに選手交代を行っていく中で膠着した時間が続く。そんな中、ユナイテッドは88分、マタとのパス交換で中央からボックス内に侵入したマルシャルがシュート。GKシュラーガーがこのシュートに触れるも弾ききれずにゴール左隅に吸い込まれた。 結局、これが決勝点となり、ユナイテッドが逆転勝利。2戦合計7-1でリンツを下したユナイテッドが、コペンハーゲンの待つベスト8へ駒を進めた。 2020.08.06 05:57 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドの若きアタッカーがブレーメンにローン移籍か

マンチェスター・ユナイテッドのU-21オランダ代表FWタヒス・チョン(20)が来季、武者修行の旅に出るかもしれない。 チョンは左利きのウィンガーで、2016年にフェイエノールトの下部組織からユナイテッドのアカデミーに移り、昨年1月にトップチームデビュー。今季も限定的な出番が続いているが、今年3月に1年の延長オプションが付随した2022年までの新契約を締結した。 そのチョンに対して、ブレーメンのスポーツディレクター(SD)を務めるフランク・バウマン氏がドイツ『Weser-Kurier』のインタビューで「彼は素晴らしいスピードの持ち主。特長的にも我々に合う。状況的にも興味深い選手だ」と語り、関心を公にした模様だ。 ドイツ『ビルト』によれば、チョンの代理人は4日に現地入りして、まだ合意に至っていないが、ブレーメン側と会談。ローン移籍に向けて交渉が続いているという。 2020.08.05 22:35 Wed
twitterfacebook