マンジュキッチは神戸入りが近かった? 小林祐希の代理人が明かす

2020.05.06 18:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベベレンでプレーする日本代表MF小林祐希(28)の代理人が、イタリア『Tuttomercatoweb』のインタビューに応え、日本とヨーロッパの架け橋になっていると語り、その中で意外な事実を明かした。

今回『Tuttomercatoweb』のインタビューに応えたのは、小林の代理人を務める片山堅仁氏。元々はプレーヤーで、高校卒業後にブラジル、アルゼンチンへと渡ると、23歳で帰国。その後は、Fリーグのバルドラール浦安のセカンドチームに入り、シュライカー大阪でも選手としてプレー。フットサル日本代表としてもプレーした。

片山氏はヨーロッパや南米と日本をつなげ、選手の海外留学などを手伝う他、代理人としても活躍。その中で、自身が行なっていることを語り、日本人の若手選手をコーディネートしていることを語った。

「我々は2年間、イタリアとアルゼンチンの代理人であるカルロス・ピッツィ氏と協力して来た。ヨーロッパで才能ある日本人をプロモートしてくれる人を探していた」

「日本の若手選手をフォローする監督とオブザーバーのネットワークがあり、ピッツィ氏の経験を活かして、素晴らしい経験をさせてもらっている」

「我々は、南米やイタリア、日本のサッカーを理解しており、子供達の成長を支援するようにも努めている」

日本人選手の最も良い例は、マジョルカでプレーする日本代表MF久保建英とのこと。海外の下部組織で育ち、その後の飛躍を含めてのことだという。

「理想的な例は久保建英だ。日本人ながら、バルセロナの下部組織での経験があり、その後レアル・マドリーに行き、現在はマジョルカへレンタルされている」

「日本の若手選手は大幅に改善が見られ、この久保の例はとてもファッショナブルだ。日本人のモットーは、「できた人がいるならば、他の人もできる」というものがある。それが彼らの考え方だ」

「我々はグループとしてこれらの才能を探し出し、それをヨーロッパや南米に連れて行き、重要なサッカーのチャンスを彼らに与えることだ」

また、小林以外の才能としては、久保と同様に海外の下部組織で育った選手の名前を挙げた。

「小林祐希と同じぐらい重要だが、我々には新たな才能をヨーロッパにもたらすことも取り組んでいる。例えば、1999年にヘタフェの下部組織で育ち、現在はルガーノ(U-21チーム)に所属する柿沼利企という面白い選手がいる」

加えて、今冬にユベントスを退団し、最終的にはカタールのアル・ドゥハイルへと完全移籍した元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチについて、ヴィッセル神戸へ連れてくるプランがあったことを明かした。

「また、ピッツィ氏とブラキーニ氏と協力して、マリオ・マンジュキッチを神戸に連れて行こうとした。我々はかなり近づいたが、その後経済面での合意を果たすことができず、移籍は実現しなかった」

ユベントスでは162試合で44ゴール、バイエルンでは88試合で48ゴールとヨーロッパでの実績十分なマンジュキッチは、残念ながら、条件面での折り合いがつかず、来日することはなかったが、この先も誰かを日本へ、また日本から誰かを海外へと送り出すかもしれない。


関連ニュース
thumb

最下位神戸に痛手…DF槙野智章が右ヒラメ筋肉離れで全治6週間

ヴィッセル神戸は26日、DF槙野智章の負傷を報告した。 槙野は14日に行われた明治安田生命J1リーグ第13節サガン鳥栖戦で負傷。この試合ではフル出場したものの、以降は欠場が続いていた。 神戸市内の病院にて検査した結果、右ヒラメ筋肉離れと診断。全治は約6週間とのことだ。 槙野は今シーズンから加入した神戸で、明治安田生命J1リーグ11試合に出場して1ゴールを記録。現在リーグ最下位に低迷する神戸では、MFセルジ・サンペール、FW藤本憲明、MF佐々木大樹らが長期離脱中など、故障者が増加している。 2022.05.26 17:49 Thu
twitterfacebook
thumb

イニエスタ100試合目のメモリアルゲームも神戸、磐田共に決め手を欠いてゴールレスドロー【明治安田J1第15節】

25日、明治安田生命J1リーグ第15節のヴィッセル神戸vsジュビロ磐田がノエビアスタジアム神戸で行われ、0-0の引き分けに終わった。 連敗で最下位に沈んでいる神戸と前節は逆転負けを喫した磐田の対戦。チーム状況が良いとは言えない両チームの対戦となった。 神戸は前節からのスタメンは1名変更。郷家友太が外れて井上潮音が起用された。アンドレス・イニエスタはこの試合でJリーグ通算100試合目のメモリアルマッチとなった。 対する磐田は4名を変更。袴田裕太郎、鹿沼直生、杉本健勇、ファビアン・ゴンザレスが外れ、鈴木雄斗、山山本康裕、大森晃太郎、大津祐樹が入った。 なんとか今季の2勝目が欲しい神戸。ホームゲームとなった中で、立ち上がりから積極的に攻撃を強めていく。 立ち上がりからプレスをかけていく中で、最前線の武藤とイニエスタのコンビで磐田のゴールに迫っていく。 すると19分にはボックス手前で神戸がFKを獲得。イニエスタが浮き球のパスを入れると、武藤がヘディングで合わせるが、これは枠を超えていく。 20分にも神戸がチャンス。大﨑からイニエスタにパスが入ると、武藤へ縦パス。武藤は反転しながら右の山川に展開。鋭いグラウンダーのクロスを入れるが、誰も合わせられない。 すると磐田にアクシデント。28分に山本康が負傷しピッチに座り込むと、そのまま交代。鹿沼が起用された。 神戸がコントロールし続ける試合だが39分にもビッグチャンスを迎えた。自陣で酒井がボールを奪うと、自ら左サイドを持ち上がってカウンター。二対二の状況となりアーリークロス。これを武藤が流れながら受けるとグラウンダーのパスに上がってきた井上が合わせるが、GK三浦が僅かに触れてセーブする。 ゴールレスで前半を終えると、後半も選手交代なしで臨む。すると55分、神戸が相手のミスを突いてカウンター。武藤がドリブルで持ち上がると、鹿沼が後ろからタックル。武藤が倒れるが、これはイエローカードに終わった。 神戸は56分に汰木と井上を下げて、リンコンとボージャン・クルキッチを投入。流れを変えに行き、武藤が右、ボージャンが左、リンコンがトップにポジションを変えた。 すると59分にイニエスタの絶妙なスルーパス。これを受けた武藤がフリーでボックス内に侵入するが、タッチを誤りながらもシュート。しかし、これは枠外。60分にはボージャンがルーズボールをシュートも、GK正面に飛んでしまう。 63分にも同じような形からイニエスタのスルーパスに対して武藤が抜け出し、今度は折り返しに成功。リンコンがシュートを打つだけだったが、これも枠に飛ばない。 イニエスタのパスセンスが後半は冴え渡り、66分にはロングフィード。これを武藤が抜け出そうとするが、ボックス外に飛び出たGK三浦の好判断に阻まれる。 後半は防戦が続いていた磐田だが68分にチャンス。大森のパスを受けた遠藤がボックス手前からスルーパス。上原がボックス内で抜けて折り返すと、ファビアン・ゴンザレスが押し込みにいくが神戸も集中して守る。 それでも神戸ペースは変わらず。76分には、こぼれ球を拾ったリンコンが持ち込むとパスを受けた大﨑のクロスを武藤が落とし、イニエスタがアウトにかけてミドルシュート。完璧な崩しだったが、シュートはわずかに右に外れる。 神戸は山口に変えて橋本拳人と投入。対する磐田は、鹿沼、大森を下げて、金子翔太、杉本健勇と攻撃のカードを切ってくる。 試合の主導権は変わらずに神戸のまま。互いにフィニッシュワークが上手くいかない。 89分にはイニエスタの縦パスを受けた武藤が粘りながらパス。これを受けたリンコンがシュートを放つと、ディフレクトしたシュートが枠に飛ぶが、倒れていたGK三浦は足でセーブする。 終盤にかけては磐田がファビアン・ゴンザレスを目掛けたパワープレーを仕掛けていくが、ゴールは遠くタイムアップ。0-0のゴールレスドローに終わった。 ヴィッセル神戸 0-0 ジュビロ磐田 2022.05.25 20:59 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第15節:神戸vs磐田】激励を受け再び立ち上がるか?磐田は守備の集中がカギ

【明治安田生命J1リーグ第15節】 2022年5月25日(水) 19:00キックオフ ヴィッセル神戸(18位/7pt) vs ジュビロ磐田(15位/14pt) [ノエビアスタジアム神戸] ◆今一度気を引き締めて【ヴィッセル神戸】 前節は湘南ベルマーレとのボトム2の対決となったが、2-1で敗戦。連敗を喫し、最下位から抜け出せなかった。 湘南の圧に押されてビハインドとなると、試合終盤には同点のチャンスを得たがVARでゴールは取り消し。執拗な抗議を続ける醜態を見せてしまい処分を受けた。 一向に上向かない調子。三木谷浩史会長がチームを訪問し、選手たちに想いを伝えた。こみ上げてくるものがある中での激励を受け、選手たちが何を見せるのかに注目が集まる。 選手たちが持っているものは間違いない。これを集団として1つに間泊まれるのかどうか。神戸の逆襲はいつ始まるか。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:前川黛也 DF:山川哲史、菊池流帆、小林友希、酒井高徳 MF:山口蛍、大﨑玲央 MF:郷家友太、アンドレス・イニエスタ、汰木康也 FW:武藤嘉紀 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ ◆止まらない失点をどうするか【ジュビロ磐田】 前節は北海道コンサドーレ札幌にホームで逆転負けを喫してしまい、連勝とはならなかった。 チームとしては苦しい時期が続いており、J1の強かな戦いに苦労している。 札幌選も先制し、アグレッシブな戦いとハイプレスが効果的だったが、相手がバランスを崩しにくるとそれにお付き合い。隙を突かれて逆転を許してしまった。 自分たちの戦い方をいかに90分通してやれるかがポイント。そこを崩された時の対応力という点では、クオリティの差を痛感しているところだろう。いかに守備が機能するかが勝利へのカギとなる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:三浦龍輝 DF:山本義道、伊藤槙人、リカルド・グラッサ MF:鈴木雄斗、遠藤保仁、山本康裕、松本昌也 MF:上原力也、大森晃太郎 FW:ファビアン・ゴンザレス 監督:伊藤彰 2022.05.25 16:33 Wed
twitterfacebook
thumb

イニエスタの幻FK弾に猛抗議の神戸、「見苦しい抗議の執拗な繰り返し」で罰金50万円の処分

Jリーグは24日、ヴィッセル神戸に対しての処分を発表した。 問題の行為は21日に行われた明治安田生命J1リーグ第14節の湘南ベルマーレvsヴィッセル神戸の一戦で起きていた。 この試合は2-1で湘南が勝利を収めていたが、神戸は後半アディショナルタイムに大チャンスを迎えた。 ボックス手前でFKを得ると、アンドレス・イニエスタが直接シュート。これが壁に入った畑大雅にあたりコースが変わると、武藤嘉紀の腕に当たってゴールへと吸い込まれていた。 劇的な同点ゴールかと思われたが、VARチェックが入ることに。武藤の手に当たってゴールに入ったことで、これはハンドを取られゴールは認められず。そのまま試合は終了し、湘南が勝利を収めていた。 しかし、この判定に納得がいかなかった神戸の選手たちが主審へ猛抗議。大﨑玲央や武藤嘉紀などが詰め寄る中、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督やスタッフが間に入って止めるほどの事態に発展していた。 Jリーグは「規律委員会にて、同行為について映像等を用いて検証し、事実関係を確認した結果、ヴィッセル神戸の監督・スタッフ等が抗議を静止しようとする行動は確認できたが、その行動以前に激しく執拗に主審への抗議がなされていること、またその行動後も選手等による抗議が繰り返し続いていたことが確認できたため、同委員会はヴィッセル神戸の複数の選手が主審に集団で詰め寄って、見苦しい抗議を執拗に繰り返し行ったものと認定した」と発表。罰金50万円を課すことに決定した。 <span class="paragraph-title">【動画】VARで認められなかったイニエスタのFK、選手たちが猛抗議</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="2VVbQlOtoCU";var video_start = 343;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.24 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「中途半端に関わることが正直マイナスなのかな…」低迷する神戸の三木谷会長がクラブハウス訪問…選手たちに言葉『次の一戦に全てを賭ける』

ヴィッセル神戸の会長であり楽天グループ株式会社代表取締役会長兼社長でもある三木谷浩史氏が、低迷するクラブを訪問した。 今シーズンは元日本代表DF槙野智章らを補強し、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)での戦いも控え、明治安田生命J1リーグでもタイトル獲得が期待された。 しかし、今シーズンは開幕から結果が出ず、リーグ戦は14試合を終えてわずか1勝で最下位に低迷。ACLはグループステージを突破したが、苦しい状況に立たされている。 クラブとしても三浦淳寛監督が退任し、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を招へいした中、リーグ戦では調子が上向かない状況。その中で、三木谷会長が23日にクラブハウスを訪問。その様子をSNSにアップした。 三木谷氏はトレーニング前に選手たちを集めて、講話を行った。 「練習前に集まっていただいてありがとうございます。クラブが厳しい状況で話をさせてもらった方が良いかなと思って、集まっていただきました」 「ここまで厳しい状況になっていますが、そもそもどういう風なことを考えてやったら良いのかなと、このクラブを19年間やってきました」 「そもそもこのクラブはみんなサッカーを一生懸命やってくれていて、色々な思いを持ってやってくれています」 「みんなが1人でやっているのではなく、このクラブはゼロからの出発で色々な人の色々な思いを持ってやっていて、その1つが僕が最初から作ってきた楽天グループというゼロから作ってきた会社です」 三木谷会長は、ゆずの北川悠仁さんと作った「楽天の歴史」というビデオを選手たちに見せたほか、1分間サッカーを始めた時のことを思い出させるなどをした。 三木谷氏は「中途半端に僕がこのクラブに関わっていることが正直マイナスなのかなと思っていた」とコメント。ただ、ファンの言葉を受けて「もう1回一生懸命やろうと思った」と、もう1度クラブのために立ち上がろうと思ったと明かした。 また選手たちには「『次の試合がある』ということではなく、『次の一戦に全てを賭ける』という思いでやってほしい」と発破をかけ、「このままやり続けるのも格好悪いのだけれど、格好悪くてもいいと思い、戻ってくることにしました」と、改めて一緒に戦いたいとした。 神戸の次のゲームは25日、明治安田J1第15節でジュビロ磐田とホームで対戦。連敗をストップできるかに注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】三木谷会長が選手へ熱い思いを伝える</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="sP8Op1iwkbE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.24 10:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly